楽天 アン リミット。 ドケチがRakuten UN

【朗報】機種代タダ同然でアンリミットを試せるチャンス?「Rakuten Miniが1円で買えるキャンペーン」

楽天 アン リミット

キャリアメールは学校の連絡網やネットショッピングの登録メールアドレスに使っている人も多いから注意だよ! 他には、旧楽天モバイルから利用している方は、契約者が無料で使える「楽天メール」というサービスがあります。 15GB保存できる大容量でGmailと変わらず、「 rakuten. jp」で使うことができます。 ただし、この先もし楽天モバイル以外のキャリアや格安SIMを使う時は「 rakuten. jp」が使えなくなってしまうので、個人的にはGmailやYahooメールを推奨しています。 また、iPhone利用者はApple IDをキャリアメールで設定している方も多いですが、通信事業者が変わるとメールが届かなくなってしまうので、楽天モバイルへMNPをする前にApple IDの変更も済ませておくと良いでしょう。 しかも、リリースにあたって 先着300万回線まで1年間の基本使用料も無料なのでインパクトは十分過ぎます。 2021年3月にどの範囲までカバーしているのかは不明ですが、パートナーエリアの方でもとりあえず1年は無料なので、金銭的なデメリットはないので気軽に試してみるのも良いかと思います。 普段LINEの無料通話で事足りる方は無理に使う必要はありませんが、楽天ポイントがもらえるキャンペーンで 「Rakuen Link」のインストールが条件になっていることがあるので、楽天モバイルの利用を開始したらそのままインストールしちゃいましょう。 正確には「動作保証対象外」であって、「使えないではない」んだ! これは僕の考えですが、大人の事情が見え隠れする問題であるかと思っています。 Twitter上でも「iPhone XSシリーズ」「iPhone XR」で試した方も大勢います。 楽天モバイルMNO iPhone XS(iOS 13. 4)でも利用できました。 ただ、設定からVoLTEオンにしないとピクトが灰色になって利用できません。 APNを設定するとテザリングも使えます。 VoLTE通話もできました。 ただし、こちらも楽天モバイル公式サイトでは他社製品は動作保証外と記載されているので、利用する際は自己責任となることを頭に入れておきましょう。 また、楽天モバイルで記載されている機種でも、最新のOS(ソフトウェア)にアップデートしてから利用しましょう。 arrows RX• HUAWEI• HUAWEI nova 5T• OPPO Reno A 128GB• OPPO A5 2020• Reno 10x Zoom• AX7• R17 Pro• Find X• Galaxy A7• Galaxy S10• AQUOS sense3 lite SH-RM12• AQUOS sense3 plus SH-RM11• AQUOS sense3 SH-M12• AQUOS sense3 plus SH-M11• AQUOS zero SH-M10• AQUOS R2 compact SH-M09• AQUOS sense2 SH-M08• AQUOS sense plus SH-M07• AQUOS R compact SH-M06• AQUOS sense lite SH-M05• 楽天モバイルには「Rakuten mini」のような自社製品の機種も販売しています。 また、この 「Rakuten mini」は「eSIMのみ」となっており、物理SIMは使えません(挿し込む場所がない)。 もし、「Rakuten mini」を楽天モバイルで使う際にはeSIMを取り扱っている通信事業者しか使えないことを覚えておきましょう。 これはちょっと分かりづらいかもっスね 公式サイトではちょくちょく修正されるので、今後もしかしたら修正されていくかと思いますが、「eSIM」を希望する方は頭に入れておいて頂ければ幸いです。 僕も旧楽天モバイルのデータSIMを使って、モバイルWi-Fiルーターを使っていますが新規申込みはNGとなります。 ただし、楽天回線エリアの方であればデータ使い放題なので、 楽天回線エリアの方であればスマホ自体をモバイルWi-Fiルーター代わりとして利用することは可能ですね! iPhoneの場合は簡単な設定をしないとテザリングは使えません。 また、楽天モバイルでは「Aterm MP02LN」などのモバイルWi-Fiルーターも販売しています。 僕も実際に購入してレビューしているので、合わせて参考にしてくださいね。 楽天モバイルの解約はいつでも無料で行えます。 また、解約後は指定の住所にSIMカードを返却しましょう。 楽天モバイルのデメリット8つ• キャリアメールが使えない• 楽天回線エリア外は使い放題ではない• 通話料を無料にするにはRakuten Linkが必要• iPhoneを使う場合は自己責任になる• 他社で購入したスマホを持込みで使うにはSIMロック解除が必須• 楽天モバイルで販売している一部の端末はeSIM専用のモノがある• データSIMの取り扱いは無くなった• 2年縛りや解約金はないけどMNP転出手数料はかかる 各個人別だとその人ならではのデメリットも出てくるかと思いますが、今回は代表的なデメリット・注意点を挙げてみました。 特に楽天モバイルは自社製品以外の機種は全て動作保証対象外となっているのが一番のポイントです。 今後僕も色々な機種で試していくのでそちらも合わせて参考になれば幸いです。 リリースしてまだ間もないのでちょっとした戸惑い点もあるかとは思いますが、上記で挙げた8つのデメリットがご自身の許容範囲であれば楽天モバイルはオススメです。

