ローブシン 育成 論。 【ポケモン剣盾】ローブシンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ローブシンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ローブシン 育成 論

攻撃技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 遅い素早さを補える。 ローブシンには必須級の技。 高い攻撃と耐久を活かせる。 「てつのこぶし」も適用される。 威力も命中も申し分ないが、とどめのマッハパンチの威力が下がる。 デメリットはないようなものだが、命中が不安。 「てつのこぶし」も適用される。 「みがわり」と合わせれば、普通に使える。 「てつのこぶし」も適用される。 攻撃しながら火力を上げられる。 てつのこぶしも適用されるため威力も馬鹿にできない。 格闘と合わせると等倍範囲がぐっと広がる。 格闘技と相性が良い。 4倍を狙うならこちらでも十分。 「ちからずく」なら威力も出る。 フェアリー対策。 ドラゴン対策。 ピンポイント、他はエアームドやくらい。 素早さをわざと下げて、後手で攻撃すると良い。 火傷対策。 または、自ら火炎球を持たして等倍目的で使う。 物理との殴り合いで有利になる。 「こんじょう」警戒で状態異常技が飛んで来にくい。 変化技 タイプ 命中 備考 回復できるドレインパンチと相性が良い。 物理受け対策 きあいパンチや交代用に。 また、火炎球が発動してから攻撃に移れる。 火炎球発動用。 ドレインパンチ型 特性:こんじょうorてつのこぶし 性格:いじっぱりorゆうかん 努力値:A252・残りHD 持ち物:こだわりハチマキorかえんだまorいのちのたま 技 技1:ドレインパンチ 技2:マッハパンチ 技3:はたきおとす 技4:選択 選択技:岩技、どくづき、からげんき、ビルドアップ、どくどく 相性の良いポケモン 、、 ドレインパンチで回復しながら攻撃する。 攻撃力を強化すれば回復量も上がるため、基本的には火力UPアイテム推奨。 飛行やフェアリータイプ対策の技は覚えるが、遅いため相手の攻撃を先に食らって落とされてしまうため、交代読みでしか使えず、使い勝手が悪い。 そのため無理して覚えらせる必要はない。 HPを下げた方がドレインパンチの回復の割合が大きくなるため、できる限りDに振った方が回復効率は良くなる。 ちからずく型 特性:ちからずく 性格:いじっぱりorゆうかん 努力値:A252・残りH 持ち物:いのちのたま 技 技1:マッハパンチ 技2:れいとうパンチ 技3:いわなだれ 技4:選択 選択技:どくづき、はたきおとす、ばかぢから、かみなりパンチ 特性「ちからずく」を活かしたアタッカー型。 「ちからずく」が適用される技は「いのちのたま」の反動を受けない。 適用技が少ないため、「れいとうパンチ」と「いわなだれ」はほぼ確定となる。 他は「どくづき」や「かみなりパンチ」ぐらい。 誰を仮想的にするかによって技を決める必要があるため、パーティと相談して技を決めよう。 きあいパンチ型 特性:てつのこぶしorこんじょう 性格:ゆうかん 努力値:A252・残りH 持ち物:いのちのたまorくろおびorかえんだま 技 技1:マッハパンチ 技2:きあいパンチ 技3:はたきおとす 技4:みがわり みがわりを盾にきあいパンチをする型。 どのくらいの威力かと言うと ゆうかんA252・いのちのたま・てつのこぶし・きあいパンチで計算• 無振りファイアロー 100〜117. B特化カバルドン 69. 7〜82. 半減でもファイアローくらいの耐久なら1発なため、相手がゴーストタイプでない限りは「きあいパンチ」をしておけば良い。 「こんじょう+火炎球」より「てつのこぶし+いのちのたま」の方が僅かに火力が出るが、「はたきおとす」の威力上昇や状態異常に掛からない点、優先度の高い道具を使わない点で「こんじょう」が勝る。

