身体 が だるい 眠い。 だるい・疲れやすい|家庭の医学|時事メディカル

体がだるいし眠い!それは病気が原因なの?改善方法とは

身体 が だるい 眠い

この記事の目次• 女性の「眠気」の悩みについて見ていきましょう! 寝不足明け 当たり前ですが、前日寝不足をすれば翌日眠気に襲われます。 若いころは少しくらい寝不足や徹夜をしてもどうにかなったのに、歳をとるにつれて無理がきかなくなってきますよね。 仕事や家事、あるいはだらだらとテレビやスマホを見てしまったせいで翌日とてつもなく眠くなる事態は避けたいところです。 生理前から生理中 女性はホルモンバランスの影響を受けやすく、PMS(月経前症候群)という症状に苦しんでいる方も多いでしょう。 PMSとは生理の1~2週間前ほどから出る身体不調・精神不調の名称で、体の痛みや肌荒れ、むくみ、便秘、体重増加などの身体不調、イライラや集中力の低下、無気力や躁鬱状態などの精神不調という、およそ多岐に渡る症状がすべてホルモンバランスの影響で起こることを言います。 このPMSの中に「強い眠気」というのも含まれます。 生理前・生理中の日中、耐え難い眠気に襲われた経験が女性なら少なからずあることでしょう。 しかし現代人のように交感神経を酷使する時間が多いと、脳が「そろそろ休めなくては」と副交感神経を働かせようとする場合があります。 脳は二つの神経のバランスをとろうとするからです。 デスクワークでの目の酷使、集中力の酷使など、休憩なしに根詰めて働いている時、ふと強い眠気に襲われるならばこれが原因の可能性もあります。 休憩は自発的にこまめにとるようにしましょう。 興味関心がなく集中力が途切れる時 これは学校生活や会社勤めで皆さん経験済みでしょう。 興味関心がないものには脳が興奮しないので、副交感神経が働きやすく、眠気が襲ってくる好条件ができあがるのです。 どうしても寝てはまずい、集中しなくてはならない場合には、無理やりにでも自分の興味が持てる部分を探して関心を向けることが眠らないコツです。 妊娠中 妊娠初期にくる「眠りづわり」という強い眠気はホルモンバランスの変化が原因ではないかと考えられています。 妊娠するとホルモンバランスが傾くので自律神経が乱れ、さまざまな症状が出てきます。 そのうちの一つが眠気で、強い眠気を感じるようになったと思ったら妊娠していた、という女性もかなり多いようです。 また、妊娠36週以降のいわゆる「臨月」にも強い眠気を感じることが多いです。 お腹の中で赤ちゃんが大きく育ったこの時期は、2人分の生命を抱えたお母さんにとって体力の消耗がもっとも激しい時期です。 また、臨月期には夜しっかり熟睡することができず、慢性的に寝不足のため強い眠気に襲われるという理由もあります。 精神的にしんどい時 強いストレスや不安、悲しみに沈んでいるとき、精神の消耗が激しく、脳が眠たくなるように働きかけている場合があります。 というのも、人間はストレスを受けた時や大量の情報処理に追われたときなど、脳に負担がかかるとアンモニア(毒素)が発生し、溜まってゆきます。 溜まりすぎると危険なので、脳がこれ以上アンモニアを出させないように活動にストップをかけてストレスを緩和しようとするのです。 それが急にくる強烈な眠気の正体である場合があります。 病気の可能性も考えられます 病気が原因で強い眠気が起こる場合もあります。 強いストレスが原因で病気となり、その症状として眠気が起こるものや過眠症や不眠症などの睡眠障害、さらには内臓機能の低下など原因は様々です。 