市川海老蔵ブログ。 メディアも報じなかった市川海老蔵、暴行事件の真相に迫る!

市川海老蔵ブログで小林麻央の最後を告白!病状と葬儀や告別式を調査

市川海老蔵ブログ

数日前にまおが 何かをしたいと言い出した ずっと隠していた病気が公になり 複雑すぎる私たち夫婦はあの日以来ずっと 悩んでいた、 しかし公になった事で乳がんの検査に行った方や健康に目を向けた方々などの意見もあり 公になった事は我々夫婦にはポジティブではなかったが 少しでもお役に立てる場合もあるのかと感じた、 それを私以上に感じたのが妻だ。 何かをしなくてはならないという思いにかられ続けたようだ、 なにも無理する事はないよ、と私は思っていたが 彼女の意思は固いようでした。 ーより引用 それから、小林麻央さんは入院してから初めて、写真で姿を見せました。 久しぶりに見る小林麻央さんの姿に、たくさんの喜びと励ましの言葉が寄せられています。 バレンタインに男性から花束か… わたしが麻央にしてあげられなかった事です。 本当にありがとうございます。 私は頭が硬いのでしょう、バレンタインはもらうものホワイトデーにお返しするものと決めてました。 やめます。 くだらない固定観念、 つくづく常識と言うものの価値のなさを感じたりもしています。 花束をもらい 麻央がとても喜んでいた事 ハッキリと覚えています。 麻央はよく さだまさしさんの歌やお話に興味も持っていて 私も話を聞かせてもらっていました。 本当にありがとうございます。 麻央の夢の一つを叶えてもらえたご恩、 私は忘れません。 ありがとうございます。 ーより引用 小林麻央さんへの深い愛情が伝わってくるこの言葉。 市川海老蔵さんの人柄がよく分かります。 このたび、わたくし十三代目市川團十郎白猿を襲名させていただく運びとあいなりましてございます。 歌舞伎界にとりまして、大変大きな名跡でございます。 このうえは、おのれの命の限り懸命に歌舞伎に生きていきたいと思う所存でございます。 父・十二代目市川團十郎さんの姿を間近で見てきたこともあり、市川海老蔵さんは市川團十郎という名に「計り知れない重みがある」と感じているそうです。 襲名まではまだ少し時間があるため、市川海老蔵さんはそれまでの間に「やりたいことをやり、歌舞伎の勉強なども改めて行っていきたい」と意気込みを語っていました。 悲しみを超え、前に進んでいる様子の市川海老蔵さん。 これからも応援しています! [文・構成/grape編集部].

