津田塾 大学。 津田塾大学 偏差値 2020

【2019】津田塾大学の評判・偏差値・キャンパスを紹介!

津田塾 大学

【学芸学部】• 英文学科(新 英語英文学科)• 国際関係学科• 多文化・国際協力学科(2019年度新設)• 数学科• 情報科学科 【総合政策学部】• 総合政策学科(2017年 4月に新設) 学芸学部は上記の5つの学科からなり、東京都の小平市というところにキャンパスを置いています。 キャンパス自体はとてものどかな場所にあるので、集中して勉強したい人にはうってつけです。 一方、総合政策学部は2017年に新設され、東京都渋谷区の千駄ヶ谷にキャンパスがあります。 渋谷区と言っても、みなさんが想像するような「スクランブル交差点」がある場所ではないので安心してください。 笑 どちらの学部にも魅力的なポイントはたくさんあります。 津田塾の各学部・学科についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。 という意見はさておき、津田塾の学生は一見チャラチャラしてそうでも、話すと根はとんでもなく真面目で驚きます。 スナックで働いてても、キャバ嬢のバイトしてても、例外なくみんな真面目です(私の経験上) 大学生活での目標が明確であり、何事にも熱心に取り組みたい方にはめっちゃオススメできる大学です。 世間からの評価 近年、女子大への人気が下降傾向にあるようです。 また、地方へ行くとどうしても女子大の知名度は落ちます。 小規模な大学ですので、そこは避けられません。 が、みなさんが思っているよりも津田塾大学の評価は高いので安心してください。 在学中も卒業しても、津田塾大学の人間というだけですごいねと言われます。

