クマ が できる 原因。 目の下のクマの原因は病気?効果のある解消法や治し方

睡眠不足が原因?目の下のクマができる原因、改善方法

クマ が できる 原因

寝不足の朝、鏡に映った顔の 目の下には、ぼんやりと黒い影が…。 そんな朝を迎えた経験のある方は、男女を問わずとても多いはずです。 歌舞伎の隈取(くまどり)が由来の「クマ」は、疲れがたまったり、睡眠時間が不足した時にたびたび現れる厄介ものです。 いつものようにコンタクトレンズを着けて、メイクアップして、とびきりのオシャレをしても、目の下にクマができていたら台無しです。 今回は、 多くの人を悩ます目の周りのトラブル「クマ」について、できる原因と対処法をご紹介します! 1.クマの種類は主に3種類 クマができる原因は目の周りの血行不良だった 目を使いすぎた時や寝不足の朝に「クマ」が現れるのは、 肩こりや腰痛と同じく、血行不良が原因です。 目の周りの皮膚はとても薄く、乾燥しやすく、毛細血管が密集しています。 血流が悪いと、滞った血液が透けるため、結果的に黒ずんで見えてしまうのです。 あなたのクマは、青?茶?それとも黒? クマができると、ほとんどの人が「寝不足だ」「疲れ目だ」と決めつけることでしょう。 しかし、このクマ、 どれも同じクマとは限りません。 実は、クマの種類は主に3種類あり、 青クマ・茶クマ・黒クマに分けられます。 それぞれ原因や対処法は異なるので、目元のクマがどれに当てはまるのかを確かめることが必要です。 2.青クマ 血行不良が原因の最も一般的なクマ 先ほど「クマができる原因」として紹介した 血行不良によって現れるのが「青クマ」です。 血管が浮き出たような青みを帯びたクマで、 目の周りの皮膚を縦横に引っ張ると、一時的に色が薄くなるのが特徴です。 睡眠不足や過度の疲れを感じている時はもちろん、血流が悪くなりやすい冬の季節や、冷え性の人、生活習慣やホルモンバランスが乱れている人は、青クマができやすいと言われています。 青クマの解消に効果的な対処法 青クマを解消する最善・最短の方法は、 目の周りやからだ全体を意識的に温めることです。 温かいタオルを目の上に置いたり、ゆったり湯船に浸かることで、疲れ目やクマの原因となっている血行不良を改善することができます。 また、 目の周りを指でやさしくマッサージして老廃物を出してあげたり、ブルーベリーやカシスに含まれる 「アントシアニン」を摂取することも、血の巡りを良くする方法です。 3.茶クマ こすりすぎや紫外線が招く色素沈着 青クマの対処法の一つに、目の周りのマッサージをおすすめしましたが、「茶クマ」の人は絶対にNGです。 色素沈着は、 いわばシミです。 日常的に目をこする癖のある人や、屋外で直射日光にさらされることが多い人、目元のメイク落としが十分でない人は、茶クマ発生の危険信号が点灯します。 茶クマの解消に効果的な対処法 メラニン色素が原因で現れる茶クマには、 美白効果のある化粧品を使用した継続的なケアや保湿対策が有効です。 また、皮膚の再生に効果のある ビタミンCを摂取したり、紫外線対策を念入りに行うなど、日頃からの心がけが大切になります。 4.黒クマ たるみやくぼみで影ができてしまうクマ 黒クマの原因は、皮膚の色が変わる青クマ・茶クマとは異なります。 加齢により目の周りの筋肉がたるんでしまい、くぼみが目立つようになったり、生まれつき目の下の皮下脂肪が少なく、皮膚のくぼみが深いことなどが原因となります。 寝不足などでむくみがあると、余計に影が目立つこともあるので、規則正しい生活習慣や疲れをため過ぎないことが大切です。 黒クマの解消に効果的な対処法 黒クマは、 加齢による老化や生まれつきの肉づきが原因のため、保温・保湿・ビタミン摂取などの具体的な解消法はありません。 ただし、黒クマの始まりや進行を遅らせたり、少しでも見た目を改善する方法として、 表情筋や眼輪筋のトレーニングは有効です。 目をぎゅっと閉じたままキープする運動、目を見開いて眼球を回す運動などで顔全体の筋肉を刺激してあげることで、目元の皮膚のたるみを軽減することができます。 【まとめ】「きょう、疲れてる?」と聞かれないために、日頃からのクマ対策 目元の見た目の変化は、あなたの印象を大きく変えます。 目の下にクマができているだけで、家族・同僚などから「きょう、疲れてる?」と聞かれることもあるでしょう。 また、実年齢より老けて見られることもあるでしょう。 女性なら、メイクの時間がいつもよりかかる面倒も出てくるでしょう。 クマは、種類を問わず、いくつになっても、作りたくないものです。 血行不良が原因の「青クマ」を作らないためには、規則正しい生活や十分な休息時間が必要ですし、色素沈着が原因の「茶クマ」の対策には、日頃からの紫外線予防や目を触りすぎないなどの心がけが不可欠です。 また、皮膚のたるみやくぼみが原因の「黒クマ」に効果的な顔の筋トレは、黒クマにならないための予防法として試してみて欲しい対策です。

