資格ちやんねる。 Queueちゃん★ねる(Queue)

スカイプちゃんねるw

資格ちやんねる

こんな時に「富士山」が危ない!? 南九州を襲った大水害。 コロナ禍の最中、避難を余儀なくされた人々の健康が懸念されるが、今後も夏から秋へと、台風など自然災害の脅威は増すばかり。 特に、ここ数カ月の間に東日本から中部地方にかけて、緊急地震速報を伴う地震が何度も起こった。 6月25日早朝には、千葉県東方沖を震源とするマグニチュード6・1の地震が発生。 最大震度5弱を記録したこの地震は、東日本大震災の余震だと気象庁が発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、さらに地震への備えも? と思われる方も多かろう。 しかし、実はこの4月、政府は富士山の噴火についてある警告のシミュレーションを発信していた。 コロナ禍に埋れ、ほとんど顧みられなかったその驚愕の内容に触れる前に、まずは専門家の意見を聞いてみよう。 「地震が頻繁に起こる中で、日々防災意識を高めるに越したことはありませんが、自然災害の中で人類に大きな被害をもたらすのは、地震よりも火山の噴火だと思います」 と話すのは、日本地震予知学会会長で東海大学教授の長尾年恭氏だ。 「たとえば、北米最大の火山地帯・イエローストーンは、噴火すればその火山灰によって全米を壊滅状態にさせるとの試算が出ています。 遡って、約7300年前に起こった薩摩半島沖の鬼界カルデラの噴火では、四国以西の縄文人を破滅に追い込んだと言われています。 その噴火を境にして、縄文土器の形式が南方系から北方系へと完全に移行しています」 イタリアのポンペイが亡んだように、ひとつの国家ばかりか文明までを根絶やしにしてしまうのが火山の噴火。 それが地震と連動して引き起こされることが、近年の研究で明らかになってきた。 長尾氏が続けて語る。 「今後30年以内に70~80%の確率で発生すると言われている南海トラフ地震と、富士山噴火は多分関連しています。 富士山が最後に噴火したのは1707年、江戸時代に起きた宝永(ほうえい)噴火で、大地震から僅か49日後の出来事でした。 それから約300年、不気味な沈黙を続けているのです」 この1200年の間だけでも富士山は11回噴火したが、ここまで長く平穏を保っていたことはないという。 「頻繁に噴火する火山は、簡単に言えば適度にガス抜きが行われており、大規模な噴火は起こりにくいという傾向があります。 逆に言えば、前回からの間隔があいている富士山は、ひとたび爆発すれば大規模な噴火になる可能性が高い。 近い将来に噴火するとは、火山学者の100%が同意するところです」 一方で読者の中には、子供の頃、富士山は噴火などしない「休火山」だと、教室で教わった記憶をお持ちの方も多いのではないか。 その認識はリセットしていただく必要がある。 気象庁のホームページを見ると、かつては「休火山」をこんな風に定義していたと釈明している。 〈富士山のように歴史時代(文献による検証可能な時代)に噴火記録はあるものの、現在休んでいる火山のことを指して「休火山」、歴史時代の噴火記録がない火山のことを指して「死火山」という表現が使われていました〉 だが、火山学の発展に伴い、世界的にも「活火山」の定義が変わったと説く。 