次項では眠気が起こる病気を1つずつ解説していきます。 ナルコレプシー(過眠症) ナルコレプシーとは過眠症の1つで、日本では潜在的に20万人ものナルコレプシー患者がいると推定されています。 自律神経失調症の原因はストレスとされることが多いですが、さまざまな要因が混在するため正確に断定することは難しい状況です。 しかし多様に襲ってくる症状に対し、対応する科(内科や耳鼻科、消化器科や整形外科など)を受診した結果、どこにも悪いところは見つからず、ストレスや心理的不安・緊張などが原因だとしか考えられない場合、精神科や心療内科を受診することになります。 最初からストレスが原因だと見当をつけて受診することもありますが、 重大な病気が隠れている可能性も否定できないので、対応する症状を専門の科で一度検査してもらう方が良いでしょう。 副腎疲労症候群 副腎疲労というものを聞いたことはありますか?症状のほとんどがうつ病に似ており、うつ病として診断・治療されることも多い病気です。 しかしうつ病とは明らかに違う点がいくつかあります。 それはうつ病の薬が効かないこと、PMS(月経前症候群)の症状がひどくなっていること、さらに性欲が沸かず、日中よりも夜の方が症状が楽、という特徴があるそうです。 そもそも副腎とはどこにある器官かというと、左右の腎臓の上にある小さな臓器です。 体に不可欠なホルモンを分泌している臓器で、とくに「コルチゾール」という抗ストレスホルモンは人間が生きていくために欠かすことはできません。 脳がストレスを感じるとこの副腎に「ストレスに対抗せよ」と指令が下り、副腎がストレスに対してコルチゾールを分泌することでストレスが緩和されます。 しかし極度のストレスや長期間に及ぶ慢性的なストレス、過労や不眠、生活習慣の乱れなどから指令がひっきりなしに下され、さらに栄養不足や休養不足が重なって、副腎が疲労困憊になってしまう、それが副腎疲労症候群です。 この状態になると、抗ストレスホルモンが十分に分泌されず、まさにうつ病に似た症状(無気力、憂鬱間、不眠、寝ても寝ても日中眠いなど)が現れてきます。 一番の治療法は生活習慣を正し、ビタミンやミネラルなどの栄養をしっかりと摂り、糖分やカフェインの過剰摂取を控えることです。 甲状腺疾患 甲状腺疾患には多くの病気が含まれ、また、症状にもさまざまなものがあります。 うつ病、更年期障害、子宮筋腫、心臓病、 認知症、糖尿病、咽頭がん、腎臓病などに似た症状があるため、甲状腺の疾患だとは気づかずに違う科で診断・治療を続けている可能性があります。 甲状腺の疾患は甲状腺の治療をしない限り症状が改善されることはありません。 動悸、イライラ、無気力、体重の増減、喉の違和感、むくみ、疲れ、だるさ、痒み、生理不順などさまざまな症状がある中で、「日中の強い眠気」という症状も見られることがあります。 すべての症状が出るわけではないので見極めが非常に難しいですが、もしも気になる部分があればかかりつけのお医者さんに相談し、甲状腺を専門とする病院やお医者さんに紹介状を書いてもらうと良いでしょう。 肝臓機能の低下 脂肪肝や肝臓の疲労で機能が低下すると強い眠気に襲われることが多くなります。 肝臓はアルコールなどの身体にとって「毒素」と認識されるものを排出するため、日々頑張っている臓器です。 飲みすぎやストレス、生活習慣の乱れによって肝臓が疲れてくると体に毒素が溜まり、疲労物質が多くなり、日中の耐え難い眠気や倦怠感を覚えるようになります。 