アッコのいいかげんに1000回。 2020年6月27日(土)11:00~13:00

kym sonota ind

アッコのいいかげんに1000回

歌手の和田アキ子(70)が11日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演し、カリスマホストのROLAND(27)が運営する東京・歌舞伎町のホストクラブ「THE CLUB」の閉店についてコメントした。 「この間、ROLANDと電話で話したんですよ。 (閉店することになって)大変だったねと言ったら『本当に決断するのが大変だった』と言ってたね」と和田。 続けて「(従業員の中には)やっぱりホストの道を極めたいって子もいるんで。 自分は一般企業的な仕事もしているんで、(人を)振り分けして、また店をできる準備だけはしておきたいって」と、ROLANDとの会話を明かした。 ROLANDは9日、インスタグラムで「現在の世間の状況の下、スタッフの安全を確保し、かつお客さまに喜んでいただけるよう運営することは困難であると判断したためです」と説明。 従業員は自身が運営するホスト事業以外の会社への移動を促しているという。 再開業を目指し「可能な限りは既に契約していた拡大移転先の物件は解約せずに空家賃を払い続けることにしています」としている。 このことに和田は「カッコイイね。 無駄金なんだけど」とし、「本当に私は好きで…ROLANDとかGACKTとか、かっこつけてるけど中身もありそうな感じがして、個人的に好きですね」と打ち明けていた。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

2020年6月27日(土)11:00~13:00

アッコのいいかげんに1000回

どこかで聞いたことがあるタイトルですが、気にしないでください。 笑 正解の場合、賞金1万円をプレゼントします。 【参加方法】 〇メールやFAXに電話番号が書かれた方は全員、 出場の抽選の対象になります。 〇抽選で選ばれた方に放送中に電話をします。 〇電話がつながってから、問題を読み上げます。 〇radikoで聴かれている方の場合、タイムラグにより まだこのコーナーが始まっていないことがありますので、 あらかじめご了承ください。 〇メールやFAXには『匿名(ラジオネーム)』でも構いませんが、 必ず『本当の名前』、『住所』をよろしくお願いします。 放送中や放送後、ネット上にアッコさんのコメントが 配信されることが多々あります。 そちらも併せてご覧になりつつ、聴き逃した方は radikoのタイムフリーでお聴きください。 あらかじめご了承ください。

次の

【アッコのいいかげんに1000回】和田アキ子、渡部建と不倫した女性に苦言「毎回多目的トイレで会ってたのに何でマスコミにバラすの?」・・・情報がtwitterで拡散される