〈数千年にわたって活動を休止した後に活動を再開した事例もあり、(中略)2003(平成15)年に火山噴火予知連絡会は「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義し直しました〉 その数は現在111。 中でも50の活火山が、〈今後100年程度の中長期的な噴火の可能性及び社会的影響〉を考慮して、〈監視・観測体制の充実等が必要〉とされている。 つまりは、いつ噴火してもおかしくない要注意の火山が各地に点在しているのだ。 具体的には、14年に噴火して、火山被害では戦後最大の63名もの死者・行方不明者を出した御嶽山(おんたけさん)や、2年前の噴火で死者1名・重軽傷者11名の被害を生んだ草津白根山が挙げられている。 「東日本大震災は、富士山をはじめとする火山が乱立する日本列島の地盤に大きな影響を与えました。 温暖な気候で、エメラルドグリーンの海に囲まれた島は、まさに南の楽園である。 日が差す時間帯にまぶしく光る海を満喫... 、するのもいいが石垣島は夜の時間帯も光り輝くようだ。 こちらの投稿を見てほしい。 こちらはツイッターユーザーの「sherpa」さんが、2020年7月11日の21時半頃に石垣島北部の海岸で撮影したものだ。 ご覧の通り、写真いっぱいに広がる星空。 パープル色の夜空を輝かせる無数の星々に 「石垣島、ナメてました。 凄すぎます」 石垣島、ナメてました。 凄すぎます。 と呟く投稿者。 星空もさることながら、海辺に押し寄せる淡い紺碧の小波とのコントラストも「美しい」の一言に尽きる。 みなさんが住んでいる地域で、こんな満天の星空を見ることはできるだろうか。 この光景には、ツイッターで 「え、やば めちゃめちゃキレイ」 「紫色の星空が幻想的で、異世界に来たような感じがします」 「涙出そうなくらい綺麗な星空ですね!」 「凄い!こんな星空見たことないです」 といった反応が寄せられている。 本州では何度も星空撮影をしてきましたが、格が違いすぎて『ナメてました。 』とその場でツイートした次第です」 と話す。 30代の会社員だという彼は、ソロキャンプを兼ねて星空の撮影をしたという。 撮影機器はミラーレス一眼カメラで、20秒間シャッターを開放。 波と砂浜はライトで照らしながら撮影したという。 写真は無加工というわけではなく、スマートフォンで「軽く編集」したとも。 とはいえ彼は、ツイッターのリプライ欄で「肉眼でもこれの3分の1くらい見える」と呟いている。 ファインダーを通さずとも美しい光景だったのだろう。 満天の星空の写真には「行ってみたい」という声も多数寄せられている。 こうした反響について、彼に聞いてみると 「本州は梅雨空が続く中、いても立っても居られずに快晴の石垣島にソロキャンプと風景撮影を目的に訪問しました。 コメントには『行きたい』という言葉が多く寄せられ、まだなかなか旅行や遠出が出来ないご時世であることを実感しました。 早く事態が収束することを願いつつ、素晴らしい石垣島の星空をSNS上でお届けできたことを嬉しく思います」 と述べた。 2020年7月15日 20時0分 Jタウンネット 写真.

