ライン 機種変更 トーク履歴。 LINEのトーク履歴を復元したい!バックアップなしでも可能?

SIMカード入れ替えでLINEデータは消える?LINE引き継ぎ方法をiPhone・Android別で解説

ライン 機種変更 トーク履歴

LINEトークや写真を一括でバックアップする方法と復元する方法を画像つきで解説 みなさんは大事なLINEトークやメッセージ、さらには写真や動画をバックアップをされていますでしょうか。 スマホを失くしたり、壊れたりすることもあるでしょうから、もしもの時を考えてもバックアップしておいたほうがいいですよね。 または、機種変するときに新しいスマホに大事なトークを引き継ぎたいという人もいるかと思います。 今日はそんな人達のためにバックアップする方法と復元(引き継ぐ)方法を紹介します。 この記事はこんな人を対象としています• 彼氏・彼女とのラブラブなやり取りを保存したい• 友だちとの旅行やイベントなどで大事な写真・動画を残したい• 再インストールしたいけどトークを残しておきたい• 機種変更する時にトークの内容を引き継ぎたい• 壊れる前に全履歴を残しておきたい バックアップして保存しておきたい人は恐らくこういったシチュエーションにいる人かと思います。 ちなみに 再インストールや機種変の時はこちらの記事が参考になります。 それでは行きましょう。 バックアップ LINEがアップデートされて、方法がガラリと変わりました。 バックアップも復元もめちゃくちゃ簡単になったのでこちらにまとめました。 まずはバックアップします。 バックアップは一人ずつトーク履歴をバックアップする必要があります。 ちょっと面倒ですよね。 大事な人とのやり取りだけで十分かもしれません。 バックアップしたい人のトークを開いて、右上のメニューをタップします。 トーク設定をタップします。 トーク履歴をバックアップをタップします。 テキストでバックアップ と すべてバックアップ を選べます。 一括でバックアップしたい場合は「すべてバックアップ」を選びます。 テキストでバックアップを選んだ場合は写真、動画などはバックアップされません。 では「すべてバックアップ」を選んでおけばいいように思うかもしれませんが、画像や動画もバックアップすると容量が多くなり、バックアップに時間がかかるのと後で説明するバックアップファイルの保存方法によっては容量に制限があるので 要注意です。 なお、テキストならPCで内容を見ることもできます。 テキストでもすべてでもそれぞれメリット・デメリットがありますね。 ここではすべてバックアップを選びます。 はいをタップします。 確認をタップします。 データの保存場所を選びます。 オススメはお手軽なGmailですが、バックアップファイルは20MBまでです。 動画などをがんがんバックアップするならばDropboxがいいでしょう。 Dropboxへの登録はこちらからできます。 これでバックアップは完了です。 バックアップを復元 バックアップする時は前述の方法で、予めバックアップファイルを元の場所に戻しておきます。 その後、GmailならGmail、DropboxならDropboxにバックアップしたファイルをその場所に保存して下さい。 次にトーク履歴をインポートをタップします。 はいをタップします。 確認をタップします。 これで完了です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 無事バックアップはできましたでしょうか。 復元する必要がなかったとしても、念の為に復元まで試しておいてもいいかもしれません。 大事な人とのやりとりは定期的にバックアップをとるように習慣づけしましょう。 こちらの記事も参考になります。

