静岡 学園。 高校サッカー決勝の明暗を分けたハーフタイム 静岡学園に引き継がれた井田イズム(元川悦子)

静岡学園・松村、徹底マークもドリブルが止まらん「自分のところで相手を引きつけようと」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

静岡 学園

学校からのお知らせ スクールライフ 部活動 入試情報 SGTレポート 静学からの挑戦状• 学校からのお知らせ• 静岡学園から最新情報をお伝えします。 スクールライフ• 静岡学園からスクールライフをお伝えします。 部活動• 静岡学園から部活動情報をお伝えします。 入試情報• 静岡学園から入試情報をお伝えします。 SGTレポート• 静岡学園からSGTレポートをお伝えします。 静学からの挑戦状• 静学からの挑戦状です。

次の

静岡学園高校(静岡県)の情報(偏差値・口コミなど)

静岡 学園

特徴 [ ] 校訓• 誠実 - 質素、清楚、気品ある人格の形成をめざす• 愛敬 - 学、友、和を愛し、知性豊かな人間像をめざす• 剛勇 - 剛、健、協に富んだ機能的な人材の完成をめざす 孝友三心• 一、服する心 親の気持ちに応える。 先生の指導に従う。 先輩のことばに耳を傾ける。 道理に服する。 二、感謝する心 親の恩、師の恩、友のありがたさをしみじみと感ずる。 生命を支える一粒の米、一杯の水にも感謝の念を持つ。 三、全うする心 どんな小さなこともなげやりにしない。 どんな困難にあっても屈しない。 責任を持って最後まで頑張る。 信頼できる人になる。 孝友精神の表現• 一、定められた髪形によって心身の清純を保つ。 二、服装を端正にし、言動を慎む。 三、礼儀を重んじ、挨拶を励行する。 スクールカラー• 茶色(2011年度より) 制服• 男子 - 詰襟標準学生服(黒)夏は半袖(ポケットにSGマークが書かれている)• 沿革 [ ] 駿河区聖一色にある校址碑(2016年2月)• (38年) - 静岡市聖一色226-3の校地に鉄骨2階建校舎120坪を新築し、静岡学園大学予備校商業科を設立(修業年限2ヶ年)• (昭和39年) - 静岡高等実務学校として独立し、牧野明学校長に就任(修業年限を3ヶ年に改正)• 1965年(昭和40年) - 高等学校新設を計画し、6000坪を目標とする校地の拡張に併行して、鉄筋コンクリート3階建320坪の第1期工事に着手• 1965年(昭和40年) - 学校法人静岡学園より校地、校舎その他の基本財産の寄附を受けて 静岡学園高等学校を設立し、学校長に牧野賢一就任• 1965年(昭和40年) - 学校法人第二静岡学園寄付行為認可、静岡学園高等学校設置認可• (昭和41年) - 静岡学園高等学校開校。 全寮制普通科45名(1クラス)商業科185名(4クラス)開設• 1966年(昭和41年) - 静岡学園高等学校入学式を行う• (昭和42年)4月 - 校旗・校歌の制定式を駿府会館において挙行• 1967年(昭和42年)12月 - 静岡学園創立15周年記念式を駿府会館にて挙行(静岡学園大学予備校、同草薙幼稚園と共催)• 1970年(昭和45年)10月 - 学校長牧野賢一、喜寿の祝賀会を開催• 1970年(昭和45年) - 開校5周年記念式を挙行• (昭和46年)4月 - 静岡学園高等学校に理数科(1クラス)新設• 1971年(昭和46年)7月 - に優勝。 同年8月(甲子園球場)に出場、準々決勝に進出• 1975年(昭和50年)11月 - 静岡学園創立20周年記念・静岡学園高校10周年記念式挙行• (昭和51年)1月 - 初優勝。 準優勝• (昭和52年) - 静岡学園中学校設置認可• (昭和53年)4月1日 - 静岡学園中学校開校• (7年)1月 - 優勝• (平成21年)4月 - 葵区東鷹匠町への移転概要・建設計画を住民説明会で公表。 静岡県議会を経て現在地への移転が決定• 2009年(平成21年)8月 - 第40回優勝• (平成23年)4月 - 法人名を学校法人新静岡学園に変更。 現在地に移転。 教養科学科設置• (平成26年)12月 - 優勝• (平成27年)1月 - ベスト8(4年ぶりの全国大会)• ()1月 - 優勝(24年ぶり2度目) 部活動 [ ] サッカー部 [ ] 部は、個人技をベースとしたショートパスをつなぐスタイルが伝統となっている。 全国初登場となった1976年のではその独特なスタイルが注目を集め、初出場ながら準優勝。 プロの監督として、が1972年から2008年まで指導していた。 1995年のでは全国制覇(との両校優勝)を達成した。 には準優勝。 また、には中学にもサッカー部が作られ、U-14東海大会優勝、U-14全国大会3位などの成績をおさめている。 にはで優勝し、で行われたに出場した。 にはで優勝した。 これまで長い間、高校総体(インターハイ)への出場は叶わなかったが2010年沖縄大会に総体初出場。 翌2011年大会も連続で出場を決め、決勝まで進出し準優勝を成し遂げた。 2020年、令和最初の第98回全国高等学校サッカー選手権大会にて青森県代表のを相手に前半2点の先制を許すも前半アディショナルタイムに1点、後半に2点を取り返し逆転し、3-2で24年ぶりに静岡県勢として全国制覇を果たした。 この優勝は、第74回大会での鹿児島実業高等学校との両校優勝より2度目で、静岡学園としては初の単独優勝であった。 事故・訴訟 [ ] 2018年3月16日、男子2年生体操部員が吊り輪の練習中、セーフティマットに額から落下、外傷性頚椎損傷を負い四肢麻痺や排尿便障害の後遺症が残った。 2020年5月20日、被害元生徒の19歳男性と家族が学校側が安全配慮義務を怠ったとして学校法人静岡学園に慰謝料や介護費用など約4億2千万円の損害賠償を求め、静岡地方裁判所に提訴。 アクセス [ ]• 下車 徒歩8分• (格闘家)• (DJ、ミュージシャン)• (俳優、アーティスト)• (俳優)• - プロ(・所属):卒業• (バスケットボール選手)• (歌手)• (元)• (柔道家)• (お笑い芸人) 脚注 [ ] [].