次の

長濱ねる

資格ちやんねる

になるまでの道のり 特別支援学校の教諭になるには、小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教諭の免許状が必要です。 それに加えて、特別支援学校教諭の免許状を取得することが原則となっています。 その後、各自治体が行う教員採用試験を特別支援学校教諭の科目で受験し、合格して採用されることで特別支援学校教諭として働くことが可能です。 先ほど、特別支援学校教諭の免許状の取得については「原則」と書きましたが、その理由としては、当分の間、小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教諭の免許状があれば、特別支援学校の相当する部の教諭になることができると認められているからです。 また、自治体によっては特別支援学校教諭免許状がなくても特別支援学校教諭の試験を受けることができたり、最初は普通学校で勤務しており、その後特別支援学校に異動できたりすることもあります。 しかし、特別支援学校教諭には、障害のある幼児・児童・生徒の自立と社会参加に向けた指導や支援方法の深い理解が求められます。 そのため、特別支援学校教諭の免許状を取得しておくに越したことはありませんし、取得すると採用時にも有利になることが多いようです。 自治体によっては、特別支援学校教諭の免許状を持っていないで採用された場合、採用後の一定期間中に免許状取得を義務付けているところもあります。 特別支援学校教諭の資格・難易度 特別支援学校関係の資格には「特別支援学校教諭免許状」「特別支援学校自立教科教諭免許状」「特別支援学校自立活動教諭免許状」があり、さらにそれぞれに対して領域や教科が分かれています。 そのなかで担任をし、教科担当をするために必要なのが「特別支援学校教諭免許状」です。 特別支援学校教諭免許状は、特別支援学校教諭の課程がある大学・短大もしくは大学院で、所定の科目を履修すると取得可能です。 通常の学校教員を目指す場合のように、教育等に関する勉強をし、教育実習も行って免許状を取得します。 全国で特別支援学校教諭の免許状を取得できる大学・短大はそこまで多くありませんが、特別支援学校での勤務を目指すのであれば、学生時代に取得しておくと有利になるでしょう。 特別支援学校教諭免許状は、「視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱」の各障害種別の領域ごとに交付されます。 総合特別支援学校のように障害種別を特に定めていない学校が存在したり、在籍児に重複障害を持つ子どもが増えていることから、複数の領域で免状を取得することが多いようです。 なお、特別支援学校・学級には「自立活動」という授業があります。 その担当をするのが、おもに「特別支援学校自立教科教諭免許状」「特別支援学校自立活動教諭免許状」を取得している人です。 この2つの資格は、特別支援学校教諭として実際に勤務し始めてから追加で取得するというケースが多いようです。 特別支援学校教諭になるための学校の種類 特別支援学校教諭免許状を取得するための学校には、「大学」「短大」「大学院」の3種類があります。 なお、特別支援学校教諭免許状は障害種ごとに定められているため、自分が取得したい領域の免許状に対応する勉強ができる学校を選ぶ必要があります。 知的障害領域の特別支援学校教諭免許状を取得できる学校は比較的多く、各都道府県で最低1ヵ所はあります。 その一方で、視覚障害領域の免許状を取得できる大学(学部)は限られてくるなどの違いがあります。 全体としては、特別支援学校教諭の免許状取得が目指せる学校は、短大が全国で2校のみ(2019年12月現在)なのに対し、大学の数は非常に多くあります。 大学では4年間という時間をかけて教育について学ぶことができ、また、一般教養など幅広い見聞を身につけることが可能です。 学費は国立と私立で大きく変わりますが、私立になると学費が年間で70万円~80万円程度、それに加えて初年度の入学金や諸経費などが必要です。 人の可能性を信じられること 特別支援学校に通う子たちは、さまざまな障害を抱えています。 しかし、どのような子であっても、必ず個性や得意なことを持っているものです。 日ごろから障害を抱える子たちと接する特別支援学校教諭だからこそ、一人ひとりの可能性を誰よりも信じて、その子の良いところをどんどん伸ばしていこうという姿勢が大事になってきます。 子どもに自信をつけさせてあげたいという強い思いを持てる人が、特別支援学校教諭には向いているといえます。 人とコミュニケーションをとるのが好き 特別支援学校では、児童・生徒が抱える障害に対して適切な支援や指導ができるよう、保護者はもちろん、医療機関や地域の関連機関などとも連携していく場面が多くあります。 いろいろな立場の人と接することになりますので、心を開き、円滑にコミュニケーションをとっていく力が求められます。 特別支援学校教諭のキャリアプラン・キャリアパス 特別支援学校教諭は、各自治体で教員採用試験を受けて合格し、採用されることで、実際に特別支援学校で働けるようになります。 そこからは通常学校の新人教員と同様、現場で先輩の先生たちに仕事を教わりながら、自分でもいろいろと学んだり考えたりしていきます。 公立学校の教員の場合、何年かに一度は異動があります。 別の学校に移ることで職場の雰囲気も変わり、また新しく覚えなくてはならないこともありますが、それらを乗り越えて一人前の教員に成長していくことができます。 自分の頑張りによっては、将来的には教頭や校長へステップアップすることも可能です。 なお、特別支援学校教諭は正規採用されて働く人が多くいますが、それ以外にも臨時職員(臨時的任用職員)や非常勤講師として働くこともできます。 非常勤であればフルタイムで働くことが難しくなっても仕事を続けやすいため、なかには結婚・出産後にこの形を選択する人もいるようです。 特別支援学校教諭を目指せる年齢は? 特別支援学校教諭採用試験は、自治体ごとに行われており、年齢制限などの応募資格もそれぞれで異なります。 ただし、複数の区分で試験を行っているところが多く、たとえば東京都では、「一般選考」「特例選考」「特別選考」「大学推薦」「障害に配慮した選考」の区分で試験が行われています。 一般選考は受験時点で39歳以下であることが条件となりますが、特例選考では受験時点で59歳以下であることが条件となっているため、かなり年齢が高くなっても特別支援学校教諭が目指せます。 ただし、年齢以外にも条件が掲げられている場合があるため、詳しくは受験予定の自治体の募集要項を確認してみるとよいでしょう。

