山崎 パン まつり。 2020年ヤマザキ春のパンまつりの期間と必要点数は?応募方法まとめ

ヤマザキ春のパンまつり

山崎 パン まつり

【山崎製パン】ヤマザキ春のパンまつりは、業績に貢献しているのかを決算書から調べてみる ふと、思った思いつき企画で、春のパン祭りについて考えてみる 2月と言えばヤマザキ春のパンまつり! ということで、今回は春のパン祭りが業績に影響をどれだけ与えているのかを考えてみます。 個人的には、春のパン祭りだから山崎製パンをたくさん買うので、業績に影響があると思って調べます。 使用するのは山崎製パン(証券コード2212)の決算短信です。 2020年の春のパン祭りのお皿も、最後に動画で紹介しています。 結論:あんまり貢献していないのかも 春のパン祭りとは 既にご存知の方ばかりでしょうが、春のパン祭りとは山崎製パンが毎年行っている企画で、山崎製パンのパッケージにシールが貼ってあって、それを集めるというものです。 2020年でなんと40年の歴史があるようです。 25点分(年によって微妙に変わることもある)集めると、食器が必ず貰えます。 私は社会人になってから、この春のパン祭りにハマってほぼ毎年集めています。 今年はダブルソフトが2. 5点分にダウングレードという、悲しい事件もありましたが、それでも25点分は簡単に集まりそうです。 (少なくとも自分はこの季節は、山崎製パンのパンをたくさん買います。 ) 決算短信から確認 山崎製パンは上場企業なので、財務諸表(PLやBS)をHPに公開しています。 今回は、4年分のPLを見て、その期間の売上が伸びているかをチェックしてみます。 山崎製パンは12月が決算月なので、4半期毎の開示のため、下記のような単位となります。 1~3月• 4~6月• 7~9月• 10~12月 実際の開示は累計期間なので、第2四半期の発表では1月~6月の数値として出ています。 そこはエクセルなどで、差額を計算する必要があります。 また山崎製パンは連結決算であり、不二家やヴィ・ド・フランスなどが子会社として該当します。 この子会社の数値と山崎製パン単体の数値が、合算されているので、今回は単体ベースの数値を調べています。 (春のパン祭りの影響を調べたいので) 以下がこの直近の4年間の四半期毎のデータとなります。 山崎製パン単体 1~3月 4~6月 7~9月 10~12月 2019 174,497 179,044 170,756 183,396 2018 174,505 176,870 166,444 180,258 2017 170,908 175,337 165,497 179,539 2016 169,189 172,319 161,755 175,617 これを見ると、4つに分けると、10~12月の売上が一番大きく、7~9月の売上が一番低いことが分かります。 (次に売れているのが4~6月で、1~3月は第3位) なぜ秋はパンが売れずに、冬に売れるのかはよくわかりません。 ちなみに今回の集計対象には、このような分類となっています。 春のパン祭りは2月~4月までなので(北海道は1ヶ月遅れだけどそんなに影響は大きくないと仮定)、1~3月の売上が大きいのかなと思っていましたが、そうでもないような気がします。 もちろん、最後に駆け込み需要もあるのかもしれません。 駆け込み需要というのは、例えば、4月の中旬に15点分たまっていたら、強引にあと10点分買うみたいなケースもあるでしょう。 しかし、これだけ見ると、あまりパン祭りの影響は大きくないのかもしれません。 ただ、これは春のパン祭りを止めてみないと、その影響というのは分かりません。 パン祭りで盛り上がっても、それ以上に冬の売上は大きいという可能性もありますし、世間ではパン祭りなんてどうでもいいと思われているという可能性もあるでしょう。 利益への影響 これまでは売上についてだけ考えましたが、利益にも影響があります。 パン祭り期間だからと言って、パンの値段が上がるわけではありません。 しかし、お皿をプレゼントする必要があるので、その分だけコストがかかっているのです。 つまり売上の数量と金額は伸びるのでしょうが、お皿のコスト分だけ費用がかかるので、利益率が悪くなっていると考えられます。 (割れないお皿はそんなにお金かかってないでしょうが) 今回は利益面での数値は見ていないのですが、秋にも同じことをすれば売上は伸びても利益は伸びないという可能性があるでしょう。 もちろん、40年も続けているのだからプラスになっているのは間違いないでしょうが、意外とインパクトは小さいのかもしれません。 結果は予想とは異なっていたのですが、なんでもまずは調べてみるというスタンスがいいのかもしれません。 決算短信には数字だけでなく市況や概況についても語られていますが、春のパン祭りについては記載がないので、それほど決算上には影響がないとも考えられます。 いずれにしても、実際に数字を見てみると、物事の見え方も変わり、勉強になると感じた経理マンでした。 2020年のお皿はこんな感じです。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

