八幡くんとアスナさん。 俺ガイル好きによるSSサイト : アスナ「キリトくんが風邪をひいた?」

俺ガイル好きによるSSサイト : アスナ「キリトくんが風邪をひいた?」

八幡くんとアスナさん

雪ノ下「もう下校時間になるから帰りましょう」 由比ヶ浜「ゆきのん一緒に帰ろー」 雪ノ下「そうね、二人で帰りましょう」チラ 八幡「おい、わざとか。 その目は」 雪ノ下「何を言っているのかしら、被害妄想もほどほどにしてほしいわ」 八幡「うっせーよ.. 」 雪ノ下「フフ、ではまた明日」 由比ヶ浜「じゃあねヒッキー」 八幡「おう」 本屋に寄って帰るか 八幡「新刊は明日発売か.. 」 「お父さんの仕事の関係で戻ってきた!」 八幡「へぇ、じゃあな.. 」 「ちょっと!?」ガシッ 八幡「何だよ.. 」 八幡「」スタスタ 桜「逃がさんよ」ガシッ 桜「仕方ないか.. 」ッス 八幡「え、」 桜「私たちさ、中学の時に中二病カップルで有名だったよね!」 八幡「は?覚えてないな.. 」 桜「この動画見ても?」つスマホ スマホ「八幡「オレノミギテガァァアア!! キェェエ! 」」 八幡「」ダラダラ 桜「他にもあるよ~」ッス 八幡「何で、そんな映像が... 」ダラダラ 桜「八幡くん好きすぎて一日中撮ってた」 八幡「おい」 桜「あ~何だかYOUTUBEにUPしたくなっちゃったわ~」 八幡「よし、サイゼ行こう。 」 サイゼリアーー 八幡「んで、何を企んでる」 桜「いや、何も企んでないよ.. 」 桜「ただ八幡くんと昔話をしたかっただけ」 八幡「ムリムリ、恥ずかしぬ」 八幡「お前と付き合ってた時が一番中二病が酷かったから思い出すだけでも恐ろしい」 桜「」ニヤニヤ 八幡「... そこはお世辞でも美人って言ってよ」 八幡「はいはい美人美人」 桜「.... ーーー 桜「ごめんごめん!遅くなt」 席 カラーン 桜「」 逃げられた! 八幡宅 八幡「う、うわぁぁあ最悪だぁぁぁあ!」ジタバタ 八幡「..... 」 八幡「いやぁぁぁああ!」ジタバタ 小町「お兄ちゃん煩い!」 八幡「はい」 学校ーー 八幡「はぁ... 」 戸塚「どうしたの八幡、元気ないね」 八幡「過去を消すにはどうすればいいんだ」 戸塚「え?何かあったの?」 八幡「いや、何でもない」 平塚「はーい席につけー」 戸塚「またね八幡」フリフリ 平塚「今日は転校生を紹介する」 マジ? パネェ!女の子? 八幡(まさか.. )ダラダラ 平塚「では入りたまえ」 「失礼します」ガララ 「初めまして、桜 彩芽と申します。 」 八幡「」白目 桜「」チラ 八幡「」ギク だが、学校で彼女は俺に話しかけては来なかった。 いや、寂しいとか思ってないからね? うん、まったく。 由比ヶ浜「あやちゃん、またね~」 桜「う、うん。 また明日」ゲッソリ ブフォww 初日から質問攻めにあって苦労してらぁw 桜「」ギロ 八幡「」 由比ヶ浜「ヒッキー!部活行こう!」グイ 八幡「おう」 桜「ぇ.. 」 桜「えぇぇえええええ!!」 クラス「!?」 八幡・由比ヶ浜「!?」 桜「は、はち、八幡くんが」 桜「あの、女子に触られただけで赤面して」 桜「照れ隠しに中二b」 八幡「そぉぉぉぉおおおおおおいい!」パシッ 桜「んぐぐぐ!」 八幡「ちょっとこっち来ようか桜さん?」 桜「んぐぐぐ.. 」 由比ヶ浜「」ポツーン 三浦「だ、大丈夫?結衣.. 」 ーー 八幡「お前、何て事言おうとしてんだよ」 桜「いや~ビックリだよ。 あの赤面中二病だった奴が」ヤレヤレ 八幡「奴って.. 獣だわ」 由比ヶ浜「ヒッキーの変態」 八幡「おい、勝手に暴走してんじゃねーよ」 八幡「あいつが勝手に俺の過去を話そうとしたかr」 八幡「あ、」 由比ヶ浜「過去?」 雪ノ下「何で、その転校生が貴方の過去を知っているのかしら」 八幡「... 」 八幡「あれだ」 八幡「昔同じ中学だったからな」 由比ヶ浜「えぇ!?そうなんだ!」 