次の

資格ちゃんねる

資格ちやんねる

になるまでの道のり 特別支援学校の教諭になるには、小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教諭の免許状が必要です。 それに加えて、特別支援学校教諭の免許状を取得することが原則となっています。 その後、各自治体が行う教員採用試験を特別支援学校教諭の科目で受験し、合格して採用されることで特別支援学校教諭として働くことが可能です。 先ほど、特別支援学校教諭の免許状の取得については「原則」と書きましたが、その理由としては、当分の間、小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教諭の免許状があれば、特別支援学校の相当する部の教諭になることができると認められているからです。 また、自治体によっては特別支援学校教諭免許状がなくても特別支援学校教諭の試験を受けることができたり、最初は普通学校で勤務しており、その後特別支援学校に異動できたりすることもあります。 しかし、特別支援学校教諭には、障害のある幼児・児童・生徒の自立と社会参加に向けた指導や支援方法の深い理解が求められます。 そのため、特別支援学校教諭の免許状を取得しておくに越したことはありませんし、取得すると採用時にも有利になることが多いようです。 自治体によっては、特別支援学校教諭の免許状を持っていないで採用された場合、採用後の一定期間中に免許状取得を義務付けているところもあります。 特別支援学校教諭の資格・難易度 特別支援学校関係の資格には「特別支援学校教諭免許状」「特別支援学校自立教科教諭免許状」「特別支援学校自立活動教諭免許状」があり、さらにそれぞれに対して領域や教科が分かれています。 そのなかで担任をし、教科担当をするために必要なのが「特別支援学校教諭免許状」です。 特別支援学校教諭免許状は、特別支援学校教諭の課程がある大学・短大もしくは大学院で、所定の科目を履修すると取得可能です。 通常の学校教員を目指す場合のように、教育等に関する勉強をし、教育実習も行って免許状を取得します。 全国で特別支援学校教諭の免許状を取得できる大学・短大はそこまで多くありませんが、特別支援学校での勤務を目指すのであれば、学生時代に取得しておくと有利になるでしょう。 特別支援学校教諭免許状は、「視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱」の各障害種別の領域ごとに交付されます。 総合特別支援学校のように障害種別を特に定めていない学校が存在したり、在籍児に重複障害を持つ子どもが増えていることから、複数の領域で免状を取得することが多いようです。 なお、特別支援学校・学級には「自立活動」という授業があります。 その担当をするのが、おもに「特別支援学校自立教科教諭免許状」「特別支援学校自立活動教諭免許状」を取得している人です。 この2つの資格は、特別支援学校教諭として実際に勤務し始めてから追加で取得するというケースが多いようです。 特別支援学校教諭になるための学校の種類 特別支援学校教諭免許状を取得するための学校には、「大学」「短大」「大学院」の3種類があります。 なお、特別支援学校教諭免許状は障害種ごとに定められているため、自分が取得したい領域の免許状に対応する勉強ができる学校を選ぶ必要があります。 知的障害領域の特別支援学校教諭免許状を取得できる学校は比較的多く、各都道府県で最低1ヵ所はあります。 その一方で、視覚障害領域の免許状を取得できる大学(学部)は限られてくるなどの違いがあります。 全体としては、特別支援学校教諭の免許状取得が目指せる学校は、短大が全国で2校のみ(2019年12月現在)なのに対し、大学の数は非常に多くあります。 大学では4年間という時間をかけて教育について学ぶことができ、また、一般教養など幅広い見聞を身につけることが可能です。 学費は国立と私立で大きく変わりますが、私立になると学費が年間で70万円~80万円程度、それに加えて初年度の入学金や諸経費などが必要です。 人の可能性を信じられること 特別支援学校に通う子たちは、さまざまな障害を抱えています。 しかし、どのような子であっても、必ず個性や得意なことを持っているものです。 日ごろから障害を抱える子たちと接する特別支援学校教諭だからこそ、一人ひとりの可能性を誰よりも信じて、その子の良いところをどんどん伸ばしていこうという姿勢が大事になってきます。 子どもに自信をつけさせてあげたいという強い思いを持てる人が、特別支援学校教諭には向いているといえます。 人とコミュニケーションをとるのが好き 特別支援学校では、児童・生徒が抱える障害に対して適切な支援や指導ができるよう、保護者はもちろん、医療機関や地域の関連機関などとも連携していく場面が多くあります。 いろいろな立場の人と接することになりますので、心を開き、円滑にコミュニケーションをとっていく力が求められます。 特別支援学校教諭のキャリアプラン・キャリアパス 特別支援学校教諭は、各自治体で教員採用試験を受けて合格し、採用されることで、実際に特別支援学校で働けるようになります。 そこからは通常学校の新人教員と同様、現場で先輩の先生たちに仕事を教わりながら、自分でもいろいろと学んだり考えたりしていきます。 公立学校の教員の場合、何年かに一度は異動があります。 別の学校に移ることで職場の雰囲気も変わり、また新しく覚えなくてはならないこともありますが、それらを乗り越えて一人前の教員に成長していくことができます。 自分の頑張りによっては、将来的には教頭や校長へステップアップすることも可能です。 なお、特別支援学校教諭は正規採用されて働く人が多くいますが、それ以外にも臨時職員(臨時的任用職員)や非常勤講師として働くこともできます。 非常勤であればフルタイムで働くことが難しくなっても仕事を続けやすいため、なかには結婚・出産後にこの形を選択する人もいるようです。 特別支援学校教諭を目指せる年齢は? 特別支援学校教諭採用試験は、自治体ごとに行われており、年齢制限などの応募資格もそれぞれで異なります。 ただし、複数の区分で試験を行っているところが多く、たとえば東京都では、「一般選考」「特例選考」「特別選考」「大学推薦」「障害に配慮した選考」の区分で試験が行われています。 一般選考は受験時点で39歳以下であることが条件となりますが、特例選考では受験時点で59歳以下であることが条件となっているため、かなり年齢が高くなっても特別支援学校教諭が目指せます。 ただし、年齢以外にも条件が掲げられている場合があるため、詳しくは受験予定の自治体の募集要項を確認してみるとよいでしょう。

次の