11 月末 時候 の 挨拶。 11月の季語と手紙の挨拶文<書き出しと結びの言葉・はがき文例>

時候の挨拶11月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

11 月末 時候 の 挨拶

手紙を書く上で大切な11月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 11月は、秋から冬へと季節も動きますが、11月7日ごろに暦の上で冬となる立冬を迎えます。 その年によって、暖かい日が続いたり急に冷え込んだりしますが、11月の手紙では暦の上の季節を区切る二十四節気である「立冬」が大きな存在です。 11月上旬の季節感 11月の上旬は、7日ごろの 立冬前日までは秋、立冬からは冬の始まりと時候の挨拶が明確に分かれてきます。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 11月は、実際の気候も秋から冬に移っていきますが、 11月7日ごろに「立冬」を迎え 暦の上でも冬の季節が始まります。 立冬過ぎたのに暖かいですねとか、立冬を迎えて冷え込んできましたねというのが定番の挨拶になってきます。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 11月は、年賀はがきの販売、ボジョレーヌーボーの解禁、こたつやストーブ、手袋やマフラーと言った冬支度などが代表的。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの11月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、11月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 11月上旬の時候の挨拶 11月の上旬は、 暦の上では秋と冬の端境期にあたります。 反対に、 立冬を過ぎると、秋らしい気候でも、 冬の時候の挨拶に移ります。 このルールを守りつつ、立冬過ぎても暖かいですねとか、立冬に入って冷え込んできましたねというように、 実際の季節感を挨拶に織り込んでいきます。 また、 11月1日は例年年賀はがきの発売日です。 年末まで2ヶ月を切った気ぜわしさも、この時期に使いたい挨拶です。 11月上旬に使われることの多い時候の挨拶を手紙のTPO別に分けると次のようになります。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 季秋の候、折、みぎり• 晩秋の候、折、みぎり• 深秋の候、折、みぎり• 落葉の候、折、みぎり• 立冬の候、折、みぎり• 冷雨の候、折、みぎり• 菊花薫る季節• ゆく秋の感慨も深い• 晩秋の冷気を感じる季節• うららかな菊日和• 暮れゆく秋を感じる頃• 11月に入り• 年賀はがき、 樹々の落葉など では、11月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 11月上旬の時候の挨拶の例文• 秋晴の好天気が続く頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 冷気一段と強まり、いよいよ秋も深まってまいりました。 菊の香り漂う霜月を迎えましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 枝に一つ残された柿の実が、過ぎゆく秋の風情を醸し出しています。 皆々様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 早くも晩秋となりましたが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 晩秋とはいえ、うららかな日和が続いております。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 ゆく秋の感慨も深い今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 虫の音もいつしか消え晩秋の冷気強まる昨今、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋の深まりとともに日脚もだんだんと短くなってまいりました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 暦の上では立冬となりましたが、秋晴の好天気が続いております。 お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 今年は例年になく冷え込む秋になりました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 うららかな菊日和が続いております。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 遠くの山々も美しい錦をまとい終えたようです。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 例年になく、曇り空の暮秋でございます。 皆様、お元気でいらっしゃいますか。 11月に入り今年もあと二か月を残すだけとなりました。 その後、お変わりございませんか。 早くも年賀はがきが発売となり、途端に気ぜわしくなってきたようです。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 ゆく秋に深い寂しさを感じる頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 樹々の落葉に、暮れゆく秋を感じる頃となりました。 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。 11月中旬の時候の挨拶 11月の中旬は、気温も下がり、 冬の訪れを感じさせる寒い日が出てきます。 すでに北海道や東北では初雪も観測されますし、外出時にはコートやジャケットなど羽織るものが必要になる頃。 一方で、紅葉の見頃も11月中旬から下旬にかけてという地域も多いですから、 その年の気候や手紙を出すお相手の地域の気候にあわせた時候の挨拶を選ぶことが必要な時期です。 冬の時期の暖かい日のことを「小春日和」といい、11月中旬から2月中旬ぐらいまで使われる表現です。 暖かい日が続くなというときには、是非使いたいですね。 また、最近は10月から11月いっぱいの週末に見かける七五三詣りですが、暦上は11月15日が七五三の日です。 季節の風物詩として、微笑ましい 七五三詣りの子どもたちの可愛い姿も 11月中旬の時候の挨拶にピッタリです。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 小春日和の候、折、みぎり• 残菊の候、折、みぎり• 深冷の候、折、みぎり• 氷雨の候、折、みぎり• 行く秋が惜しまれる頃• 初雪の便りが届く頃• 肌寒さが身にしみる冬隣• 菊の花も盛りを過ぎ• 立冬も過ぎ• おだやかな小春日和• 七五三、 ボジョレーヌーボーなど では、11月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 11月中旬の時候の挨拶の例文• 山々も紅葉に鮮やかに染まる昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 残菊に、行く秋が惜しまれる頃となりました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 北国から初雪の便りが届く頃となりました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 初雪の便りに、朝夕の冷え込みがことさら厳しく感じる今日この頃、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 肌寒さが身にしみる冬隣、師走に向けて慌ただしさが増してきましたが、お元気でご活躍のことと拝察申し上げます。 立冬を過ぎ、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、皆様ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 街路の銀杏もすっかり黄金色に色づきました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 いつもの道も銀杏の落ち葉で金色のじゅうたんへと姿を変え、秋の終わりを感じます。 皆様、お変わりございませんか。 庭の山茶花が愛らしい花を咲かせています。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 菊の花も盛りを過ぎ秋の終わりを感じずにはいられません。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 七五三の晴れ着姿の子たちが、神社に詣でる姿を目にする季節になりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか。 当地では山が早くも雪化粧を終えました。 その後、お元気でいらっしゃいますか。 紅葉も過ぎ、山々も冬支度を急いでいるようです。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 冬がすぐそこまで近づいてきました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 冬間近となり、今年もボジョレーヌーボーの季節が来ましたね。 御無沙汰してしまいましたが、お変わりありませんか。 立冬というのに、おだやかな小春日和が続いておりますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 立冬を過ぎ 吹く風の中にも冬の気配が感じられますね。 お変わりございませんか。 立冬を過ぎ、朝ごとに冷気が増すこの頃、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 はや向寒の候となり、日脚もずいぶん短くなってまいりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 吹き来る木枯らしに、すっかり冬木立となりました。 皆々様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 吹く風の冷たさがいや増す昨今、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 霜枯れの季節となり、冬の到来が間近なこの頃、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 野山も霜枯れた折ながら、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 冬が駆け足で近づいてまいりました。 皆様、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 通勤時にマフラーが欠かせなくなってきました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でしょうか。 日増しに募る寒さに、こたつが恋しい季節となりました。 皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 日を追うごとに寒さが加わってまいりました。 皆様とも久しくお会しておりませんが、お元気でしょうか。 日毎に寒気加わる時節となりました。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 木枯らしに身を震わす今日この頃、我が家では早くもストーブが活躍し始めました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 すっかりご無沙汰しておりますうちに、ひときわ冷え込むようになりました。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 小雪を迎えてなお穏やかな日が続いています。 その後、お変わりございませんか。 いつの間にか吐く息も白く、温かい鍋が恋しい季節となりました。 お元気でいらっしゃいますか。 今朝は初霜が下り、すぐそこに冬の気配が感じられました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 上旬は、7日ごろの 立冬までは秋の終わり、立冬からは冬の始まりと時候の挨拶が明確に分かれてきます• 中旬は、 冬の訪れを感じる日が増えます。 冬の穏やかな暖かい日を「 小春日和」と言いますが、この時期から使いだします• 下旬は、北の地方からは 初雪、本州でも 木枯らしと冬の気配が濃厚になる時期です。 また 12月・師走を控えた慌ただしさも感じられるようになってきます この季節感から、 11月の代表的な時候の挨拶を手紙のTPO別で整理したものが次の表です。 11月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 季秋の候、折、みぎり• 晩秋の候、折、みぎり• 深秋の候、折、みぎり• 落葉の候、折、みぎり• 立冬の候、折、みぎり• 冷雨の候、折、みぎり.