次の

ローブシンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ローブシン 育成 論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるローブシンの育成論と対策について掲載しています。 ローブシンのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 5倍になる。 火傷による攻撃ダウンを無効化する ちからずく 技の追加効果が出ない代わりにその技の威力を1. 3倍する てつのこぶし パンチ技の威力が1. 2倍になる ローブシンの特徴 非常に高い攻撃力と特性のシナジーで高火力を実現 ローブシンは素の攻撃が非常に高く、また特性てつのこぶしやこんじょう、ちからづくはローブシンの火力を大きく上げる効果を持つ特性であるため、 これらのシナジーによって相手に高火力の攻撃を叩き込むことができるのが大きな特徴と言えます。 覚える攻撃技が優秀 かくとうタイプ一致の先制技であるマッハパンチや回復効果もあるドレインパンチ、弱点を突ける範囲を広げる3色パンチなど、 覚える技の範囲や効果が非常に優秀である点もローブシンの強みです。 2倍に 技範囲の優秀な3色パンチを覚え、さらにマッハパンチやドレインパンチなどの有用なパンチ技も持つローブシンの強みを、特性てつのこぶしで パンチ技の威力を1. 2倍にすることでより際立たせた型になります。 さらに弱点を突いた時に与えるダメージを1. 2倍にするたつじんのおびを持たせることで、その優秀な技範囲を最大限に活かすことができます。 5倍になり、さらにやけど状態の攻撃半減を受けない効果があります。 ローブシンにかえんだまを持たせて 能動的にやけど状態にすることで、 他の状態異常になることを防ぐとともに、火力を上げる型です。 ただし、かえんだまはターンの終わりに効果が発動するので、ローブシンを出したターン中は特性こんじょうが発動せず、攻撃1. 5倍の恩恵が受けられないことは留意しておく必要があります。 また、かえんだまが発動するまでに受けた状態異常は防ぐことができない点も注意してください。 ギャラドス、アーマーガア、ドヒドイデ対策にもなる れいとうパンチ ・で習得 ・主にドラゴンタイプやひこうタイプに有効 ほのおのパンチ ・で習得 ・主にナットレイを相手にする場合に有効 しっぺがえし ・で習得 ・自分が後攻の場合に威力が100になる。 素早さの低いローブシンと相性が良い じしん ・で習得 ・威力が高く命中も安定 ストーンエッジ ・Lvで習得 ・威力は高いが命中に不安がある なげつける ・で習得 ・かえんだまこんじょう型にて採用。 相手の物理アタッカーをやけど状態にして機能停止させられる からげんき ・で習得 ・かえんだまこんじょう型にて採用。 やけど状態になることで威力140の技として使用できる中 ビルドアップ ・Lvで習得 ・攻撃と防御が1段階ずつあがる ・ドレインパンチとの相性が良い ローブシンのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 攻撃範囲の広いローブシンと相性が良い とくしゅ主体のポケモンにも強く出ることができる 耐久が高めのローブシンと相性が良い こんじょう型で採用 ローブシンの対策 注意点 ローブシンは 攻撃力が非常に高いため、防御の低いポケモンでは技範囲が優秀なローブシンに弱点を突かれて一撃で沈められてしまうので注意しましょう。 また、 先制技のマッハパンチはほぼ確実に採用されているので、きあいのタスキ持ちを選出した場合などはローブシンのマッハパンチを警戒した立ち回りを心がける必要があります。 特性こんじょうが採用されている場合は やけどで機能停止させられない点も要注意です。 対策方法 ひこう・フェアリー・エスパーで弱点を突く ローブシンの物理防御は高めなものの 特防は低く、特殊アタッカーとの対面では殴り勝てないことがあります。 一例として、かくとうタイプに対しタイプ相性的に有利を取れるや等で弱点を突いていくことが対策として有効です。 また、は物理アタッカーですが、特性ばけのかわとタイプ相性によってローブシンがかなりの不利を背負うので対策としておすすめです。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

ローブシン育成論 : 環境に1発K.O.!根性ビルドでハイパワーなローブシン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ローブシン 育成 論

