河野一郎 田畑政治。 田畑政治

「せわしなく動き回る田畑と、落ち着きがあって重心の低い河野の対比が面白い」桐谷健太(河野一郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

河野一郎 田畑政治

駅伝の産みの親とも言える「」はこの頃は朝日新聞社にいる。 政治は面接で「好きなスポーツは何か」と問われると、我が意を得たりとばかりに水泳について大演説をぶつ。 曰く、• 日本の水泳はまだまだ遅れている!• 水泳は夏場しか練習が出来ないから!• 欧米列強と同じく温水プールが必須! 社長の村山と政治部長の緒方はあっけに取られる。 「・・・なら志望は運動部・・・?」 「いや!志望は政治部!!!」 「!」 政治は「政治部」が志望ではあるが、水泳は続けると言いたいことを言いきると意気揚々と引き上げていく。 口だけは一人前・・・いや三人前位だが、どうも言っている事は支離滅裂。 しかし、社長の村山が政治を気に入ったこともあり無事朝日新聞社へ入社が決まる。 怒り いよいよ目前に迫った巴里オリンピック。 新聞では巴里オリンピック出場選手の特集が組まれる。 「これはいったいどういう事だ!」 運動部へと怒鳴り込んで来たのは政治である。 陸上選手ばかりが取り上げられていて水泳選手の扱いが小さい事に不満なのである。 「そりゃ、陸上は人気もあるし花形だからね」 火に油を注ぐようなことをサラリと言ってのけたのは河野一郎。 河野は早稲田出身で箱根駅伝にも出場経験がある。 政治は益々ヒートアップする。 「ストックホルムから三大会メダルを逃すなんて恥さらしも良い所!」 三十半ばの金栗四三がメダルなど取れるワケがない。 政治は怒りを爆発させるのであった。 いだてんのあらすじ第25話中巻~田畑政治の活躍~ 図らずも三度目のオリンピックへの出場となった金栗四三。 しかし、政治の言葉の通りやはりいだてんと言えども既に三十半ば。 途中32キロ地点で倒れてしまい棄権という結果に終わる。 スポンサードリンク 一本背負い 「競技人生に悔いはありません」 図らずも出場することになった巴里オリンピック。 四三は途中棄権に終わったものの、帰国後の報告会では晴れやかな表情で胸を張る。 しかし、色々とご不満な男が一人。 「陸上は出場選手が多い割りには成果が全く奮わないのは如何に!!!」 政治は体協の「陸上贔屓」を糾弾する。 体協の主事となっていた野口は報告会の壇上で土下座して詫び責任を取って辞職すると言うが・・・。 「あんたじゃ話にならなん!名誉会長の嘉納治五郎を出せ!」 報告会は騒然となる。 当の嘉納治五郎は報告会にも出席しているのだ。 嘉納治五郎は初めて見る政治の剣幕を面白がっている様子だ。 それに気付いた政治が掴みかかって来るが・・・ 「あーれー」 見事に一本背負いを決められてしまう。 「バカ!この人が嘉納治五郎先生たい!」 四三の言葉に政治も一瞬たじろぐが、これから水泳は自分達でやると息巻いて退出するのであった。 水連発足 この年、政治は東京帝大で水泳部顧問を務める松澤一鶴と「大日本水上競技連盟」を発足させる。 名前は立派で仰々しいが、本部は帝大工学部倉庫の一部を間借りである。 「温水プールは必須・・・」 政治も日本泳法でその人ありと言われる松澤も温水プールの必要性は痛感している。 夏場しか練習が出来ないようではとても世界とは戦えないのだ。 しかし、そんなモノを造るカネも場所も・・・。 「これは・・・」 帝大工学部の倉庫には船舶の水流実権用の巨大な水槽が設置されている。 二人は水槽を見つめ同じ事を思う。 「温水プールに流用出来ないか・・・」 この水槽は20メートル程度の広さはありそうだった。 いだてんのあらすじ第25話下巻~アムステルダムオリンピック~ 政治は本業の「政治部記者」としては鳴かず飛ばずであった。 しかし、上司の緒方は彼を可愛がりよく馴染みのバー「ローズ」へと連れて来ていた。 ローズのママ「マリー」は占いもやるのだが、政治の運命を「30歳までの命」と喝破。 代々、早死にが多い政治家系である。 生きている内に何事かを為したいと強く思うのであった。 温水プール 大正が終わり昭和2年(1927年)。 ようやく復興も進みつつあった東京に翌年に迫ったアムステルダムオリンピックへの招待状が届く。 選手選考に関しては水泳は「水連」が陸上についてはほぼ同時期に発足した「陸連」が行う。 しかし、ストックホルムの時代から比較すれば体協も大きくなったとはいえ、まだまだ、潤沢な資金があるとは言えなかった。 陸連と水連は渡航させるメンバーで鋭く対立。 この己の立場のみ主張する生産性のない応酬に体協会長の岸は怒りを爆発させる。 「渡航費を持って来れば何人でも連れて行く!」 政治の人生は残りあと僅か(だと信じていた)である。 そんな時に政治に嬉しい知らせが入る。 東京帝大に温水プールを造ったと松澤が知らせて来た。 元々あった実験用水槽に医学部で使うスチームも引いたのだ。 俄然、やる気が出ていた政治は資金集めにある作戦を立てる。 渡航費確保 「どうも、水連ですが・・・少々お裾分けに・・・!」 体協の誰もが驚いた。 政治は6万円もの渡航費を時の大蔵大臣高橋是清から引き出していたのだ。

