サボン ボディ スクラブ。 【マシュマロ肌が叶う!】サボンボディスクラブの使用期限や効果まとめ!

サボンのボディスクラブは使用後にお風呂掃除が大変になる!?

サボン ボディ スクラブ

サボン は、バリエーション豊かな香りと手にとるだけでわくわくするアンティークのようなパッケージが魅力のボディケアブランド。 今回はSABON「ボディスクラブ」の魅力にフォーカス。 香りのラインナップ、ボディスクラブの正しい使い方、SABONの歴史まで幅広く特集する。 SABON「ボディスクラブ」S 3,740円 税込 、L 5,390円 税込• イスラエル発SABONの歴史と豆知識 SABON「ボディスクラブ」S 3,740円 税込 、L 5,390円 税込 サボン は、イスラエル発のボディケアブランド。 1997年2人のイスラエル人によって創設され、心地よい香りとテクスチャーにこだわったボディケア・ヘアケア・フェイスケアなどを展開している。 SABONは「石けん」からはじまった SABONは、フレッシュな手作り石けんを作ることからブランドをスタート。 ブランド名の「SABON サボン 」は、セム語で石けんを意味する。 SABON一番人気の「ボディスクラブ」 SABONボディスクラブ「パチュリ・ラベンダー・バニラ」S 3,740円 税込 、L 5,390円 税込 SABONの人気を確固たるものにさせたのが「ボディスクラブ」だ。 日本初上陸時、まだ日本人にはあまりなじみのなかったボディスクラブだが、「洗った瞬間から肌が潤う」「一度使うと手放せない」などのクチコミが一気に広がり、SABON人気NO. 1アイテムに。 SABON人気の理由は「死海の塩とたっぷりの植物オイル」 他のボディスクラブとの大きな違いは 「死海の塩」をベースにしていること。 マグネシウム、カリウム、カルシウムといった主要ミネラル成分がバランスよく含まれた 「死海の塩」は高い美容効果を誇る。 SABONの「ボディスクラブ」は、死海の塩をベースにアーモンドやホホバなどの 植物オイルをたっぷりとブレンド。 SABON「ボディスクラブ」正しい使い方とタイミング SABONの「ボディスクラブ」をより効果的に使うには、SABONが提唱する3ステップボディケアを守ること。 <SABONの落とす美容HOWTO> ステップ1「シャワーオイル」:肌の汚れを穏やかに落とす。 ステップ2「ボディスクラブ」:死海の塩と植物オイルで作られたボディスクラブで古い角質をオフする。 濡れたボディに直接塗布し、1~2分やさしくマッサージしてから洗い流す。 ステップ3「ボディローション」:肌に深い潤いを与えることで、驚くほどなめらかな肌に整える。 また「ボディスクラブ」は毎日のケアに使用するのではなく、 最大で週2回程度のスペシャルケアとして取り入れるのがベスト。 死海の塩で優しく"角質ケア"しながら、たっぷりの植物性オイルでじっくり"保湿ケア"して、使うほどにしっとりとツルツルの肌を実感できるはずだ。

次の

サボンのボディスクラブで、マシュマロ肌は手に入る!スクラブの効果と使い方、頻度を徹底解説!