雪ノ下「その、全くもって興味ないのだけれど彼女とはどんな関係だったのかしら」 八幡「黙秘権を使わせてもらう」 雪ノ下「... 」 雪ノ下「やっぱり如何わしい関係だったのね」 由比ヶ浜「ヒッキーきもい」 八幡「なんで俺を犯罪者にしたがるの?泣くよ?」 八幡「ただの同級生だよ」 ガララ 平塚「比企谷いるか~?」 八幡「どうかしました?」 平塚「君に来客なんだが、いいか?」 八幡「.. ダメです」 平塚「じゃあ、入ってくれ」 八幡「おいコラ」 桜「やぁ!八幡くん」ヒョコ 由比ヶ浜「あ、あやちゃん」 八幡「... 」 桜「何でさっき私を置いて行っちゃうの?」 桜「探したんだよ?」ニッコリ 八幡「すまん」ゾク 雪ノ下「ちょっといいかしら」 桜「あ、これは失礼でしたね」 桜「私は桜 彩芽っていいます。 よろしく」 雪ノ下「貴方が、比企谷くんが話してた中学時代の同級生ね」 桜「え、同級生?」 雪ノ下「そうよ。 動画」 八幡「元カノでしたね。 はい」 由比ヶ浜「ひ、ヒッキーに彼女が居たなんて」 雪ノ下「信じられないわね」 桜「で、昨日八幡くんから復縁を求められたの!」キャー 雪ノ下「は?」ギロ 八幡「あれは誘導されただけだ、本気じゃない」 桜「酷い!乙女心を弄ぶなんて!」 平塚「比企谷、これはどういう状況だ」 八幡「帰っていいですか」 雪ノ下・由比ヶ浜・桜「ダメ」 サイゼリアーー 桜「そう言えば貴方の名前を聞いてなかったね」 由比ヶ浜「クラスで話したじゃん!」 桜「ごめんなさい。 名前を覚えるのが苦手で」 桜「ゆ、ゆい何とかさんでしたね」 由比ヶ浜「由比ヶ浜 結衣だよ~改めてよろしくね」 桜「そして.. 」 雪ノ下「私は雪ノ下 雪乃よ。 よろしくね」 桜「わぁ、二人とも美人さんだね~、ね?」 八幡「俺に振るなよ.. 」 雪ノ下「あら、いたの?」 八幡「学校から一緒に来たでしょ」 由比ヶ浜「あやちゃんも美人さんだよね~」 由比ヶ浜「背も高いし!羨ましいな」 桜「ありがと、そうやって誉めてくれると嬉しいよ」 桜「雪ノ下さんの肌はスベッスベだね!太もも触りたい!」 雪ノ下「ダメに決まってるでしょ」 桜「冗談だよ~」 桜「八幡くん」 八幡「」ビク 八幡「なんでしゅか」 桜「鞄持ってどこ行くの?」 八幡「トイレに行こうかなと」 桜「鞄持っていく必要あるかな?」 八幡「ないですね」 桜「じゃあ置いていこう」 八幡「はい」トボトボ 雪ノ下「」 由比ヶ浜「あやちゃんヒッキーの扱いに慣れてるね」 桜「まあ付き合ってたからね~」 由比ヶ浜「そう言えばどうやってヒッキーと付き合ったの?」 雪ノ下「確かに気になるわね」 桜「ん~もうね。 ちょう大変だったよ」 桜「中学の時は、折本って子と八幡くん との三人で話すことが多かったんだ」 桜「私は少しだけ八幡くんに惹かれててさ」 桜「でも、八幡くんは折本って子を選んだの、私じゃなくてね」 桜「結構ショックでさ」 桜「でも一番ショックだったのは八幡くんだろうね。 告白は断られるし、次の日から虐められるし、、」 由比ヶ浜「.. 」 桜「でも、私だけは八幡くんといる方が楽しかったから折本って子とは縁を切って私も一緒に虐められる立場になったんだよ」 桜「でも虐められるって結構辛くてさ、八幡くんはそれを察したのか私とも縁を切ろうとしてきたの」 桜「でも八幡くん無しじゃ生き甲斐がなかった私はそのまま勢いで告白したんだ~」 桜「でも断られちゃってさ、それでも諦めなかった」 桜「何回もアタックしたらついにOKされて付き合う事になったの」 桜「こんな感じかな」 由比ヶ浜「ぅう.. 」ポロポロ 桜「え!?なんで泣いてるの!?」 由比ヶ浜「感動したよ」 雪ノ下「凄いストーリーだったわ」 桜「ま、それくらいしなきゃ振り向いてくれないよ彼は」 八幡「何語ってんだよ」 桜「ぬぁあ!?」ビク 由比ヶ浜「ヒッキーいたんだ」 雪ノ下「さすがストーカーレベルが高いわね」 八幡「トイレから戻ってきてなんでフルボッコされんの」 八幡「もう19時だけど大丈夫か?」 雪ノ下「ほんとね。 