お力添えいただき。 「お力添え」とはどんな意味を持つ敬語?知っておくべき類語や英語表現もチェック!

「お力添え」の意味と使い方!類語やビジネスでの例文も紹介

お力添えいただき

「ご尽力いただき」という言葉を使ったことはありますか。 力になってくれた人に対して感謝の気持ち述べるときの前置きの言葉として使います。 この記事では、「ご尽力いただき」の意味と使い方、例文、類語表現について詳しく紹介していきます。 「ご尽力いただき」の意味を正しく理解し、お世話になった方へ対して最大限の感謝の気持ちを伝えましょう。 早速見ていきます。 「尽力」の意味 「尽力」は、漢字の通り「力を尽くす」という意味を持ちます。 「じんりょく」と読みます。 「する」という動詞をつけて「尽力する」という使い方もします。 「町の復興のために尽力する」というように使います。 「ご尽力いただき」の意味 「ご尽力いただき」は、お世話になった目上の人に感謝の気持ちを述べるときに使う前置きの言葉です。 「尽力」には「力を尽くす」という意味があり、これに敬語表現が付いていることから目上の人に丁寧な感謝の言葉を述べるときに使うといいでしょう。 「快く力を尽くしてくださり感謝しております」という気持ちを簡潔で丁寧なフレーズの「ご尽力いただき」を使って伝えましょう。 「ご尽力いただき」の敬語 「ご尽力」 「ご尽力」という語に含まれる敬語は「ご」です。 丁寧語の接頭語になります。 丁寧語とは言葉や文章を丁寧にする敬語のことを言います。 具体的には、言葉に「ご」や「お」といった丁寧語の接頭語をつけたり文末に「です」や「ます」をつけたりします。 丁寧語は最も簡単で取り入れやすい敬語のため、最初に抑えておきましょう。 「いただき」 「いただき」は「もらう」の謙譲語の敬語表現です。 謙譲語とは、自分をへりくだって表現することで相手を敬う敬語の種類です。 謙譲語の特徴としては、主語が自分になります。 「ご足労いただき」とはつまり、自分が「足を運んでもらった」という意味になります。 「もらう」の謙譲語の「いただき」はビジネスシーンにおいて頻繁に使う言葉なので、意味や使い方まで理解しておく必要があります。 「ご尽力いただき」の使い方 「ご尽力いただき」の使い方を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」はビジネスのさまざまな場で使うことができます。 「ご尽力いただき」という言葉を使うタイミングはお礼を言ったり謝罪をしたり相手へ自分の気持ちを伝えるときに使います。 どのような言い回しをすれば素直な気持ちが伝わるのか考えていきましょう。 メール 例文「この度はご尽力いただき誠にありがとうございました」 メールでは尽力してもらったことへの感謝をストレートに伝えましょう。 メールの内容が尽力してもらったことへのお礼の場合、冒頭でこの例文のように感謝の気持ちを述べます。 その後にさらに詳しく、この部分で助かった、ありがたかったという気持ちを伝えます。 手紙 ご尽力いただきありがとうございます 例文「この度は、ご尽力いただきありがとうございます」 最もシンプルな使い方です。 尽力してもらったことへの感謝の気持ちを伝えましょう。 「ご尽力いただき」は敬語表現のため、取引先や目上の人に対して使います。 相手に失礼のないように敬意の気持ちを持って誤った敬語を使わないように注意しましょう。 ご尽力いただきますよう 例文「何卒、ご尽力いただきますようお願い申し上げます」 「ご尽力いただきますよう」というフレーズは、相手へお願いをするときに使います。 取引先や目上の人に何か手を貸してほしいとき、知恵を出してもらいたいときに丁重にお願いするときに使います。 ビジネスシーンにおいて経験のある人の手を借りることは必須です。 関係を有効に保って手助けしてもらえるようにしましょう。 ご尽力いただき感謝します 「ご尽力いただき」の類語を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」に似た言葉を覚えておくと言い回しや言い換えをするときに役に立ちます。 「ご尽力いただき」は「力を尽くしていただき」という意味ですが、伝えたいことはなんとなく異なるというときもあることでしょう。 その時の状況に適した言い回しをしましょう。 お力添えをいただき 例文「この度は、お力添えをいただき大変感謝しております」 1つ目の「ご尽力いただき」の類語は「お力添えをいただき」です。 「力添え」とは漢字の通り「力を添える」「助力、援助」という意味を持ちます。 「お力添え」という表現は「ご尽力」という表現より少し弱い援助を表します。 尽力の方が密に援助してもらったときにつかう言葉に適しています。 ご助力いただき 例文「ご助力いただきましたこと、心より御礼申し上げます」 2つ目の「ご尽力いただき」の類語は「ご助力いただき」です。 「助力」とは「手助け。 手助けすること。 力を貸すこと。 加勢」という意味を持ちます。 ニュアンスとしては「お力添えをいただき」という表現に近いため、「尽力」よりは弱い表現となります。 ご支援いただき 例文「いつもご支援いただきありがとうございます」 3つ目の「ご尽力いただき」の類語は「ご支援いただき」です。 「支援」とは「力を添えて助けること。 他人を支え助けること。 援助」という意味を持ちます。 これも「お力添え」「ご助力」のニュアンスに近い表現です。 「ご尽力いただき」の相手別の使い方を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」という言葉は使う相手によって表現の仕方が変わります。 また「ご尽力いただき」は丁寧な敬語表現です。 そのため、取引先や目上の人に対して使う表現です。 相手に失礼のないように正しく理解しましょう。 上司 例文「部長にご尽力いただいたおかげでプロジェクトが成功しました」 上司に「ご尽力いただき」というフレーズを使うときは、ストレートに感謝の気持ちを伝えましょう。 「部長のおかげで」だけよりも「ご尽力いただいた」を加えることで一層のありがたみが伝わります。 目上 例文「この度はご尽力いただき、心より感謝申し上げます」 目上の人や取引先の人に対して「ご尽力いただき」を使うときは、最上級の敬語を使うようにしましょう。 「ご尽力いただき」だけでなく、「申し上げます」と謙譲語を加えることでさらに丁寧な表現になります。 「ご尽力いただき」を正しく使おう いかがでしたでしょうか。 「ご尽力いただき」の意味や使い方、例文、類語を紹介してきましたが、理解することはできたでしょうか。 「ご尽力いただき」というフレーズを正しく使い、ビジネスシーンにおいて相手と友好な関係を築きましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

