天皇 賞 秋 オッズ。 天皇賞秋2019の出走予定馬や騎手・予想オッズや注目馬考察/1枠2番は危険な香り

【天皇賞秋2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

天皇 賞 秋 オッズ

第161回 天皇賞春(Tenno Sho Spring) 2020年5月3日(日)京都競馬場 格:G1 1着本賞金:1億5,000万円 年齢:4歳以上 距離:3,200m(芝・右) 京都競馬場で行われる芝G1最長距離の戦いとなる天皇賞春。 優勝馬に贈られる天皇盾をめぐる争いが繰り広げれられる。 前哨戦となる阪神大賞典、日経賞の勝ち馬には天皇賞春の優先出走権が与えられている。 過去の勝ち馬には錚々たる名前が並ぶ。 長距離では圧倒的な強さを見せたメジロマックイーン。 見ごたえある三強対決を制したマヤノトップガン。 種牡馬としても大活躍の三冠馬・ディープインパクト。 何かを起こしてくれると期待させた黄金船・ゴールドシップ。 レコードタイムで天皇賞春連覇を達成したキタサンブラックなど日本競馬を彩った名馬が勝利してきた。 秋には東京2000mで行われる天皇賞秋が開催されている。

次の

天皇賞

天皇 賞 秋 オッズ

昨日、地方競馬の元騎手がオンラインサロンの募集をされていて、VIPであれば約1年で 50万みたいですが、騙される奴はアホ!という意見は理解できる反面、一定数、50万を支払う方も居られる訳で、視点を変えると、オンラインサロンで 横のつながりがあるのであれば、50万を支払う層との人脈ができるので、広告費としては高くないのかなと思っています。 直球で書くと、鴨リストを50万で入手できるという話で、ツイッターで100万を配っている方とかも、その方をフォローしている方とか、リツイートしている方というのは、あわよくば100万…という層な訳で、その方の偽物のアカウントも増えていますが、そんなことをするよりも、100万を配布されている方のフォロワーをリスト化すればいいだけの話なのかなと。 その後、メンションやDM機能を使って、フォロワーの方に100万が当選したというメッセージを送り、100万の支払いの前提条件として、アフィリエイトなどの無料案件に登録を促せば、アフィリエイト報酬と同時に、メールリストも取得できると思っていて、一石三鳥だなと思っています。 100万を本当にプレゼントするというのは関係なく、主催者が一方的にメリットのあるシステムなので、目先の100万よりも、100万を稼ぐ方法に興味があるのですが、毎日、こんなことばかり考えています。 フォロワーをリスト化するプログラムは、結構、簡単に作られる気がするので、ツイッターの利用条件が変わるまでに動いておけば、格安でリストを取得できるので、荒稼ぎしたい方はお急ぎ下さい。 さて、天皇賞・秋2019の予想オッズです。 天皇賞・秋2019 予想オッズ 出典元: 1番人気は、 アーモンドアイですね。 今回、穴馬を探すよりも、アーモンドアイと サートゥルナーリアの勝負を楽しむのが良いと思っていて、馬券的には全く妙味のないレースだと思っています。 アーモンドアイの前走は、安田記念2019ですが、このレースは前が全く止まらない流れで、唯一、アーモンドアイだけが後方から脚を伸ばしていて、最後は差し届かなかったのですが、他の馬が止まって見えるほど末脚は異次元級で、今回は、サートゥルナーリアを捕まえられるかどうかのレースだと思っています。 直線を向いた時に、他馬に包まれていて、その後、一旦、進路は空くのですが、前の馬が壁になっていて、追い出しがかなり遅れています。 1,2着の馬は、アーモンドアイよりも早目に追い出していたので、このレースを見た時に、最も強かったのはアーモンドアイで、1600mで、このパフォーマンスであれば、2000m以上は敵なしだろうなと。 特に東京での末脚勝負では、古馬の一線級の馬でも勝てないと思っているというか、昨年のジャパンカップ2018が強烈な内容だったので、単にアーモンドアイが好きなだけですが、この動画はわくわく度が増すので、お勧めです。 このレースを見た時に、2番手の位置から、最強の末脚を繰り出すのは反則だろうと思っていて、あの位置にポジションを取ったルメール騎手もすごいとは思う反面、そこから最速に近い上りで、文字どおり、ぶっち切っているので、こういう規格外の馬は大好きですね。 今回、21週の休み明けなので、不安材料は0ではないと思いますが、今回に関しては逆張りする方が不正解だと思っています。 5着が人気薄凄い! 確かにメロディーレーンはびっくり だけどね。 さて、2番人気は、 サートゥルナーリアですね。 クラシックまでは、過剰人気で、そこまで強い馬とは思っていなかったのですが、前走の神戸新聞杯2019が圧巻の内容で、着差は0. 5秒差ですが、最後は完全に流していて相手は菊花賞2019の上位馬なだけに、今回も、かなり期待できるのかなと。 日本ダービー2019では、痛恨の出遅れだったのですが、最速の上りで追い込んでいるので、多分、どこからの位置でも末脚は確実な馬だと思っていて、クラシックまでは、切れ味が鋭いというよりも、持続性のあるレベルの高い末脚だと思っていた反面、前走で、キレが増していたので、アーモンドアイとの末脚勝負は、本当に楽しみだなと。 願わくは、2頭共が前目に付けて、天上界の戦いを繰り広げて頂きたいというか、壮絶な叩き合いを見てみたいので、このレースは馬券を買うよりも、レースを楽しむのが正解だと思います。 勿論、この2頭が馬券を外す可能性もあるとは思う反面、ここは順張りで楽しんだ方が、後々、記憶に残るというか話のネタになりそうなので、仮に、アーモンドアイが負けて、「帯馬券を取った!」とか言われても、何となく残念な方に見えるので、100万馬券は、別のレースで狙えばいいのかなと。 今回、穴馬不在というよりも、穴馬を探していないので、Win5は、この2頭を軸にして、4レース目までを何とかして突破して、約2分間をドキドキしたいですね。 今週末も、引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。