次の

津田塾大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

津田塾 大学

みなさん、こんにちは。 5月23日、「総合2019」第6回は津田塾大学髙橋裕子学長による講演でした。 髙橋先生は津田塾大学英文学科を1980年に卒業し、2016年から津田塾大学学長を務めていらっしゃいます。 先日、津田梅子が新5000円札のデザインに選ばれ話題となりました。 この機会に、津田梅子がどのような人物だったのかをより深く知るため、津田梅子の研究をしておられる高橋学長に講演をお願いしました。 今回髙橋先生には、津田梅子の人間関係、考え方、女子英学塾を設立するまでの過程などについて講演していただきました。 特に、今回の講演のタイトルが「大海をわたった、津田梅子の歩み」とあるように、梅子が「大海」を渡ってどのようにネットワークを築き、国内外でそれをどのように活用してきたのについて詳しくお話していただきました。 津田梅子にとって、大海を渡った経験は自分に馴染みのない文化や世の中の動向を理解して吸収する、そして自分自身を変化・成長させ、自分の力量を拡大させるような経験だったそうです。 この経験が糧となり、梅子は大海を越える、強く大きなネットワークを築きました。 ここで髙橋先生が紹介してくださったゆかりのある人物のうち、3名を紹介します。 わたしは、この3名の女性がそれぞれ強い信念を持って女性教育を推進したという点に惹かれました。 1人目は山川捨松 のちに大山捨松 です。 彼女は梅子と同様に、日本女子留学生の1人でした。 捨松と梅子は留学を通して、まるで姉妹のような深い絆を築きます。 1882年、2人は帰国船の中で、アメリカで経験した女子教育を日本に広める約束をします。 当初は捨松が女学校を作り、それを梅子が支援するという計画を立てていたそうです。 帰国後、梅子は捨松が大学を卒業したことに影響を受け、自身も教師になるために再び渡米しブリンマー大学で学び始めます。 しかしその時代の風潮と環境により捨松は自身の女学校を作ることができませんでした。 その後、梅子が女子英学塾を設立する計画を立てると、捨松は率先して協力します。 1900年の女子英学塾設立後、捨松は女子英学塾の顧問になり、後に理事や同窓会長を務めます。 このように捨松は津田梅子の女子英学塾運営に大きく貢献しました。 女子英学塾の社団法人設立登記は大山捨松と津田梅子の2人の名前で申請したそうです。 そして2人目はアリス・ベーコンです。 彼女は捨松のホストファミリーであり、梅子の盟友となります。 アリス・ベーコンは梅子が女子英学塾を設立しようとしていることを知ると、アメリカで率先して募金活動を行います。 1900年の女子英学塾設立時には女子英学塾英語教師として来日し、1902年に任期が終わるまで英語教師の役目を果たしました。 2017年にこの2人の絆を讃えて建てられたのが、津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスにあるアリス・メイベル・ベーコン記念館です。 そして、最後の3人目はM・ケアリ・トマスです。 彼女はブリンマー大学学部長であり、女性高等教育のパイオニアでした。 1890年、梅子はもう一度大海を渡り留学したブリンマー大学で彼女と出会いました。 M・ケアリ・トマスは女性も学問ができるということを、生涯をかけて証明しようとしていたそうです。 トマスと梅子は共に男女共同参画の先駆けとなる思想を持っていました。 トマスの元に留学した梅子は、1891年、自分に続いて日本人女性がブリンマー大学で学べるように、日本人女性米国奨学金制度を設立します。 奨学金は8000ドルほど集まりました。 当時の8000ドルは一説によると現在の日本で約1億2000万円にも相当するそうです。 募金の賛同者リストの中にはM・ケアリ・トマスの名前ももちろんありました。 この3名の他にも、津田梅子と深い絆や関係がある人物は多く存在しました。 津田梅子はその大海を超えたネットワークを活用し、女子英学塾を設立するのに必要な資金、人材、情報を用意したのです。 このネットワークがなければ、今私達が津田塾大学で学ぶことはなかったと思うと不思議です。 今回の講演から、津田梅子に並外れた行動力があり、強い信念を持っていた偉大な女性だったということを再確認しました。 しかし偉大な先人を前に、私たちが彼女のような偉大な女性にはなれないと思う必要はないと思います。 彼女も今の私たちと同じ、一人の女学生でした。 彼女のようになりたいのならば、私たちも大海をわたれば良いのではないでしょうか。 「大海をわたる」というのは必ずしも留学をするということではないと思います。 異なる年齢層と関わること、知らない土地への旅行に行くことなども「大海をわたること」だと思いました。 そして、私たちもそれぞれの大海をわたり、多くの経験をし、自分自身を成長させることこそが津田梅子らの希望だと思いました。 彼女らが熱い信念を持って築いたこの大学で、私はこれからの4年間様々な大海をわたって学んでいきたいと思います。

次の

【2019】津田塾大学の評判・偏差値・キャンパスを紹介!

