妊娠 生理予定日。 生理予定日を何日過ぎたら、妊娠検査薬を使い病院に行くべきか

生理予定日に下腹部痛。妊娠初期に生理痛のような腹痛、子宮痛。

妊娠 生理予定日

スポンサードリンク 生理予定日に出血したけど妊娠可能性はある? 結論からいえば、生理予定日に出血した場合でも妊娠の可能性はあります。 生理予定日に出血すると「ダメだった!」と思ってしまうかもしれませんが「出血=生理」とは限りません。 生理予定日に出血する場合、生理以外にも複数の原因が考えられます。 【原因1】着床出血 生理予定日の数え間違いだったり、排卵予測日がずれていたけど妊娠した場合など、自分が計算していた予定と異なっているけれど妊娠していることがあります。 「着床出血」は受精卵が子宮内膜にもぐりこむ(着床する)ときに起こる出血です。 生理とは次のような違いがみられます。 ・量が少ない ・出血する期間が短い ・鮮血が混じっていたり、ピンクだったりする 2、3日程度で止まる出血ですので「生理ではない」とホッとするかもしれません。 【原因2】不正出血 女性の体は疲労やストレスなど、外部からの刺激に敏感です。 ちょっとした刺激が原因でホルモンバランスが崩れることもあります。 妊娠している・していないに関わらず、ホルモンのバランスが不安定になると、生理ではないのに出血する、というケースがあります。 この場合は出血の色や量、期間はまちまちです。 【原因3】生殖器系の病気 ちょっと怖いと感じるかもしれませんが、膣内・子宮頸部・子宮・卵管・卵巣など、生殖器の病気が原因で出血することがあります。 病気になると、妊娠していても、していなくても出血の症状がでることがあります。 痛み、不安定な出血、強い臭いの出血が続くといった場合は産婦人科にいくことをおすすめします。 生理予定日に出血しても、それが生理であるとは限りません。 判断は難しいのですが、妊娠している可能性もゼロではないので不安になるかもしれませんが一週間ほど経過をみるようにしましょう。 生理予定日に出血したら妊娠検査薬で陽性と陰性どっちになる? 生理予定日に出血した時は妊娠しているかどうか不安になりますよね。 生理予定日から使える妊娠検査薬なら使用可能です。 ただ、その結果は「陽性」「陰性」どちらもありえます。 その結果は次のようなケースが考えられます。 【ケース1】妊娠していなくて「陰性」 この場合、生理がきた出血になります。 残念ですが、この陰性のケースでは次の排卵日に妊娠を期待することになります。 【ケース2】妊娠しているけれどhCGが少なくて「陰性」 妊娠するとhCGという妊娠維持のために分泌されるホルモンが増えていき、尿中にも出てくるようになります。 日が経つにつれて尿中のhCG量が増え、それが一定量を超えると妊娠検査薬が反応します。 妊娠していても尿中のhCGが検査薬反応濃度よりも低い場合、陰性になります。 【ケース3】妊娠している「陽性」 出血していても正常に妊娠していて、無事に出産に繋がるケースもあります。 多胎児妊娠(双子など)だったり、普段から不正出血が多い人の場合は、正常に妊娠していても生理予定日に出血するようなことがありますよ。 【ケース4】妊娠しているけれど流産の危険がある「陽性」 生理予定日から使える妊娠検査薬を使って「陽性」が出てもその後、流産してしまうケースがあります。 これは化学流産といわれているケースです。 妊娠検査薬を使わなければ妊娠に気づかず、流産と思わないで「生理が来た」と思うケースです。 受精卵ができて着床し、hCGが増えているので陽性反応は出ますが、受精卵が途中で発育できなくなって妊娠が維持されず早々に出血する(生理がくる)ケースがあります。 生理予定日に出血し、その時に妊娠検査薬を使って出た結果は上記4ケースが考えられます。 陽性・陰性どちらも可能性があるのでもどかしいですね。 スポンサードリンク 生理予定日から一週間ほど経過してから再度、妊娠検査薬を使ってみてください。 