遊戯王 スタソク。 【遊戯王】デッキレシピ:1位 / 幻影オルフェゴール / テラバイト

【闇のゲーム】遊戯王locus~ガチとネタと時々ロマン~Season2 第一章 [ニコニコあっぷる]

遊戯王 スタソク

遊戯王新カテゴリー「Danger」が判明!見た目からして危険な匂いが・・・!? 遊戯王 最新情報コーナーです。 今回新しく海外の新パックから 《Realm of Danger! 》《Danger! Chupacabra! 》《Danger! Zone》《Danger! Nessie! 》《Danger!? Jackalope? 》《Danger! Bigfoot! 》が新しく判明する事となりました。 非常に面白い効果を持っており、直接攻撃や運要素に頼る効果が非常に魅力的なテーマになっていて、色々と既存のデッキでは考えられないような効果もあったり・・・そんなdangerデッキについて色々と判明した情報を見て行こうと思います。 今回判明した「Danger」カードまとめ! 今回判明したdangerは3枚でした。 《Realm of Danger! 《Danger! Chupacabra! 《Danger! Zone》• 《Danger! Nessie! 《Danger!? Jackalope? 《Danger! Bigfoot! 》 「どうやら前のフラゲ情報で見えたdangerというカードはサイバネティック・ホライゾンの新規カードだったみたいですわね」 「あぁなるほど。 これ危険生物をイメージしてるデッキなのか。 なんか聞きなれない変な生物もいるんだけど・・・ネッシー?」 「昔はネッシーって非常に話題になった生物なんですわよ」 《Realm of Danger! 》 Realm of Danger! フィールド魔法• :自分の「Danger! 」モンスターは特殊召喚したターン、相手のカード効果の対象にならない。 :1ターンに1度、自分フィールドの「Danger!」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターとこのカードが表側表示で存在する限り、対象のモンスターは直接攻撃でき、相手は対象のモンスターを攻撃対象にできない。 (この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる。 ) 《Danger! Chupacabra! 》 Danger! Chupacabra! Danger! Chupacabra! 相手は自分の手札からランダムにカードを選択し、自分はそのカードを捨てる。 捨てられたカードが「Danger! Chupacabra! 」ではない場合、手札からこのカードを特殊召喚し、自分は1枚ドローする。 捨てられたカードが「Danger! Chupacabra! 」だった場合、自分の墓地の「Danger! Chupacabra! 」以外の「DANGER! 」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 《Danger! Zone》 Danger! Zone Danger! Zone 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 :3枚ドローし、「Danger! 」カードを含む2枚を捨てる。 「Danger! 」カードが手札にない場合、手札を全て見せてデッキに戻しシャッフルする。 《Danger!? Jackalope? 》 DANGER!? JACKALOPE! DANGER!? JACKALOPE! :手札のこのカードを見せて発動できる。 相手は自分の手札からランダムにカードを選択し、自分はそのカードを捨てる。 捨てられたカードが「DANGER!? JACKALOPE! 」ではない場合、手札からこのカードを特殊召喚し、自分は1枚ドローする。 捨てられたカードが「DANGER!? JACKALOPE! 」だった場合、自分のデッキから「DANGERACKALOPE! 」以外の「DANGER! 」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 《Danger! Nessie! 》 DANGER! NESSIE! DANGER! NESSIE! :手札のこのカードを見せて発動できる。 相手は自分の手札からランダムにカードを選択し、自分はそのカードを捨てる。 捨てられたカードが「DANGER! NESSIE! 」ではない場合、手札からこのカードを特殊召喚し、自分は1枚ドローする。 捨てられたカードが「DANGER! NESSIE! 」だった場合、「DANGER! NESSIE! 」以外の「DANGER! 」カード1枚をデッキから手札に加える。 《Danger! Bigfoot! 》 Danger! Bigfoot! Danger! Bigfoot! :手札のカードを見せて発動できる。 相手は自分の手札からランダムにカードを選択し、自分はそのカードを捨てる。 捨てられたカードが「DANGER! BIGFOOT! 」ではない場合、手札からこのカードを特殊召喚し、自分は1枚ドローする。 捨てられたカードが「DANGER! BIGFOOT! 」だった場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 Danger! Tsuchinoko? 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「Danger! Tsuchinoko? 」以外だった場合、手札から「Danger! Tsuchinoko? 」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。 このカードを墓地から特殊召喚する。 Danger! Dogman! 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「Danger! Dogman! 」以外だった場合、手札から「Danger! Dogman! 」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。 ターン終了時まで、相手フィールドの表側表示モンスターの攻撃力を1000ダウンする。 Danger! Mothman! 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「Danger! Mothman! 」以外だった場合、手札から「Danger! Mothman! 」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。 お互いのプレイヤーはデッキから1枚ドローする。 その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで捨てる。 Danger! 」モンスター1体とフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのカードを手札に戻す。 」モンスター1体を捨て発動できる。 このカードをデッキの一番下に置き、1枚ドローする。 Second Expedition into Danger! 」モンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターは攻撃力・守備力は500アップする。 」モンスター1体を捨て発動する。 このカードをデッキの一番下に置き、1枚ドローする。 「Danger」以外の遊戯王 海外の新規情報まとめ hukusyunyu.