次の

田畑政治とは

河野一郎 田畑政治

2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の主人公・田畑政治の熱い生涯! 戦前・戦後と日本のスポーツ界の発展に尽力し、1964年の東京オリンピック招致を成功に導いた田畑政治。 その最も身近に接してきた著者が、『田畑政治オリンピック回想録』出版に向けて田畑政治みずからが語った原稿を元に、オリンピックに生涯をささげたその熱い生きざまを描く。 新聞記者、水泳指導者として活動し、1932年ロサンゼルスオリンピックで水泳監督を務めた。 1939年、大日本水泳連盟理事長、1947年には日本水泳連盟の会長に就任。 1956年メルボルンオリンピックでは日本選手団団長を務める。 戦後、東京へのオリンピック招致を訴え、招致活動の中心人物として活躍、東京開催が決定すると、その組織委員会の事務総長に就任し、開催に向けて活動した。 1973年~1977年には日本オリンピック委員会(JOC)委員長を務めた。 (モクダイテツオ) 1927年東京生まれ。 スポーツニッポン新聞社評論担当、OYC(オリンピック青年協議会)理事長、メーデースポーツ祭典大会理事長などを歴任。 1964年、東京オリンピックに際しては、東京オリンピック選手強化対策本部幹事、選手村情報センター長、選手村新聞編集長として大会運営に参画。 また、世界青年平和友好祭では、1962年(フィンランド)日本スポーツ団長、1968年(ブルガリア)日本代表団長を務め、1965年、日ソ青年バイカル湖祭典には日本代表として訪ソするなど、この間数十度にわたって、ソビエト・ヨーロッパ・アジアの各国を訪問、海外のスポーツ事情の視察、交流に尽力した。 1998年死去。 著書に、『モスクワへの招待』『ハンガリーへの招待』『弁証法的練習法』、共訳書に、ア・スヴェトフ『スポーツの魅力』などがある。