津田塾 大学

津田塾大学は、東京都小平市に本部を置く私立大学です。 1900年に設立した女子偀学塾を前身とし、現在も創立者津田梅子の「自ら学び、考え、行動せよ」という教育理念が受け継がれています。 英語教育に力を入れており、「発音クリニック」という専門家から発音指導を受けることができる講座や、好きな本をレポートにまとめる「Extensive Reading I 」など総合的な英語スキルが身につきます。 また、少人数教育を重視し、講義とは違うアットホームな雰囲気で教員と生徒の距離が近いことが特徴です。 対話をすることで専門的な分野への探求心が生まれることを目的としています。 小平キャンパスを中心に学び、その他に千駄ヶ谷キャンパスや軽井沢セミナーハウスなどイベントや交流の場としての施設も多くあります。 国語 【センター】 キーワードを正確に見つけること。 本文に記述の無いものは選ばない。 【2次・個別】 キーワードを見つける。 記述の問題は余計な情報を盛り込まない簡潔な回答を作る。 利用した参考書 出口の現代文 外国語 【センター】英語、英語リスニング かんたんな文法問題で落とさない。 速く解いて長文に時間をかける。 【2次・個別】英語 英作文は正確な文法を使い、接続詞に注意する。 利用した参考書 リードA、B 社会 【センター】世界史B、倫理、政治・経済 得意範囲を作る。 問題文を最後まで必ず読み、正確に回答する。 【2次・個別】世界史 感じのミスには注意する。 選択問題で必ず点を取る。 利用した参考書 教科書のみ 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 国語 【センター】 繰り返し過去問をといて、解説と共にやり直しすること。 文法はNext Stageを使ってやった。 【2次・個別】英語 長文と英作文は徹底してやった。 他の大学と全く違うスタイルの問題だったので、海外ニュースや英紙でトレーニングした。 利用した参考書 赤本 阪大青本 社会 【センター】世界史B、現代社会 世界史は先生にマンツーマンで教えてもらいながら、時代ごとにまとめた。 【2次・個別】世界史 先生にマンツーマンで教えてもらいながら時代ごとにまとめた。 過去問は、他の大学のものも取り入れてといた。 利用した参考書 世界史教科書 山川出版 過去問 理科 【センター】 生物基礎は、過去問がなかったので、予想問題を何回もやった。 化学基礎も。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 【受験生活を振り返って】 できるだけのことをして受験に備えたが、第一志望校には合格できなかった。 しかし、現在通っている大学での授業で役立つことを受験期にたくさんやっていたから、どんなに勉強して受からなくても結果的にそれはどこかで実を結び、無駄にはならないと思った。 国公立大学では、センター試験の点数が大きく加味される場合が多いので、センター試験対策をもっとやればよかった。 【2次・個別試験を振り返って】 センター試験が終わってからは、学校の先生にずっとマンツーマンで教えてもらっていたので、好きな時にどんどん質問できたことがよかった。 集団授業では教えてくれない細かい知識まで教えてくれるので、積極的に先生のもとに出向き、しつこいと言われるくらい質問に行った方がいいと思う。 世界史は、長文記述に備えて時代の流れをまとめるべき。 英語は似た問題を出題する学校の問題も解いてみて、長さの感覚に慣れるべき。 受験データ 国語 【センター】 現代文に出てくる主な単語の理解はするようにしていました。 また、漢字は一生懸命勉強しました。 古文は単語を毎日見て覚えました。 【2次・個別】 過去問を3年分くらい解いただけで特にチカラを入れて勉強はしませんでした。 しかし、漢字は一生懸命勉強しました。 利用した参考書 塾のテキストと過去問を利用しました。 できなかった問題は何度も繰り返し解きました。 利用した参考書 白チャートと過去問 外国語 【センター】英語、英語リスニング 英単語はターゲットを使っていましたが、覚えるまで 次の単語に進まないのではなく毎日英単語と意味を見るだけで何ページも進めてました。 【2次・個別】英語 英文を日本語に訳したものを塾の先生に見せて添削してもらってました。 逆も同様です。 利用した参考書 ターゲット1900、塾のテキスト 社会 【センター】世界史B、現代社会 1つの参考書と過去問だけをひたすら覚えてました。 【2次・個別】世界史 津田塾は教科書から問題が出される場合が多いので教科書は意識的に読むようにしてました。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 【受験生活を振り返って】 レベルの高い大学に行きたければ、少なくとも高校2年生の 頃から受験勉強を始めるべきだと思います。 また、普段から受験のことだけではなく、時事問題に関心を持つことは受験にも役立つと思います。 たまには息抜きもしつつ受験勉強頑張ってください。 例え第一志望の大学に受からなくても、頑張った分だけ自分の人生においての糧になると思います。 【2次・個別試験を振り返って】 普段から文章をかくことには慣れておくのが良いと思います。 新聞の投稿欄に応募してみるのも良いと思います。 また、自分が書いた文章を誰でも良いので見てもらうのが良いと思います。 他人に見せることによって自分では気付かなかった弱点を見つけられると思います。 また、英語のエッセイなどは少なくとも1週間に1回は書くようにした方が良いです。 また、読解で使う英文の中に使えると思った表現などは 覚えておいて積極的に使うのが良いと思います。 ただし、使い方が合っていると自信のあるものだけにしてください。 受験データ.

次の