次の

睡眠不足が原因?目の下のクマができる原因、改善方法

クマ が できる 原因

色もオレンジで青クマには効果的だよ。 リピ確定。 Christian Dior フィックスイットカラー リンク イエローで隠しきれない場合には、上からベージュを重ねる方法がおすすめです。 色を自分で作れるパレットタイプのコンシーラーは、1つ持っておけばクマ以外に気になるシミやニキビ跡を隠すのにも使えてとっても便利。 乾燥しずらいコンシーラーなので、夕方になってもしっとりしています。 明るいベージュや薄いピンク色で影を飛ばしましょう。 イヴ・サンローラン ラディアントタッチ リンク ラディアントタッチは 超ロングセラー商品なので知っている方も多いのではないでしょうか。 塗って隠すというよりは、 光の効果でキレイにクマを飛ばすというイメージです。 01のルミナスピンクは、黒クマはもちろんですが青クマにも効果があると言われています。 buunyalulu ETVOS ミネラルコンシーラーパレット リンク ETVOSのミネラルコンシーラーパレットは、とにかく しっとりしているので夕方になっても乾燥知らずです。 パレットの真ん中のオレンジで黒クマを消した後に、ベージュを薄く重ねればクマが気にならなくなります。 youtubeやInstagramでもやっている方が多かったですよね。 この方法を試す場合は、できるだけ マットな赤を選びましょう。 クマと赤リップの相性もあるので、自分に合った色味を探してみてはいかがでしょうか。 それぞれのクマを改善する方法 クマをコンシーラーで隠すことができても、メイクを落とすとやっぱり気になる目の下のクマ。 ここからは、それぞれの クマを根本から改善する方法をご紹介していきます。 青クマを改善する方法 青クマを改善するために必要なのは、目元の血行を良くすることです。 目元を温めたりマッサージで目元の筋肉をほぐしてあげることでクマが薄くなっていきます。 以前の記事で紹介した メディリフトアイは、目元を温めながら目元の筋肉をほぐしてくれる効果があります。

次の

目の下にクマができる原因とは?隠す方法と改善方法教えます|MEGUlog

クマ が できる 原因

目の下のくまは疲れや寝不足が原因だと思いがちですが、実は何かの病気のサインである可能性もあります。 症状のひとつとしてくまが現れることのある病気について解説します。 くまは体調不良のサインかも 20代や30代でも現れることの多いくまとして「青くま」があります。 青くまの主な原因は血行不良です。 目の下の皮膚は非常に薄くなっています。 また目の周りには多数の毛細血管が集まっていて、そこで血行不良が起こると、黒ずんだ血液がまぶたの薄い皮膚を通して青っぽく透けて見えます。 これが「青くま」の正体です。 病気によって現れるくまも、主に血行不良が原因のものです。 目の下にくまが現れる病気とは 目の下のくまには、重大な病気が隠れていることもあります。 以下で、症状のひとつとしてくまが現れることがある病気について紹介します。 鉄欠乏性貧血 赤血球内にあるヘモグロビンの量が減ると、貧血が起こります。 ヘモグロビンを作るためには鉄分が不可欠です。 この鉄分が不足することによって起こる貧血が、鉄欠乏性貧血です。 貧血になると血行が悪くなり、赤黒い色をした還元ヘモグロビンが停滞、目の下に青くまとなって現れます。 鉄分の多い食事を心掛ける他、症状がひどい場合は医療機関を受診して内服薬を処方してもらうなどの治療を行いましょう。 バセドウ病(甲状腺機能亢進症) バセドウ病は、喉にある甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。 主な症状として眼球の突出があります。 これは目の周りにある脂肪(眼窩脂肪)や筋肉(眼輪筋)が炎症を起こして腫れ、目の中の圧力(眼窩圧力)が高まることで眼球が前にせり出してくるものです。 眼球突出に伴い、眼球の下にある眼窩脂肪もせり出してきてたるみのような状態になり、「黒くま」ができることがあります。 バセドウ病の症状は他に、甲状腺が腫れて大きくなる甲状腺腫、頻脈、汗をかきやすい、手指の震え、だるさ、体重減少などがありますので、心当たりがある場合は早めに医療機関を受診しましょう。 肝臓疾患・腎臓疾患(肝機能・腎機能の低下) 肝臓・腎臓には、解毒作用や老廃物を排除し血液をキレイにする役割がありますが、機能が低下すると血液が浄化されにくくなり、血流が滞って目の下にくまができやすくなることがあります。 病気とまではいかなくても、アルコール・甘いもののとりすぎ、過労などによって臓器が疲れている時もこのような状態に陥りやすいため、生活や食習慣の改善を図りましょう。 うつ病 うつ病になると、両目と口の周りが青白くなる特徴があります。 これは自律神経の異常によって、目の周りの筋肉(眼輪筋)や口の周りの筋肉(口輪筋)に血液がスムーズに流れなくなり、血行不良を起こしているためです。 アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎 下まぶただけでなく、目の周り全体がくすんでいる場合はアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。 目の周りのデリケートな皮膚にハウスダストや花粉が付着して炎症を起こし、色素沈着による茶くまになります。 放っておくと深刻なシミになってしまうため、早めに医療機関を受診し、皮膚炎やアレルギーの治療を行ないつつ、毎日のケアで表皮のバリア機能を高めることが必要です。 以上のように、目の下のくまが現れる病気はさまざまなものがあるため、たかが「くま」と放置せず、気になる方は早めに医療機関を受診することをオススメします。

次の