つくば 市 感染。 つくばに9千床の軽症者滞在施設 日本財団、7月めざす [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス感染症に伴う市有施設等の対応(利用休止施設・使用料還付対応施設等)|つくば市公式ウェブサイト

つくば 市 感染

茨城県で2例目となるコロナ感染者20代男性について 2020年3月18日、 茨城県で 2例目のコロナ感染者が確認されました。 3月18日時点では本人の強い希望で情報の開示がかなり制限されていたようですが、 3月19日になって少しずつ情報が開示されてきました。 茨城県による発表内容は下記の通りです。 昨日(3月18日)大井川知事から発表された県内2例目の陽性確認について、本日(3月19日)朝9時半より再び知事の記者会見が行われました。 当初、地域などの公表は本人の希望により差し控えるとのことでしたが、公表に本人が同意し、つくば市在住であることが発表されました。 県からの情報共有によると、本人は旅行中から発熱が有り、保健所に連絡した上で帰宅、自宅待機をし、現在は入院中です。 まだ調査中ではありますが、保健所の指導により空港から自宅へも家族の車で移動し、その後は本人も両親も自宅にとどまったとのことで、現段階では県内・市内における濃厚接触者は同居の両親と旅行に同行した1名が想定されています。 濃厚接触者3名のPCR検査が本日行われるとともに、行動調査が行われますので、今後も県と密に情報を共有していきます。 とのことです。 本人の情報は上記 つくば市のホームページでは明記されていませんが、下記の報道で1つ明らかになっています。 また、2例目の20代男性について、本人の同意が得られたとして、つくば市在住の学生と明らかにした。 スペイン、ベルギー、フランスに旅行していたという。 なんと、 学生で欧州旅行に行っていたということですね。 卒業旅行と考えるのが妥当でしょうか。 なんにせよ、感染が拡大している欧州にこの時期に旅行にいくとは、学生とはいえ危機意識が低いといわれても仕方がないですね。 両親を含め周囲の人は止めなかったのでしょうか。 それとも止めはしたが強行したのでしょうか。 市民からの批判は避けられないかと思いますね。 下記は行動歴です。 男性は3月上旬、同行者1人と共に欧州を旅行し16日に帰国。 同居する両親の自家用車で帰宅した。 旅行先で14日から発熱と喉の痛みがあったことから、17日に男性自ら保健所に連絡、同日に帰国者・接触者外来を受診した。 18日にPCR検査を実施し、陽性と判明した。 自宅から同外来までの移動は両親の自家用車を使用したという。 県は帰国後3日間の行動歴を踏まえ「濃厚接触者はかなり限定的」と分析。 男性の両親と旅行同行者の計3人を濃厚接触者として、19日にPCR検査を実施する予定だ。 帰国時は両親の自家用車で帰宅したため、濃厚接触者はかなり限定的という見解のようです。 すでに 旅行中から症状があったということから、 航空機内では感染拡大させたのではと考えられます。 症状を自覚してすぐに保健所にいき、 感染拡大を最小限に抑えられたのはまだ救いですね。 この 20代男性感染者の情報が小出しですが、下記のような事情のようです。 (下記のコメントの後に居住地までは発表できたそうです) 今回、本人の強い希望を理由に、男性の居住地などの情報が非公表となっている。 大井川知事は「本人がどうしても嫌だと言っているが、私は公共の利益を考えたらある程度の情報は公開すべきと考えている。 本人を説得してより多くの情報を出そうと思っている」と説明した。 本人も、 危機意識がなかったことに負い目を感じているのでしょうか。 そう感じざるを得ません。 茨城県知事がどこまで情報公開を求めるかは分かりませんが、追加報道がありましたらここに記載させていただきます。 茨城県により、 この感染者の行動歴が正式発表されました。 3月1日 日本出国 3月2日~ 9日 スペインへ旅行 3月9日~13日 フランスへ旅行(友人1人と合流) 3月14日〜15日 ベルギー~フランスへ旅行 発熱(37. つくば保健所の指示により自家用車で帰宅し,帰国者・接触者外来を受診。 3月18日 県衛生研究所において,PCR検査を実施し,陽性が判明。 今回感染者の両親およびこの旅行に同行した友人は現在感染確認中とのことです。 さらに追加の報道がありましたら追記させていただきます。 学生は誰で大学大学院・専門学校・短大はどこ?卒業旅行で感染? 感染した学生の情報について、発表されている内容は下記の通りです。 年齢 20代 性別 男性 国籍 日本 居住地 茨城県つくば市内 職業 学生 学生ということは公表されましたが、それ以上の詳細な情報公開はないため、 どの学校に所属しているかは不明です。 つくば市内の学校に通っているかどうかも不明なところですね。 学生ということで、下記候補があると思います。 大学・大学院• 専門学校• 短大 ですが、 茨城県としては、「帰国時は両親の自家用車で帰宅したため、濃厚接触者はかなり限定的」と発表しているので、感染拡大は抑制できたと考え、 学校がどこかなどの公開はおそらくない のではと考えられます。 もし詳細情報が出ましたら追記させていただきます。 まとめ ここでは、 2020年3月18日、茨城県で2例目となる20代男性の居住地がつくば市であると判明した件について説明しました。 この時期に欧州旅行にいってしまうなど、学生ということもありますが、危機管理ができていないと言われてもしかたがないでしょう。 追加の報道がありましたら追記させていただきます。 以上、この記事が、あなたのお役に立ちましたら幸いです。