次の

LINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法【2020年最新版】

ライン 機種変更 トーク履歴

今回は新型iPhoneに機種変更した時の、 LINEデータ引き継ぎ方法と新しいiPhoneでの復元手順について解説します。 多くの方はですよね。 LINEの引き継ぎをするためには、機種変更元のスマホでの準備とトーク履歴のバックアップが必要です。 うっかり機種変更後にLINEが引き継げずに困ることの無いように、ここでLINEの引き継ぎ方法をしっかりチェックしてくださいね! LINEで引き継ぎできるデータ 画像引用元: LINEで引き継ぎできるデータの内容は、 機種変更元にどのOSを利用していたかによって異なります。 iPhone同士の機種変更ならほとんどのデータが引き継ぎできますが、AndroidからiPhoneへの機種変更では引き継ぎできないデータが多くなるので注意しましょう。 引き継げないものも後から設定し直せるので、機種変更後に困ることはまずないでしょう。 一方、AndroidからiPhoneへの機種変更では、 チャージしたLINEコイン残高やトーク履歴が引き継ぎできません。 特にLINEコイン残高は後から取り戻せないので、引き継ぎ前に使い切った方がいいですね。 LINE引き継ぎ設定の基本は電話番号登録 画像引用元: 2019年9月現在の最新バージョンのLINEアプリでは、新しいiPhoneでアカウントを引き継ぐのに 電話番号を利用します。 電話番号とパスワードでのアカウント引き継ぎ• メールアドレス・パスワードでのアカウント引き継ぎ• Facebook連携とパスワード、アカウント引き継ぎ設定を併用 そのため、LINEアカウントの引き継ぎ準備の段階で、電話番号の登録は間違いないかしっかりチェックしておきましょう。 LINEの電話番号登録・変更手順• LINEを開き「友だち」タブ左上の歯車マークをタップ• 画面の指示に従って登録・変更する電話番号を入力して「番号認証」をタップ• SMSで届く認証コードをLINEに入力する 画像引用元: これでLINEに電話番号が登録・変更できました。 もし新しいiPhoneで電話番号が変わる場合にも、ここで登録されている電話番号は必要になるので忘れないようにしましょうね! メールアドレス・パスワードを登録を登録しよう 画像引用元: LINEアカウントの引き継ぎには、 機種変更前にLINEにメールアドレス・パスワードを登録しておきましょう。 もし、この2つを登録する前に機種変更をして、LINEにログイン中の端末が無くなると引き継ぎできなくなってしまいます。 アップグレードプログラムDXや半額サポート+など、機種変更時に端末返却をする方は十分注意してくださいね。 LINEにメールアドレスとパスワードを登録する手順• ご自身のメールアドレスと任意のパスワードを入力し、「確認」をタップします。 登録したメールアドレスへLINEからメールが届きます。 そこに記載されている 「認証番号」をLINEの画面に入力します。 登録が完了したら「確認」をタップします。 これでLINEにメールアドレスが登録できました。 登録したメールアドレスやパスワードは、後から何度でも変更できます。 万が一パスワードを忘れた時はメールで再設定手続きを行うので、メールアドレスが変わったら忘れずに最新のものに変更しましょう。 Facebook連携するのもあり 画像引用元: LINEの引き継ぎは、電話番号だけではなくFacebook連携でも行えます。 ただし、Facebook連携で引き継ぎをするためには アカウント引き継ぎ設定をオンにする必要があります。 アカウント引き継ぎ設定を行う前に故障等で操作不能になると、LINEの引き継ぎができないことに十分注意しましょう。 Facebookに連携する手順• 「連携する」をタップしてFacebookにログインすれば連携完了です。 Facebookの連携はいつでも解除・変更できるので、有効なアカウントを連携しておくといいでしょう。 LINEアカウント引き継ぎ設定をオンにする LINEを新しいiPhoneに引き継ぐ時、一定の条件下では事前にLINEアカウントの 引き継ぎ設定をオンにする必要があります。 電話番号が変更になる場合• Facebook連携で引き継ぐ場合 上記の2つに当てはまる方は、忘れずにLINEアカウントの引き継ぎ設定を行いましょう。 アカウント引き継ぎ設定をオンにする手順• 「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。 LINEのアカウント引き継ぎ設定は、「アカウントを引き継ぐ」をオンにしてから 36時間の時間制限があることに注意しましょう。 また、アカウント引き継ぎ設定が不要な方がオンにしても特に問題はありません。 設定が必要か判断に悩む方は、新しいiPhoneでLINEを開く前にアカウント引き継ぎ設定をオンにしておけば間違い無いでしょう。 ここまでの解説でLINEアカウントは引き継いでも、トーク履歴を引き継がないと困ることもありますよね。 次の章では、 LINEのトーク履歴のバックアップ方法を解説するので、今までのトーク内容も控えておきたい方は必ず確認してくださいね。 LINEのトーク履歴のバックアップを忘れずに! 