」 桜「いや~話した話した」 八幡「余計なこと言ってないだろうな?」 桜「安心して!付き合った切っ掛けを話しただけだから」 八幡「あぁ、そうか」 八幡「あん時はその、悪かったな。 今さらだけど」 桜「え、」 八幡「いや、いろいろ迷惑掛けたし」プイ 由比ヶ浜「ヒッキー」ジーン 桜「私がしたくてしたんだから気にしないで」 八幡「お、おう。 そうか」 桜「じゃあ、八幡くんのお家に帰ろう!」 八幡「は?」 由比ヶ浜「ちょっと!?」 雪ノ下「どういう事かしら」 八幡「まさか.. 」 桜「そうだよ~前みたいに八幡くん家の2件隣の家に戻りました!」 八幡「マジか.... 」 雪ノ下「えぇ、また明日.. 」 由比ヶ浜「ヒッキー、あやちゃんバイバイ~.. 」 ヒッパンナ、イイジャーン 由比ヶ浜「すごい子だね」 雪ノ下「そうね、」 八幡宅ーーー 小町「ただいま~」ガチャ 小町「お兄ちゃん昨日のあれの話しn」 小町「.. 」 小町「どこかの兄貴を極度の中二病にして去って行きましたからね」 桜「... 」 八幡「とりあえず、離れよ?」 桜「仕方ない.. 」ッパ 八幡「」ッホ 桜「今日は泊まt」 小町「ダメ」 桜「小町ちゃんのケチ!ブラコン!チビッ子!」 小町「ち、チビッ子~!!」 桜「そうよ!チビッ子!チビッ子!」 小町「こんの~料理下手!運動音痴!」 桜「ふぁ!?」 八幡「たすけて~」 翌日学校ーー 戸塚「おはよう八幡!」 八幡「おはよう戸塚~... 」 戸塚「どうしたの?疲れてるみたいだけど.. 」 八幡「戸塚の家に引っ越したい」 戸塚「何言ってるのさ、悩みなら聞くよ?」 八幡「戸塚はマジ天使」 戸塚「また変な事いって」プンプン ガララ 桜「戸塚くんおはよう~」 戸塚「あ、桜さんおはよう!名前覚えてくれたんだ」 桜「貴方みたいな美少年はそうそういないからね」 戸塚「美少年って」ハハハ 桜「八幡くんもおはよう」 八幡「おう」 桜「じゃあね」フリフリ 戸塚「八幡って桜さんに名前で呼ばれてるんだね」 八幡「ん?まあ中学が同じだったからな」 戸塚「そうなんだ!知らなかったよ」 八幡「知ってる人は殆どいないからな」 戸塚「同じ中学ならもっと話せばいいのに」 八幡「学校ではあんまり話さないんじゃないか?」 八幡「特に教室では.. 」チラ 「桜って前までどこいたの?」 「青森県だよ~もともとは千葉にいたけど」 「へぇ~!そうなんだ!」 ワイワイ 戸塚「何か事情があるのかな?」 八幡「まあ、そんな所だ」 ガララ 平塚「はーい席につけ~」 戸塚「またね」フリフリ 八幡「おう」 奉仕部ーーー 由比ヶ浜「ねえねえ」 八幡「あん?」 由比ヶ浜「ヒッキーとあやちゃんって教室では全く話さないよね」.

次の

【ホンモノを見つける】ハチマンくんとアスナさん

八幡くんとアスナさん

雪ノ下「もう下校時間になるから帰りましょう」 由比ヶ浜「ゆきのん一緒に帰ろー」 雪ノ下「そうね、二人で帰りましょう」チラ 八幡「おい、わざとか。 その目は」 雪ノ下「何を言っているのかしら、被害妄想もほどほどにしてほしいわ」 八幡「うっせーよ.. 」 雪ノ下「フフ、ではまた明日」 由比ヶ浜「じゃあねヒッキー」 八幡「おう」 本屋に寄って帰るか 八幡「新刊は明日発売か.. 」 「お父さんの仕事の関係で戻ってきた!」 八幡「へぇ、じゃあな.. 」 「ちょっと!?」ガシッ 八幡「何だよ.. 」 八幡「」スタスタ 桜「逃がさんよ」ガシッ 桜「仕方ないか.. 」ッス 八幡「え、」 桜「私たちさ、中学の時に中二病カップルで有名だったよね!」 八幡「は?覚えてないな.. 」 桜「この動画見ても?」つスマホ スマホ「八幡「オレノミギテガァァアア!! キェェエ! 」」 八幡「」ダラダラ 桜「他にもあるよ~」ッス 八幡「何で、そんな映像が... 」ダラダラ 桜「八幡くん好きすぎて一日中撮ってた」 八幡「おい」 桜「あ~何だかYOUTUBEにUPしたくなっちゃったわ~」 八幡「よし、サイゼ行こう。 