黒豆 圧力 鍋。 失敗知らずの土井勝先生の黒豆レシピ!圧力鍋にも応用してみました♪

失敗知らずの土井勝先生の黒豆レシピ!圧力鍋にも応用してみました♪

黒豆 圧力 鍋

「まめに働く」という語呂合わせから「元気に働けますように」との願いが込められている黒豆。 母がストーブの上でことこと黒豆を煮るのが、私の実家ではいつもの年末の光景でした。 しかし我が家にはストーブが無い! かといって普通の鍋でことこと何時間も煮るとガス代がかかりそう。 そんなときに活躍するのが圧力鍋です。 圧力鍋を使えば時短で黒豆を作ることができます。 しかも釘なし・重曹なしでとっても簡単。 実際に失敗しないというレシピで作ってみましたが、甘さひかえめで、ずっと食べ続けられそうな甘さでした。 甘くない黒豆が好きな方はレシピ通りに、甘いのが好きな方は味見をしながら少し砂糖の量を増やすと良いと思います。 それでは実際に圧力鍋で作ってみたときの様子をご覧ください! スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋を使った簡単な作り方 材料• 黒豆 200g• 砂糖 140g• しょうゆ 小さじ2• 水 4カップ 800ml 材料はとってもシンプルです。 豆は新豆が煮えやすく扱いやすいとされています。 私は去年の黒豆が家にあったので使ってみましたが難なく作れました。 豆は乾物なので、1~2年くらい経過していても大抵食べられます。 一体いつの豆か分からない物が出てきたら、試しに何粒か水に浸けてみて下さい。 2日間ほど長めに浸してみて、これでふやけてくれれば使えます。 しかしふやけなければ調理しても煮えないので、もったいないですが廃棄してください。 作り方 1. 黒豆を水で洗い、ざるに上げる 黒豆を洗うとき、特に新豆を使う場合はゴシゴシ洗うと皮が破れてしまいます。 ボウルにたっぷりの水を入れ、ゆっくりとくるくるかき混ぜるようにする。 またはざるの上からそっと水をかけるくらいで大丈夫です。 水と調味料を入れて沸騰させる 黒豆以外の調味料を全て圧力鍋に入れて沸騰させます。 沸騰したら火を止めます。 洗った黒豆を入れて一晩浸けておく 沸騰させた熱い煮汁に黒豆を入れます。 「一晩」はだいたい8時間が目安です。 豆が古い場合は少し長めに浸けても構いません。 一晩浸けておいたら煮汁の色が濃くなって、黒豆っぽくなってきました。 圧力鍋で煮る 圧力鍋のふたをし、強火にかけます。 沸騰しておもりがふれたら弱火にして20分加熱した後、火を止めます。 ワンダーシェフなどの高圧鍋の場合、加熱時間は1分です。 自然冷却 加熱し終わったらそのまま自然冷却させ、煮汁に1日浸けておきます。 これで出来上がりです。 こうして作った黒豆がこちら。 1日煮汁に浸けておいたものです。 しわもなく、破れもせず、ふっくらと出来上がりました! あまりの簡単さにちょっとビックリです。 甘さも控えめで、豆大好きな子供達があっという間にたいらげてしまいました。 スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋で失敗しない方法のポイント 圧力鍋を使って黒豆を作るときに多い失敗が「シワになる」「皮が破れる」というもの。 皮が破れる主な原因は ・豆を戻すときに水で戻した ・煮るときに豆同士がぶつかる といった理由から。 このレシピではたっぷりの煮汁で煮るので、豆が煮汁から出る心配はあまりありません。 また加熱時間をきちんと守れば、豆がぶつかって皮が破れる心配もありません。 圧力鍋で作るときのポイントは ・煮ている最中に鍋のふたを開けない ・加熱時間を守る ・自然冷却の際、完全に冷めるまではふたを開けない です。 気になってどうなっているか見たくなりますが、これらを守れば高確率で失敗は避けられると思います。

次の

【みんなが作ってる】 黒豆 圧力鍋のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

黒豆 圧力 鍋

つけ汁は捨てずに、次の工程で使います。 ピンが上がって、調理が始まるまでの 余熱時間は約12分でした。 ピンが下がるまでの 蒸らし時間は約20分でした。 放置することで、黒豆にしっかりと味がしみこみます。 おせち料理に作る量としても、ちょうど良さそう。 すぐにできるから、正月になくなってから作る感じでも大丈夫そうです。 おせち料理の黒豆が簡単にできる! 手間なく、簡単に、好みの甘さに黒豆が作れます。 毎年のお正月が楽しみです。 電気圧力鍋SR-MP300で黒豆を作った感想・まとめ 黒豆を前日に洗って、調味料を計量して、混ぜて溶かして、後はお鍋に全部入れるだけ。 忙しい年末にはかなり重宝しますね。

次の

黒豆 電気圧力鍋で作るレシピ 重曹や錆釘は必要なし!

