歯医者。 いい歯医者さんの選び方は歯医者さんが知っていた!目から鱗の新しい選び方とは!?

歯科

歯医者

東大阪市の歯医者「とよた歯科クリニック」のホームページをご覧いただきありがとうございます。 当院は、近鉄奈良線「河内小阪駅」から徒歩2分の場所にある歯科医院です。 近隣にお住まいの方はもちろん、河内永和や布施、八戸ノ里からも多くの患者様にご利用いただいています。 当院は、お子様の虫歯予防から虫歯治療・歯周病治療、審美歯科やホワイトニング、高齢の方へのインプラント・入れ歯治療まで、幅広い診療メニューで対応しています。 できるだけ痛みを感じさせない「無痛治療」への取り組みも行っておりますので、歯医者さんが苦手という方もご相談ください。 より良い治療プランをご提案します。 とよた歯科クリニックは、歯科医院への「痛い・怖い・行きたくない」というイメージを払拭し、「安心・気軽・行ってみたい」歯医者を目指します。 治療中の不安感を解消するために、「今何をしているか」を患者様にお伝えしながら治療を進めたり、やさしく声かけをしたり、丁寧な説明も好評です。 患者様が笑顔で帰れる歯医者さん、そんな場所になればとスタッフ一同願っています。 お口のお悩みがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。 新型コロナウイルス対策について 新型のコロナウイルス拡大にともない、皆様に安心して通院いただけるよう当院では以下の取り組みを行っております。 取り組み 手洗い、手袋交換(患者様ごとに交換)、マスク、エタノール消毒滅菌で徹底しています。 エアロシステム35M(業務用空気清浄機で通常の空気清浄機の7~10倍の空気清浄能力)を待合室に1機、診療室に1機の計2機で待合室と診療室の空気をキレイにしています。 いずれも常日頃より行っていることではございますが、より一層細心の注意を払い、皆様の安全確保に注力しております。 患者様へご協力のお願い 患者様におかれましても、発熱・咳・倦怠感がある場合または、接触者より感染者が確認された場合はご無理なさらずキャンセルのご連絡をいただきますようお願いいたします。 いずれも患者様の健康、命をお守りするためにスタッフ一同尽力して参ります。 皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、なにとぞご理解とご協力のほどお願い申し上げます。 とよた歯科クリニック 院長 豊田 弘沢.

次の

日本の歯科100選

歯医者

東大阪市の歯医者「とよた歯科クリニック」のホームページをご覧いただきありがとうございます。 当院は、近鉄奈良線「河内小阪駅」から徒歩2分の場所にある歯科医院です。 近隣にお住まいの方はもちろん、河内永和や布施、八戸ノ里からも多くの患者様にご利用いただいています。 当院は、お子様の虫歯予防から虫歯治療・歯周病治療、審美歯科やホワイトニング、高齢の方へのインプラント・入れ歯治療まで、幅広い診療メニューで対応しています。 できるだけ痛みを感じさせない「無痛治療」への取り組みも行っておりますので、歯医者さんが苦手という方もご相談ください。 より良い治療プランをご提案します。 とよた歯科クリニックは、歯科医院への「痛い・怖い・行きたくない」というイメージを払拭し、「安心・気軽・行ってみたい」歯医者を目指します。 治療中の不安感を解消するために、「今何をしているか」を患者様にお伝えしながら治療を進めたり、やさしく声かけをしたり、丁寧な説明も好評です。 患者様が笑顔で帰れる歯医者さん、そんな場所になればとスタッフ一同願っています。 お口のお悩みがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。 新型コロナウイルス対策について 新型のコロナウイルス拡大にともない、皆様に安心して通院いただけるよう当院では以下の取り組みを行っております。 取り組み 手洗い、手袋交換(患者様ごとに交換)、マスク、エタノール消毒滅菌で徹底しています。 エアロシステム35M(業務用空気清浄機で通常の空気清浄機の7~10倍の空気清浄能力)を待合室に1機、診療室に1機の計2機で待合室と診療室の空気をキレイにしています。 いずれも常日頃より行っていることではございますが、より一層細心の注意を払い、皆様の安全確保に注力しております。 患者様へご協力のお願い 患者様におかれましても、発熱・咳・倦怠感がある場合または、接触者より感染者が確認された場合はご無理なさらずキャンセルのご連絡をいただきますようお願いいたします。 いずれも患者様の健康、命をお守りするためにスタッフ一同尽力して参ります。 皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、なにとぞご理解とご協力のほどお願い申し上げます。 とよた歯科クリニック 院長 豊田 弘沢.

次の

歯医者さんネット:全国6万件の歯科医院検索

歯医者

歯医者で使用する青い光の正体は? 虫歯の治療中、歯の詰めものを固めるために、光線銃やペンの形をした機械で「光」を歯に当てられたことがある方いらっしゃいますか? 歯に当てる「謎の光」の正体などについて解説します。 <目次>• 歯医者の青い光は何? 光が使われる治療の種類 歯に青い光を当てるのは、粘土のような状態をカチカチの状態に固めるために使うことが多い。 皆さんが見かけることの多い光を当てる治療は、主に次のような感じになります。 小さな虫歯の治療のとき 小さな虫歯の治療の際、虫歯を取り除いた後にレジンという詰めものを入れて、光を当てて、固める作業を行ないます。 歯の土台を作るとき 大きな虫歯の治療の際に、神経を取り除いた後、被せものを作るための土台を作るときに、光を当てて固めることがあります• 歯のホワイトニングのとき 病院で行なわれるの際にも、光を当てることがあります。 被せものなどを歯に接着させるとき 前歯の表面に、と呼ばれるものや、オールセラミックの被せものを接着させるときに使われることがあります。 歯のホワイトニングに使う場合を除いて、ほとんどは「光で材料を固める」ために使っています。 ネイルサロンなどで見かけることのある青い光も、これと同じ仕組みを使っています。 光を使って材料を固めるメリット 光を使って材料を固めるということは、逆にいうと光が当たらなければ固まらないということになります。 実はこのことが最大のメリットになっているのです。 普通、歯に開いた穴を埋めるのに、まず粘土のように自由に形を変える材料と詰めて、きれいな形に整えてから光を当てます。 すると短時間のうちに固くなり穴をしっかり塞ぎ完成します。 光を当てなくても固まる場合には、固まるまでの時間はコントロールできないことが多く、形を十分整えきれなかったり、形ができたのに時間が余ってしまったなんてことがあります。 光を当てて固めることができればこのような問題がなくなるのです。 歯に当てる葵光の正体と安全性 電球は「ダイクロイック ハロゲン電球」と同じようなもの。 フィルターを通さ無ければまるでショーウインドーの明かりのよう。 最近ではLEDを利用したものも多い 歯の治療で使う光を発生する機械には、実はショーウインドーなどの光を演出している「ハロゲン電球」と同じようなものが入っています。 さらに専用のフィルターを使用して、可視光線という歯の詰めものが固まりやすい光になるよう調整しています。 この可視光線というのは、赤外線や紫外線をカットしていますので、歯や歯肉などには悪い影響はありません。 ただし青い色は大変眩しいので、目で直接見るのは厳禁! そのため器具に特殊な防護板をつけたり、めがねをして光を弱めているのです。 【関連記事】•

次の