次の

【新型コロナ茨城で10人目(つくば、牛久)】県内在住者からの実際の感想

つくば 市 感染

【AD】 茨城県は25日、新型コロナウイルスに感染した筑波記念病院 つくば市要 の入院患者と濃厚接触した同病院の医師や看護師らのPCR検査の結果は、全員陰性だったと発表した。 周辺で感染が判明したのは家族と家政婦のみで、同日の記者会見で大井川和彦知事は「院内感染の疑いはなくなった」と述べた。 引き続き感染経路の特定を急ぐ。 同病院では、今月11日から入院していたつくば市の80代男性の感染が23日に判明。 県は家族のほか、男性の病室がある病棟で働く医師や看護師ら濃厚接触者計27人の検査を24日に実施した。 その結果、妻と娘、家政婦の3人は陽性だったが、それ以外の医療従事者22人と別の家政婦2人は陰性だった。 このほか濃厚接触者以外で検査対象とされた男性と同じ病棟の入院患者計8人も全員陰性だった。 80代男性の感染経路は明らかになっていないが、24日に感染が判明した同市在住の40代ダンス講師男性が1月末にイタリアへ渡航歴があり、この講師から80代男性の妻は週1回レッスンを受け、3月3日は夫婦で参加していた。 大井川知事は「講師の方に海外渡航歴があるので、そこに原因がある可能性はあるとみて調査している」と述べ、国立感染症研究所の協力を得て経路の特定を急ぐ考えを示した。 県はダンス講師男性の濃厚接触者として共に講師を務める女性のPCR検査を近く実施する。 ダンス教室の生徒についても健康観察対象とし、感染疑いの症状が出れば検査する方針。 戸島大樹.

次の

新型コロナウイルス感染症患者の市内発生について|つくば市公式ウェブサイト

つくば 市 感染

寄附方法は3通り つくば市は、医療従事者への支援、経済対策、こどもの貧困対策等、新型コロナウイルス感染症の対策関連事業等への寄附を下記の方法で受け付けています。 皆様のご支援とご協力をお願いいたします。 なお、寄附申込の際、寄附の使途について、 「7. 新型コロナウイルス感染症対策関連事業(医療従事者支援、経済対策等)」 をお選びいただくか、お手数ですが直接ご記入をお願いいたします。 いただいた寄附は医療従事者支援、マスク等の物資確保、経済対策等の事業に使用させていただきます。 郵送の場合は、寄附申込書受領後に、つくば市の指定金融機関窓口での支払い用納入通知書をお送りしますので、寄附金額を納入ください。 ) 郵送先・お問い合わせ先 〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1番地1 つくば市持続可能都市戦略室 寄附担当 専用の「寄附申込書」は市ホームページからダウンロードできます。 下記専用ページより寄附をお申込みください。 寄附完了後は下記「Step. 3」の方法で、寄附使途を選択してください。 申込は下記のステップでお願いします。 Step. (下記参照) (さとふるの会員でない場合は、会員登録をする必要があります) Step. 2 寄附のみを選択後、金額の設定画面に遷移しますので、寄附額を設定の上、寄附を行ってください。 Step. 3 寄附完了後、下記画面になりましたら、寄付金の使い道を指定するをクリックし、 7. 「新型コロナウイルス感染症対策関連事業」を選択してください。 (万が一システムの都合上、万一「7. 新型コロナウイルス感染症対策関連事業」の使い道が指定出来ない場合は、「6. その他具体的な事業」を選択し、寄附金指定後に表示されるアンケート項目欄に「新型コロナウイルス感染症対策関連事業」とご記入ください) 寄附申込の詳細はこちらからもご確認いただけます。 つくば市では、新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校措置で給食がなくなったことにより日中食事を取ることが困難な児童生徒への食の支援等を行っています。 基金への寄附は、食の支援や学習支援事業、みんなの食堂(つくば市版子ども食堂)、学習塾代助成等に活用させて頂きます。 こちらの寄附についても、インターネット、窓口、郵送等での寄附が可能です。 つくばこどもの青い羽根基金ホームページ (寄附の方法はページ中段「寄附の方法」をご参照ください).

次の