お守り 作り方。 野球お守りの作り方 ユニフォーム・グローブ・ボールのマスコット<型紙付>

フェルト お守り 型紙

お守り 作り方

1番基本的なお守りとなる形の、10分でできる簡単お守りの作り方をご紹介します。 難しそうですが、実はとても分かりやすくて簡単なんです。 用意するものは3点なので、家にあればすぐに作れてしまいますよ!裁縫に手慣れた方だと、お守りの形と紐だけならこの作り方で10分程度で完成です。 込める願いや用途によって、表面はなんでも自由です。 フェルトや刺繍などを使って、世界に1つだけの素敵なデザインにしてくださいね! 手作りお守りの材料• フェルト• 紐 手作りお守りの作り方• 1フェルトを長方形に切り、半分に折ります。 2重ねた両端を、斜めに切ります。 3お守りの側面となるフェルト部分をブランケットステッチで縫います。 4紐を通す部分に、目打ちで穴を開けます。 5二重叶結びをした紐を前から後ろへ通します。 6通した紐を、お守りの裏側で結びます。 キーホルダーのように、チェーンなどを付けてストラップにしても可愛いですが、紐で作るとお守り感が出ます。 工夫すれば、おしゃれな飾りのようでとても可愛いです。 手作りお守りで1番使われているのが、上記の作り方でもご紹介した「二重叶結び」です。 神社などで販売されているお守りにも、この結び方が使われていることが多いです。 ご祝儀袋などにも使われる、お祝い事には欠かせない作り方と言えます。 他にも、「吉祥結び」や「淡路玉」などの結び方でも可愛くお守りを作ることができますよ!言葉で伝えるのは難しいので、二重叶結びの作り方の動画を見ながら結んでみてくださいね。 フェルトよりも簡単ですが、紙なので崩れやすいです。 どこかにつけるというよりも、お財布やバッグの中に入れておけるお守りとして使えると思います。 折り紙を折る前に、内側に願いを描いておくのもいいですね。 100均には、お守り作りにも使える折り紙がたくさん販売されています。 下記の記事では、ダイソーやセリアで買える折り紙が紹介されていますので、是非参考にしてくださいね。 中身を工夫して気持ちのこもった手作りお守りを作ろう! いかがでしたか?購入したお守りもいいですが、自分で作るお守りは、きっと愛情と願いがしっかり込められたお守りになると思います。 お守りに入る大きさなら、中身はなんでもいいと思います。 願いや用途によって、お守りに合ったものを入れてあげてくださいね!心のこもった手作りお守りを作りましょう!.

次の

可愛い手作りお守りの中身10選|フェルトでの簡単な作り方は?

お守り 作り方

お好みのお守り結びをし、お守りに穴を開けて、紐を通すとき、 細めの紐なら、刺繍用や毛糸用などの穴の大きい針に入れて、通せばいいのですが、 針がないときや穴に入らない太い紐の場合はどうするか? (1) 紐端にセロテープを巻いて硬くして、目打ちを刺した穴に入れる。 (2) 紐端に木工用ボンドをつけて乾かして硬くして、目打ちを刺した穴に入れる。 (3) 針金やヘアピンを使い、針の代わりにする。 簡単に考えたのは、この3つ。 この(3)について、以下補足します。 目打ちで穴をあけます。 (2) 穴にヘアピンを差し込みます。 ヘアピンがない場合は、細い針金をU字にまげて使います。 (3) 「わ」になっているところに紐を入れます。 (4) そのまま下に引っぱって、紐を通します。 続いて、お守りの後ろの結び方をいくつか考えてみました。 神社で購入する御守は、たいてい「ひと結び」しているだけですが、あまり決まりはない?ようなので、 あくまで、こんな結びでもいいのではないか?という提案です。 御守袋を開けれるか、閉じたままがいいか、の好みで決めるといいかもしれませんね。 普通に1回結ぶだけ。 神社の守りはこれが多いです。 【その2】 「かた結び」をします。 普通に2回結ぶ。 結び目が動いたりしなくなります。 【その3】 「とめ結び」をします。 片方のまっすぐな方をひっぱると、紐が動きます。 【その4】 「つゆ結び」をします。 結び目が動いたりしなくなります。 【その5】 ビーズを使います。 紐と穴の大きさを考えます。