肝臓もストレスの解消やバランスのとれた健康的な食生活、質のよい睡眠を心がけることで疲労を予防し、日々元気に毒素を排出してくれるようになります。 肝臓が悪くなると肌が黄色っぽくなったり爪が白っぽくなるという目に見える変化もあるので、気になる症状があれば消化器内科を受診し、適切な治療やお医者さんの指導を受けましょう。 不眠症 不眠症が原因で夜寝られず、日中に眠気が襲うという場合も考えられます。 不眠症はさきほどご説明したとおりうつ病と深い関係にあるので、• 夜眠れない• 何度も目が覚める• 朝早く目が覚めてその後寝付けない• 日中眠い などの症状があれば早めに睡眠外来を受診しましょう。 体の不調のほとんどは生活習慣の乱れからくると言っても過言ではないほどです。 ストレス解消には軽い運動の他に、趣味や遊びに夢中になることも効果的です。 忙しくて趣味がないという方は新しく趣味を見つけてみましょう。 生活にメリハリが出て生き生きしてくることでしょう。 また、入浴や睡眠前の時間をリラクゼーションのための時間として有効に活用してはいかがでしょうか? お気に入りの音楽をかけたり、好きなアロマを使ったり、ストレッチやマッサージで体をほぐしたり、漫画やお笑い番組を見て声を出して笑ったり、ご自身が一番くつろげる時間と空間をつくり、日々の疲れを労わってあげましょう! STEP5. 深い呼吸法を取り入れること 現代人は無意識のうちに浅い呼吸になっている人が多いそうです。 特に猫背やデスクワークの方に多く、浅い呼吸は体内の酸素不足を招き、肩こりや頭痛、その他さまざまな病気に繋がってしまいます。 無呼吸症候群や不眠に繋がることもあるので、日中に眠気を覚えたりもします。 ぜひ1日に1度でも良いので、姿勢を正して深い呼吸法を実践してみてください。 特に寝る前にベッドに入ってこの呼吸法を試すとわずか1~2分で眠りに落ちてしまうほどのリラックス効果を得られると話題です。 普段の生活の中で強いストレスを感じたり、イライラしたり、不安になったりしたときにもぜひ試してみてください。 深い呼吸は自律神経の乱れを整え、気持ちを落ち着かせ、閉じていた胸を開かせてくれます。 デスクワークの途中に目を閉じてこの呼吸法をすることで、目も休ませることができ、気持ちもリフレッシュするので仕事の能率もUPするでしょう。 ただしカフェインの過剰摂取は悪い生活習慣の代表でもあるので、一日に1~2杯にとどめることをお忘れなく。 さらに砂糖を入れてしまうと食後の血糖値を上げ、さらに眠気をUPさせる原因となるのでブラックで飲むことをおすすめいたします。 冷水で顔を洗う! 授業前、会議前、仕事中に強い眠気に襲われた時、水道の冷たい水でばしゃばしゃと顔を洗うのは化粧も落ちてしまいますし荒治療ですが効果はあります。 特に「今は絶対寝てはならない!」という時には冷水で顔を洗って、化粧直しをすればさらにシャキッと新しい気持ちで仕事に向かうことができるでしょう。 体を動かす! 授業中や会議中には難しいですが、仕事中にお手洗いや飲み物を淹れるついでに立ち上がり、少し大きめに伸びをしたりストレッチをするなど体を動かしてください。 全身に血が通ってシャキッとすることができます。 授業中に「ちょっとみんなで伸びをしよう」と提案してくれる先生が必ず何人かいましたが、理にかなった休憩タイムだったのですね。 日中にひどく眠いなら一度病院に受診を あまりにも日中の眠気が辛い場合は迷わず病院を受診しましょう。 他の症状などと合わせて、何科にかかるべきかを考慮したうえで受診してみてください。 この記事が参考・キッカケになれば幸いです。

