フェデラー エキシビション。 フェデラーとナダルのエキシビションマッチ!観客動員新記録なるか?

フェデラーvs錦織戦チケット購入方法詳細。先行抽選応募は2日間だけ!【追記:錦織欠場です】

フェデラー エキシビション

グランドスラム20回の優勝を誇る(スイス)が来日し、2日に自身がグローバルアンバサダーを務めるユニクロの東京・有明のオフィスで会見を行った。 フェデラーは今年「ウィンブルドン」のセンターコートでのオープニングマッチで、ユニクロのウェアを着用して登場。 試合前の練習でも着用しておらず、グローバルアンバサダー就任の公式発表が試合開始予定時刻だったことから、世界を驚かせるお披露目だった。 会見ではフェデラーとユニクロで社会貢献活動を強化することなどが説明され、若者たちの夢の実現を応援する一環として2019年に日本でエキシビションマッチを開催する予定であることが明かされた。 日本でプレーしたのは2006年のみということもありフェデラー自身も「ワクワクしている」と話した。 具体的な開催日時や場所についてはまだ未定とのこと。 また滞在中には「京都に行ってみたい」という。 そして話題は(日本/日清食品)や同じくグローバルブランドアンバサダーを務める(日本/日清食品)にも及んだ。 大坂については「ナオミのように若い歳だと毎日毎日、試合ごとに本当に伸びる」「『全米オープン』という大きな舞台で引けを取らなかったのは勝者のメンタリティを吸収できた結果だと思う」と称賛。 彼女の強みはという質問には「ファーストサーブが強いと思う。 そしても非常にパワフル。 フットワークもすごい。 そしてマインドもブレない。 上手くいかないときでも第2、第3の矢を射てると思う」と語った。 錦織については、錦織が16歳のときにマイアミで一緒に練習し、周りから将来彼に負けるんじゃないかと言われた話しを明かし 「怪我をした後もカムバックできてさらに一皮むけて強くなった。 ケイは良い子なので、もっともっと活躍してほしい」とコメントした。

次の

フェデラーのエキシビション、南アで5万1000人の観客を動員 (1/2)

フェデラー エキシビション

ケープタウン・スタジアム(Getty Images) これはフェデラーにとって、母の生地であり彼が第2の故郷とみなしている国での初めての試合だった。 その夜、ほぼすべてがフェデラーのためにあった。 コイントスには、フェデラーの姿が彫り込まれた鋳造されたばかりの20スイスフランの硬貨が使われた。 フェデラーはごく最近、存命でありながら硬貨のモチーフとなった初のスイス人となっていた。 南アフリカ最大のスポーツスターさえが、畏敬の念を示した。 ラグビーワールドカップ優勝チームのキャプテンを務めたシヤ・コリシは、フェデラーの名前入りの南アフリカ代表チームのジャージーを献上するため、試合前のコートに姿を現した。 彼はそこで、誰を応援するかと聞かれた。 「間違いなく、チーム・ロジャーだ」とコリシは答えた。 「すまないナダル。 君のことも大好きだよ」。 それを聞いたナダルは、ネットの反対側で礼儀正しく微笑んだ。 ケープタウン・スタジアムでのエキシビションマッチは、南アフリカを含む6つのアフリカ南部の国で子供の早期教育を援助する「ロジャー・フェデラー基金」の資金を集める目的で行われた。 基金はこのイベントで100万ドル以上の売り上げを目指していたが、結果的に350万ドルを調達した。 またチケットは完売となり、5万1954人の観客がフェデラー対ナダルを見るため2010年ワールドカップ用に建築されたケープタウン・スタジアムにやってきた。 この驚くべき数字は、ひとつのテニスの試合で記録された最大の観客動員数である。 開催者は、チケットの要請は20万にも及んでいたと明かした。 「魔法のような夜だった」とフェデラーはコメントした。 彼は子供の頃、家族とともに休暇で定期的にこの国を訪れていたが、ここ20年はケープタウンに来ていなかった。 38歳のフェデラーは20度グランドスラム大会で優勝を遂げており、33歳のナダルは19度栄冠に輝いている。 ふたりはポイント間によく笑い、ジョークを交わし合った。 しかしプレー中の彼らは概して真剣で、高いレベルの競い合いを見せた。 最初のポイントでバックのハイボレーで決めたフェデラーは、最初のゲームをブレークして第1セットを6-4で先取した。 しかしナダルは第2セットの序盤に2度ブレークに成功し、大きな声でうなりながら強烈なフォアハンドのウィナーを打ち込んでセットオールに持ち込んだ。 フェデラーはマッチポイントで優美なドロップショットを決め、試合を締めくくった。 ナダルは追いつくために全力を尽くし、速く走りすぎて止まることができずにネットを飛び越さなければならなかった。 その結果、彼はフェデラーの横に立つことになり、ふたりは抱擁を交わした。 「僕らはいつも通り、全力を尽くした」とナダルは振り返った。 「驚くべきスタジアム、こんなに素晴らしい観客の前でプレーするということは人生に一度あるかないかという貴重な経験だ。 このイベントに参加できたことは、僕にとって大きな喜びだ」。

次の

10月有明でフェデラーvs錦織のユニクロ対決実現!チケットは?放送は?【追記:錦織欠場です】

フェデラー エキシビション

ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)が「全豪オープン」の決勝で戦う夢は、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とドミニク・ティーム(オーストリア)の手で打ち砕かれたが、ファンにとっては幸運なことに、まもなく二人の試合を見ることができる。 フェデラーとナダルは、2月7日に南アフリカのケープタウンで「Match for Africa」エキシビジョンシリーズの第6回目である「Match in Africa」で対戦する予定だ。 なお、フェデラーにとってはこれがサブサハラアフリカ(サハラ砂漠以南の地域)で行う最初の試合となる。 イベントの目的は、アフリカの子供たちのための教育資金を集めること。 ロジャー・フェデラー財団は、学校設立の準備や取り組みなど、教育プログラムに5200万ドル(約56億4300万円)を投入したと報告している。 11月にメキシコシティで行われたエキシビジョンマッチでは、フェデラーとアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が4万2517人を集め、テニスの試合での観客動員数の新記録を樹立。 そのわずか数ヶ月に、55,000人収容のケープタウンスタジアムで新たな記録がつくられることが見込まれている。 この試合は、スイスのチューリッヒでフェデラーとナダルがアフリカのために行った最初の試合から、約10年後にあたる。 そこで、偉大な彼らにインターネット上で最も有名なテニスの動画の1つを、一緒に振り返る機会を提供した。 彼らはその最初の試合のプロモーション映像を撮影していた時、互いに笑ってしまい、撮影を台無しにした。 「みんなに会えないよ・・・。 じゃなくて、みんなに会うのが待ちきれないよ」と、フェデラーはまた、どういうわけか言い間違えて10年後にも同じようにビデオを台無しにした。 フェデラーの母リネットさんは南アフリカの出身なので、ケープタウンはフェデラーの出自に近いものがある。 今回、前座のダブルスマッチでは、南アフリカのコメディアンであり デイリーショーのホストであるトレバー・ノアがナダルとチームを組み、フェデラーとビル・ゲイツのペアと対戦する。

次の