次の

市川海老蔵さんと小林麻央さんのブログに涙

市川海老蔵ブログ

市川海老蔵暴行事件の真相! 2010年11月25日未明、肌寒さが感じてきた季節に事件は起きました。 はっきりとした時間は未明ですが、11月下旬で外が薄暗かったとの事なので午前5時から6時頃だろう。 場所は芸能人の目撃情報が多数ある東京都港区西麻布の隠れ家的な会員制のバー。 ここで酒席でのトラブルが原因で暴行事件が起きました。 暴行を加えたのは都内でも有名な悪評高い暴走族の元メンバー。 そして被害者はこれまた酒癖の悪さで有名な歌舞伎役者。 そう、これが当時世間を騒がせた有名な事件『 市川海老蔵暴行事件』です。 今ではすっかりイクメンパパとしても有名な市川海老蔵さん。 本業である歌舞伎役者としても大活躍で、海老蔵さんの舞台はチケット予約が取れないほどの盛況ぶりを見せているが、当時は業界を揺るがすほどの事件を起こしたのも事実。 あの事件から数年たった今、様々な噂がネット上では飛び交ってますが『市川海老蔵暴行事件』の真相を、今回は関わった人物から場所などもう一度詳しくまとめてみました。 今では海老蔵ビル?『バルビゾン27』 当時の海老蔵さんは仕事も順調、まだ結婚後まもなくでしたので、まさかあんな大事件になるとは予想もされなかったのではないでしょうか? 事件発生の前日、海老蔵さんは午後11時頃から同じ歌舞伎役者の仲間達と飲み始めました。 仕事の話しやプライベートの話しと盛り上がり、ついついお酒も進んで楽しいひと時を過ごしました。 ひととおり食事を終えた海老蔵さん御一行は、夜も遅くなった事から先に帰る方やそのまま二次会に行く方と別々の行動になります。 そして海老蔵さんの移動先が、今では『海老蔵ビル』とも言われてる、事件があった西麻布の『バルビゾン27』です。 場所:東京都港区西麻布2丁目 このビルは芸能人の間では有名で会員制の店が多く看板などは出ておらず、通りすがりだと一見飲食店には見えない店ばかりが入ってる事でも有名なビルです。 営業形態は、ダイニングバー、ラウンジ、カラオケなどが入っており、同ビル内で行き来するにも便利で一般の人とは顔を合わせたがらない芸能人には丁度いい隠れ家的なビルです。 スポーツ選手や若手女優、タレントでは小池徹平、ウエンツ瑛士、俳優の窪塚洋介や同じ歌舞伎役者の中村獅童、あとジャニーズのメンバーは多く訪れた事もあるそうですよ。 そのくらい業界内では有名なビルだそうです。 カラオケバーにて元暴走族メンバーと合流 そして海老蔵さんがまず訪れたのは、11階にあるカラオケバー『マーキス』 このカラオケバーは一見お断りの完全会員制で、店に連絡をしないとエレベーターが11階で止まらないシステムになっており、セキュリティーの高さゆえに芸能人がよく利用するみたいです。 まずはマーキスでしばらく飲んだ後、一緒に来店した仲間は先に帰ったが、海老蔵さんはまだ飲み足りなかったのか家に帰りたくなかったのかは定かではないのですが、同じ店にいた8人位のグループに合流しました。 この合流がきっかけで後にトラブルとなったのです。 なぜならこの時合流したのがあの悪評高い暴走族で有名な『関東連合』の元リーダー石本太一御一行のグループだったからです。 石本太一 生年月日:1981年12月13日 出身:東京都世田谷区 都内最大の暴走族の連合体『関東連合』の『千歳台ブラックエンペラー』16代目元総長 今回の海老蔵事件で世に知られる事となったが、本業はジム経営やファッションブランドの運営などを手がけてる。 本なども出版しており、俳優としても活動していた時期もあった。 タレント、政治家、実業家などと交流関係は幅広く、海老蔵さんとも顔見知りだったそうです。 現在は詐欺罪、傷害致死罪で勾留中。 関東連合とは・・・ 1973年から2003年まで存在した鬼面党、メデューサ、マッドスペシャル、小次郎、宮前愚連隊、用賀喧嘩会、ブラックエンペラーなど都内の暴走族の連合体 暴走族と言えば、特攻服で改造車を乗り回すといったイメージがあるが、当初はイメージ通りだが時代の流れとともに活動が変化して行く。 解散後もOB(元メンバー)同士は上下関係の絆が強く、色々なビジネスを展開したり、また色々な事件を起こしたりしている。 2000年代から2010年代にかけて、東京六本木周辺などで発生している各事件の容疑者、被害者、関係者としてたびたびその名がメディアに出るようになった。 関東連合の名を世に知らしめる事となった事件が今回の『市川海老蔵暴行事件』です。 