」 サイゼリアーー 八幡「んで、何を企んでる」 桜「いや、何も企んでないよ.. 」 桜「ただ八幡くんと昔話をしたかっただけ」 八幡「ムリムリ、恥ずかしぬ」 八幡「お前と付き合ってた時が一番中二病が酷かったから思い出すだけでも恐ろしい」 桜「」ニヤニヤ 八幡「... そこはお世辞でも美人って言ってよ」 八幡「はいはい美人美人」 桜「.... ーーー 桜「ごめんごめん!遅くなt」 席 カラーン 桜「」 逃げられた! 八幡宅 八幡「う、うわぁぁあ最悪だぁぁぁあ!」ジタバタ 八幡「..... 」 八幡「いやぁぁぁああ!」ジタバタ 小町「お兄ちゃん煩い!」 八幡「はい」 学校ーー 八幡「はぁ... 」 戸塚「どうしたの八幡、元気ないね」 八幡「過去を消すにはどうすればいいんだ」 戸塚「え?何かあったの?」 八幡「いや、何でもない」 平塚「はーい席につけー」 戸塚「またね八幡」フリフリ 平塚「今日は転校生を紹介する」 マジ? パネェ!女の子? 八幡(まさか.. )ダラダラ 平塚「では入りたまえ」 「失礼します」ガララ 「初めまして、桜 彩芽と申します。 」 八幡「」白目 桜「」チラ 八幡「」ギク だが、学校で彼女は俺に話しかけては来なかった。 いや、寂しいとか思ってないからね? うん、まったく。 由比ヶ浜「あやちゃん、またね~」 桜「う、うん。 また明日」ゲッソリ ブフォww 初日から質問攻めにあって苦労してらぁw 桜「」ギロ 八幡「」 由比ヶ浜「ヒッキー!部活行こう!」グイ 八幡「おう」 桜「ぇ.. 」 桜「えぇぇえええええ!!」 クラス「!?」 八幡・由比ヶ浜「!?」 桜「は、はち、八幡くんが」 桜「あの、女子に触られただけで赤面して」 桜「照れ隠しに中二b」 八幡「そぉぉぉぉおおおおおおいい!」パシッ 桜「んぐぐぐ!」 八幡「ちょっとこっち来ようか桜さん?」 桜「んぐぐぐ.. 」 由比ヶ浜「」ポツーン 三浦「だ、大丈夫?結衣.. 」 ーー 八幡「お前、何て事言おうとしてんだよ」 桜「いや~ビックリだよ。 あの赤面中二病だった奴が」ヤレヤレ 八幡「奴って.. 獣だわ」 由比ヶ浜「ヒッキーの変態」 八幡「おい、勝手に暴走してんじゃねーよ」 八幡「あいつが勝手に俺の過去を話そうとしたかr」 八幡「あ、」 由比ヶ浜「過去?」 雪ノ下「何で、その転校生が貴方の過去を知っているのかしら」 八幡「... 」 八幡「あれだ」 八幡「昔同じ中学だったからな」 由比ヶ浜「えぇ!?そうなんだ!」 雪ノ下「その、全くもって興味ないのだけれど彼女とはどんな関係だったのかしら」 八幡「黙秘権を使わせてもらう」 雪ノ下「... 」 雪ノ下「やっぱり如何わしい関係だったのね」 由比ヶ浜「ヒッキーきもい」 八幡「なんで俺を犯罪者にしたがるの?泣くよ?」 八幡「ただの同級生だよ」 ガララ 平塚「比企谷いるか~?」 八幡「どうかしました?」 平塚「君に来客なんだが、いいか?」 八幡「.. ダメです」 平塚「じゃあ、入ってくれ」 八幡「おいコラ」 桜「やぁ!八幡くん」ヒョコ 由比ヶ浜「あ、あやちゃん」 八幡「... 」 桜「何でさっき私を置いて行っちゃうの?」 桜「探したんだよ?」ニッコリ 八幡「すまん」ゾク 雪ノ下「ちょっといいかしら」 桜「あ、これは失礼でしたね」 桜「私は桜 彩芽っていいます。 よろしく」 雪ノ下「貴方が、比企谷くんが話してた中学時代の同級生ね」 桜「え、同級生?」 雪ノ下「そうよ。 動画」 八幡「元カノでしたね。 はい」 由比ヶ浜「ひ、ヒッキーに彼女が居たなんて」 雪ノ下「信じられないわね」 桜「で、昨日八幡くんから復縁を求められたの!」キャー 雪ノ下「は?」ギロ 八幡「あれは誘導されただけだ、本気じゃない」 桜「酷い!乙女心を弄ぶなんて!」 平塚「比企谷、これはどういう状況だ」 八幡「帰っていいですか」 雪ノ下・由比ヶ浜・桜「ダメ」 サイゼリアーー 桜「そう言えば貴方の名前を聞いてなかったね」 由比ヶ浜「クラスで話したじゃん!」 