次の

通信・エリア

楽天 アン リミット

【追記】本記事で実例として紹介している2020年4月の「スーパーDEAL」「お買い物マラソン」は終了していますが、 両セール・キャンペーンともに年中度々開催されるため、次のチャンスで再現可能な活用術です! 楽天アンリミットへの移行がさらに一歩近付いたかも!? つい先日、という内容で記事を書いたばかりですが、楽天さんがスーパーホーダイユーザーの心を揺さぶるさらなる攻勢を仕掛けてきました。 「楽天回線対応スマホが楽天スーパーDEAL対象商品に」 楽天スーパーDEALは、楽天会員限定の高額ポイント還元セール。 楽天経済圏を活用していて、楽天モバイルのスーパーホーダイユーザーでもある私にとって、見逃すことができませんでした。 スーパーホーダイユーザーにとっても魅力的に進化した楽天アンリミット 2020年4月8日(水)に楽天の携帯キャリアサービス「Rakuten UN-LIMIT 2. 0」がスタートしました。 メリットを簡単におさらいすると• プラン料金 一年間無料• 2年目以降もプラン料金2,980円(税抜き)• 楽天回線エリアなら データ使い放題• 楽天回線エリア外で ギガを使い切っても最大1Mbps• Rakuten Linkアプリ使用で通話かけ放題• スーパーホーダイの最低利用期間中でも移行に伴う 違約金無し• (スーパーホーダイの最低利用期間が無い場合、または終わっている場合)満足いかなければ解約しても違約金無し といった感じ。 2,980円(税抜き)は、楽天モバイル「スーパーホーダイプランS」の2年目以降のプラン料金と同額。 移行後1年間は無料で使えた上、2年目以降もスーパーホーダイと同様に少額で使え、しかもギガを使い切っても最大1Mbpsをキープ。 楽天アンリミットのサービス発表当初に懸念していた、ギガ使い切った後の最大128kbps落胆モバイル体験が回避されました。 さらに、• 最低利用期間中でも移行による違約金無し(最低利用期間を引き継ぎ)• SPUで楽天市場の買い物のポイント還元率+1%継続 で、スーパーホーダイのお得さをそのままにデータ使い放題や通話かけ放題で、アンリミット移行での違約金も特典失効も無しという、スーパーホーダイからアンリミットへ移行するためのお膳立てが見事に整っています。 スーパーホーダイユーザーにとって移行のネックは楽天回線対応スマホの購入費用? もうここまでお膳立てされちゃうと、楽天回線エリアが生活圏のスーパーホーダイユーザーにとって、楽天アンリミット移行のネックになってくるのは、楽天回線対応のスマートフォン購入にかかる初期費用くらいではないでしょうか。 ダイヤモンド会員の1年目で月額980円のユーザーならなおさら。 本来のスマホ購入代金から2万円もお得になっちゃってるのはすごいことなんですけどね。 楽天回線に対応しているか分からない手持ちのスマホを使って、プラン(SIMカード)のみを申し込むという手もあります。 ただし、それではサービス利用に将来支障が出ないか不安ですよね。 楽天のコミュニケーションアプリ「Rakuten Rink」のSMS認証ができず、オンライン契約と事務手数料還元のキャンペーンをクリアできない場合も。。 以降は、 「楽天回線対応スマートフォンを購入する」という選択肢を選んだことを想定して書いていきます。 楽天モバイル対応スマホもラインナップされた楽天スーパーDEALがスタート 楽天市場では、対象商品の購入により大量の楽天スーパーポイントを還元するセール「スーパーDEAL」が開催されています。 さらに、 スーパーDEAL対象商品をキャンペーン期間中にもう1回購入すると、スマートフォン購入で還元されるポイントがさらに5%加算されることも。 【追記】「2回以上購入の+5%ポイントキャッシュバック」は、スーパーDEALで開催されたりされなかったりするようです。 例えば、スマートフォンに使うケースや保護フィルムをスーパーDEAL対象商品の中から選んで購入し、「スーパーDEAL対象商品を2回以上購入」の条件をクリアするのはどうでしょう。 これで、ケースや保護フィルムの購入費用がかさむものの、 スマートフォン単体ではプランセットよりもおよそ10,000円もお得になります。 お買い物マラソンも同時開催中 楽天市場では、買いまわったショップ数に応じて、期間中の買い物全体に付与される楽天スーパーポイントの還元率が加算されていく「お買い物マラソン」も度々開催されています。 【追記】こちらで紹介している「お買い物マラソン」は終了していますが、 年中、度々開催されるため、次のチャンスで再現可能です! 例えば、スマホケースと保護フィルムを、それぞれ購入するショップを変えて買い揃えれば「3ショップ」とカウントされて、スマートフォン購入で還元されるポイントも2%加算されることになります。 スマホを買い替える時に必ず買っておきたいのがスマホケースと保護フィルム。 