全国 No. 534 イッシュ No. 040 ローブシン 分類 : きんこつポケモン タイプ : かくとう 高さ : 1. 4 m 重さ : 87. 5倍になる。 ちからずく わざの追加効果が発動しない代わりに威力が1. 3倍になる。 隠れ特性 夢特性 てつのこぶし パンチを使うわざの威力が1. 2倍になる。 ローブシンのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ローブシンの特徴 【良いところ】• 攻撃種族値が高く、物理エースとして期待できます。 火力UPアイテムと合わせれば、格闘技は半減されても強力です。 岩技に耐性があり、岩タイプに対して繰り出せます。 「じしん」を撃たれるリスクはありますが、ドサイドンに繰り出すこともできます。 こちらの格闘技ではバンギラスの4倍弱点を突くことができます。 特性「こんじょう」を持ち、相手の状態異常技読みでの繰り出しができます。 ナットレイの「でんじは」などに繰り出し、火力UPを狙うことができます。 「こんじょう」によりやけどに強いことも特徴です。 通常の物理エースにとって「おにび」を受けることは致命的ですが、ローブシンはやけどになることで逆に決定力を強化できます。 【悪いところ】• メジャーなタイプに対する耐性が少なく交代出ししにくいです。 繰り出しにくいポケモンなので、できるだけ止まりにくくしたいところです。 しかし素早さが遅く、素の素早さによる全抜きは厳しいです。 覚えられる格闘技が「アームハンマー」「ばかぢから」と自分の能力を下げる追加効果のあるものであり、居座りにくいことも全抜きに向かない理由です。 格闘タイプのエースとしては、他にヘラクロスが挙げられます。 ヘラクロスは地面技に耐性があり、「じしん」読みでの交代出しができます。 メジャーな「じしん」に繰り出せるので、格闘タイプの中では比較的繰り出しやすいポケモンです。 単に「こだわりハチマキ」を持たせて一発撃ち逃げ仕様にするなら、ローブシンよりも繰り出すチャンスの多いヘラクロスの方が向いています。 素早さが遅い単格闘タイプのエースとしては、他にカイリキーやハリテヤマが挙げられます。 対してローブシンは特別な特性・技を持たず、カイリキーやハリテヤマと比べて強い採用理由がありません。 「こんじょう」を選択すれば、相手の状態異常技読みで繰り出して火力UPができます。 素早さはバンギラス抜きに調整したいところです。 バンギラスだけでなく、ドサイドンや50~60族の激戦区を抜きやすくなります。 無振りのバンギラスが多い環境なら調整で抜けますが、高めの素早さ調整が多い環境ならバンギラス抜きは諦めます。 残りは耐久に振ります。 HPor防御に振ることになりますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。 HPに振ると、物理相手に限らず特殊相手との撃ち合いにも備えることができます。 しかし砂嵐で削られるHPも増えるため、「すなおこし」バンギラスを意識した場合HPが増えた意味が薄まります。 防御に振ると、物理相手からの攻撃のダメージを減らすことができます。 またHPを増やさないため、砂嵐などの定数ダメージで無駄に削られません。 こだわりハチマキ : 限りある攻撃回数で最大のダメージを相手に与えます。 こぶしのプレート : 技が縛られないため小回りが効きます。 いのちのたま : 小回りが効く上にメインウェポン以外も強化できますが、折角の物理耐久を削ってしまいます。 どくどくだま : 「こんじょう」の火力UPは魅力ですが、折角の物理耐久を削ってしまいます。 「こんじょう」を発動させるなら、できるだけ相手の「でんじは」「へびにらみ」などへの繰り出しを狙いたいところです。 アームハンマー : メインウェポンです。 使うと素早さが下がってしまいますが、元から遅いのであまり気になりません。 ばかぢから : メインウェポンです。 アームハンマーよりも高威力です。 使うと攻撃・防御が下がってしまい、素早い相手との撃ち合いに弱くなります。 ストーンエッジ : ボーマンダやギャラドスなどの飛行タイプへのです。 シャンデラの弱点を突くこともできます。 マッハパンチ : タイプ一致の先制技です。 攻撃力が高いので、場合によってはバトル終盤の抜きに期待できることもあります。 しっぺがえし : ゴーストタイプへの牽制技ですが、BWでは交代読みの使用で威力が2倍になりません。 交代読みでは等倍「ストーンエッジ」と同威力となるので、撃ち合い専用です。 みがわり : 交代読みで使い、交代先の相手を確認してから攻撃技を選択できます。 素早さが遅くピンポイント読みで流されやすいローブシンと相性が良いですが、HPを削るため耐久は落ちてしまいます。 じしん : メイン格闘技と攻撃範囲が被るため、相性は微妙です。 役割関係.

次の