次の

天皇賞(秋)(過去GⅠ成績) JRA

天皇 賞 秋 オッズ

Contents• 天皇賞秋は秋の中距離王決定戦となる重賞レースです。 (写真は2018天皇賞秋 レイデオロ) 天皇賞秋は秋の中距離王決定戦となる重賞レースです。 天皇賞秋は東京芝2000mで行われるだけに スピードを中心とした総合力が問われるレースで これからジャパンカップを狙う馬、有馬記念を狙う馬 マイルチャンピオンシップを狙う馬と様々な適性を持つ バラエティーに富んだ馬が出走するレースです。 昨年はレイデオロが勝利。 そして一昨年はキタサンブラック、3年前はモーリスと 近年は超一流馬が勝利しており 今年の天皇賞秋もハイレベルのレースが期待できます。 そんな天皇賞秋2019にどんな馬が出走してくるのか? 出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。 < 出走予定馬&予想オッズ > アーモンドアイ ルメール 2.3倍 サートゥルナーリア スミヨン 3.3倍(ジャパンカップと両にらみ) ダノンプレミアム 川田 6.3倍 ワグネリアン 7.1倍 ユーキャンスマイル 岩田康誠 10.0倍 アエロリット 13.6倍 アルアイン 北村友一 14.7倍 ウインブライト 松岡 17.2倍 スワーヴリチャード 横山典弘 19.9倍 スカーレットカラー 21.3倍(エリザベス女王杯が濃厚) マカヒキ 23.1倍 スティッフェリオ 丸山 26.0倍 ドレッドノータス 坂井瑠星 31.2倍 ランフォザローゼス 北村宏司 72.1倍 ゴーフォザサミット デムーロ 86.8倍 カデナ 85.3倍 ケイアイノーテック 幸 124.1倍 ダノンキングリー(出走回避:マイルCSへ) レイデオロ(出走回避) ミッキースワロー(出走回避:福島記念へ) < MOTOの競馬メールマガジン > 馬券の回収率を上げるための方法論や 予想力を上げる馬の見方については 無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。 予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は 以下をクリックして申し込んで下さい。 < 今週の重賞注目馬 > 毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を ブログランキングで公開しています。 それでもその能力は疑う余地がないので 天皇賞秋では現役最強馬として堂々たるレースを見せてほしいですね。 3歳牡馬の筆頭格 ダノンキングリー 皐月賞3着、日本ダービー2着と3歳世代では トップクラスの成績を収めてきたダノンキングリー 秋シーズンは距離適性を考慮して菊花賞ではなく 天皇賞秋に矛先を向けてきました。 古馬勢との力関係は未知数ですが 消耗度合いも少なく、斤量の恩恵もある立場なので ここでの一発は十分に考えられる馬ですね。 (出走回避) 安田記念の屈辱を晴らしたい ダノンプレミアム アーモンドアイを倒せるのはダノンプレミアムしかいない! という評価を受けて出走した安田記念では 何も出来ずに大惨敗という屈辱を喫してしまったダノンプレミアム 春シーズンに出走した金鯱賞、マイラーズカップの走りを見せれば 能力はGIでもトップクラスである事は間違いない馬。 天皇賞秋で再びアーモンドアイへの挑戦をして、今度こそ戴冠したいところです。 稀代の東京巧者 アエロリット 東京競馬場では抜群の安定感を誇るアエロリット 今年の安田記念では2着、昨年の安田記念でも2着 そして、昨年の毎日王冠でも1番人気で勝利しており 東京競馬場の牡馬混合戦では無類の強さを誇ります。 不利があったとはいえ、安田記念ではアーモンドアイにも土をつけており 今年の天皇賞秋でも面白い存在になりそうですね。 以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

次の