いわく ら 釣具。 * snow peak club:釣具用品ですが

「かめや釣具 岩国通津店」(岩国市

いわく ら 釣具

— 初めて来た木曽は最高の景観。 田舎ながらの景色にしばし見とれてしまいます。 — レンタカーで伊那市から木曽へ 高速バスで隣の伊那市に到着。 この伊那市でレンタカーに乗り、木曽を目指します。 まっっったく情報が無いため、近くの釣具店へ。 ご主人いわく、一発大型を狙うなら本流、とりあえず1匹を獲るのであれば支流上流部に行くのが良いとのこと。 ふむふむ、なるほど。 ・・・やっぱ本流でしょ。 そうです、今回は確実に大型イワナを獲らなければならないのです。 一攫千金を目指す、 金の亡者ハードボイルドな私はルンルン気分で本流へ向かいます。 本流の洗礼 とりあえず最初はこんなところで竿を出すことに。 民家が近いです! いや、なんかわかんないけど釣れそ~! 一発目で釣れっちゃったりしてw なんて思った時期も僕にはありました。 ルアーローテーションしながらやっても全くアタリがありません。 ・・・いや、魚いる? と思ったのも束の間、竿先がクイクイ曲がります。 小さいけどなんか釣れたっぽい! 初ヒットに興奮しながらランディングしようとすると、バラシ・・・。 おそらくヤマメかアマゴでしたが、初ヒット&バラシにしばし茫然。 その後、移動しながら竿を出しますが全くアタリなし。 雰囲気はすごくいいんだけどな~。 場所がダメなのか、腕が悪いのか、はたまた両方か。 移動の疲れもあり、この日はここで納竿。 ノーフィッシュで1日目終了。 甘くねぇですね・・・。

次の

「かめや釣具 岩国通津店」(岩国市

いわく ら 釣具

餌のコノシロも減っているようです ふとしたタイミングでコノシロが入ってくるので そのときがチャンスです 鶴崎橋周辺ハゼ、ぽつぽつ釣れています 満潮前後がおすすめです! ルアーでのシーバスはセイゴ・フッコが多い、夜釣りで釣れています。 日中でも攻め方によっては出ているようです。 散発的にランカーサイズでています! 丹生川河口 60cmサイズのシーバスの釣果情報も入っています^^ メバル用の小型プラグで良く反応しますよ~ ハゼもぽつぽつ釣れています 大在ふ頭~ ふ頭・湾奥の方でサビキ釣りでコノシロが釣れています。 投げ釣りでカレイ釣れています 餌は青ゴカイ、本虫でOK 日中のゼンゴはムラがあるようです コノシロメインなので 潮次第でぽつぽつ釣れています 夕方から夜にかけて良型アジ釣れています ムラはあるようですが 割りばしサイズが釣れています フカセ釣りのチヌ まだまだ釣れています! 50㎝を超える大型も出ています! タナはベタ底が良いようです カニを使っての落とし込み釣りでもOK! 坂ノ市一文字 アジ 潮次第ですが釣れています フカセ釣りでチヌ 50㎝級の大型チヌも釣れるので大いに楽しめますよ~ 足もとでカワハギ、ホゴも釣れています! ゴカイ、オキアミでOK 船長さんにポイントを相談してみて下さい。 営業時間 午前6時~午後18時 11月よりナイター営業は終了しております 佐賀ノ関~ 金山港、秋ノ江、小黒港、 一帯でゼンゴ、アジが好調です 夜釣りで数、型共に狙えます! フカセ、サビキ釣りがおすすめです アジング好調!! 夕マズメから夜中にかけて各港でアジの釣果が出ているようです。 平均25㎝程 夜釣りでメバル、ホゴ釣れています 各港、エギングでモイカは徐々に厳しくなっています。 泳がせ釣りの方に分がありそうです サイズは300g~1㎏ フカセで 真鯛、チヌ、クロの釣果も出ています! カワハギ、数が増え上向き 一尺屋を中心に各波止で釣れています どこの釣り場でも同じですが夜間の騒音に気を付け、 ゴミは必ず持ち帰るようにして下さい。 皆様からの情報もお待ちしております!! <住所> 40m道路沿い 大分市青崎2丁目1番37号 電話 097-521-1155 <営業時間> 冬季特別営業時間中 平日 4:00~20:00 土曜日4:00~22:00 日曜日4:00~20:00 天候によっては 時間変更もあります。 ご了承ください。 <解凍予約> エサの解凍予約できます! すぐに解けたエサをつかうことができ大変便利です! 電話 097-521-1155 <釣果投稿> あなたの釣った大物自慢も ブログにてUPします! 携帯画像でこちらまで 送ってください! tsurigunoyamashita aioros. ocn. jp 当店に直接持ってきてもOK! ご希望の方には名前、日付、 釣り場所等を入れ プリントアウトして お渡しすることもできます。