その結果の方が信用できますよ。 生理予定日に出血。 鮮血と茶色の血、どっちが妊娠の可能性ある? 生理予定日に出血したとき、出血の色で妊娠の可能性を判断できる、という話があります。 これはどこから出血しているのかによって色が異なるからです。 ざっくり言うと、血の色には次のような違いがあります。 ・鮮血:子宮内膜ではなく、新しい傷から出た血の可能性が高い ・茶色:剥がれてしまった子宮内膜の可能性が高い 生理の時に見られるのは茶色の出血ですよね。 これは子宮内膜だったものです。 もし、生理予定日に「茶色の出血」が見られた場合は「子宮内膜が剥がれた可能性」があります。 鮮血の多くは「新しくできた傷から出血したもの」になります。 ただ、私は生理予定日の数日後に妊娠検査薬「陽性」が出たのですが、生理予定日から一週間後に激しい腹痛と大量の出血(鮮血と茶色)があって結果的に流産になった経験があります。 出血したのですが、生理予定日から二週間後の検査では「陽性」でした。 流産したのに子宮内に残留物があって妊娠検査薬が陽性反応を示す「稽留流産」という状態でした。 一気に子宮内膜が剥がれた時、子宮の壁が傷付いて鮮血混じりの茶色の出血が出ることがあります。 そして稽留流産になると妊娠していないのに妊娠検査薬が陽性になるケースがあります。 出血の色で妊娠を確実に判別することはできませんが、出血の色は「新しい血」「子宮内膜」と区別して考えることができますね。 生理予定日に出血した妊娠は低体温に。 基礎体温が下がったらもうダメ? 基礎体温を測定している場合、妊娠の継続を基礎体温で判断することができます。 プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えると女性の体は妊娠・妊娠維持ができるように変化します。 また基礎体温も上昇して高温期が続きます。 プロゲステロンの分泌量が減ると基礎体温は下がり、低体温になって生理がきます。 「高温期=妊娠」、「低温期=妊娠していない」と言われていますね。 ただ、低体温になった場合でも妊娠していることがあります。 【可能性1】排卵日や生理予定日がずれている 女性の体はストレスや疲れなどの外部からの刺激に敏感で、排卵日がずれるケースはよくあります。 もし、自分が生理予定日だと思った時が、実はちょうど受精卵が着床した時だった、という場合implantation dip(インプランテーションディップ)と言われる現象が起こる可能性があります。 implantation dipは日本語に訳すと「着床」「低下」となります。 受精卵が着床したときに一時的に基礎体温がさがる現象のことです。 この場合、低体温になった、と思っても直ぐに高温期に戻り、妊娠していることがあります。 【可能性2】基礎体温の測定間違い 基礎体温を正しく測るのは意外に難しいものです。 正しく測れていなくて「高温期なのに低温期と勘違いした」ということもあります。 値段が高くなりますが、最近はデジタル式の高性能の基礎体温測定用体温計が販売されています。 基礎体温を間違いなく測定したい人は、デジタル式の体温計を使うといいですね。 まとめ 残念ですが、生理予定日の出血、血の色、妊娠検査薬の判定、基礎体温、いずれをとっても「生理予定日に確実な結論を得ることは難しい」というのが本当のところです。 女性の体は変化に敏感です。 生理予定日の段階では、いろいろな可能性が考えられるので正しく妊娠を判断するのは難しいですね。 妊娠を待ち望む女性にとって、不安やもどかしさを感じる日々が続くのは辛いことですが、生理予定日に出血があってもできるだけリラックスして一週間くらい待ちましょう。 そして待っている間、腹痛や出血が続く場合は産婦人科でみてもらってください。 いろいろな可能性があるので固定観念にとらわれず、柔軟に状況をとらえるようにしたいですね。