次の

【遊戯王】デッキレシピ:1位 / 幻影オルフェゴール / テラバイト

遊戯王 スタソク

すべてのカテゴリ• 遊戯王• 遊戯王海外版• デュエルマスターズ• ポケモンカード• ヴァンガード• ヴァイスシュヴァルツ• マジック・ザ・ギャザリング• WIXOSS-ウィクロス-• ゼクスZ/X• バトルスピリッツ• バディファイト• ドラゴンボールヒーローズ• ファイアーエムブレム サイファ• ラブライブ!スクコレ• 艦これアーケード• ガンダムクロスウォー• ラクエンロジック• ChaosTCG• アンジュ・ヴィエルジュ• ラスト・クロニクル• WCCF• プレシャスメモリーズ• Reバース for you• 遊戯王ラッシュデュエル• その他カード• スリーブ• サプライ• 店舗オリジナル.

次の

WCCF 白15~16☆DF)ソクラティス・パパスタソプロス

遊戯王 スタソク

この記事では「Danger! 」について解説していきます。 *画像はクリックするとAmazon商品ページへ飛びます。 〇Danger! の特徴 「Danger! 」は海外版SOUL FUSIONで登場した新テーマです。 このテーマのモンスターは以下の共通効果を持っています。 相手は自分の手札をランダムに一枚選んで捨てる。 2 :このカードが手札から捨てられた場合、発動できる。 「固有効果」 なかなかトリッキーな展開手段を持っていますね。 1 の効果を発動する前に手札の魔法・罠を伏せるなどして、手札をDanger! モンスターのみにできれば、 1 と 2 の効果を同時に発動させることも狙えます。 〇Danger! モンスターの効果紹介 続いてDanger! モンスターそれぞれが固有に持つ 2 の効果を見ていきます。 ・Danger!? Jackalope? 手札から捨てられた場合 以下省略します 、同名カード以外のDanger! モンスターを守備表示でデッキから特殊召喚します。 他のDanger! モンスターの 1 の効果で捨てられた場合、アドバンテージを稼ぎながら、場にDanger! モンスターを二体並べられる展開要因です。 ・Danger! ?Tsuchinoko? 自身を墓地から特殊召喚します。 Danger! Jackalopo? と同じくアドバンテージを稼ぐ展開要因になります。 ・Danger! Chupacabra! 同名カード以外のDanger! モンスターを墓地から特殊召喚します。 上記二つと比較すると、墓地にDanger! モンスターを用意するひつようがありますが、表示形式を問わず大型モンスターを出せる点で差別化できます。 ・Danger! Mothman! お互いに一枚ドローし、その後手札から一枚捨てます。 アドバンテージを稼げない効果ですが、手札にDanger! モンスターが存在すれば、そのDanger! モンスターの 2 の効果に繋ぐことで、さらなる展開も期待できます。 ・Danger! Dogman! ターン終了時まで、相手モンスターの攻撃力を1000ダウンさせます。 Danger! モンスターはそこまで打点が高くないため、純構築では割と重要な効果かもしれません。 ・Danger! Nessie! 同名カード以外のDanger! カードをデッキから手札に加えます。 そのときどきの状況に対応できる上に、アドバンテージを稼げるため基本的に3枚採用されるでしょう。 ・Danger! Bigfoot! 表側表示のカード一枚を対象にとって破壊します。 汎用除去ですね。 ・Danger! Thunderbird! 裏側表示のカード一枚を対象にとって破壊します。 汎用除去その2。 〇相性の良いカード群 ・ダークグレファー 手札のレベル5闇属性モンスターを捨てることで、手札から特殊召喚できます。 さらに、手札の闇属性モンスターを捨てることで、デッキから闇属性モンスターを墓地に送れます。 手札から捨てられた場合に効果を発動させるDanger! モンスターとは非常に相性が良いです。 ではリンク召喚が容易です。 また、トロイメアリンクモンスターは手札を一枚捨てることで、それぞれの固有効果を発動します。 そのため、手札のDanger! モンスターの効果を発動させるトリガーの役目を持たせられます。 