お買い物マラソンと楽天スーパーDEALの両キャンペーンを併用して買い揃えることで、楽天回線対応スマホのポイント還元率を上げておきたいところです。 実質タダでスーパーホーダイから楽天アンリミットへ移行するシミュレーション さすがに楽天回線スマートフォンの購入代金が完全タダになるとまでは行きませんが、考え方次第では、スーパーホーダイから楽天アンリミットへ実質タダで移行できたと捉えることができるはず! 今後一年間のスマホ代総額を、楽天アンリミットに移行した場合と移行せずにスーパーホーダイのままの場合とで、それぞれの費用を比較します。 私の例をもとにシミュレーションしてみました。 早速、シミュレーション結果から。 購入代金:54,800円 - スーパーホーダイ11. かつ、どちらも送料無料で、少なくともどちらかがスーパーDEALの対象商品。 以上で、 ほぼプラマイゼロ!(若干プラス) スマホケースは下記スーパーDEAL対象商品、保護シールはスーパーDEAL対象商品ではないもののお買い物マラソンでショップ数がカウントされる1,000円ギリギリで選んでみました。 冒頭でお伝えした通り、私の場合は、楽天モバイルのスーパーホーダイプランSを利用中で、 ・2021年1月まで月額1,630円(楽天会員割引500円+長期割1,000円) ・2021年2月からすべての割引が適用されなくなり月額3,280円 です。 楽天アンリミットはプラン料金が一年間無料。 ということは、その分、移行しなかった場合に支払うはずだったスーパーホーダイの月額利用料を支払わずに済むと捉えることができます。 仮に今回の楽天スーパーDEALとお買い物マラソン期間中にXperia Aceを購入し、並行して楽天アンリミットをプラン(SIMカード)のみで申し込んだ場合。 プラン料金一年間無料のキャンペーンは、開通日を起点に1年後のマイナス1日までが無料で、以降の月内は日割り計算。 つまり、2020年4月の中旬~下旬までが無料で、残った4月の日数分、プラン料金の税込月額3,280円の日割り計算で発生するということに。 スーパーホーダイを使い続けた場合に比べて、12ヶ月分24,510円が丸々かからなくなるわけではないので、ここでは控え目に11. 5ヶ月分の22,870円がかからないと想定してシミュレーションしました。 このように、 期間で掛かる費用をトータルでシミュレーションしてみると、経済的合理性を判断する材料になるかもしれません。 楽天アンリミットへの移行を検討中のスーパーホーダイユーザーのみなさんも、これを機会に一度シミュレーションしてみてはいかがでしょう? きっと、1年目でダイヤモンド会員割引が適用中のスーパーホーダイプランSユーザー(月額1,080円)以外は、楽天アンリミットへ移行した方がお得になるのではないでしょうか。 記事で紹介した商品 こちらの記事で紹介した商品をまとめて紹介します。 気になる商品がありましたらチェックしてみてください! コメントありがとうございます! 違約金ありの2019年9月以前のスーパーホーダイSプランです。 もし同じでしたら、楽天アンリミット移行に伴う違約金はかからないはずです。 楽天モバイルから下記のような案内メールがお手元に届いていないでしょうか。 「メンバーズステーション」にてお手続きください。 現在ご利用中のスーパーホーダイ、組み合わせプラン(通話SIM)、コミコミプランから「Rakuten UN-LIMIT」への移行に際して、契約解除料およびMNP転出手数料はかかりません。 最低利用期間中の方も、安心してお申し込みください。

次の

楽天モバイル通話SIMから「Rakuten UN

楽天 アン リミット

「Rakuten UN-LIMIT」は、2020年3月3日に発表・申込開始された楽天モバイルの新しいプランです。 サービス開始は2020年4月8日。 先着申込300万人の基本料金が1年間無料になると、話題になっています。 2年目以降の基本料金以外、少しずつ違いがあります。 詳しく見ていきましょう。 基本料金 UN-LIMITの基本料金は1年目から2,980円/ 月ですが、 先着申込300万人は1年間無料になります。 ついでにユニバーサルサービス料も無料になるみたいです しかし 通常は1年目から2,980円/月のプランなので、 無料の対象にならなければスーパーホーダイプランの方が1年目の基本料金は安いと言えます。 データ通信 UN-LIMITは基本料金だけではなく、 楽天回線エリア内だとデータ通信が使い放題というところも話題になっています。 基本料金 無料の対象でなくとも、2,980円でデータ通信使い放題というのは大きなメリッ トです。 スーパーホーダイだと2GBのプランSで2,980円/月、6GBのプランMで3,980円/月なので、とても安いです。 しかしこの 「 楽天回線エリア 」は 現在、東京23区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市の一部しか対象になっていません。

次の