アッコのいいかげんに1000回

放送時間• 1990年4月7日~:毎週土曜日11:30~14:00• 概要 番組は主に和田とアシスタントの、からの・・の紹介、と下記のコーナーで構成される。 かつてはこの他に生中継のレポーターのコーナーもあった。 稀にトークが盛り上がり過ぎて曲がかからない場合があるのが特徴。 和田がこの番組での発言が当日のでの速報や翌日の各紙の記事になることが稀にあり、当番組翌日に生放送される系列「」では決まってその記事が紹介される。 和田には、「世直し番組だと言われている」といわれている。 メインパーソナリティ• (アッコ) パートナー(アシスタント・進行)• 初代 (1990年4月7日 - 1993年3月27日)• 2代目 アナ(1993年4月3日 - )• 3代目 アナ(2001年4月7日 - 現在) 過去のレポーター• 桜庭亮平(アシスタント就任前)• 赤木ひろこ(1994年10月 - 2000年3月)• 堀口智美• など 番組名の由来 番組タイトルは英語の「Good afternoon」を、和田の愛称「 ゴッド姉ちゃん」の「 ゴッド」に置き換え、「いいかげんに1000回」は「いい加減にせんかい!! 」の語呂合わせ。 番組開始当初は、単なる語呂合わせに過ぎなかったが、回を重ねるにつれて「1000回」という番組タイトルが重みを増していった。 に番組名どおりに1000回を迎え、2010年、番組開始20周年を迎える。 現在のタイムテーブル ニッポン放送の2009年度のタイムテーブル。 ネット局では、天気予報・交通情報・ニュースの部分は各局独自に差し替えている。 11:00 オープニングトーク• 11:25 天気予報• 11:27 交通情報• 11:32 週刊ワダスポ 1週間の芸能ニュースを振り返るコーナー。 和田はここで芸能情報を知ることが多く、翌日の『』ではここで得た芸能情報に基づきコメントをすることが多い。 11:55 ニッポン放送ニュース・天気予報• 11:57 交通情報 ニュースは2009年3月28日までは垣花がひとりで担当していたが、4月4日からは垣花・・のいずれかが担当する。 和田は12時まで席を外す。 12:00 名曲ディスカバリー 名曲のオリジナルとそのカバーを徹底的に聴き比べるコーナー。 12:25 天気予報• 12:27 交通情報• 12:32 おまかせ セブン-イレブン• 12:45 クイズワダオネア• 2000年頃スタート。 番組内での和田の発言を4択クイズにして出題。 番組に寄せられた全てのハガキ,FAX,メールの中から選ばれたリスナー 通常1名 に電話をかけ出題。 『』のパロディー。 ノーヒントで問題の読み直しはしない。 不正解の場合は賞金はキャリーオーバーされる。 かつては、はがきに答えを書く方式で、翌週に正解を発表していた。 解答はあくまでも「設問番号」による。 話題の内容や解答文による解答は一切認めない。 2009年10月末頃から特に徹底されるようになった。 通常の投稿がそのままクイズへの解答権となるため、クイズへの参加を想定していない投稿者は、留守にしてしまったり、電話が掛かってきて面を喰らうケースが多々ある。 その都度、「応募するくらいなら、ちゃんと聴いててよ!」と和田が苛立つシーンがよく見られる。 12:55 エンディング 主な出来事 この節は執筆中です。 加筆、訂正して下さる協力者を求めています。 メインパーソナリティ和田アキ子、進行・フォロー役(アシスタント)田中義剛の2人でスタート。 第100回放送。 義剛が降板。 1993年 2代目アシスタントに桜庭が就任。 桜庭は同じ土曜日にアッコのこの生放送の当番組終了2時間後の同じく生放送の「」(この「いいかげんに1000回」開始のちょうど半年後の1990年10月~)と掛け持ち出演していた(1998年以降は共演していたと共にの~朝の生放送・ニッポン放送平日午前9時台朝帯ワイド番組の「クニちゃんサクちゃんのワンダフルりくえすと ヤマダ・マイ・ハウス(放送は8:30~)」と掛け持ち出演し、日曜日以外の全曜日ニッポン放送に出演した。 第200回放送。 第300回放送。 第400回放送。 頃 公式開設、での受付も開始。 頃 クイズワダオネアがスタート。 2000年 第500回放送。 2000年 アッコが交通事故で足を骨折したため、番組をお休み。 2000年 で、90分の短縮版が放送開始。 桜庭が降板。 3代目アシスタントに垣花が就任。 第600回放送。 2002年 公式サイトリニューアル。 2002年 LFX488で放送終了。 2003年 ・ でネット開始。 2003年 でネット開始。 2004年 公式サイトリニューアル。 2004年頃 のを飲みに誘ったが、電話が掛かってこなかったという事件があり、岡村も同局で放送されている「」(木曜・深夜25:00-27:00)でこの話をしたところ、ナイナイの「オールナイトニッポン」のリスナーがこの番組にメールを送ったらしく、「岡村さんを怒らないで下さい。 岡村さんも忙しくて電話が出来なかったようです。 」という内容のメールが多数届いており、和田も理解をしていたようだが、その後和田はOAの「ナインティナインのオールナイトニッポン」では岡村に対しコメントを述べていた。 2004年 第700回放送。 2004年・ 「アッコのいいかげんに1000回増刊号」を22:00~24:00に放送。 2005年2月22日にはがゲストで出演。 