サボン ボディ スクラブ

サボン(SABON)のボディスクラブって、 ずっと人気がありますよね。 本当にいい香りで私も大好き! サボンといえば、 通りかかるとついつい入りたくなっちゃう おしゃれで高級感のある店内が特徴的。 それにどの商品も素敵なパッケージで、 女心をくすぐられてしまいます。 いい香りで癒され、 お肌がシルクのようにつるつるになるって、 評判なのですが・・・ 使用期限や使用頻度、正しい使い方、 ちゃんとわかっていますか? サボンボディスクラブの特徴 サボンで一番人気のボディスクラブは、 死海の塩がベースになっているのが特徴。 というのも、サボンというのは、 イスラエルのブランドなんです。 だから使い終わった後は、 ツルスベのお肌に仕上がるんですよ。 さらに、くすみも取ってくれるのか、 お肌の色もワントーン明るくなり、 ずっと触っていたくなっちゃうような 理想的なお肌になるんですよね。 私も初めて使った時には、 自分の肌じゃないみたいと思って、 びっくりしました。 サボンのボディスクラブは、 仕上がりの感動はもちろんですが、 香りもとっても高級感があるので、 使っている間もずっと癒されちゃいますよ。 サボンボディスクラブで人気の香りは? サボンのボディスクラブの香りの種類は、 本当にたくさんあり迷ってしまいます。 ・ラベンダーアップル ・バニラココナッツ ・ムスク ・デリケートジャスミン ・トロピック ・レモンミント ・ジェントルマン ・ジェントルマンブルー など どれもいい香りですが、 一番人気は「パチュリラベンダーバニラ」。 私はジャスミンやムスクも好きですね。 香りを選ぶだけでも、 何十分も迷ってしまいます。 使い終わった後にも香りが残るので、 夜お風呂で使うと、 寝る時もいい香りに包まれて、 気持ちよく眠ることができるんですよ。 で、気になるのは使い方。 使用期限や使用頻度を守って、 正しく使わないと、 お肌を痛めかねませんよ。 サボンボディスクラブの正しい使い方 サボンのボディスクラブは、 香りもパッケージもオシャレなので、 プレゼントで初めて出会う人も多いはず。 「こんな感じかな?」 と、何となく使っていませんか? 肌に余計な負担をかけないためにも、 簡単に正しい使い方を紹介しますね。 サボンボディスクラブのフタの開け方 使い方を説明する前に、 フタが開かなければ始まりません。 YouTubeに参考になる動画があったので、 見てみて下さいね。 それではボディスクラブの使い方を、 紹介していきます。 サボンボディスクラブ使用手順 まず、ボディソープで身体を洗ってから、 ボディスクラブを使っていきますよ。 ボディスクラブは肌が濡れた状態で使うので、 身体を洗った後はタオルドライしません。 付属の木製スプーンで、 ボディスクラブをオイルとお塩が混ざるように、 しっかり混ぜてください。 全身だったらスプーンに2杯位を手に取り、 手の平に伸ばしたら、 マッサージするようなイメージで、 身体に優しく馴染ませていきます。 顔や頭には使えませんが、 首から下であれば足の先まで全身に使えますよ。 目安としては30秒~1分くらいかけて、 ゆっくり馴染ませていきましょう。 最後に水かぬるま湯で洗い流せば完了。 ボディローションやクリームなどを 最後につけると潤いが保たれるので、 オススメですよ。 スポンサードリンク サボンボディスクラブ開封後と開封前の使用期限 サボンボディスクラブは開封後、 半年以内が使用期限なんですって。 香りがキープできるのが、 半年くらいが目安なんだとか。 そして開封前の使用期限ですが、 これは商品のパッケージを見ると、 ちゃんと書かれていますよ。 まとめ 日曜日の夜にサボンのボディスクラブを使うと、 家にいてもエステに行ったような 贅沢な気分を味わうことができるので、 明日からも頑張ろうという気持ちになれます。 使用頻度や使用期限を守って、 濡れた肌に使うようにすれば、 使い方はとても簡単。

次の

大人気SABON(サボン)スクラブの使い方とおすすめアイテムをおさらい!

サボン ボディ スクラブ

サボン は、バリエーション豊かな香りと手にとるだけでわくわくするアンティークのようなパッケージが魅力のボディケアブランド。 今回はSABON「ボディスクラブ」の魅力にフォーカス。 香りのラインナップ、ボディスクラブの正しい使い方、SABONの歴史まで幅広く特集する。 SABON「ボディスクラブ」S 3,740円 税込 、L 5,390円 税込• イスラエル発SABONの歴史と豆知識 SABON「ボディスクラブ」S 3,740円 税込 、L 5,390円 税込 サボン は、イスラエル発のボディケアブランド。 1997年2人のイスラエル人によって創設され、心地よい香りとテクスチャーにこだわったボディケア・ヘアケア・フェイスケアなどを展開している。 SABONは「石けん」からはじまった SABONは、フレッシュな手作り石けんを作ることからブランドをスタート。 ブランド名の「SABON サボン 」は、セム語で石けんを意味する。 SABON一番人気の「ボディスクラブ」 SABONボディスクラブ「パチュリ・ラベンダー・バニラ」S 3,740円 税込 、L 5,390円 税込 SABONの人気を確固たるものにさせたのが「ボディスクラブ」だ。 日本初上陸時、まだ日本人にはあまりなじみのなかったボディスクラブだが、「洗った瞬間から肌が潤う」「一度使うと手放せない」などのクチコミが一気に広がり、SABON人気NO. 1アイテムに。 SABON人気の理由は「死海の塩とたっぷりの植物オイル」 他のボディスクラブとの大きな違いは 「死海の塩」をベースにしていること。 マグネシウム、カリウム、カルシウムといった主要ミネラル成分がバランスよく含まれた 「死海の塩」は高い美容効果を誇る。 SABONの「ボディスクラブ」は、死海の塩をベースにアーモンドやホホバなどの 植物オイルをたっぷりとブレンド。 SABON「ボディスクラブ」正しい使い方とタイミング SABONの「ボディスクラブ」をより効果的に使うには、SABONが提唱する3ステップボディケアを守ること。 <SABONの落とす美容HOWTO> ステップ1「シャワーオイル」:肌の汚れを穏やかに落とす。 ステップ2「ボディスクラブ」:死海の塩と植物オイルで作られたボディスクラブで古い角質をオフする。 濡れたボディに直接塗布し、1~2分やさしくマッサージしてから洗い流す。 ステップ3「ボディローション」:肌に深い潤いを与えることで、驚くほどなめらかな肌に整える。 また「ボディスクラブ」は毎日のケアに使用するのではなく、 最大で週2回程度のスペシャルケアとして取り入れるのがベスト。 死海の塩で優しく"角質ケア"しながら、たっぷりの植物性オイルでじっくり"保湿ケア"して、使うほどにしっとりとツルツルの肌を実感できるはずだ。

次の