次の

田畑政治 (たばたまさじ)とは【ピクシブ百科事典】

河野一郎 田畑政治

出演者発表 第7弾! 第2部・田畑政治篇 ~1940年、幻の東京オリンピック~ 1932年ロサンゼルスオリンピックの快挙に沸く日本。 嘉納の夢だった「東京オリンピック」は、いつしか国民の悲願へと変わっていきます。 1940年のオリンピック開催地をめぐる攻防の舞台は欧州へ。 各国の思惑に翻弄されながらも、嘉納、田畑らの熱意は世界を動かし、ついに、東京オリンピックの開催が決定します。 しかし、不幸にも、歴史は戦争へと突入していきます。 1940年東京オリンピックの招致をめぐる熱狂と悲劇を、田畑政治の破天荒な活躍とともにスケール大きく描きます! 麻生久美子 田畑政治の妻 酒井菊枝(さかい・きくえ) 江戸時代から続く日本橋の老舗「酒井商店」の長女。 緒方の紹介で、無口でおしとやかな人柄を田畑に見初められ、結婚。 新聞社では速記係を務め、早口でまくし立てる田畑の言葉やなぐり書きの文字を正確に聞き取り、解読する。 結婚後も、夫・政治がオリンピックにかける情熱を誰よりも理解し、激動の人生を、よき妻として陰で支え続ける。 桐谷健太 新聞社の同僚・記者 河野一郎(こうの・いちろう) 金栗四三を師と仰ぎ、早稲田大学では陸上長距離選手として鳴らし、箱根駅伝で総合優勝に導く。 田畑とはスポーツを愛する良きライバルとして切磋琢磨(せっさたくま)するも、報道の無力を痛感、政界の道へ進む。 1940年東京オリンピックには反対するが、スポーツへの情熱はやむことなく、1964年東京オリンピックでは副総理兼オリンピック担当大臣として開催に尽力する。 加藤雅也 外交官・IOC委員 杉村陽太郎(すぎむら・ようたろう) 文武両道のエリート外交官で、国際連盟事務次長を務めた。 日本の国際連盟脱退後は、嘉納と志をともにしIOC委員となる。 イタリア大使などを歴任し、1940年東京オリンピック招致にあたっては、イタリア首相・ムッソリーニとの面会の算段をつけるなど大きく貢献した。 塚本晋也 伯爵・IOC委員 副島道正(そえじま・みちまさ) 明治の有力政治家・副島種臣の三男として生まれる。 ケンブリッジ大学を卒業後、宮内省(当時)に入省。 親友だった岸 清一の遺志を継いで日本人4人目のIOC委員となる。 国際感覚に優れ、1940年オリンピックの招致活動では重要な役割を担うも、最終的には、東京オリンピック返上のキーマンとなっていく。 リリー・フランキー 田畑政治の上司・政治部長 緒方竹虎(おがた・たけとら) ひょうひょうとしながらも的確な判断力と信念を持つ政治記者。 新人時代に「大正」の新元号をスクープしたことでも知られる。 主筆・副社長を務め、言論の自由と軍部の圧力のはざまで苦悩する。 のちに政治家に転身し、副総理などを務める。 薬師丸ひろ子 バー「ローズ」のママ マリー 日本橋のたもとにある、緒方の行きつけのバー「ローズ」の名物ママ。 その不思議な魅力に、政治家や記者、文化人たちが集い、情報交換の場が生まれた。 何かにつけて未来を占おうとするが、いつも結果は逆に出てしまう愛きょうも。 田畑が人生の岐路に立つとき、なぜか相談に行ってしまうため、オリンピックの歴史を見届けることに。 萩原健一 第20代内閣総理大臣、大蔵大臣 高橋是清(たかはし・これきよ) 内閣総理大臣のほか、7度にわたって大蔵大臣を歴任した大物政治家。 金融恐慌のたびに大蔵大臣に任命され、次々と沈静化させたことから名財政家として歴史に名を残す。 先見の明に優れ、アムステルダムオリンピックでは田畑の直(じか)談判を受け、資金の援助を決断する。 軍部予算の縮小から恨みを買い、ニ・ニ六事件で暗殺される。 塩見三省 第29代内閣総理大臣 犬養毅(いぬかい・つよし) 文部大臣、外務大臣などを歴任し、第29代内閣総理大臣に就任。 若いころに新聞記者として西南戦争に従軍した経験があり、田畑ら新聞記者とは気さくに情報交換した。 満州国の承認に反対し、話し合いによる平和的解決を望んだことから陸軍青年将校の反感を買い、五・一五事件で暗殺される。 銃を向けられてなお「話せばわかる」と語りかけたエピソードは有名。 じろう(シソンヌ) 新聞社の同僚・記者 尾高(おだか) 当時珍しかったスポ一ツ記者として活躍。 