2005年・ 垣花が主任研修のため、かつて2代目として担当していた桜庭がアシスタントを務めた。 2005年 南海放送でネット終了。 2005年 前日に和田の母親が死去し、和田が欠席。 の後輩であるが代役を務めた。 和田が番組を休んだのは放送日が『』のリハーサルと重なった日(にスケジュールを押さえられるため)、ベッドから転落して肋骨を骨折した時、前述のとおり交通事故で足を骨折した時などがある。 第800回放送。 2007年頃 が1990年番組開始当初から使用していた番組オリジナルから、和田の「 翼もないのに」に変更。 「アッコ・徳光 歌のタイムトンネル キーワードで振り返る昭和と平成」。 8:30~13:00の長時間特番を放送。 (の項目も参照のこと)• 第900回放送。 2008年 ラジオ沖縄でネット終了。 2008年 でネット開始。 2008年 和田が公演明けの休養をとり、が代理出演。 のイベント「ザ・ラジオパーク2008 in 日比谷」の会場の日比谷公園から公開生放送。 和田が股間にコーヒーをこぼすハプニング。 でネット開始。 2009年 番組1000回を目前に和田の先輩であるをゲストに迎える。 2009年 第1000回放送。 番組名どおり放送1000回を達成。 ゲストに、を迎える。 2010年 1000回放送記念に徳光からいただいた旅行券15万円分のうち10万円分をワダオネアの商品に。 しかしリスナーが留守のため持ち越し。 2010年 持ち越した旅行券10万円分を5万円ずつ2名に分けてワダオネアの商品に。 しかし1名のリスナーが留守のため5万円分が再び持ち越し。 スタジオ 旧有楽町社屋では6階の第6スタジオ(通称:ブルースカイスタジオ)、お台場社屋では23階の第2スタジオ(愛称:スカイだいばスタジオ)、現有楽町社屋では4階の第2スタジオから放送されている。 長寿番組 春から続く長寿番組で、ニッポン放送の生ワイドの昼番組の中では『』に続き2番目に長い。 それぞれ1992年に100回、1994年に200回、1996年に300回、1998年に400回、2000年に500回、2002年に600回、2004年に700回、2006年に800回を迎えた後、2008年に放送回数は900回を迎え、900回の特集が組まれた。 2009年12月26日に番組名どおり1000回を達成。 2010年には20周年を迎える。 番組開始時には当時のニッポン放送の長寿番組のパーソナリティであったが出演した。 和田自身は、「1000回で終わり?」としながらも、和田と親交の深いが90歳にしてなお現役で活躍していることをアシスタントの垣花から振られると「2000回、私は80歳近く。 やれるかもね!」と意欲をみせている。 セブン-イレブン は番組初期からのメインスポンサーであり、またでもある。 しかしネット局のすべての放送地域に店舗を出店していなかったため、ニッポン放送のみのメインスポンサーとなり、ネット局では冠スポンサー名や一部のジングルはカットされている。 ニッポン放送では、番組名に「 セブン-イレブン サタデースペシャル」がついたタイトルコールや、ジングルが存在する。 11:00の時報後、垣花による「セブン-イレブンサタデースペシャル ゴットアフタヌーン」というコールのあと、1秒ほど間があってから、和田による「アッコのいいかげんに1000回」というタイトルコールが行われる。 ネット局では「」と同様に、垣花の部分がカットされ最初の数秒間は無音になっている。 全国ネット開始前はスポンサーの好意により、11時台はオープニングトーク(最大11:45頃まで)、メール・FAXテーマの発表(時間制限に達した場合は、トヨタ自動車のコマーシャルの後に発表)、セブン-イレブンのコマーシャル2本、「」(後にに改題 現在は、放送終了)、トヨタ自動車のコマーシャル2本、11:50頃までトーク・曲という、時間配分が自由な構成になっていた。 このため、和田はほとんど時間を気にせずオープニングトークをすることができ、話題が尽きないときは時間制限いっぱいまでしゃべることも少なくなかった。 またBGMが15分で終わるようにできており、BGMが止まると和田のしゃべりが一瞬止まってしまうところが聴き所でもあった(後にBGMを20分程度まで延長したが、それでも足らないことがあったため最終的に40分程度まで延長)。 これらは番組の大きな特徴でもあったが、ネット開始後は、ネット局への配慮からオープニングトークに時間制限がついた。 また、セブン-イレブンからのお知らせ「おまかせ セブン-イレブン」()を番組内で行う事があるが、その際はネット局でもそのまま放送される(ただし、2009年春から新規ネットしているの地元・には、セブン-イレブンの店舗がない)。 ネット局• (2003年10月4日 -)• (2008年4月5日 -)• (2009年4月4日 -) 以前のネット局• (2003年10月11日 - 2005年10月1日) - 終了の翌週からのネットを開始した。 (2000年12月 - 2002年11月) - ニッポン放送が制作していたのチャンネル。 ニッポン放送での本放送終了後、CM・天気予報・ニュース・交通情報・フィラー音楽をカットして90分に編集され、その日の夜に放送。 最後の1年間は水曜夜にもリピート放送が行われていた。 チャンネルの編成方針の見直しにより終了。 (2003年10月4日 - 2008年3月29日) 関連項目• () 外部リンク•

次の