次の

出産予定日計算ツール|たまひよ

妊娠 生理予定日

ドラマなどでは、急につわりの症状があって「もしかして妊娠!? 」と気づくシーンがよくありますが、実際には、生理が10日ほど遅れ、妊娠5~7週ころに気づくケースがほとんどです。 妊娠週数は、28日周期の生理をベースに、最終生理の初日をスタートと考えて、生理初日を0週0日として数えています。 つまり妊娠0週は最終生理の期間。 排卵が最終生理の初日から約2週間後と仮定して、この時期はすでに妊娠2週に入り、それから約7~10日後に受精卵が無事、子宮内膜に着床して初めて妊娠が成立します。 つまり、実際には妊娠3週でようやく妊娠成立となるわけですが、まだこの時期には目立った自覚症状がありません。 受精卵が子宮に着床すると、通常、生理が始まる前に分泌量が減っていく女性ホルモン(黄体(おうたい)ホルモン)が過剰に分泌され、生理のときにはがれ落ちるはずだった子宮内膜がそのまま成長を続けるため、生理がストップします。 生理周期が規則正しい人が、生理予定日より1週間以上遅れたときは、まず妊娠の可能性を考えたほうがいいでしょう。 とはいうものの、生理のリズムは、環境の変化や精神的なストレスなどに影響を受けやすく、生理が遅れるのは珍しいことではありません。 生理の遅れだけで、妊娠と判断するのは難しいので、体調の変化にも気を配り、気になるときは早めに産婦人科の診察を受けましょう。 生理の遅れ以外にも、妊娠をすると女性の体と心はさまざまなサインを発するようになります。 たとえば、つわり。 早い人だと生理の遅れと同時くらいに、ムカムカしたり、吐きけを感じたり、食欲がなくなったりといった症状が出てきます。 ただし、つわりにはかなり個人差があり、まったくつわりを感じない人もいます。 また、乳腺の発達やホルモンの影響で、乳頭が敏感になり、乳房も張って痛みを感じるようになります。 乳頭や乳輪部が黒ずんでくるのも、ホルモンの影響です。 また、ささいなことで涙が出たり、イライラしたり、自分ではコントロールできないほど情緒不安定になることがあります。 なんとなくだるくてしようがない、眠くてしようがないといった症状もあります。 そのほかにも、肌が荒れる、トイレが近い、便秘になる、おりものが増える、風邪のような症状があるなど、さまざまな兆候が現れます。 「基礎体温」とは、人間が本来、生きる上で必要最低限のエネルギーしか使っていないとき、つまり睡眠中の体温のことをいいます。 とはいえ、睡眠中には体温は測ることはできないので、朝、目覚めた直後、布団の中で安静にしているときに、微妙な変化も読み取れる目盛りのこまかい基礎体温計で測ります。 この基礎体温を毎日測って折れ線グラフにすると、多少のギザギザはあるものの、一定の周期でラインが上下するのがわかります。 妊娠していない健康な女性の場合は、高温が続く時期(高温期)と、低温が続く時期(低温期)の2つにラインが分かれます(二相性)。 これは体温を上げる作用のない卵胞ホルモンと、体温を上げる作用を持つ黄体ホルモンが、周期的にきちんと分泌されている証拠でもあるのです。 女性の基礎体温は通常、生理から排卵日までは低温期、排卵から2週間ほどは高温期が続きます。 妊娠していないときは、高温期は約2週間で終わり、体温が下がると、再び、生理の始まりとともに低温期になりますが、妊娠したときは基礎体温が下がらず、そのまま高温期が続きます。 これは体温を上げる黄体ホルモンの働きによるものです。 黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くふわふわにして、受精卵の着床をサポートする役割を担っています。 無事に着床したときは、さらに分泌を続け、受精卵を保護するのです。 普通は2週間の高温期が3週間以上続いて、生理が来ないようであれば、妊娠している可能性は大きいと考えていいでしょう。 脳から女性ホルモンに、「卵巣を刺激せよ」との指令が出されると、卵巣では、卵子が成熟して排卵されます。 妊娠超初期に気をつけたいこと 妊娠が判明すると妊娠前や妊娠判明後の生活について、急に不安になることがあります。 