毎日がパンまつり―ヤマザキパンでつくる魔法のレシピ

山崎 パン まつり

日本3大祭りの1つとも言われる 『ヤマザキ春のパンまつり』。 春の訪れをいち早く知らせてくれるこのイベント、今年がなんと 40周年の節目なのである。 知らない人はいないと思うが一応祭りの概要を説明しておこう。 山崎製パンの特定商品に貼られたポイントシールを25点分集めると、割れにくいことでも知られる特製皿と交換してもらえるというもの。 ただ手に入れるだけじゃあ気が済まないぞ。 どうせなら日本で一番、 誰よりも早く手に入れたい! ・ところが 対象商品はスーパーなどでも購入可能だが、その場で確実に特製皿をもらうにはやはりヤマザキ系列のショップへ行くのが賢明だろう。 今年のパンまつり 開催期間は2月1日〜4月30日(北海道地区は3月1日〜5月31日)。 待ちきれない私は日付が2日1日に変わるやいなや、おなじみの 「デイリーヤマザキ」へ駆けこんだ。 ところが……! 見本の皿は置いてあるものの……交換したい旨を告げると、お店の人は「えっ、もう25点分集めたんですか!? 」と驚いたのち、 「まだ皿は届いていない」のだと言った。 さすがに真夜中のことだ。 皿はまだ輸送中なのかもしれないな。 残念だが仕方ない。 はやる気持ちをおさえ、私は眠りについたのだった。 アラームを「7時」にセットして。 ・なのに…… 翌朝再び店を訪れると、昨夜と同じ店員は申し訳なさそうに「実はまだ……」などと言う。 チラシを確認してみたが、確かに「 商品引換期間は2月1日〜5月10日(北海道地区は3月1日〜6月7日)」と書かれている。 おかしい。 ひょっとするとここが世田谷の外れであることが問題なのだろうか……? 私は新宿区にあるデイリーヤマザキへ移動した。 今回の試みで改めて痛感したのは、 ヤマザキ系列コンビニの少なさである。 自宅から徒歩圏内に店がなかったのだ。 今度こそ特製皿ゲット! ……のはずだったのに……! お店の人は「えっ!? 25点をもう持っていらっしゃる!? 」と驚いたのち、「皿がまだ到着しておらず、いつになるか分からない」のだと言った。 仕方ないので時間をつぶし…… 今度は中野区の店舗へ……しかし結果は同じだ。 ・問い合わせてみた 私はいてもたってもいられず、ヤマザキの 『お客様相談室』へ電話をかけた。 ヤマザキの方は「えっ? 店舗に皿がなかったですか?」と驚いた様子で、「祭りは今日からなのに申し訳ない」と謝罪を繰り返す。 しまいには「優先的に届くように手配をしましょうか?」と提案されたが、さすがに申し訳なくお断りしておいた。 おいしいパン同様、 ヤマザキの丁寧な仕事ぶりがうかがえる神対応である。 その後も2〜3時間おきに別の店舗をめぐることに。 店頭に大きく「白いお皿プレゼント実施中!! 」と書かれた店舗では「えっ、もう25点を!? 」と驚かれたのち、「2〜3日で届くと思うが……」などと不安なことを言われる始末。 ・無念…… そして……日も暮れた 午後7時。 最後に訪れた店舗にて、ついに私はある 有力な手がかりを掴んだのである。 なんと店の人いわく 「皿は船便で輸送中だという噂を聞いた」とのこと! 今年の特製皿『白いフラワーボウル』は、チラシにも「アルク・フランス社製」と明記されている。 お店の人は「 フランスから直送しているため、例年よりも時間がかかっているという話をきいた」というのだ。 到着予想は「来週ごろかな?」とのこと。 う〜〜〜〜む。 同じヤマザキでも店舗によって、到着予想日は全く異なる見解だ。 これほど大きな祭りともなれば、やはり 情報が交錯することもあるのだろう。 私は今日の特製皿入手を諦めることにした。 残念だが仕方ない。 この日巡ったのはヤマザキ系列5店舗。 そのほぼ全てで私は「もう点数を集めたのか」と驚かれたが、考えてみれば当たり前である。 祭りは3カ月続く。 「誰より早く皿を入手しよう」とか、 そういう次元で開催されているんじゃあないのだから。 ・効率よく点数を集めるために パンまつりのポイントシールは3点を頂点に2. 5、2、1. 5、1、0. 5点と6種類がある。 商品価格の振り幅に対してシールの種類が少ないため、必然的に「お得な商品」「そうでない商品」が出てくるのだ。 今日私が5店舗を巡った中で、商品価格に対するポイントの割合が特にお得だった商品をいくつかご紹介したい。 なお、今日出会えなかった対象商品も多数存在しているため、正確なランキングはこの通りではないことをお断りしておく。 1位は同率で 「ロイヤルブレッド」と 「塩バターフランスパン(レーズン)」 税込183円でシールは2点。 1点の菓子パンが100円を下回らないことを考えればかなり割安といえる。 毎日の食事に欠かせない主食系パンが1番お得とはありがたい。 「メロンパン(クラウンメロン)」は税込194円で2点。 クラウンメロンに引き続き「特選」シリーズ 「パン・オ・ショコラ」も税込200円で2点となかなか健闘。 名前が気になる 「パリっとしたもっちロール」は税込175円と、1. 5ポイント勢の中では優秀である。 実はヤマザキ系列ショップでは、おにぎりや一部お弁当などにもポイントシールがついている。 こちらはポイントという観点からするとお得さはパンに到底及ばないものの、最も割がよかったのは 「シーチキンマヨネーズ」税込124円で1点。 また、値引きシールが貼られている商品に関して、点数まで引かれることは当然ない。 場合によってはメチャお得になるかも……? ・ゆっくり集めよう ……と、いうわけで私の春のパンまつり初日は、 ヤマザキショップ巡礼と化して終了した。 しかし他コンビニと比較してフランチャイズ感が強いヤマザキ系列ショップには、店舗ごとに珍しい商品が置かれていたり、店の人もみなどこか温かみが感じられるなど非常によかった。 毎年この祭りを楽しみにしている国民も多いかと思うが、もしかすると明日以降も「店舗に特製皿がない」という事態が続く可能性が考えられる。 あまりいないとは思うがお急ぎの方には、事前に確認するなど注意願いたい。 パンまつりのチラシには力強い文字で 「かならずもらえる!」とある。 そう、急がなくたって皿はもらえるのだ。 みんな、こうなったらゆっくりいこうぜ…… 誰が1番とか言いっこなしでさ! 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

