楽天 マガジン。 「dマガジン」と「楽天マガジン」の違いをくわしく解説!

楽天マガジン・dマガジンを比較!雑誌読み放題サービスはどれがよい?

楽天 マガジン

僕は 2017年の3月から楽天マガジンを利用しています。 この楽天マガジンですが、数ある雑誌の読み放題サービスの中でも、胸を張っておすすめできるコスパの高いサービスで、 月額たったの380円で200誌以上の雑誌が読み放題になります。 「どうせマイナーな雑誌ばかりでしょ?」と思う人もいると思いますが、 正直人気の雑誌ばかりです。 てなわけで、本日は僕が1年以上愛用している楽天マガジンについて書きたいと思います。 楽天マガジンを使って良かったこと 月額380円はヤバイ! 冒頭でも言いましたが、 はたったの月額380円(税抜)です。 普通に雑誌を1冊買うとすると 安いヤツで400円ちょっとなので、 雑誌1冊分より安い値段で200誌以上が読み放題です。 「各雑誌はこれで採算が取れるの?」って心配になるほどのサービス設定ですが、ユーザーとしては安いに越した事はありません(笑) ちなみに 僕は年額プランを利用しているので、1年で3600円(税抜)です。 つまり、 月額300円で読み放題! ってわけです。 人気の雑誌が多し! 肝心なのが200誌の中身です。 この中で 毎月読みたい雑誌が2冊以上ない人は、そもそも雑誌の 読み放題サービス自体契約しない方がベターでしょう。 僕が楽天マガジンでよく読む雑誌• 週間アスキー• 家電批評• GetNavi• MONOQLO• 週刊現代• Newsweek• フライデー• SAPIO• ダイヤモンドZAi• さらにブラウザからも読むことができるので、 パソコンでも購読可能です。 楽天マガジンのプラットホーム• Androidアプリ• iPhoneアプリ• iPadアプリ• アプリの設定から 「お気に入り雑誌を自動ダウンロードする」をONにしておくだけで、あらかじめ選んでおいたお気に入りに雑誌を、 Wi-Fi接続時に自動でダウンロードしてくれます。 通勤通学の時はもちろん! 旅のお供としても最適です。 ちなみにこの画像は、先日の プチ旅行で新幹線内で楽天マガジンを楽しむ様子を撮影したものです。 コーヒーにも楽天マガジンはよく合うので、喫茶でiPad片手にホッコリしたい人にはマジでおすすめ! 楽天マガジンの登録と解約 「楽天マガジンちょっといいかも?」と思った人は、実際に使ってみるといいと思います。 楽天マガジンには幸い 31日間無料というお試しサービスがあります。 「31日間0円で試す」からサクッと無料トライアルできるので、気になった方はチェックしてみて下さい。 とは言え、人によっては無料トライアルだけで辞めたいって場合があると思いますので、念のため 解約のリンクも貼っておきますね! さいごに 「唯一のデメリット」 ここまで楽天マガジンのメリットばかり書いてきましたが、 多少のデメリットもあります。 それは、 一部の雑誌で下の画像のような注意があること! 紙の雑誌とはコンテンツが一部異なり、掲載されないページがございます。 つまり、楽天マガジンでは 一部コンテンツが省略されている場合があるということです。 とは言え、楽天マガジンを1年以上使っている僕から言わせると、省略されているのはほんの一部だけで、 雑誌の内容のほぼ全てを読むことができます。 この辺は 各雑誌の愛読度によって許容範囲が違ってくると思うので断言はできませんので、実際に無料トライアルをしてみることをおすすめします。