次の

体がだるい3つの原因とは?だるい・重たい・倦怠感

身体 が だるい 眠い

睡眠不足 十分な睡眠が取れていないと前日の疲れを引きずって体がだるく感じてしまいます。 この場合は、発熱がしないのでただ体が重たく感じるようになるのです。 必要な睡眠時間は人によって違います。 体質的に5時間の睡眠時間で十分な人もいれば、9時間以上の睡眠を必要としている人もいるのです。 一般的には6〜8時間の睡眠時間が人間には必要とされています。 また、平日は5時間しか寝ていないのに、休日は10時間も寝ているというように毎日の睡眠時間が不規則な場合も体がだるく感じやすくなります。 自分にとって一番心地の良い睡眠時間を見つけて、生活リズムを整えていくことが大切です。 精神的ストレス 職場や学校での人間関係や家事、育児で受ける精神的プレッシャー、引っ越しや結婚、職場の異動などで受ける精神的ストレスも発熱を伴わない体のだるさの原因となります。 精神的ストレスを受けると全身の生理機能をコントロールしている自律神経系が乱れてしまいます。 これにより、ストレスが起因となって体がだるく感じてしまうのです。 また、ストレスを解消できずに溜め込んでしまうと後述するようなうつ病などの精神疾患に悪化してしまいます。 このような心の病気になる前に自分なりのストレス解消法を見つけて、うまくストレス発散をできるように工夫していくことが大切です。 食生活の偏り 熱はないのに体がだるいときは、毎日の食生活で栄養バランスが偏っていることも疑われます。 肉類などの脂肪分が多い食事やお菓子などの糖分が多い食事ばかりを取っていないでしょうか。 特にビタミンやミネラルなどが不足していると体を動かすために必要なエネルギーを十分に吸収することができずに体のだるさを感じやすくなります。 例えば、ビタミンB群は吸収した栄養素を体で使われるエネルギーに変換する働きを持っているのです。 なので、緑黄色野菜や果物なども積極的に摂取しバランスの取れた食事を心がけていくようにしましょう。 鉄欠乏性貧血 貧血になると倦怠感や体がだるく感じるほか、めまいや疲れやすさを感じやすくなるといった症状もあらわれます。 特に女性は貧血になりやすく、成人女性の約17%が貧血という統計的データがあります。 一般的に体のだるさを感じる貧血は、鉄分の栄養素が不足している 鉄欠乏性貧血というものです。 日頃の食生活で鉄分を含む食事をしていないことが原因で、体内の鉄分が不足し貧血になってしまうのです。 鉄分は、レバーやあさり、ほうれん草、豆乳、ひじきなどに多く含まれています。 風邪 風邪とはそもそもかぜ症候群といわれる感染症の一種です。 鼻や喉の上気道の粘膜で炎症が起こるので、鼻水や喉の痛みなどが代表的な症状となります。 しかし、風邪における症状は個人によって多岐にわたります。 体調や体力あるいは免疫力によって、鼻水や咳などの症状が表れるよりも体のだるさが強く感じるケースもあるのです。 また、ただの風邪では熱が出ないことも多く、ただの疲れかなと感じてしまうこともよくあります。 肝臓の病気(脂肪肝・肝炎) 脂肪肝や肝炎など肝臓の病気により肝臓が悪くなると、熱はないのに体がだるくなったり、疲れやすくなったりすることがあります。 脂肪肝とは、食事から摂取した糖質や脂質から作られる中性脂肪が肝臓に溜まりすぎてしまっている状態のことをいいます。 特に、アルコールの飲み過ぎや食べ過ぎ、運動不足などで生活習慣が乱れると脂肪肝になりやすいので注意しなければなりません。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、悪くなっても症状があらわれにくい臓器となっています。 つまり、症状がかなり悪化してからでないと自覚症状が出にくく、気づいた頃には症状がかなり進行してしまっていることがほとんどなのです。 「なんとなく体がだるい」と感じたらただの疲れや風邪だと思わずに、生活習慣を振り返ってみ脂肪肝などの肝臓の病気ではないか疑うことが大切です。 甲状腺の病気(橋本病・パセドウ病) 甲状腺とは、喉仏のすぐ下にある小さな臓器です。 甲状腺は食べ物に含まれるヨウ素という栄養素から甲状腺ホルモンを分泌する働きがあります。 甲状腺ホルモンは新陳代謝をアップし、活動するために必要なエネルギーを作り出してくれる働きがあるのです。 つまり、何らかの甲状腺の疾患により体内の甲状腺ホルモンのバランスが乱れてしまうと、快適に活動することができなくなってしまい、体がだるく感じてしまうのです。 甲状腺の疾患で代表的な病気は、橋本病とパセドウ病です。 橋本病は甲状腺ホルモンが少ない状態となり、反対にパセドウ病は甲状腺ホルモンが多すぎる状態になってしまうのです。 どちらの病気でも体がだるくなったり、疲れやすく感じるといった症状は共通しています。 それ以外にはそれぞれ以下のような特有の症状があらわれます。 橋本病:汗が少ない・冷えやすい・やる気がでない・眠気・皮膚が乾燥しやすい• パセドウ病:汗が多い・暑がり・イライラする・眠れない・皮膚がかゆくなる 熱はないのに体がだるいと感じたときに以上のような症状も伴うようであれば甲状腺の病気ではないか疑い、医療機関に相談するようにしましょう。 うつ病・プチうつ病 精神的ストレスを溜め込みすぎると、うつ病などの精神疾患に悪化してしまいます。 このようなうつ病あるいはプチうつ病と呼ばれる精神疾患になってしまうと、精神的な不安や無気力だけでなく身体的にもだるく感じてしまうのです。 プチうつ病とは、夜などに一人の状態になったときに発作的に不安におそわれたり、気分が落ち込んでしまう病気です。 プチうつ病は普段は普通に生活できるので、周りの人から気づかれにくく自分でも自覚できないこともあるのです。 しかし根本的な原因を解決しないまま、このような状態を続けていると精神疾患は悪化し、日常生活を過ごすのも困難になってしまいます。 原因不明の体のだるさや涙が出やすくなるなどの症状があらわれる場合はうつ病・プチうつ病などの精神疾患が原因ではないか疑いましょう。 参考:.