画像引用元: 前ページでの解説で、新しいiPhoneにLINEアカウントを引き継ぐ準備はOKです。 ただ、 LINEのトーク履歴はアカウント引き継ぎだけでは移行できません。 さらに、新しいiPhoneでLINEにログインすると、前の端末からは全てのデータが削除されてしまいます。 過去のトークを残しておきたい方は、トーク履歴のバックアップを忘れないようにしましょう。 iCloudにログインしていない状態やiCloud Driveが無効になっているとバックアップできません。 LINEトークのバックアップ前には、iCloudの設定をチェックしておきましょうね! iTunesでデータ移行する場合もLINEトークのバックアップ推奨 画像引用元: iPhone同士の機種変更をする、かつパソコンを持っている方は、iTunesにバックアップしてデータ移行をしますよね。 iTunesを利用したデータ移行では、iPhoneのデータだけでなくアプリ内のデータもほぼ100%移行できて便利です。 LINEトークも例外ではなく、間違いなく設定していればトーク履歴もばっちりデータ移行できます。 ただ、LINEトークをiTunesで移行するためには、 「バックアップの暗号化」が必須です。 万が一、暗号化を忘れたりパスワードを失念したりすると、バックアップデータからトークの復元ができないので要注意ですね。 iTunesでデータ移行する方も、LINEトークに大切な内容があるなら、別途LINEアプリでトークのバックアップを取っておきましょうね! AndroidからiPhoneへはトーク履歴を引き継げない 先にお伝えした通り、トーク履歴の引き継ぎができるのはiOS間のみで、AndroidからiPhoneへのトーク履歴の引き継ぎはできません。 どうしても残しておきたいトークのある方は、 スクリーンショットやテキストメモで保存するようにしましょう。 AndroidのLINEには、トーク履歴をテキストで書き出す機能もあります。 一部だけでなくトーク全体を書き出したい方は、テキスト書き出し機能も活用してくださいね。 バックアップ先にはGmailやGoogle Driveを選んでトーク履歴を保存しましょう。 新iPhoneへLINEデータを引き継ぎ復元する方法 画像引用元: 今までLINEを利用していた端末でデータ引き継ぎの準備が整ったら、いよいよ新しいiPhoneにLINEデータの引き継ぎ復元を実行しましょう。 電話番号を登録する• メールアドレス・パスワードのの登録やFacebook連携• アカウント引き継ぎ設定をオンにする• トーク履歴のバックアップ 新iPhoneへの引き継ぎ復元手順• LINEアプリをインストール• LINEを起動して「はじめる」を選択しましょう。 ここでは新しいiPhoneの電話番号を入力し、SMSで届いた認証番号を入力しましょう。 Facebook連携で引き継ぐ方は、ここで「Facebookログイン」をタップして進めます。 「おかえりなさい」の後に表示された名前が引き継ぎしたいアカウントかを確認します。 電話番号に変更が無い場合は「はい、私のアカウントです」を選びましょう。 もし電話番号が変更になっている場合は「いいえ、違います」を選び、元の電話番号かメールアドレスを入力します。 LINEに登録しているパスワードを入力しましょう。 パスワード入力が完了して先に進めた段階で、元のスマホはLINEから強制的にログアウトされます。 友だち追加設定や年齢確認は画面に指示に従って任意の項目を選びましょう。 最後にトーク履歴を復元するか選びます。 もし復元するトーク履歴が表示されない場合は、iPhone本体の設定でiCloudとiCloud Driveを有効にしてください。 画像引用元: LINEデータを引き継ぐと、元のスマホからデータが消える LINEのデータを新しいiPhoneに引き継ぐと、 元のスマホのLINEは全てのデータが削除されます。 これは、複数のスマホから操作することや不正利用を防ぐためです。 元のスマホからLINEデータが削除されるのは、新しいiPhoneでパスワードを入力を完了したタイミングです。 トーク履歴のバックアップや必要な写真・動画のダウンロードなど、消えると困るデータのバックアップはしっかり取っておきましょうね! スタンプと着せ替えは再ダウンロードしよう! スタンプと着せ替えは、LINEアカウントが引き継ぎできれば全て反映されます。 しかし、利用したい スタンプや着せ替えは改めてダウンロードする必要があることに注意しましょう。 購入したスタンプの再ダウンロードは無料です。 一方、友だち追加等で無料でもらったスタンプはダウンロード期限があるため、タイミングによってはダウンロード不可になることも。 また、大量のスタンプをダウンロードすると、それなりにデータ量を消費するため、極力Wi-Fi環境でダウンロードすることをおすすめします。 LINEの引き継ぎと復元はとっても簡単! 今回は新型iPhoneに機種変更した後に必要になる「LINEデータを引き継ぐ方法」について解説しました。 引き継ぎ準備や新しいiPhoneでの復元手順を順番に見ると難しく感じるかもしれませんが、画面の指示に従って進めるだけの簡単操作です。 ただ、LINEデータの引き継ぎは、iPhone同士ならほとんど全て引き継ぎできますが、AndroidからiPhoneは引き継げないデータがありましたね。