さらに、効果使用時に相互リンク状態である場合には1ドローする効果も追加されます。 他テーマ以上に手札枚数が展開力に直結するDanger! モンスターにとって、この追加効果は重要かもしれません。 ・暗黒界モンスター群 暗黒界モンスターは効果で手札から捨てられた場合にそれぞれの固有効果を発動します。 すなわち、Danger! モンスターが持つ相手にこちらの手札を捨てさせる 1 の効果は暗黒界モンスターの効果を発動させるトリガーになりますので、親和性の高いテーマです。 ・手札抹殺 お互いに手札を全て捨てて、捨てた枚数だけドローします。 手札に存在する全てのDanger! モンスターの効果を発動できます。 暗黒界デッキでもよく使われていましたね と言うより必須。 アドバンテージを稼ぎながら手札交換を行えるのは強力です。 ・手札をコストとして捨てるカード全般 効果で手札から捨てられた場合にしか効果を発動できなかった 暗黒界モンスターに比べて、 Danger! モンスターはコストで捨てられても効果は発動するため、発動条件が緩くなっています。 ・王家の生贄 お互いの手札を確認し、モンスターカードを全て墓地へ捨てます。 これだけでも強力ですが、さらにDanger! モンスターの効果トリガーになります。 しかし、このカードの発動条件にある「王家の眠る谷ーネクロバレー」は墓地からカードを移動する効果を無効化するため、墓地から特殊召喚する「Danger!? Tsuchinoko? 」、「Danger! Chupacabra!」の効果が使用できないことには注意しましょう。 「王家の生贄」 を採用する場合、デッキ内容は必然的に「墓守」テーマとの混合型構築になります。 「王家の眠る谷ーネクロバレー」は強力な墓地メタ効果を持つため、環境よっては十分あり得ると思います。 〇展開例 最後にDanger! モンスターを取り入れた剛鬼トロイメアのモンスター展開例を紹介します。 最終盤面は次のような状況になります。 Nessie! 」と 「ダークグレファー」の二枚です。 以下に展開手順を示します。 Nessie! Danger! Nessie! ef Danger! Chupacabra!サーチ ダークグレファーef コスト:Danger! Chupacabra! ディアボリックガイ 以下ディアボ 墓地へ Danger! Chupacabra!ef Danger! Nessie! ss 墓地のディアボA ef デッキからディアボ B ss この段階で、召喚を残したまま、ダークグレファー、Danger! Nessie! 、ディアボの三体がフィールドに存在します。 以下、続きます。 聖騎士の冥想イゾルデ 以下イゾルデ ss 素材:ダークグレファー+ディアボB イゾルデefネクロガードナーサーチ イゾルデef コスト:デッキの装備魔法一枚 剛鬼マンジロック 以下マンジ ss リンクリボーss 素材:マンジ マンジef剛鬼スープレックス 以下スープレ サーチ スープレns トロイメアフェニックスss 素材:Danger! Nessie! +スープレ スープレef剛鬼再戦サーチ この段階で、フィールドにイゾルデ、トロイメアフェニックス、リンクリボー 手札にネクロガードナー、剛鬼再戦が存在します。 始めに召喚権を使わずに戦士族を二体含む三体を展開することができたため、イゾルデを経由することで、剛鬼モンスターを二体墓地に送りつつ剛鬼再戦をサーチすることができます。 以下、最後まで展開します。 トライゲートウィザード、トロイメアマーメイド、トロイメアフェニックス、トロイメアケルベロスが相互リンクし、強固な盤面となってます。 相手場にイヴリースが存在するため、相手はリンクモンスター以外特殊召喚できません。 また、ネクロガードナーが墓地に存在するため、一度だけ戦闘を無効にできます。 〇最後に Danger! の紹介は以上です。 純構築でも十分面白そうですが、 「手札から捨てられた場合」に効果が発動するという性質上、親和性の高いテーマが多いため、様々なデッキタイプを見ることができそうですね。 来日が楽しみです。 」に関する有用な情報を提供できていたなら幸いです。 big-bigtree.

次の