次の

フェルトのカラフル&ふっくら「お守り」

お守り 作り方

厚紙をユニフォームの形に切り抜く• 1に沿ってフェルトや布をカットする• 背番号や学校名などを刺繍する or 描く• 根気よく1本線のステッチを入れるか、フェルトではなくストライプの生地を使うかといった方法で乗り切ってください。 これなら手芸が苦手でも、短期間で大量に作らなければいけなくても、ラクラク作れちゃいますよね! 一見、ちゃんと売っているようなキーホルダーなので、いかにも手作り感がするフェルト手芸があんまり好きじゃない、というようなクールな男子にも気に入ってもらえることでしょう。 ボールやグローブなどのチャームもお安く別売りされていますので、組み合わせるとなかなかいい感じのキーホルダーやストラップを手作りできます。 野球お守りの作り方 グローブ<中・上級者向け> 野球少年へのプレゼントとして昔から人気があるのは、やっぱり 手作りのミニグローブでしょう。 なかでもフェルト手芸のものは、昔も今も王道のマスコットです。 ですが、最近は100均で材料がお安く調達できることもあって、 合皮素材で作るという本格派さんも増えているんだとか。 どちらも同じ型紙で作れますので、材料は自分のお裁縫センスによって決めるといいですね。 両方つくってみて、出来映えの良い方をプレゼントするのもアリでしょう。 ミニグローブの型紙 無料ダウンロード 広げた時の横の長さが5センチほどのミニグローブと、それに合う大きさの野球ボールの型紙を用意しました。 A4サイズで印刷して使ってくださいね。 プリントアウトした型紙の裏側に、なるべく濃い鉛筆(B以上)で塗りつぶし、それをフェルトに載せて上からなぞることで、ボールに使う白いフェルトなどは型紙を写すことができます。 しかし、茶色などの濃い目のフェルトを使う場合は、鉛筆の線がうっすらとしか写らないので、型紙を切って上に置き、まわりをなぞった方がカンタンです。 写し終えたら、それぞれ切り抜きます。 2.同じアルファベットのところを縫い合わせます。 手のひらと手の甲部分を合わせ、縫っていきます。 見やすいようにフェルトも刺繍糸も色を変えて縫っていますが、もちろん色を合わせてくださいね。 バランスを見ながら指先に綿を詰めつつ、つなぎ部分は人差し指と親指の間にはさんで縫い合わせます。 パーツを縫い合わせるだけなので、そんなに難しくありません。 指先の細かい部分がやや難しいとは思いますが、少しずつていねいに縫っていけばちゃんと完成させることができますよ。 「つなぎと親指の所がよくわかりません」というメッセージをもらったので、その部分を拡大してみました。 親指と人差し指の間のペラは後ろ側に返し、背面側のパーツ(甲1・2)と左右(A・B)を縫い合わせます。 つなぎヨコとつなぎタテは、本物のグローブのように縫ってもいいですし、私はめんどうだったのでボンドで貼っちゃいました。 人差し指と親指を縫い合わせるときに、つなぎヨコの端もはさみこんでくださいね。 余力があればボールも作る、くらいの気持ちで取り組んでみましょう。 野球お守りの作り方 ボール<上級者向け> フェルトで キレイなまん丸を作るのって、案外コツが必要なものです。 3回ほど作り直して、やっと丸くなったという経験がありますw 上記のグローブと一緒にボールも作っているのですが(写真参照)、やっぱり今回もゆがんでしまいました~>< 前述のミニグローブと一緒に、ボールの型紙も載せていますのでチェックしてみてください。 直径2センチほどのボールなので、お好みで拡大や縮小して使ってくださいね。 野球のボールは2枚をつなげるだけなので簡単かと思いきや、 縫い目のちょっとした歪みがボールの歪みにつながってしまいます。 気合いを込めて、ていねいにひと針ひと針縫い進めるようにしてください。 また、綿もきちんとほぐしておかないと、これまた歪んでしまいます。 綿が縫い目から出てくるとみっともないので、縫い目はしっかりと細かくしておく必要があります。 なので、一見カンタンに見えるボールですが、上級者向けと言えるんじゃないでしょうか。 100均のボールキーホルダー 合皮で作られた野球ボールのキーホルダーが、たいていの100円ショップで販売されています。 (私は「シルク」というお店で買いました。 キャンドゥにもありました。 ) キレイな丸いボールが作れそうもないなら、このキーホルダーを使うのもいいですよね。

次の