次の

<電子号外>静岡学園日本一 全国高校サッカー|静岡新聞アットエス

静岡 学園

静岡学園が3-2で逆転勝ちし、24年ぶり2回目の優勝を飾った。 00年度、01年度の国見高 長崎 以来、史上10度目 通算9校目 の選手権連覇を懸けた決勝戦。 4-2-3-1システムのGKは 3年 で4バックは右SB 2年 、CB 3年 、U-17日本代表CB 2年 、左SB 3年。 中盤は横浜FC内定のMF 3年 とU-16日本代表MF 1年 のダブルボランチで右SH後藤健太 3年 、左SH 3年 、トップ下が浦和内定のU-18日本代表MF主将 3年。 1トップは 3年 が務めた。 一方、静岡学園は今大会、5試合で16得点無失点と盤石の勝ち上がり。 24年ぶりの優勝、同校にとって初の単独優勝へ前進してきた。 4-2-3-1システムのGKは 2年 で右SB 2年 、CB主将 3年 、CB 3年 、左SB 3年。 中盤は 3年 と 3年 のダブルボランチでトップ下が 3年。 右SHは鹿島内定のU-18日本代表MF 3年 、左SHは 3年 で1トップは今大会初先発の 2年 が務めた。 序盤は静岡学園がボールを握って試合を進めようとするが、青森山田が得意のセットプレーから先制点を奪う。 前半11分、左中間でFKを獲得すると、古宿が右足でゴール方向へ向かうボールを蹴り込む。 これに飛び込んだ藤原が頭でゴールへ流し込んだ。 先制された静岡学園は後方から丁寧にボールを繋ぐ。 18分に井堀がワンツーで局面を破り、加納が右足シュート。 22分には中谷の攻撃参加から再び加納がシュートへ持ち込んだ。 だが、前半は強固な守備ブロックを作って対応する青森山田の前にパスミスを連発。 青森山田はセカンドボールを拾うと、前線の田中、武田が確実に収めて攻撃を展開する。 主導権を握って押し込んだ青森山田は内田のロングスローや、25分頃の4連続CKなどで静岡学園にプレッシャーをかける。 そして32分、田中が敵陣で相手DF阿部からインターセプト。 そのまま前進すると、斜めのランニングでPAへ飛び出した武田へスルーパスを通す。 そして、左中間で縦へ持ち込んだ武田がGKに倒されてPKを獲得。 このPKを武田が左足で右隅に決めて2-0とした。 2点ビハインドとなった静岡学園は、小柄な浅倉が青森山田DF陣に対して奮闘。 また、中谷が積極的にボールに絡み、相手の中盤のラインを突破するなど反撃する。 そして前半アディショナルタイム、井堀が右サイド後方からFKを入れると、最後は青森山田の小さなクリアに反応した中谷が、右足シュートをゴール左隅に突き刺して1点差とした。 静岡学園は後半開始から藤田に代えてMF 3年 を左サイドに投入。 自陣からボールを繋ぎながらジワリジワリと前進していく。 そして、松村の突破から浅倉がシュートを狙うなど相手ゴールを脅かす。 青森山田も武田が中盤でテクニックを発揮し、サイドチェンジなどから追加点を狙う。 だが、次の1点を奪ったのは静岡学園の方だった。 16分、左サイドでのポゼッションから草柳がカットイン。 そしてDFを背負った加納へボールを預ける。 すると、加納は反転から左足一閃。 左中間から放たれた一撃はゴール右隅に突き刺さり、同点となった。 青森山田は26分、浦川に代えてMF 3年 を、31分には後藤に代えてMF 2年 をピッチへ送り出す。 互いにセットプレーでゴール前のシーンを作るが、両守備陣が集中した守りで決定打を打たせない。 そして、後半40分、静岡学園が逆転に成功する。 セットプレーの流れから、左サイドで小山がFKを獲得。 これを井堀が右足でゴール方向に入れると、ファーサイドの中谷が豪快ヘッドで勝ち越し弾をゴールに突き刺した。 青森山田は内田に代えてDF 3年 、松木に代えてFW 3年 を投入。 鈴木のロングスローなどで反撃するが、静岡学園は野知や阿部、中谷、西谷、田邉らが執念の守りでゴールを許さない。 56,025人の大観衆が見守る中で開催された激闘は静岡学園が3-2で勝利。 低迷の続いていたサッカー王国・静岡に24年ぶりとなる選手権タイトルをもたらした。 取材・文 吉田太郎.

次の