おなかの赤ちゃんに影響があるものは何か、妊娠中を健康に過ごすためにも知っておきましょう。 薬 市販薬(風邪薬、便秘薬、鎮痛薬など) 妊娠の可能性があるときや、妊娠判明直後、飲んでしまった薬について不安を感じるママが多いようです。 ほとんどのケースは赤ちゃんに悪い影響はありませんが、妊娠が判明したあとは、自己判断で薬を飲まずに、自分の妊娠中の体の状態を把握しているかかりつけの産婦人科医にまず相談するようにしましょう。 薬の服用にとくに注意が必要なのは、妊娠4~9週末までです。 この時期には中枢神経をはじめ、心臓や四肢(手足)、目、鼻など、赤ちゃんの体の大事な器官がつくられるので、赤ちゃんの体に影響を及ぼす成分の含まれた薬を飲むと、形態異常が起こることがあります。 妊娠4週未満に飲んだ薬は、赤ちゃんへの影響はまず心配いりません。 いずれにしろ、市販薬でも病院でもらった処方薬でも、赤ちゃんに悪影響を及ぼす薬の種類はごくわずかです。 どんな薬も100%安全と言いきることはできませんが、風邪薬や頭痛薬、鎮痛薬などの市販薬を、決められた回数と量を守り、短期間だけ服用したのであれば大きな心配はありません。 処方薬(産婦人科・他科でもらった薬) 妊娠前からなんらかの持病があり、薬を飲み続けている人は、薬を処方した主治医と産婦人科医に、なるべく早く相談してください。 一時的にでも服用をやめたり、影響のない薬に替えることができるかどうかを確認し、妊娠中の薬の使い方について納得するまでよく話し合いましょう。 妊娠したからといって、自分の判断で薬を勝手にやめるのは、母子ともに危険な状態を引き起こすことがあるので絶対にしないでください。 妊娠中も、ママの体の状態や赤ちゃんへの影響を十分に考え、薬を服用したほうがいいと医師が判断した場合は、産婦人科で薬が処方されることがあります。 妊娠中に薬を飲むのは心配……と感じるママも多いようですが、飲まないでいると、かえって悪影響が出ることがあるので、医師の説明をよく聞き、納得した上で服用するようにしましょう。 また、産婦人科以外で診察を受けるときは、必ず妊娠中であることを伝えてください。 すでに産婦人科で処方された薬を飲んでいるときは、他科の医師に薬を飲んでいることを必ず伝えましょう。 ビタミン薬・ステロイド成分の含まれた塗り薬など 妊娠前は気軽に飲んでいたビタミン薬も、妊娠が判明したら服用には慎重になりましょう。 ビタミンの中でも脂溶性ビタミンであるビタミンAやDは、過剰に摂取すると胎内に蓄積され、赤ちゃんにトラブルが起こる可能性があるといわれています。 市販の総合ビタミン薬でも、ビタミンAやDが含まれるものは念のため妊娠4〜7週末は飲むのをやめ、それ以外の時期も用量を必ず守って飲むようにしましょう。 ビタミンBやCは水溶性のビタミンなので、過剰に飲んでも尿に混じって排はい泄せつされてしまうので問題はありません。 また、湿布薬や、ステロイドなどの成分が含まれた塗り薬、目薬などは、使う量も微量で、症状のある部分だけに作用する局所薬です。 用法・用量を守って使えば、含まれている成分がママの体内に吸収されて赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。 薬を飲むときの注意点 1)飲む前にかかりつけの医師に相談しましょう 妊娠中に病気になったら、自分の体の状態をよく理解しているかかりつけの産婦人科医にまず相談しましょう。 2)自分が納得するまで説明を受けましょう 処方された薬に対して、不安なことやわからないことがあるときは、納得するまで、医師から説明を受けましょう。 3)産婦人科で処方された薬はきちんと飲みましょう 産婦人科で処方された薬は、ママと赤ちゃんの健康のために必要な薬です。 自己判断で服用をやめないように。 4)1回に飲む量、1日に飲む回数を守りましょう 指示どおりに飲まないと、薬の効果が薄れたり、思わぬ副作用が現れる可能性もあるので注意が必要です。 5)妊娠がわかったら市販薬はなるべく飲まない 危険な副作用が起こることはほとんどありませんが、妊娠判明後は市販薬をなるべく飲まないようにしましょう。 うっかり妊娠初期に薬を飲んでしまった!