次の

LINEのトーク履歴、機種変更して引き継ぐ方法

ライン 機種変更 トーク履歴

こんにちは!SNS LABOです!今回は機種変更後LINEが引き継ぎ出来ない場合の復元方法を紹介していきます。 せっかく新しいiPhoneやスマホを手に入れてもLINEの引き継ぎに失敗するととても困りますよね。 「メールアドレス、パスワードを忘れてしまった」「トーク履歴の復元に失敗してしまった」「エラーで2段階認証が出来ない」 といったさまざまな失敗ケースの報告があります。 それぞれの失敗、エラーの症状ごとに復元方法を解説しているので解決していってくださいね。 まずはチェック!Facebook連携はされていますか? Facebook認証はパスワードなどを万が一忘れてしまったときに便利なアカウント認証の方法。 万が一の場合を考えて連携しておいて損はないでしょう。 まずは自分のLINEアカウントでFacebookに連携しているかを確認!• Facebookの 『連携する』をタップ。 Facebookアプリから自動的にLINEに切り替わったら完了。 連携後は 『連携解除』が表示されます。 パスワードを忘れてしまった方 パスワードは自分のアカウント画面から確認することはできないため、パスワードを忘れてしまった場合にはパスワードを再設定する必要があります。 パスワード再設定メールが届かない? アプリにログインする際にパスワードを忘れてしまった時は 『パスワードを忘れた場合』をタップします。 この時LINEに登録した正しいメールアドレスを入力すると 『メールアドレス宛てにパスワード変更の案内メールをしました』というポップアップが表示されます。 このポップアップメッセージが表示されたのにも関わらずメールが届いていないという場合は次のことをチェックしてみてください。 迷惑メールフォルダに振り分けられていないか。 キャリアの迷惑メールブロックなどで『 lime. me』がはじかれていないか。 旧端末のメールアドレスを使用していないか。 ログイン制限がかかってしまった場合 LINEでのアカウント認証(メールアドレス・パスワードの入力)で 3回~5回ほど失敗すると、一時的にログイン制限がかかります。 この場合には 1時間程度時間をおいてから再度ログインするか、次の方法でLINEのデータを消去することで制限を解除できることもあります。 スマホの再起動• 『電話接続による認証』を選んで電話から認証番号を聞く。 Facebook認証でログインする。 LINEサーバの不具合である可能性がある場合は一定時間後に試す。 2段階認証ができない場合 『アカウント引き継ぎが許可されていません••• 』のエラーメッセージが出る場合は旧端末側で引き継ぎの設定が完了していないことがあります。 この場合は旧端末がインターネット(wifiなど)に接続されているか確認してください。 引き継ぎ許可をONにし忘れた場合は? 電話番号を変更していない場合にはSMS認証(または電話認証)でアカウント認証をすることが可能です。 どうしても認証ができない場合には、旧機種で登録していた情報をLINEのに報告することでアカウントを新機種に移行できる場合があります。 