1928年アムステルダムオリンピックに同行し、人見絹枝の日本人女子初となる女子800メートル銀メダル、織田幹雄の三段跳び金メダル、鶴田義行の男子水泳200メートル平泳ぎ金メダルなどを伝える。 田畑と河野の意見対立に振り回されるが、2人に引けをとらないほどのスポーツへの愛情の持ち主。 訓覇圭(制作統括) 「いだてん」を企画するまで、「幻のオリンピック」の存在を知りませんでした。 実は戦前に東京オリンピックが開かれるはずだったこと。 それを、何故(なぜ)か返上してしまったこと。 五・一五事件、ニ・ニ六事件、そして第2次世界大戦……。 はたしてドラマ化可能なのか? 少し怖くもあリました。 でも、宮藤さんがとてもすてきな本を書いてくださり、こんなすてきな役者陣で演じていただける。 「いだてん」第2部、さらにスケールアップしてお届けします! 最後に、歴史を撮影していると、無常で残酷な時の流れを感じざるを得ません。 高橋是清 役の萩原健一さんが3月にお亡くなりになりました。 この場をお借りして、謹んで哀悼の意を表します。 物語 関東大震災の翌年、1924年の春。 東京帝国大学を卒業した田畑政治は、新聞社の面接を 受ける。 水泳への思いを一方的にまくし立てる田畑を、社長の村山龍平が気に入り、鶴の一声で合格。 希望どおり、政治部に配属される。 校閲部には同い年の河野一郎がいた。 箱根駅伝への出場経験もある河野とは、水泳と陸上のライバルとして切磋琢磨していく。 記者となった田畑は、政治部長の緒方竹虎に連れられ、日本橋のバー「ローズ」に出入りするようになる。 だが、名物ママ・マリーの占いで「30歳まで生きられない」と宣告され、がく然とする。 田畑家は代々、男が早世する家系であった。 田畑は覚悟を決め、残りの人生をオリンピックに懸けようと決意する。 1928年7月、アムステルダムオリンピック。 田畑は一人でも多くの選手を派遣すべく、大蔵大臣・高橋是清に直談判して予算を獲得、周囲を驚かせる。 だが、新米の身では仕事を空けられず居残りとなり、現地から届いた日本代表の活躍を大々的に報じる。 国民はスポ一ツに歓喜し、新聞部数は飛躍的に伸びていく。 緒方は、スポ一ツの力を訴え続ける田畑に大きな可能性を感じる。 1931年9月、満州事変が勃発。 河野は、報道の無力を感じ、政治の世界へ飛び込んでいく。 翌年5月15日、内閣総理大臣・犬養 毅が凶弾に倒れ(五・一五事件)、不穏な空気に包まれていく中、ロサンゼルスオリンピックを迎える。 田畑が総監督を務める水泳日本代表は男子6種目中5種目制覇という歴史的快挙を達成。 「ー種目も失うな」の厳しいスローガンの真意を尋ねられた田畑は、不況や失業、満州事変など社会が暗いときこそ明るいニュースが必要なのだと力を込めた。 ロサンゼルスから帰国した田畑に、速記係の酒井菊枝がねぎらいの言葉を掛ける。 気づくと30歳を過ぎていた田畑は、菊枝に新たな未来を感じ、翌年、結婚する。 だが、2人の行く先には、激動の日々が待ち受けていた。 嘉納、田畑を中心に、オリンピック招致をめざす動きが本格化するが、すでに世界9都市が名乗りを上げており、東京は完全に出遅れていた。 中でも、イタリア首相・ムッソリーニの下、準備を進めるロ一マが最有力と見られていた。 田畑は、IOC委員の副島道正と杉村陽太郎とともにイタリアヘ向かう。 副島と杉村がムッソリーニに、オリンピックを辞退してもらうよう直談判を決行、東京開催への支持を引き出す。 1936年2月26日。 陸軍の青年将校がクーデタ一を起こし、高橋是清らを暗殺。 緒方、田畑が勤める新聞社にもなだれ込む(ニ・ニ六事件)。 3日後に反乱軍は鎮圧されたが、東京は厳戒態勢が続く。 迎えた7月、ベルリンオリンピック開幕前日。 4年後の開催都市を決めるIOC総会が開催される。 嘉納75歳。 最長老の渾身(こんしん)のスピーチは各国委員の胸を打ち、念願の1940年東京オリンピックの開催が決定する。 だが、それは悲劇の始まりでもあった。 オリンピックを軸に、新聞記者・田畑政治の目線で、激動の世界史を見つめていく。 「いだてん ~東京オリムピック噺ばなし~」 【放送予定】 毎週日曜[総合]後8:00/[BSプレミアム]後6:00/[BS4K]前9:00 【制作統括】 訓覇圭 清水拓哉 【演出】 井上剛 西村武五郎 一木正恵 大根仁 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の