桜「ごめんなさい。 名前を覚えるのが苦手で」 桜「ゆ、ゆい何とかさんでしたね」 由比ヶ浜「由比ヶ浜 結衣だよ~改めてよろしくね」 桜「そして.. 」 雪ノ下「私は雪ノ下 雪乃よ。 よろしくね」 桜「わぁ、二人とも美人さんだね~、ね?」 八幡「俺に振るなよ.. 」 雪ノ下「あら、いたの?」 八幡「学校から一緒に来たでしょ」 由比ヶ浜「あやちゃんも美人さんだよね~」 由比ヶ浜「背も高いし!羨ましいな」 桜「ありがと、そうやって誉めてくれると嬉しいよ」 桜「雪ノ下さんの肌はスベッスベだね!太もも触りたい!」 雪ノ下「ダメに決まってるでしょ」 桜「冗談だよ~」 桜「八幡くん」 八幡「」ビク 八幡「なんでしゅか」 桜「鞄持ってどこ行くの?」 八幡「トイレに行こうかなと」 桜「鞄持っていく必要あるかな?」 八幡「ないですね」 桜「じゃあ置いていこう」 八幡「はい」トボトボ 雪ノ下「」 由比ヶ浜「あやちゃんヒッキーの扱いに慣れてるね」 桜「まあ付き合ってたからね~」 由比ヶ浜「そう言えばどうやってヒッキーと付き合ったの?」 雪ノ下「確かに気になるわね」 桜「ん~もうね。 ちょう大変だったよ」 桜「中学の時は、折本って子と八幡くん との三人で話すことが多かったんだ」 桜「私は少しだけ八幡くんに惹かれててさ」 桜「でも、八幡くんは折本って子を選んだの、私じゃなくてね」 桜「結構ショックでさ」 桜「でも一番ショックだったのは八幡くんだろうね。 告白は断られるし、次の日から虐められるし、、」 由比ヶ浜「.. 」 桜「でも、私だけは八幡くんといる方が楽しかったから折本って子とは縁を切って私も一緒に虐められる立場になったんだよ」 桜「でも虐められるって結構辛くてさ、八幡くんはそれを察したのか私とも縁を切ろうとしてきたの」 桜「でも八幡くん無しじゃ生き甲斐がなかった私はそのまま勢いで告白したんだ~」 桜「でも断られちゃってさ、それでも諦めなかった」 桜「何回もアタックしたらついにOKされて付き合う事になったの」 桜「こんな感じかな」 由比ヶ浜「ぅう.. 」ポロポロ 桜「え!?なんで泣いてるの!?」 由比ヶ浜「感動したよ」 雪ノ下「凄いストーリーだったわ」 桜「ま、それくらいしなきゃ振り向いてくれないよ彼は」 八幡「何語ってんだよ」 桜「ぬぁあ!?」ビク 由比ヶ浜「ヒッキーいたんだ」 雪ノ下「さすがストーカーレベルが高いわね」 八幡「トイレから戻ってきてなんでフルボッコされんの」 八幡「もう19時だけど大丈夫か?」 雪ノ下「ほんとね。 」 桜「いや~話した話した」 八幡「余計なこと言ってないだろうな?」 桜「安心して!付き合った切っ掛けを話しただけだから」 八幡「あぁ、そうか」 八幡「あん時はその、悪かったな。 今さらだけど」 桜「え、」 八幡「いや、いろいろ迷惑掛けたし」プイ 由比ヶ浜「ヒッキー」ジーン 桜「私がしたくてしたんだから気にしないで」 八幡「お、おう。 そうか」 桜「じゃあ、八幡くんのお家に帰ろう!」 八幡「は?」 由比ヶ浜「ちょっと!?」 雪ノ下「どういう事かしら」 八幡「まさか.. 」 桜「そうだよ~前みたいに八幡くん家の2件隣の家に戻りました!」 八幡「マジか.... 」 雪ノ下「えぇ、また明日.. 」 由比ヶ浜「ヒッキー、あやちゃんバイバイ~.. 」 ヒッパンナ、イイジャーン 由比ヶ浜「すごい子だね」 雪ノ下「そうね、」 八幡宅ーーー 小町「ただいま~」ガチャ 小町「お兄ちゃん昨日のあれの話しn」 小町「.. 」 小町「どこかの兄貴を極度の中二病にして去って行きましたからね」 桜「... 」 八幡「とりあえず、離れよ?」 桜「仕方ない.. 」ッパ 八幡「」ッホ 桜「今日は泊まt」 小町「ダメ」 桜「小町ちゃんのケチ!ブラコン!チビッ子!」 小町「ち、チビッ子~!!」 桜「そうよ!チビッ子!チビッ子!」 小町「こんの~料理下手!運動音痴!」 桜「ふぁ!?」 