他にも『朝青龍事件』や『六本木クラブフラワー撲殺事件』なども関東連合関係者が関わった事件といわれてます。 海老蔵さんはのちに、相手方とは「顔見知りだった」と、コメントしているのだが、歌舞伎界とは似ても似つかない組織なのですが、海老蔵さんはどんな関係だったのでしょうか? 芸能界との繋がりも多いと言われてる関東連合は闇に包まれており、実態解明が難しい組織とも言われてます。 ダーツバーにてモデルと合流 関東連合・石本太一らと一緒に飲んでるうちに盛り上がってきた海老蔵さんは、午前3時頃、同ビルの6階のダーツバー『フィオレット』に移動します。 このダーツバーもセキュリティには厳しく、指紋認証がなければ入れないそうです。 そして当時、この店の店長は佐々木希の元カレという噂があり、佐々木希本人もこの店には一時期は頻繁に現れたそうです。 佐々木希だけじゃなく、薬物使用の噂がある沢尻エリカやあびる優などのそうそうたる美女も訪れた事がある、芸能人御用達の隠れ家的ダーツバーです。 そして海老蔵さん達が来店したこの時にはたまたま、ジャニーズタレントの紹介で通う事になったといわれているモデルの藤井リナがいました。 — 2018年 9月月28日午前1時22分PDT 藤井りな 生年月日:1984年7月2日 血液型:AB 出身:東京 日米ハーフの父と日本人の母との間に生まれたクオーター。 原宿でスカウトされたのがきっかけでモデルの世界へ。 雑誌『ViVi』や『ピーチジョン』などにも出演している人気カリスマファッションモデル。 のちに石本太一との交際も噂されるお騒がせモデルでもある。 当時、海老蔵さんはすでに泥酔しており、酒の勢いもあってか藤井リナを口説き始めてしまいました・・・ 藤井リナと言えば、DA PUMPのISSAや元KAT-TUNの田中聖などとの数々の男関係が噂されるだけあってとにかくイイ女だ。 パーティー大好き、お酒も大好きの明るい性格で、日本人離れした端正な顔立ちとナイススタイルの痩せ形だが胸は85㎝のDカップと、男ウけするスタイルである為とにかくモテる。 言い寄ってくる男性は当然多く、またあしらい方も当然慣れてます。 この時しつこく言い寄ってくる海老蔵さんを 「奥さんいるじゃん(怒!」 と、軽くあしらって帰ってしまいました。 藤井リナが事件に関わった詳細はこちらの記事で 参考: ですが結婚直後の海老蔵さんのこの行動は問題アリとされても仕方ありませんね。 そしてこの後・・・ 本当にあった!?灰皿にテキーラ 今まで上機嫌で飲んでいた海老蔵さんは、藤井リナにフらてた事がきっかけで一転不機嫌になり、一緒に飲んでた石本太一にまでカラむようになってしまいました。 海老蔵さんの酒癖の悪さは以前から噂されており、酔うと奇声を発したり、耳障りな暴言を吐いたりで手のつけようがないそうです。 海老蔵さんが訪れた事のある飲食店店主は「もう二度と来ないでほしい」と、嘆いている方もいるそうですよ。 事件当時の事に関してのちに海老蔵さんは、 「酔いつぶれた人を介抱してたら殴られた」 と言っておりますが、実際はうつむき伏せた石本太一に 「寝るんじゃない、大丈夫か?」 などと髪をつかんで持ち上げたり、灰皿にテキーラを入れて飲ませようとしたりと、とても介抱とは言いがたい行動をしていたそうです。 そして夜も深まって来た頃、一緒に飲んでたグループに石本太一の後輩が合流します。 この時合流したのがこの事件の逮捕者、つまり海老蔵さんに暴行を加えたとされる男性・伊藤リオンです。 伊藤リオン 小学校は地元でも有名な進学校に通い、サッカーが好きでJリーグ・東京ヴェルディーユースに入部。 その後、東京ヴェルディーユースをやめた頃からグレはじめ暴走族の道へ。 今回の『市川海老蔵 事件』で度々メディアに出る事になった。 海老蔵「俺は人間国宝だ!」発言 石本太一の後輩伊藤リオンも合流し、海老蔵さんは一緒に飲む事になりました。 が、すでに泥酔しきっている海老蔵さんは、 「俺は、人間国宝だ!」 などと、成田屋の跡取りとはおもえないぐらいのバカらしい暴言を吐いたとか。 まぁ本人は否定してますけどね… その後、石本太一に対して 「お前、もっと飲めるだろ?」 などと暴言を吐いたりと、挙げ句の果てには手元にあった酒を頭から浴びせるなどと、もう手の付けようがありません。 そして事件は起きました! 「先輩がバカにされてる(怒!」そんな現状を目の前で見ていた伊藤リオンは、さすがに我慢の限界を超えてしまいました。 そして、とうとう海老蔵さんを殴ってしまったのです。 一線を超えた伊藤リオンは、殴る蹴るで誰にも止められません。 