お力添えいただき

尽力は基本的には「力を尽くす」が本来の意味であり、精一杯努力するというイメージです。 何かに対して、できる範囲のことに精一杯の努力をする意味を込めているのが尽力であり、それに対して尊敬の意味を付加するとご尽力という言葉になります。 そのため、目上の人が努力をしてくれた際にお礼の気持ちをもってご尽力という言葉を使用するのが一般的です。 また、尽力という言葉は自分の努力に対しても使用することができます。 大半の場合には努力という言葉で置き換えができますが、ビジネスシーンでは尽力の方がよく用いられます。 目上の人に対して使用する際には、全力を費やしてくれたという感謝の意味が込められ、自分に対して使用する場合には、ただの努力ではなく全身全霊でがんばっていくんだという気持ちを伝えられるからです。 そのため、基本的には目上の人に対するお礼の文脈と、自分がこれから努力をする決意を示す場面で用いられるのが尽力という言葉であると理解しておきましょう。 「力を添える」というのがもともとの意味であり、より「助ける」に近い意味があります。 手助けをするイメージを持っておくといいでしょう。 力添えは助力、援助、協力といった言葉で置き換えられるのが一般的であり、その謙譲語として目上の人に対して使用するときにお力添えを使用します。 文脈として目上の人に対するお礼やお願いの場面で用いられるのがお力添えの特徴であり、ビジネスシーンではどちらの場合にも頻繁に用いられる言葉です。 ご尽力との違いは自分に対して使用することがない代わりにお願いの文脈でも使用できるという点です。 お礼の文脈ではご尽力とお力添えは置き換え可能な場面がほとんどであり、細かな使い分けを気にする必要はさほどありません。 むしろ気をつける必要があるのが、お願いの文脈ではお力添えを使用し、自分に対して使用する場合には尽力を使用するという点です。 意味の違いから理解しておけば、いざというときに区別をつけて使用できるでしょう。

次の

「お力添えさせていただく」は正しい表現なのでしょうか?