八幡「たすけて~」 翌日学校ーー 戸塚「おはよう八幡!」 八幡「おはよう戸塚~... 」 戸塚「どうしたの?疲れてるみたいだけど.. 」 八幡「戸塚の家に引っ越したい」 戸塚「何言ってるのさ、悩みなら聞くよ?」 八幡「戸塚はマジ天使」 戸塚「また変な事いって」プンプン ガララ 桜「戸塚くんおはよう~」 戸塚「あ、桜さんおはよう!名前覚えてくれたんだ」 桜「貴方みたいな美少年はそうそういないからね」 戸塚「美少年って」ハハハ 桜「八幡くんもおはよう」 八幡「おう」 桜「じゃあね」フリフリ 戸塚「八幡って桜さんに名前で呼ばれてるんだね」 八幡「ん?まあ中学が同じだったからな」 戸塚「そうなんだ!知らなかったよ」 八幡「知ってる人は殆どいないからな」 戸塚「同じ中学ならもっと話せばいいのに」 八幡「学校ではあんまり話さないんじゃないか?」 八幡「特に教室では.. 」チラ 「桜って前までどこいたの?」 「青森県だよ~もともとは千葉にいたけど」 「へぇ~!そうなんだ!」 ワイワイ 戸塚「何か事情があるのかな?」 八幡「まあ、そんな所だ」 ガララ 平塚「はーい席につけ~」 戸塚「またね」フリフリ 八幡「おう」 奉仕部ーーー 由比ヶ浜「ねえねえ」 八幡「あん?」 由比ヶ浜「ヒッキーとあやちゃんって教室では全く話さないよね」.

次の

旧 SSナビ(移転しました) : アスナ「なんか凄そうなアイテムドロップした」キリト「?」

八幡くんとアスナさん

雪ノ下「もう下校時間になるから帰りましょう」 由比ヶ浜「ゆきのん一緒に帰ろー」 雪ノ下「そうね、二人で帰りましょう」チラ 八幡「おい、わざとか。 その目は」 雪ノ下「何を言っているのかしら、被害妄想もほどほどにしてほしいわ」 八幡「うっせーよ.. 」 雪ノ下「フフ、ではまた明日」 由比ヶ浜「じゃあねヒッキー」 八幡「おう」 本屋に寄って帰るか 八幡「新刊は明日発売か.. 」 「お父さんの仕事の関係で戻ってきた!」 八幡「へぇ、じゃあな.. 」 「ちょっと!?」ガシッ 八幡「何だよ.. 」 八幡「」スタスタ 桜「逃がさんよ」ガシッ 桜「仕方ないか.. 」ッス 八幡「え、」 桜「私たちさ、中学の時に中二病カップルで有名だったよね!」 八幡「は?覚えてないな.. 」 桜「この動画見ても?」つスマホ スマホ「八幡「オレノミギテガァァアア!! キェェエ! 」」 八幡「」ダラダラ 桜「他にもあるよ~」ッス 八幡「何で、そんな映像が... 」ダラダラ 桜「八幡くん好きすぎて一日中撮ってた」 八幡「おい」 桜「あ~何だかYOUTUBEにUPしたくなっちゃったわ~」 八幡「よし、サイゼ行こう。 」 サイゼリアーー 八幡「んで、何を企んでる」 桜「いや、何も企んでないよ.. 」 桜「ただ八幡くんと昔話をしたかっただけ」 八幡「ムリムリ、恥ずかしぬ」 八幡「お前と付き合ってた時が一番中二病が酷かったから思い出すだけでも恐ろしい」 桜「」ニヤニヤ 八幡「... そこはお世辞でも美人って言ってよ」 八幡「はいはい美人美人」 桜「.... ーーー 桜「ごめんごめん!遅くなt」 席 カラーン 桜「」 逃げられた! 八幡宅 八幡「う、うわぁぁあ最悪だぁぁぁあ!」ジタバタ 八幡「..... 」 八幡「いやぁぁぁああ!」ジタバタ 小町「お兄ちゃん煩い!」 八幡「はい」 学校ーー 八幡「はぁ... 」 戸塚「どうしたの八幡、元気ないね」 八幡「過去を消すにはどうすればいいんだ」 戸塚「え?何かあったの?」 八幡「いや、何でもない」 平塚「はーい席につけー」 戸塚「またね八幡」フリフリ 平塚「今日は転校生を紹介する」 マジ? パネェ!女の子? 八幡(まさか.. )ダラダラ 平塚「では入りたまえ」 「失礼します」ガララ 「初めまして、桜 彩芽と申します。 」 八幡「」白目 桜「」チラ 八幡「」ギク だが、学校で彼女は俺に話しかけては来なかった。 いや、寂しいとか思ってないからね? うん、まったく。 