顔面、頭、腹部と関係なく殴り続けます。 腕っぷしには自信があった伊藤リオンは、謝る海老蔵さんをさらに殴ります。 「このままじゃマズイ!」と、身の危険を感じた海老蔵さんは命かながら非常階段から逃げました。 (当時よく放送された血痕が残ってたあの非常階段です。 ) 瀕死状態でやっとタクシーに乗った海老蔵さんは一目散に家へと向かいました。 家に着いた血だらけでボコボコの海老蔵さんを見て驚いた妻の小林麻央さんはすぐに110番通報しました。 そしてこの事件が発覚したのです。 『市川海老蔵、暴行事件の真相』・まとめ 以上が『市川海老蔵暴行事件』の真相になります。 今回の事件により海老蔵さんの仕事にはかなり影響があったとも言われてます。 まず、京都南座で行われる予定だった顔見世興行は降板となり、初春花形歌舞伎は公演中止、海老蔵さんが出演していたヤマキのCM、ピップのCMは放送中止打ち切りとなり、伊藤園のCMは映像が削除され降板となりました。 この事件により歌舞伎界が受けた損害額は5億円とも言われてます。 さらに海老蔵さんは左頬陥没骨折や前歯損傷と全治6ヶ月の重体。 酒癖とオンナ癖の悪さが引き起こした今回の事件。 業界内では色々と問題視する方も多いようです。 あのデヴィ婦人がこの事件に関してブログで、 「地球は自分を中心に回ってる位に、不敵にしていた彼も、彼個人にはいい薬になったのかもしれないが、この代償は大きい。 あまりに多くの関係者に迷惑をかけてしまっている。 役者たるもの、公人と同じ。 普段の私生活も人の男の見本となるような生活をしてほしいものだ。 」 と投稿してました。 また渦中の人となった石本太一は、一部報道により1億円の示談金を受け取ったと言われておるが本人は否定している。 数年後、当時は海老蔵さんの現役復帰は絶望的と言われてたが、まわりの協力応援あって今ではなんとか復帰する事が出来ました。 海老蔵さん本人も、当時を振り返り、 「あの時の事は忘れません、父がいたからこんにちがあります。 家族や僕を応援して下さった方々がいたから・・・改めて、感謝です」 と、今ではまわりの方々に反省改め感謝しているようです。 有名人だけあり、不祥事やトラブル、スキャンダルは外部に対する影響が善くも悪くもかなり大きいです。 今後も言動などには気をつけてもらいたいものですね。 今回も最後までご覧頂きありがとうございます。 関東連合事件簿! ・東洋ボール殺人事件 2000年、大田区のボウリング場『東洋ボール』の駐車場で当時関東連合と敵対していた全狂連暴走族のメンバーと間違いし、寿司屋見習いの18歳の少年を金属バットで殴り、数時間後に脳挫傷で死亡させてしまった事件。 殺人事件だったにもかかわらず、実行犯は当時未成年だったため数年の刑期で出所したという。 ・朝青龍事件 2010年、朝青龍が一般人男性に暴行したとして当時横綱だったにもかかわらず引退にまでおよんだ事件。 被害者は当初自分のマネージャーだと言われていたが、実際は関東連合の元リーダーで当時はクラブの経営者。 その被害者が経営するクラブで飲んでいた朝青龍は、店を出たところ素行の悪さなどをクラブ経営者に注意され、出入り禁止を宣言されたのに腹を立て暴行におよんだとされている。 後日、朝青龍側からの示談金の支払いにより事件は終演を迎えたが、横綱が一般人に手を出した事が当時波紋を呼びこの事件がきっかけで引退にまで至ってしまった。 朝青龍に関しては以前から素行の悪さが噂されてたが、引退の直接のきっかけはこの時の事件である。 酒癖の悪さは海老蔵さんと似ているような気が … ・六本木クラブフラワー撲殺事件 2012年、来店客であった一般人男性が10人ほどの目出し帽姿の男性グループに金属バットで撲殺された事件。 この時の目出し帽の男性グループが関東連合のメンバー。 この事件は六本木『ロアビル』内の『クラブフラワー』で、関東連合が対立する人物を間違えて無関係の一般来店客を撲殺してしまった人違い殺人事件であった。 事件の指示役と言われている一人が、今記事の登場人物の石本太一である。 実行役は逮捕されたが、事件の首謀者と言われてるもう一人は現在も海外逃亡中。 関東連合関連の書籍 :著者・工藤明男 元関東連合幹部が書いた暴露本だけに、暴露の内容は信憑性が高い。 :著者・石本太一 元リーダーの本人が関東連合に在籍していた当時の心境から生い立ちまで、津々浦々と書いてます。 今回の 市川海老蔵暴行事件の事も当事者として、メディアの誤った発信について言及している。 市川海老蔵暴行事件の関連記事 参考: 参考:.