トーク履歴が引き継げなかった場合 Android端末での引き継ぎに失敗した場合-原因と対処方法 Androidでトークを引き継ぐにはいくつかの方法がありますが、LINEの他のデバイス(Gmailなども含む)にバックアップデータを保存した場合には、新しいAndroid端末でのトークデータの移行が正しく行われないとトーク履歴を引き継ぐことができません。 LINE KEEPを使ってトークのバックアップを取った場合は電波状況やLINEサーバーの不具合によって一時的に読み込みがエラーになることがありますが、条件の良い状態で再トライすると復元できることがほとんどです。 現在はGoogleドライブでバックアップ&復元の引き継ぎ方法が一番カンタンです! iPhoneでの引き継ぎに失敗した場合-原因と対処方法 iPhone版LINEのトーク履歴のバックアップはiCloudに作成されます。 必須の条件としてはiCloudに同じアカウントでログインしていることが必要ですが、iCloudに正しくログインしている場合には電波状況やLINEサーバーの不具合によってデータのダウンロードにエラーが発生している可能性があります。 この場合は電波状況 Wi-Fi、4G,LTEの切り替えをする やLINEサーバーが安定している時に再度トライしてみてください。 スタンプは異なるOS間でも引き継ぐことが可能です。 LINEアプリから右下 をタップ。 設定 をタップ。 『マイスタンプ』『my着せ替え』をタップ。 『すべてをダウンロード』をタップ。 購入履歴にスタンプがない場合 引き継ぎの際にアカウントを作り直した、アカウントを削除した場合はアカウント情報が消えてしまうため購入履歴からスタンプが消えてしまいます。 ツムツムなどのゲームアプリのアカウント引き継ぎに失敗した場合 ツムツムなどのLINEゲームアプリの情報はLINEアプリのアカウント情報と一緒に保存されています。 つまり、ツムツムのゲームデータを引き継ぐためには LINEのアカウントを間違いなく引き継ぐ必要があります。 ツムツムのデータを間違いなく引き継ぎたいという人は次の項目をチェック!• 旧端末側LINEで念のためFacebook認証もしておく。 新端末LINEアプリの初めの画面では『ログイン』を選択する。 新端末でLINEアカウントの移行が完了するまで旧端末を手元に置いておく。 (下取りなどに出さない) 新規登録したら友達が減った?理由とは アカウントを新規で作成する場合には 『自動で追加される友達』以外の友達はリストから消えることになります。 LINE以外に連絡手段がある友達は相手のLINEの QRコードのスクショなどを送信してもらうことでも友達追加することが可能。 直接友達に会う場合は 『ふるふる』を使えばOK。 すでに友達になっている人に、別の友達のLINE連絡先を直接トーク上に張り付けてもらうことも可能です。 【最終手段】あきらめてアカウントを新規登録する前に! いろいろな方法を試してもやっぱり新端末でのログイン、アカウント認証ができない(泣)という人は、アカウントを新規作成する前にから事情を報告してみましょう。 引き継ぎに関する問題報告の3つ目のプルダウンの 『アカウント・登録情報』、4つ目の 『アカウントを引き継ぎたい』を選択し、本人確認ができればデータ移行することが可能になる場合もあります。 ・関連記事•

次の