由比ヶ浜「あやちゃん、またね~」 桜「う、うん。 また明日」ゲッソリ ブフォww 初日から質問攻めにあって苦労してらぁw 桜「」ギロ 八幡「」 由比ヶ浜「ヒッキー!部活行こう!」グイ 八幡「おう」 桜「ぇ.. 」 桜「えぇぇえええええ!!」 クラス「!?」 八幡・由比ヶ浜「!?」 桜「は、はち、八幡くんが」 桜「あの、女子に触られただけで赤面して」 桜「照れ隠しに中二b」 八幡「そぉぉぉぉおおおおおおいい!」パシッ 桜「んぐぐぐ!」 八幡「ちょっとこっち来ようか桜さん?」 桜「んぐぐぐ.. 」 由比ヶ浜「」ポツーン 三浦「だ、大丈夫?結衣.. 」 ーー 八幡「お前、何て事言おうとしてんだよ」 桜「いや~ビックリだよ。 あの赤面中二病だった奴が」ヤレヤレ 八幡「奴って.. 獣だわ」 由比ヶ浜「ヒッキーの変態」 八幡「おい、勝手に暴走してんじゃねーよ」 八幡「あいつが勝手に俺の過去を話そうとしたかr」 八幡「あ、」 由比ヶ浜「過去?」 雪ノ下「何で、その転校生が貴方の過去を知っているのかしら」 八幡「... 」 八幡「あれだ」 八幡「昔同じ中学だったからな」 由比ヶ浜「えぇ!?そうなんだ!」 雪ノ下「その、全くもって興味ないのだけれど彼女とはどんな関係だったのかしら」 八幡「黙秘権を使わせてもらう」 雪ノ下「... 」 雪ノ下「やっぱり如何わしい関係だったのね」 由比ヶ浜「ヒッキーきもい」 八幡「なんで俺を犯罪者にしたがるの?泣くよ?」 八幡「ただの同級生だよ」 ガララ 平塚「比企谷いるか~?」 八幡「どうかしました?」 平塚「君に来客なんだが、いいか?」 八幡「.. ダメです」 平塚「じゃあ、入ってくれ」 八幡「おいコラ」 桜「やぁ!八幡くん」ヒョコ 由比ヶ浜「あ、あやちゃん」 八幡「... 」 桜「何でさっき私を置いて行っちゃうの?」 桜「探したんだよ?」ニッコリ 八幡「すまん」ゾク 雪ノ下「ちょっといいかしら」 桜「あ、これは失礼でしたね」 桜「私は桜 彩芽っていいます。 よろしく」 雪ノ下「貴方が、比企谷くんが話してた中学時代の同級生ね」 桜「え、同級生?」 雪ノ下「そうよ。 動画」 八幡「元カノでしたね。 はい」 由比ヶ浜「ひ、ヒッキーに彼女が居たなんて」 雪ノ下「信じられないわね」 桜「で、昨日八幡くんから復縁を求められたの!」キャー 雪ノ下「は?」ギロ 八幡「あれは誘導されただけだ、本気じゃない」 桜「酷い!乙女心を弄ぶなんて!」 平塚「比企谷、これはどういう状況だ」 八幡「帰っていいですか」 雪ノ下・由比ヶ浜・桜「ダメ」 サイゼリアーー 桜「そう言えば貴方の名前を聞いてなかったね」 由比ヶ浜「クラスで話したじゃん!」 桜「ごめんなさい。 名前を覚えるのが苦手で」 桜「ゆ、ゆい何とかさんでしたね」 由比ヶ浜「由比ヶ浜 結衣だよ~改めてよろしくね」 桜「そして.. 」 雪ノ下「私は雪ノ下 雪乃よ。 よろしくね」 桜「わぁ、二人とも美人さんだね~、ね?」 八幡「俺に振るなよ.. 」 雪ノ下「あら、いたの?」 八幡「学校から一緒に来たでしょ」 由比ヶ浜「あやちゃんも美人さんだよね~」 由比ヶ浜「背も高いし!羨ましいな」 桜「ありがと、そうやって誉めてくれると嬉しいよ」 桜「雪ノ下さんの肌はスベッスベだね!太もも触りたい!」 雪ノ下「ダメに決まってるでしょ」 桜「冗談だよ~」 桜「八幡くん」 八幡「」ビク 八幡「なんでしゅか」 桜「鞄持ってどこ行くの?」 八幡「トイレに行こうかなと」 桜「鞄持っていく必要あるかな?」 八幡「ないですね」 桜「じゃあ置いていこう」 八幡「はい」トボトボ 雪ノ下「」 由比ヶ浜「あやちゃんヒッキーの扱いに慣れてるね」 桜「まあ付き合ってたからね~」 由比ヶ浜「そう言えばどうやってヒッキーと付き合ったの?」 雪ノ下「確かに気になるわね」 桜「ん~もうね。 