黒豆 圧力 鍋

【材料・分量】 ・黒豆(乾) 300g <煮汁> ・水 カップ10 ・砂糖 250g ・しょうゆ カップ4分の1(50cc ) ・塩 小さじ2分の1(2. 5~3g) ・重曹 小さじ2分の1(1. 5g) ・錆釘(鉄製) 約10本(100gほど) 錆釘は洗って使います。 なければ入れなくてもOKですが、あった方が 釘の鉄分で、豆がより黒く仕上がります。 衛生面や手軽さから、鉄卵の使用をオススメします。 鉄たまご950円(税込・送料別・楽天) (画像クリックで詳細をご覧頂けます) スキヤキ用の鉄鍋で煮たこともありましたが、 鍋が浅いのでイマイチでした。 私の鉄卵は実家に置いてきてしまったので、 今年も入れずに炊きました。 【手順】 1:黒豆は優しく洗ってザルなどにあげておく 2:鍋に<煮汁>の材料を入れて火にかけ煮立てる 3:煮汁があついうちに豆と錆釘を入れて一晩置く 4:3の鍋を強火にかけて、煮立ったらアクを取る 5:少量(100cc程度)の差し水を数回しながら丁寧にアクを取る 6:落し蓋と鍋の蓋をして出来る限りの弱火で8時間煮る 途中煮詰まって豆が煮汁からでそうならばお湯を足す 7:豆が柔らかくなり、煮汁がひたひた~少し豆にかぶる位まで煮詰める 8:火を止めて錆釘を取り出しそのまま冷まして味を含ませる 最大のポイントは、熱い煮汁で豆を戻すことです。 煮汁はかけそばのつゆのような色をしていますが、 煮立てて黒豆を入れると黒くなります。 豆を入れた時に突沸のようになることがあるのでご注意ください。 豆はごしごし洗うと皮が破れてしまいます。 私はボウルにぬるま湯を張ってザルをセットし、 そこに豆を入れて泳がすようにさっと軽く洗っています。 煮汁に入れたばかりの時はこのようにしわしわしていますが、 戻るとふっくらします。 (まだしわがある場合は戻しが足りません。 ) 煮汁で戻した黒豆です。 ぬるま湯で戻した時にくらべて、皮が破れてしまった 豆が少なかったのが印象的でした。 アクも結構沢山出るので、丁寧に取り除きます。 アク取りをさぼると、渋みが出てしまいます。 スポンサードリンク 私は圧力鍋派なので、手順6の8時間煮る工程を 圧力鍋で行いました。 鍋に対して煮汁が多かったので、煮汁を減らして 圧力をかけ、豆が柔らかくなった後に煮汁だけ煮詰めて 豆と合わせました。 (煮汁を煮詰める時にアクが出たら丁寧に取り除きます。 圧力鍋で煮た豆に、煮詰めた煮汁を合わせて一晩置いたものです。 写真の関係で赤っぽく写っていますが、 実際はもっと黒く仕上がっています。 盛りつけて空気に触れると黒さが増します。 ふっくら、つやつや、柔らかく煮上がりました^^ 味わいについては、いつも私が作る味付けに比べて 醤油の量が多かったため、甘じょっぱい感じが 強めに出ていました。 「メリハリがある味付け」と言い換えることもできます。 これまでは戻しの段階で皮が破れてしまって、 煮る前から少し残念な状態になってしまっていましたが、 画像からも豆の皮破れが少ないのがお分かり頂けるかと思います。 このレシピは故、土井勝先生が家庭の主婦向けにと 実に15年の年月をかけて考案されたものだそうです。 このレシピが世に出てから長い年月を経た今でも、 NHKのきょうの料理で紹介されるなどして脈々と 受け継がれています。 豆を戻す時の煮汁の味の濃さなど、きっと試行錯誤の 末に見出されたた分量だと思います。 今回は黒豆の量を500gに換算したことと、圧力鍋を 使ったことで煮汁が随分余りましたが、単に煮汁の量を 減らすのではなく、あえて余分な煮汁を煮詰める方法を とりました。 煮汁を煮詰める時には底面積が広いフライパンなどを 使うと比較的早く煮詰まりますよ。 黒豆だけでなく、土井先生のレシピは実用的で ためになるものが沢山あります。 土井 勝 日本のおかず500選(¥2621 amazon) 一家に一冊あると重宝します。 旬の食材を使った季節ごとの料理と50音順の食材索引で 大変使いやすい1冊です。 画像クリックで本の詳細や「なか見!検索」もできます^^ そんなこんなで、今年は例年よりもワンランク上の 黒豆が出来上がりました。 年末には我が家の分も再度この方法で煮る予定です^^.

次の