なんてことがないように、妊娠判明から妊娠後期までの間、薬がどのように妊娠に影響を与えるのか知っておきましょう。 たばこ ママだけでなく、家族みんなで禁煙を たばこを吸うと、ニコチンの影響で血管の収縮が起こり、おなかの赤ちゃんとママを結ぶ胎盤を流れる血液の量が減るため、赤ちゃんに十分な酸素や栄養が届かなくなってしまいます。 また、たばこの煙に含まれる一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結びついてしまうと、本来、結ばれるはずの酸素と結合できなくなり、母子ともに低酸素状態になります。 たばこを吸う人が吐き出す主流煙より、たばこの燃えている部分から立ち上る副流煙のほうが、数十倍から数百倍もの高い濃度の有害物質が含まれています。 さらに、ニコチンやタールなどの有害物質も胎盤を通じて赤ちゃんに伝わって悪影響を及ぼします。 ママが喫煙者であるときは妊娠をきっかけに禁煙をするのはもちろんですが、ママがたばこを吸わなくても、パパや家族が喫煙するときは、たばこの害を伝えて禁煙してもらうようにしましょう。 禁煙を成功させるには、たばこを吸いたくなったら深呼吸してお茶を飲む、口寂しいときはシュガーレスガムをかむ、また、ウォーキングなど外に出て体を積極的に動かす、食後の一服が欲しくなる脂っこいメニューは避けるなどの方法があります。 周囲の人に禁煙宣言をして、チェックしてもらうのもいいでしょう。 カフェイン コーヒー・紅茶・日本茶の飲みすぎには注意を コーヒーなどに含まれるカフェインは、胎盤を通過して赤ちゃんの体に届きます。 おなかの赤ちゃんは、カフェインを分解するのに、大人より約20倍もの時間がかかるといわれています。 1日に1杯程度であれば問題はありませんが、妊娠中はカフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどの飲み物を選びましょう。 また、紅茶や日本茶にもカフェインが含まれているので、コーヒーと同じように飲みすぎには注意が必要です。 アルコール 妊娠中はアルコールの度数にかかわらず、禁酒を 妊娠中にかなりの量のアルコールを飲み続けると、赤ちゃんに発育障がいなどの影響が表れます。 具体的な量でいうと、ビールなら大びん3本以上、日本酒なら3合以上、ワインはグラス3杯以上を毎日飲み続けた場合とされています。 気分転換にたまにビールをコップ1杯程度なら……と思うママも多いと思いますが、妊娠中のストレスから、酒量が増えていく可能性も考えられます。 妊娠中は「おなかの赤ちゃんのために」と思って、飲酒はやめるようにしましょう。 妊娠検査薬で陽性反応が出ました。 検査前、生理予定日より1週間ほど遅れているころに友だちと飲みに行きました。 忘年会シーズンで、普段は飲まないような強いお酒やシャンパンなどたくさん飲んでしまいました。 妊娠初期は脳や神経などの形成時期と聞きとても心配です。 赤ちゃんに何か悪い影響はありますか? 3日ほど前から吐きけがしてもしかしてと思い病院に行ったら4週でした。 こんなに早くつわりって来るんですか?上の子2人のときもひどいつわりで仕事を辞めました。 再婚して42才での妊娠です。 約20年ぶりの妊娠となりましたが、つわりはやっぱりだんだんひどくなるのでしょうか。 そして高齢出産となるので、大丈夫か心配です。 今妊娠4週です。 介護の仕事なので夜勤があります(月6回ほど)。 つわりと闘いながら勤務していますが、控えたほうがいいでしょうか? 妊娠が判明したのが37日のとき。 時にはワイン1本飲んでいました。 すごく後悔しています。 おなかの子に影響あると考えるとすごく不安です。 いろいろ検索してみると、やはり大事な時期に取り返しのつかないことをしているのだと、怖くてたまりません。 妊娠判明前後あたりから肌の乾燥に悩んでます。 とくに胸のあたり全体がかゆくて、乳首や乳輪の皮がむけてます。 夜中とかにかきむしってる可能性もあるのですが、ブラやシャツに黄色い分泌物がついてることが多々あります。 健診はだいぶ先で、かなり込んでる婦人科に行ってるために先生と会話をあまりできずに終わってしまいます。 皮膚科を受診すべきでしょうか?•