次の

疲労、全身倦怠感|身体面の症状|症状から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

身体 が だるい 眠い

病気が原因 [脳梗塞の前兆] ごく普通の生活を送っているはずなのに慢性的に眠くて、 だるさが続くのなら 脳梗寒の可能性があります。 脳梗寒は本来であれば、脳に行くはずの栄養と酸素が運ばれずに、 なんと脳が壊死してしまうのです。 この可能性を考えると気持ちが落ち着きませんね。 これは血液がドロドロの状態になる事で、血栓という血の塊ができ、 この血栓が邪魔をして脳に栄養素や酸素が運搬されなくなり、脳梗塞を発症します。 したがって酸素と栄養が足りないとだるくて、 眠いという症状が出てくる場合があります。 中でも肥満体の人やお酒を多く飲む人、ストレスが溜まっている人、 食生活のバランスが崩れている人などは脳梗寒になる可能性は高くなります。 しかも、厄介な事に この病気の前兆症状は3割の人にしか現れません。 したがって、半分異常の人が前兆サインに気付けないという事になります。 その症状ですが主なものには体が痺れる、字が書けなくなる、 簡単な計算もできなくなる、上手く喋る事ができない、めまいや吐き気などがあります。 この前兆が出てきたら早急に病院に行く必要があります。 [慢性甲状腺炎(橋本病)] 甲状腺とは、全身の新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを分泌する器官です。 慢性甲状腺炎は 圧倒的に女性が多いのが特徴です。 眠気や体のだるさ以外に、 ・寒がり ・肌のかさつき ・記憶力や計算力の低下 ・体重の増加 ・うつ症状 ・顔のむくみ などが現れることがあります。 慢性甲状腺炎の治療としては、 病院に行き甲状腺ホルモンを投与することで改善されます。 スポンサードリンク [日々の生活の中に原因があるかも] ・ストレスや睡眠、運動不足、姿勢が悪い 11頃までには布団に入るようにしているので、 十分睡眠は取れているはずなのにだるいし、眠いと感じる人は 栄養が足りていない、姿勢が悪い、ストレスや運動不足が原因かもしれません。 人間は 疲労の蓄積やストレスを溜めると自律神経が乱れてしまい、 体がだるいと感じて、疲れやすくなり眠たいという状態になります。 現代人はストレスが多いとされていますから、うまく発散するようにしましょう。 また姿勢が悪い人は疲れやすくなります。 肩がこる原因になるため、だるくて眠たいという状態になります。 姿勢が悪いと思い当たる人はいませんか? 背をピンと張った状態になれていなければ、 ついつい背中が曲がり顎が前に付きだすような姿勢になりがちです。 少しずつ改善しましょうね。 そして運動不足。 これは意外にも都会よりも地方の人が陥る可能性があります。 地方の人は車をよく使い運動が少ないのです。 それからお酒が人生の楽しみになっている人は肝臓を弱らせているかもしれません。 飲みすぎによる 肝臓の疾患も原因になります。 そして栄養素の不足です。 中でも ビタミンBは大事です。 ビタミンBは疲労回復の効果があるので、 だるい、眠いというという状態を改善できます。 スポンサードリンク [改善できる生活習慣] だるいし、眠いという症状の原因の一つにストレスがあると書きましたが、 では改善策は何があるでしょう。 具体的な方法でお勧めするのは、 自分のネガティブな気持ちを思いのまま紙に書き込む事です。 これは嫌な事を飽きさせる効果が期待できるのです。 生きていれば嫌な思いはたくさん抱えていますよね。 紙に書いて吐き出すとスッキリしそうですね。 それから、運動不足には例えばウォーキングなども良いでしょう。 食事後に30分は間を空けてウォーキングを30分くらいすると運動不足が改善できます。 外の空気を肺に取り込み、陽を浴びれば気分も爽快になります。 それから夜食や間食は肝臓の病気を引き起こすかもしれませんから、控えた方が良いです。 また食事も気を付けましょう。 栄養が足りていないと肝臓は疲れ元気がなくなり、眠くだるいという症状が出ます。 そのため ビタミンBは必須なのです。 [まとめ] だるいし、眠いという状態が慢性的に続くと、 体を動かすのもいちいちに気合が必要になりますし、 頭が重く気力も湧いてこないものです。 病気の可能性を疑うのなら早くに病院に向かいましょう。 また、自分の生活を思い浮かべてみてください。 生活習慣で改善した方が良いところが見つかりませか? 気が付いたら治していき、ハツラツとした生活が送れるように努めましょう。 関連記事としましてはこちらの記事もご参考下さい。

次の