次の

ブログ収入4000万円では不満!?海老蔵「YouTubeの誤算」報道を本人が全否定(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

市川海老蔵ブログ

2017年4月23日は、私が人生で一番泣いた日。 海老蔵さんも、妻小林麻央さんが旅立った2017年6月22日のことをそう綴っています。 今年は、6月にも先輩が61歳で急逝し、「人の命」について考えさせられる日々が続いています。 小林麻央さんは、もちろん画面を通してしか知りませんが、美しく、聡明で、透明感ある素敵な女性だと思っていました。 彼女がパートナーとして選んだのは、歌舞伎界のプリンス市川海老蔵。 婚約前は、女性の噂が絶えず、「やんちゃ」「傲慢」というイメージしかなかったので、「何故この人なんだろう?」と首をかしげました。 海老蔵の大ファンの友人には、その舞台の素晴らしさを延々と聞かされ、反論しようものならば、激怒されたものです。 結婚を機に、市川海老蔵は、どんどん変わっていきました。 昨日の会見で、「奥さんはどんな方でしたか?」という問いに「私を変えた人」と答えていましたが、睫毛に宿る涙をこらえ、真摯に答える市川海老蔵は、不謹慎かもしれませんが、気高く、近寄りがたい美しさに満ちていました。 麻央さんを心から愛し、心から愛され、変わったのですね……。 2016年、BBCが選出する世界の女性100人に選ばれた小林麻央さんが寄稿した文を読み号泣してしまいました。 2年前、32歳の時に、私は乳癌であることを宣告されました。 娘は3歳、息子はまだ1歳でした。 「治療をして癌が治れば、元の自分に戻れるのだから、大丈夫!」と思っていました。 けれど、そんなに簡単ではありませんでした。 今も、私の身体は、がんと共にあります。 私は、テレビに出る仕事をしていました。 病のイメージをもたれることや弱い姿を見せることには「怖れ」がありました。 なので、当時、私は病気を隠すことを選びました。 隠れるように病院へ通い、周囲に知られないよう人との交流を断ち、生活するようになっていきました。 1年8か月、そんな毎日を続けていたある日、 緩和ケアの先生の言葉が、私の心を変えてくれました。 「がんの陰に隠れないで!」 私は気がつきました。 元の自分に戻りたいと思っていながら、 私は、陰の方に陰の方に、望んでいる自分とは かけ離れた自分になってしまっていたことに。 何かの罰で病気になったわけでもないのに、 私は自分自身を責め、それまでと同じように 生活できないことに、「失格」の烙印を押し、 苦しみの陰に隠れ続けていたのです。 それまで私は、全て自分が手をかけないと 気が済まなくて、 全て全てやるのが母親だと 強くこだわっていました。 それが私の理想の母親像でした。 けれど、 病気になって、 全て全てどころか、 全くできなくなり、 終いには、入院生活で、 子供たちと完全に離れてしまいました。 自分の心身を苦しめたまでの こだわりは 失ってみると、 それほどの犠牲をはたく意味のある こだわり(理想)ではなかったことに 気づきました。 そして家族は、私が彼らのために料理を作れなくても、幼稚園の送り迎えができなくても、 私を妻として、母として、以前と同じく、 認め、信じ、愛してくれていました。 私は、そんな家族のために、 誇らしい妻、強い母でありたいと思いました。 私は、闘病をBlogで公表し、 自ら、日向に出る決心をしました。 すると、たくさんの方が共感し、 私のために祈ってくれました。 そして、苦しみに向き合い、乗り越えたそれぞれの人生の経験を、 (コメント欄を通して) 教えてくれました。 私が怖れていた世界は、優しさと愛に 溢れていました。 今、100万人以上の読者の方と繋がっています。 