ちょう大変だったよ」 桜「中学の時は、折本って子と八幡くん との三人で話すことが多かったんだ」 桜「私は少しだけ八幡くんに惹かれててさ」 桜「でも、八幡くんは折本って子を選んだの、私じゃなくてね」 桜「結構ショックでさ」 桜「でも一番ショックだったのは八幡くんだろうね。 告白は断られるし、次の日から虐められるし、、」 由比ヶ浜「.. 」 桜「でも、私だけは八幡くんといる方が楽しかったから折本って子とは縁を切って私も一緒に虐められる立場になったんだよ」 桜「でも虐められるって結構辛くてさ、八幡くんはそれを察したのか私とも縁を切ろうとしてきたの」 桜「でも八幡くん無しじゃ生き甲斐がなかった私はそのまま勢いで告白したんだ~」 桜「でも断られちゃってさ、それでも諦めなかった」 桜「何回もアタックしたらついにOKされて付き合う事になったの」 桜「こんな感じかな」 由比ヶ浜「ぅう.. 」ポロポロ 桜「え!?なんで泣いてるの!?」 由比ヶ浜「感動したよ」 雪ノ下「凄いストーリーだったわ」 桜「ま、それくらいしなきゃ振り向いてくれないよ彼は」 八幡「何語ってんだよ」 桜「ぬぁあ!?」ビク 由比ヶ浜「ヒッキーいたんだ」 雪ノ下「さすがストーカーレベルが高いわね」 八幡「トイレから戻ってきてなんでフルボッコされんの」 八幡「もう19時だけど大丈夫か?」 雪ノ下「ほんとね。 」 桜「いや~話した話した」 八幡「余計なこと言ってないだろうな?」 桜「安心して!付き合った切っ掛けを話しただけだから」 八幡「あぁ、そうか」 八幡「あん時はその、悪かったな。 今さらだけど」 桜「え、」 八幡「いや、いろいろ迷惑掛けたし」プイ 由比ヶ浜「ヒッキー」ジーン 桜「私がしたくてしたんだから気にしないで」 八幡「お、おう。 そうか」 桜「じゃあ、八幡くんのお家に帰ろう!」 八幡「は?」 由比ヶ浜「ちょっと!?」 雪ノ下「どういう事かしら」 八幡「まさか.. 」 桜「そうだよ~前みたいに八幡くん家の2件隣の家に戻りました!」 八幡「マジか.... 」 雪ノ下「えぇ、また明日.. 」 由比ヶ浜「ヒッキー、あやちゃんバイバイ~.. 」 ヒッパンナ、イイジャーン 由比ヶ浜「すごい子だね」 雪ノ下「そうね、」 八幡宅ーーー 小町「ただいま~」ガチャ 小町「お兄ちゃん昨日のあれの話しn」 小町「.. 」 小町「どこかの兄貴を極度の中二病にして去って行きましたからね」 桜「... 」 八幡「とりあえず、離れよ?」 桜「仕方ない.. 」ッパ 八幡「」ッホ 桜「今日は泊まt」 小町「ダメ」 桜「小町ちゃんのケチ!ブラコン!チビッ子!」 小町「ち、チビッ子~!!」 桜「そうよ!チビッ子!チビッ子!」 小町「こんの~料理下手!運動音痴!」 桜「ふぁ!?」 八幡「たすけて~」 翌日学校ーー 戸塚「おはよう八幡!」 八幡「おはよう戸塚~... 」 戸塚「どうしたの?疲れてるみたいだけど.. 」 八幡「戸塚の家に引っ越したい」 戸塚「何言ってるのさ、悩みなら聞くよ?」 八幡「戸塚はマジ天使」 戸塚「また変な事いって」プンプン ガララ 桜「戸塚くんおはよう~」 戸塚「あ、桜さんおはよう!名前覚えてくれたんだ」 桜「貴方みたいな美少年はそうそういないからね」 戸塚「美少年って」ハハハ 桜「八幡くんもおはよう」 八幡「おう」 桜「じゃあね」フリフリ 戸塚「八幡って桜さんに名前で呼ばれてるんだね」 八幡「ん?まあ中学が同じだったからな」 戸塚「そうなんだ!知らなかったよ」 八幡「知ってる人は殆どいないからな」 戸塚「同じ中学ならもっと話せばいいのに」 八幡「学校ではあんまり話さないんじゃないか?」 八幡「特に教室では.. 」チラ 「桜って前までどこいたの?」 「青森県だよ~もともとは千葉にいたけど」 「へぇ~!そうなんだ!」 ワイワイ 戸塚「何か事情があるのかな?」 八幡「まあ、そんな所だ」 ガララ 平塚「はーい席につけ~」 戸塚「またね」フリフリ 八幡「おう」 奉仕部ーーー 由比ヶ浜「ねえねえ」 八幡「あん?」 由比ヶ浜「ヒッキーとあやちゃんって教室では全く話さないよね」.

次の