お力添えいただき

「お力添え」のビジネスシーンにおける使い方・例文 「お力添え」の使い方は3パターンあります。 お願い・要求・要望するとき 2. お礼・感謝するとき 3. お詫び・謝罪するとき ビジネスシーンで「お力添え」を使う場合、この3つの場面で用いられます。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 といったようになります。 ただその言葉だけでは相手の事情などお構いなしに言っているような印象を与えるので、前に一言添えるのが良いでしょう。 主に「大変恐れ入りますが」「お手数おかけして申し訳ありませんが」などが使われています。 よく「お力添えがあったからこそ〜」などとよく使われています。 これは 「何事かを達成・実現したことに対し、相手の支援や助力が大きな要因となったことを表明する言い回し・物事の結果に関して相手に謝意を伝える場合の表現」となります。 「お力添え」を使用するときは長期に渡る援助に対するお礼や、大勢の相手に対してのお礼が多くなります。 長期にわたるサポートや一人一人の手助けが集まったことによって、結果を得ることができたということに感謝をする意味合いが強いからです。 また「お力添え」はどんなに些細なことであっても、相手から援助や手助けを得た場合には使うことができます。 良い結果を出せなかったときなど、手助けや協力をしてもらっていた相手や、顧客・取引相手に対して用いることができます。 バリエーションを多く持つことによって、状況に合わせて使い分けすることができるでしょう。 「お力添えできずに申し訳ありません」や「お力添えさせていただきます」などは誤った言い方になります。 自分が手を貸すことについては「ご協力いたします」や「お手伝いいたします」などと言いましょう。 ・(誤)お力添えできずに、誠に申し訳ありませんでした。 ・(誤)今回の件で、お客様のお力添えになれなかったことを深くお詫び申し上げます。 「お力添え」は目下の人には使用不可 上記で説明した通り「お力添え」の「お」は尊敬を表す接頭語なので、上司や顧客など目上の相手に対して使うことができます。 そのため 目下の相手や同等の相手に「お力添え」を使うと違和感があります。 その場合は「お」を外して、「力添え」のみだけで使いましょう。 または「協力」「手助け」「支え」などを使って、力添えしてくれたことへの感謝や力添えしてほしいとお願いするようにしましょう。 使い方は下記の例文を参考にしてください。 「力添えありがとう」 「今手空いてたら協力をお願いしたいです」 「わざわざ手助けしてもらったのに、こんな結果になってしまって申し訳ない」 「今回は支えてもらい、助かりました」 「ご力添え」と「ご尽力」の違い 「お力添え」・・・手を貸してもらう・助言してもらう程度のこと 「ご尽力」・・・できる限り一生懸命努めること どちらも非常に似ている言葉ですが、ニュアンスが少し異なります。 「お力添え」は手を貸してもらう・助言してもらうことを指しています。 「ご尽力」はできる限り一生懸命努めることを指しています。 使い方を間違ってしまうと相手に誤解を招いてしまうこともあるので、違いについてしっかり理解しておきましょう。 2つに共通している点は、 敬語なので自分の行為に対しては使えないということです。 ただ接頭語を外して「力添え」「尽力」とすると、自分に対して使うことができます。 「ご尽力」の意味は「あることのために力を尽くすこと」 「ご尽力」の読み方は、 「ごじんりょく」です。 まず「尽力」の意味は、 「あることのために力を尽くすこと」「努力する」「苦労する」ことになります。 それに尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご尽力」となります。 「尽」は「あるかぎりを出す」「終わるまで精一杯する」という意味なので、「尽力」は 一生懸命努めるといったイメージになります。 「ご尽力」は丁寧を表す接頭語「ご」がついているので、 目上の相手に使うことができます。 「ご尽力」の使い方 「ご尽力」の使い方も3パターンあります。 お礼・感謝するとき 2. お詫び・謝罪するとき 3. 自分に対して使うとき 「ご尽力」の使い方としては、 ・ご尽力いただき〜 ・ご尽力を賜りまして〜 ・ご尽力いただいたおかげで〜 といったようになります。 相手に対して使うときは「ご尽力」ですが、自分に対して「ご尽力」を使う場合は、「ご」をとって 「尽力」と使います。 「尽力」と使うときは、 「微力ながら」「及ばずながら」とクッション言葉を前におくことで、謙虚な気持ちを表すことができます。 「力不足ではありますが」「十分ではありませんが」といった意味になり、自分の力を謙遜した表現になります。 また 「ご尽力の賜物」という言い方もあります。 「賜物」とは「他人から受けた恩恵や試練などの結果与えられた成果」という意味です。 つまり「ご尽力の賜物」は 「相手が力を尽くしてくれたおかげで成果を得た」という意味合いになります。 「ご尽力の賜物」は話し言葉というよりも、書き言葉なのでメールや文書で使うことが多いです。 「ご尽力」は使い方によっては、少し大げさな印象を与えてしまう恐れがあるので、相手や状況をよく考えて使うようにしましょう。 「ご尽力」の間違った使い方 「尽力」という言葉から「尽力を尽くす」という言葉を連想する人もいるかもしれません。 しかしこれは 「尽力」と「尽くす」で意味が重複してしまうため、間違った使い方になります。 使ってしまわないように気をつけましょう。 また、 依頼やお願いをするときに「お力添え」とは言うことができますが、「ご尽力」とは言うことができません。 なぜなら「ご尽力」は「努力する」という意味なので、目上の相手に「ご尽力お願いいたします」と言うと、努力することをお願いしていることになり、失礼な印象を与えてしまうからです。 「ご尽力」の例文 「この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご尽力には感謝申し上げます」 「この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます」 「今後は、誠心誠意尽力して参ります」 「微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます」 「これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心よりお礼申し上げます」.

次の