人の死は、病気であるかにかかわらず、 いつ訪れるか分かりません。 例えば、私が今死んだら、 人はどう思うでしょうか。 「まだ34歳の若さで、可哀想に」 「小さな子供を残して、可哀想に」 でしょうか?? 私は、そんなふうには思われたくありません。 なぜなら、病気になったことが 私の人生を代表する出来事ではないからです。 私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、 愛する人に出会い、 2人の宝物を授かり、家族に愛され、 愛した、色どり豊かな人生だからです。 だから、 与えられた時間を、病気の色だけに 支配されることは、やめました。 なりたい自分になる。 人生をより色どり豊かなものにするために。 だって、人生は一度きりだから。 自分のことよりも他人を思いやる優しさに溢れ、心身ともに美しく、強い女性だったのですね。 小林麻央さんは、海老蔵さんへの神様からの贈り物だったのでしょう。 心からご冥福をお祈りいたします。 ブログを編集した本です。 ブログもずっとリアルタイムで拝見してきましたが、編集で、またがらりと生まれ変わりました。 「縁起物図鑑」とあるように、『利休にたずねよ』の公開ともあわせて、海老蔵さんのおりおりの抹茶の習慣や気に入りの道具がフィーチャーされているのがメイン、そして毎日のおいしいものの写真、散歩中に目についた花やなにげない階段の模様、そして楽屋のスナップ、隈取り、舞台、共演者の素顔・・・ ひとりの歌舞伎役者の日常がたちあがってきます。 いつも、小さな発見と「感謝」に満ちた言葉がすがすがしく、心が洗われます。 メインの大きな紙面の下に、欄外の注のようにして、その前後の日記も入れてあり、満載の写真(家族もふくめ)、まったく飽きさせない編集です。 ブログだと1日に10回ほども更新され、あさ、昼、晩の全献立や、公演中も毎日かようジム、温泉での体リセットなどの行動が公開されていて、それこそ精進の毎日であることに頭が下がるのですが、本書はむしろ歌舞伎関係や骨董や父への思いなどを中心にまとめられて、新鮮に読ませます。 同じ記事を読んだことがある気がしません。 歌舞伎の世界をちょっとのぞいてみたい人にも、ある程度観ている人にも、そして、(いろいろ噂もあったりする)海老蔵丈とはどんな役者なのか知りたい人にも、満足のゆく一冊。 海老蔵さんの真摯な心持ち、そして潔癖すぎるほどの自己管理、自然体に流れるすなおであたたかな言葉。 「僕は 見た目がこわめだし めんとむかってお話するとどうも ハッキリ言いすぎる傾向があるので 気分を害したり怖がられたりしてしまいます。 が、文章だと 何故か自然と思うことが オブラートになり とてもいい感じになるんです……って、 いい感じでなかったら笑 すんません」 というくだりがあって、ほんとうにそんな本です。 天才的な役者さんの、飾らない日常の一冊、お勧めします。 この本は市川海老蔵さんの日々のブログを編集した一冊です。 月に600を優に超えるブログ更新をする海老蔵さん。 ブログがライフワークの中心として存在している証しなのだと思います。 ちょっとしたときにアクセスしてみると、もう既に新しい記事が更新されているので、 ちょくちょく覗いてみようという気にもさせてくれます。 そして、何気ない日々の平凡なことにスポットをあてられる心眼を持っている人なのだと、 この本を読んでも伝わってきます。 僕が以前読んだ漫画の中に、「平凡なことを忘れた時に、人は争い合う」というセリフがありました。 特別な事だけを記事にするのは簡単だけれど、 平凡の中の感謝をたくさん記事にすることで、海老蔵さん自身、 それを忘れないようにしようという思いなのかもしれません。 家で、舞台前で、舞台後でとバイタリティー溢れる、まさに自分発信なブログ。 この本を読んで更に応援したくなりました。

次の