次の

全国の釣具店スタッフ激白!ハヤブサアイテム おすすめマンスリー No.40

いわく ら 釣具

今月のおすすめアイテム• 速技スピード チカ ケイムラウーリーフッ素 8本鈎• 速技スピード チカ オレンジウーリーフッ素 8本鈎• 一押しサビキ ニシン・イワシ レーザーオーロラシート 7本鈎• 一押しサビキ ニシン・イワシ オーロラハゲ皮 10本鈎 「全国の釣具店スタッフ激白! ハヤブサアイテムおすすめマンスリー」第40回は北海道苫小牧市にある「つり具の釣人 苫小牧店」店長・松田良太さんのおすすめ。 引き続き今回も長く厳しい冬が続く北海道。 年末年始にかけて苫小牧周辺では北海道ならでは、サビキでねらう小物釣りがアツい。 ワカサギに似た同じキュウリウオ科のチカと「数の子」でおなじみのニシンだ。 年末年始の大型チカに最適 ケイムラウーリーに期待! 「実は年中釣れる魚なんですけど、特に年末からの冬場は15~20cmの大型がねらえる季節です」と松田さんがいうのはチカ。 北海道の沿岸部、ほぼ全域で釣れる魚でワカサギと同じキュウリウオ科の魚だ。 それにしても20cmというのはデカイ! 最大で15cmほどにしかならないワカサギでいえば超メガトン級だ。 松田さんいわく「苫小牧周辺でも、まあ3ケタは確実ですね」というからすごい。 釣り方は5m前後の磯竿使用、下オモリ式のサビキ釣りでオモリは「2. 5号ぐらいですね」と軽い。 そんなチカ釣りにオススメなのが「 速技スピードのチカの新製品です。 オレンジウーリーとケイムラウーリーがあるのですが、ケイムラは従来なかった製品ですので、その釣れっぷりに期待しています」とのこと。 「チカは年中釣れる魚です」という松田店長が年末からの大型爆釣に期待している仕掛が「速技スピード チカ ケイムラウーリーフッ素 8本鈎」と「同オレンジウーリーフッ素 8本鈎」だ アジやイワシを釣る一般的なサビキが下カゴにマキエのアミエビを入れるのに対し、チカねらいでは「専用エサ付け器」と呼ばれるものにウーリー部分を通しアミエビのエキスを染みこませてねらうのが北海道流。 冬場の大型ねらいならハリサイズ4~5号がいいだろう。 新製品の「速技スピード チカ ケイムラウーリーフッ素 8本鈎」「同オレンジウーリーフッ素 8本鈎」はともにハリ2. 5号、ハリス0. 6号からハリ5号、ハリス1号の5アイテムがラインナップ 自動シャクリ機活用!? ニシンのサビキ釣り定番仕掛 ニシンといえば数の子? というのが他県民のイメージするところだが、実はニシンが腹に子を持つのは春なのだとか。 ということで年末年始に釣れるニシンは焼き魚や煮付けにしたり、何と刺し身で食べるのだそう。 ニシンの刺身!? おおっ、食べてみたい! というニシンは年末が近付くと苫小牧港にもやって来る。 釣れるサイズは20~30cmで、群れの回遊に当たれば多い人で30尾ほどの釣果があるのだとか。 そんなニシン釣りの定番仕掛になっているのが「 一押しサビキのニシン・イワシ レーザーオーロラシート 7本鈎もしくは同オーロラハゲ皮 10本鈎です」と松田さん。 特にオーロラハゲ皮の方に付いているチモトの「赤と緑の留めに効果あり!」というユーザーが多いのだそう。 ハリサイズは7~8号が標準だ。 12月2日のインタービュー時に「そろそろ釣れ始めるころです」と松田店長がいうニシン釣りの定番仕掛が「一押しサビキ ニシン・イワシ レーザーオーロラシート 7本鈎」と「同オーロラハゲ皮 10本鈎」 これまた釣り方が独特で8~10mというアユ竿ばりの長いロッドを「自動シャクリ機」なるものに預け、日中はもちろん夜間も投光機で海面を照らしてねらうのだそう。 もしくは仕掛をキャストして中層を引いてきてもよいらしい。 どちらも下オモリ10号ぐらいだ。

次の