次の

楽天マガジンをdマガジンから乗り換えて、3年使ってわかったこと

楽天 マガジン

楽天が提供している他サービスのアプリのバージョンが古いと、「楽天マガジン」への登録が完了してもログインできない場合がございます。 お手数ですが、すべての楽天関連アプリを最新バージョンに更新してから再度お試しください。 ご利用上の注意• 楽天マガジンのご利用には、楽天会員登録が必要です。 閲覧用のアプリがインストールされたスマートフォン・タブレット、もしくはPC・スマートフォン・タブレットのブラウザで楽天マガジンWebサイトよりご覧いただけます。 過去に楽天マガジンをご利用いただいている場合は、本特典をご利用できません。 楽天モバイル以外で「楽天マガジン」をお申し込みされているお客様は、同じ楽天IDではご利用いただけません。 「楽天マガジン」アプリに対応していない端末ではご利用いただけません。 「楽天マガジン」利用料の請求は楽天マガジンから行い、楽天会員情報として登録されているクレジットカードで決済します(楽天モバイルからの請求は行いません)。 楽天会員情報としてクレジットカードが登録されていない場合、「楽天マガジン」のお申し込みはできませんので十分ご注意ください。 特典のご利用中、もしくは終了後、本申込を行わない限り、課金は発生いたしません。 楽天モバイルを解約しても、楽天マガジンは解約されませんのでご注意ください。 楽天マガジンの解約は、楽天マガジンマイページからお手続きください。 楽天モバイルでは解約いただけません。 楽天マガジンを申し込まれた後に楽天会員を退会された場合、楽天マガジンが利用できなくなりますのでご注意ください。 楽天会員を退会する前に、楽天マガジンを解約してください。 「【楽天モバイル登録の皆様へ】ご利用特典のお知らせ」(メール)が届いた時点から、楽天マガジンをご利用いただけます。 利用規約• まずは無料でお試しください。 お申し込み時に「楽天マガジン」のオプションを選択してください。

次の

楽天モバイル: 楽天マガジン

楽天 マガジン

僕は 2017年の3月から楽天マガジンを利用しています。 この楽天マガジンですが、数ある雑誌の読み放題サービスの中でも、胸を張っておすすめできるコスパの高いサービスで、 月額たったの380円で200誌以上の雑誌が読み放題になります。 「どうせマイナーな雑誌ばかりでしょ?」と思う人もいると思いますが、 正直人気の雑誌ばかりです。 てなわけで、本日は僕が1年以上愛用している楽天マガジンについて書きたいと思います。 楽天マガジンを使って良かったこと 月額380円はヤバイ! 冒頭でも言いましたが、 はたったの月額380円(税抜)です。 普通に雑誌を1冊買うとすると 安いヤツで400円ちょっとなので、 雑誌1冊分より安い値段で200誌以上が読み放題です。 「各雑誌はこれで採算が取れるの?」って心配になるほどのサービス設定ですが、ユーザーとしては安いに越した事はありません(笑) ちなみに 僕は年額プランを利用しているので、1年で3600円(税抜)です。 つまり、 月額300円で読み放題! ってわけです。 人気の雑誌が多し! 肝心なのが200誌の中身です。 この中で 毎月読みたい雑誌が2冊以上ない人は、そもそも雑誌の 読み放題サービス自体契約しない方がベターでしょう。 僕が楽天マガジンでよく読む雑誌• 週間アスキー• 家電批評• GetNavi• MONOQLO• 週刊現代• Newsweek• フライデー• SAPIO• ダイヤモンドZAi• さらにブラウザからも読むことができるので、 パソコンでも購読可能です。 楽天マガジンのプラットホーム• Androidアプリ• iPhoneアプリ• iPadアプリ• アプリの設定から 「お気に入り雑誌を自動ダウンロードする」をONにしておくだけで、あらかじめ選んでおいたお気に入りに雑誌を、 Wi-Fi接続時に自動でダウンロードしてくれます。 通勤通学の時はもちろん! 旅のお供としても最適です。 ちなみにこの画像は、先日の プチ旅行で新幹線内で楽天マガジンを楽しむ様子を撮影したものです。 コーヒーにも楽天マガジンはよく合うので、喫茶でiPad片手にホッコリしたい人にはマジでおすすめ! 楽天マガジンの登録と解約 「楽天マガジンちょっといいかも?」と思った人は、実際に使ってみるといいと思います。 楽天マガジンには幸い 31日間無料というお試しサービスがあります。 「31日間0円で試す」からサクッと無料トライアルできるので、気になった方はチェックしてみて下さい。 とは言え、人によっては無料トライアルだけで辞めたいって場合があると思いますので、念のため 解約のリンクも貼っておきますね! さいごに 「唯一のデメリット」 ここまで楽天マガジンのメリットばかり書いてきましたが、 多少のデメリットもあります。 それは、 一部の雑誌で下の画像のような注意があること! 紙の雑誌とはコンテンツが一部異なり、掲載されないページがございます。 つまり、楽天マガジンでは 一部コンテンツが省略されている場合があるということです。 とは言え、楽天マガジンを1年以上使っている僕から言わせると、省略されているのはほんの一部だけで、 雑誌の内容のほぼ全てを読むことができます。 この辺は 各雑誌の愛読度によって許容範囲が違ってくると思うので断言はできませんので、実際に無料トライアルをしてみることをおすすめします。

次の