次の

生理予定日に出血しても妊娠の可能性はある?まだ諦めなくていい?

妊娠 生理予定日

「妊娠しているのかどうか早く知りたい!」という気持ちから、生理予定日よりも前に妊娠検査薬を使ってしまう「フライング検査」。 やってみたい人や実際に試したことがある人も多いはず。 だけどこのフライング検査、正確な判定は出るの?? フライング検査の正確性や注意点、妊娠検査薬の知っておきたいメリット・デメリットなど、フライング検査について深掘りしていきます! 妊娠検査薬をフライングしたい!生理何日前からできる? 「妊娠検査薬は生理の何日前から使えるのか、その答えは 「ほとんどの妊娠検査薬は生理前の検査では正確な判定がでない」 です。 妊娠検査薬は 生理予定日から1週間後の使用をおすすめ していて、フライング検査は正確な判定が出ないという理由から、ほとんどのメーカーがおすすめしていません。 なぜおすすめできないのか、なぜ正しい判定がでないのか、それは妊娠検査薬の仕組みが関係しています。 どうやって判定しているの?妊娠検査薬の仕組みについて そもそも、なぜ妊娠検査薬に尿をかけただけで妊娠の判定できるのか、その仕組みを知らない人もいるかもしれませんね。 簡単に説明すると、妊娠したら女性の身体の中ではヒト絨毛性ゴナドトロピン(Human chorionic gonadotropin)通称・ hCG というホルモンが分泌され始めます。 hCGは血液や尿にも排出されるので、妊娠検査薬は尿の中にあるhCGで判定します。 hCGが含まれている:陽性反応(妊娠している)• hCGが含まれていない:陰性反応(妊娠していない) 陽性反応に必要なhCGホルモンの分泌量は 一般的な妊娠検査薬は 1ml中の尿に50mlU以上のhCGが含まれていたら陽性反応 になりますが、生理5日前(妊娠3週目)の1mlの尿に含まれるhCGの量は約20~50mlU。 化学流産とは、一度は妊娠したものの 何らかの原因で流産 してしまい、生理と同じような(もしくはそれ以下)の出血で体外に排出される 妊娠超初期の流産 のこと。 出血以外の症状がほとんどないため生理と間違われやすく、 多くの人が流産したことに気付きません。 もちろん病院に行く必要もなければ、処置も不要。 流産した記録も残りません。 フライング検査は早期に妊娠した喜びを味わえる一方で、化学流産を知るリスクもあります。 それを承知したうえで検査するよう心掛けてくださいね。 妊娠検査薬での陽性反応=妊娠確定ではない フライング検査で陽性反応が出た=妊娠が確定ではありません。 病院で診察を受け、 胎児の心臓が動いていることが確認(心拍確認)できて初めて妊娠が確定 します。 陽性反応が出たとしても、 心拍が確認できない場合は「流産」 と診断されます。 陽性反応が出て喜ぶ気持ちは充分理解できますが、「妊娠確定ではない」という気持ちを持っておくことも忘れないでくださいね。 フライング検査で陽性がでても陰性がでても参考程度に受け止め、生理予定日1週間後に再検査することをおすすめします! そして陽性がでたら病院も受診しましょうね。

次の