ハニー レモン ソーダ 11 巻 ネタバレ。 ハニーレモンソーダ 43話/11巻のネタバレ!最新話は界に聞きたいこと

ハニーレモンソーダ8巻のネタバレ感想と無料で漫画を読む方法!|アコミ!漫画の最新話ネタバレや無料で読む方法を随時更新

ハニー レモン ソーダ 11 巻 ネタバレ

ハニーレモンソーダ 4巻 作者:村田真優 4巻あらすじ 文化祭実行委員としてがんばる羽花に三浦くんがくれるのは、うれしいサプライズ。 メイドカフェでメイドやらない?と誘われても、とんでもないです、と即断ってしまいます。 羽花の文化祭での目標は、クラスの出し物が最後まで上手くいくことと、三浦くんと少しでも話すことでした。 お店が繁盛してるからか、まだ午前中なのに今日のぶんの材料がなくなりそうな事態に。 責任を感じた羽花は、お店に買い足しにいこうとします。 お店に行く途中で、三浦くんのクラスの出し物を目撃した羽花。 三浦くんの元カノの芹那ちゃんは、カメラ越しでも可愛いな〜なんて思いながら、ボーっと眺めていました。 すると、名前を呼ばれた三浦くんが、自分は「石森係」だと言い出して____?! (黒板係とか生き物がかりとか色々あるけど、石森係って…笑) ふざけてるだけかもしれないけど、どんな意図で言ってたとしても嬉しい…と感じる羽花。 無料で試し読みもできるけど、最初のほうしか読めないので、4巻をまるまる読むまではできません。 そこでおすすめなのが、U-NEXTの「31日無料トライアル」。 トライアル(無料)に登録すると 600円分のポイントがもらえるので、ハニーレモンソーダ4巻をまるまる無料で読み切れちゃいます。

次の

ハニーレモンソーダ【10巻・ネタバレ感想】オレ、お前の顔も体も普通に好みだからな!by界

ハニー レモン ソーダ 11 巻 ネタバレ

だけど 当然、気持ちとしては「付き合いたい!!!」と。 なかなか いい意気込み…! 三浦くんには 言えないけれど、あゆみちゃんたちには 言える羽花ちゃん。 心配してくれる、仲良しのお友達に囲まれた 羽花ちゃんの姿に、つい嬉しくなっちゃいました。 付き合う、ということは どういうことか、分からず 動揺していた羽花ちゃんだったけど、 実は 三浦くんも、結構 いっぱいいっぱいだったのですよね。 三浦くんに 求められたくて、みんなの前で「私と 付き合ってください!」と言えた 羽花ちゃんも、 全校朝礼で「石森さん オレと付き合ってください」と告げた 三浦くんも、 2人とも 思い切りが良くて、大胆で、ドキドキしますー!! 無事に お付き合いを始めることができたものの、いつも通りの三浦くん。 三浦くんらしいと言えば らしいけれど……? みんなで遊ぶことになった時、女子に怒られる三浦くんが ちょっと不憫でしたね。 だって、三浦くんは 羽花ちゃんとのお付き合いに、緊張や我慢をしていただけ みたいなのですから。 甘えてる時だけ タメ語が出る羽花ちゃんに、グッとくる 三浦くんの気持ち、すごく分かります!!!! 羽花ちゃんを 守ってくれて、ちゃんと彼女扱いしてくれて、人前なのにキスまでして、 そして、羽花ちゃんの可愛さに 真っ赤になっちゃった三浦くんに、もう ときめきが止まりませんでした 教室の真ん中にいる存在の三浦くんと 付き合うようになって、羽花ちゃんは すごく頑張っているのに、 三浦くんが好きな女の子たちは、羽花ちゃんのことを 一向に認めてくれず…。 学校の、先生の、大人の都合で 羽花ちゃんの高校生活を「勉強1本」に絞らせようとするなんて、 さすがに それは、あんまりだと思いました…。 先生に「お互い もっといい相手がいるんじゃないか?」なんて言われてしまったら、傷つきますよね……。 でも、負けなかった 羽花ちゃん!! 先生にも 自分の気持ちを、しっかりと伝えられている 羽花ちゃんが、 素敵で カッコよくて、とても強い女の子になったなぁ と思いました。 それから もう1人、羽花ちゃんと三浦くんのお付き合いに 反対していた、羽花ちゃんのお父さん。 羽花パパに会いに行って、まるで「プロポーズみたい」なことを宣言した三浦くんがは、 もう もうカッコよすぎです…!!!! キュンキュンです…!!!! この巻は、三浦くんの甘さが ぐんぐん上がっていくので、本当に ものすっごく、キュンキュンできます 最後のお話も、三浦くんの『石森 大好きっぷり』に やられました……。 2年に進級して、クラスどころか 校舎まで分かれてしまった2人ですが、きっと大丈夫ですね! ただ、高嶺くんの動きが ちょっと気になってきたような…??? 9巻では どのような展開になっていくのか、とても 気になりますー!! 発売予定の12月が 今から待ち遠しいです!.

次の

ハニーレモンソーダ 42話/11巻のネタバレ!最新話は2人初めての夏休み

ハニー レモン ソーダ 11 巻 ネタバレ

〜もくじ〜• ハニーレモンソーダ55話のあらすじ 羽花が新しいクラスで馴染めてるかどうか、あゆみが会うたび心配してくれます。 「大丈夫だよ!」 笑って答えはしますが、本当はクラスメイトに避けられ先生には怒られ全然大丈夫じゃありません。 気にかけてくれる友達がいて、三浦君が隣のクラスで、余計な心配はさせたくありません。 『3年生楽しいって報告するんだ』 明るく「おはよう」と教室に入ろうとしたその時・・・? ハニーレモンソーダ55話のネタバレと感想 「座れ」 賑やかな教室が一変して大慌てで雑誌を隠し席に着くクラスメイト。 ホームルームではいきなり英語のプリントを出してない人がいることから始まりました。 「少しの遅れが後に響いてくる。 自己管理を徹底して計画的に取り組むこと。 自分の未来は今の自分の行動によって決まる」 嫌われて避けられてるってわけではなさそう・・・? 羽花が世界史のレポートを1人で作ったことを知ったクラスメイトはこう言いました。 「やっぱうちらのとこ入ってもらえばよかったね!?」 「でも絶対足引っ張るもんな!?」 羽花が声をかけた時にクラスメイトが戸惑ったのは、 自分たちのところより他のところに入った方が良いと思ってくれてたからだったのです。 次は一緒にやると約束した時、隣のクラスの男子と三浦君が遊びに来ていました。 三浦君は、付き添いで。 付き合ってる2人の隣で羽花と三浦君はすすっと手を出して挨拶。 2人にとってはいつもの挨拶ですが、彼女とラブラブの男子は2人の合図を考えてくれます。 「頭の上で形作って、レモン!」.

次の