良いです!「山崎パンまつり」のお皿

山崎 パン まつり

お皿はイケアのものを使っていると以前、記事にしましたが。 義母が先日、白いお皿をくれまして。 使ってみたら、その輝き、白の明度、手触り、軽さにすっかり魅了されてしまい・・・・・ その上、美しいし、なんだか品がある。 我が家の白いお皿を、すべてこちらのものに買い替えようかと画策中です。 そのお皿とは・・・・ 「山崎 春のパンまつり」のお皿!! こちらが義母からもらったもの。 小鉢タイプ。 和え物、ヨーグルト、卵かけご飯の卵など、用途は無限・・・・・ 上のお皿を一日使って感動し、すぐにメルカリで購入してしまいました。 机が汚くってすみません😓 こちらのタイプはイケアのものを気に入って使っていましたが、ほとんど同じ形でパンまつりのものがありまして・・・・。 メルカリで、未使用のものが 6枚1500円! 狂喜乱舞してしまいました・・・・。 イケアは確か1枚100円くらいだったような。 パンまつりのお皿って、実はすごいお皿なんだそうで、 だから、30年以上も続いているキャンペーンなんですよね。 一度、やはり誰かからボウルタイプのものをいただいて使っていたことがあるのですが・・・・その時も、「あれ?このお皿なんかすごくいいぞ」と思いつつ、一枚だけだったので、断捨離の時に捨ててしまったのです。 子供が大きくなるにつれて、ジノリ様のような高級お皿に買い替えようかと思っていたのですが、ジノリ様の白いお皿シリーズには、美しい「彫り」があるのですよね。 その「彫り」がいいのですけれど、経験上、毎日使っているとなると、そこに汚れがついてくる。 多分、それをこまめに漂白するのが、このめんどくさがりの私にとってはめんどくさいのではないかと・・・。 つるっつるで美しいお皿ないかな?と思っていたところ、この山崎様との出会い。 やっぱり宇宙は、こんな小さなことでも、オーダーしておくと 叶えてくれるのですね😆 作っているのはフランスの有名なメーカーなんだそうで、表面がガラスでできているのだそうです。 だから丈夫だし、傷もつきにくく、ツルツル。 イケアのものと比べてみると、 左が山崎、右がイケア。 白の明度が違います・・・・好みもあると思いますが、私は白は明度が高い方が好きかな? とはいえ何年もお世話になったイケア君。 名残惜しいのと申し訳ないのとで中々処分できません😔 どこかで心を鬼にしないとな・・・・・。 というわけで、最近ちょっと嬉しかったお皿のお話でした。 いつもありがとうございます! tisoppi.

次の