次の

11月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶!結び、ビジネス例文も紹介!

11 月末 時候 の 挨拶

11月という季節 改めてですが、11月という季節はどんな季節でしょうか?各地で紅葉が始まり、寒い日が続き、冬を感じることが多くなる季節です。 同時に、急に寒くなり、体調を崩しやすい月でもあります。 また、12月の師走に向け、少しずつ忙しくなっていく時期でもあります。 そんな月だからこそ、相手の体を気遣う、思いやりが伝わる結びで締めるのが良いです。 11月の結びの言葉 11月の結びの言葉を下記にまとめます。 どの分も相手への思いやりが込められている結びになっているので、相手の状況によって使い分けてみてください!• 向寒の折、くれぐれもご自愛ください。 本格的な寒さに向かう時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。 時節柄、どうぞご自愛くださいませ。 夜寒の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 落ち葉舞い散る深秋の候、体調を崩されませぬようご自愛ください。 天候不順の折、皆様おそろいでご壮健にて長い冬にお備えください。 向寒の折柄、何卒お身体おいといください。 年末に向かい何かとご多忙のことと存じますが、今後共、ご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 師走に向けて、諸事ご多用のことと存じますが、ご返事賜りたくお待ちいたしております。 ただし、 11月は地域や年によって寒さや天候が変わる時期です。 せっかくの季節の時候の挨拶なので、その時の季節に合った言葉を選ばないと、より形式的に聞こえてしまいます。 効果的に使うために、日々の天候や寒さをチェックしておきましょう! スポンサードリンク.

次の

11月の時候の挨拶ビジネスで使える上旬・中旬・下旬の文例

11 月末 時候 の 挨拶

向寒の候/季秋の候/晩秋の候/暮秋の候/凄涼の候/前寒の候/落葉の候/冷雨の候/深秋の候/夜寒の候/菊花の候/残菊の候/ 11月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 向寒の候は「こうかんのこう」。 以下、季秋(きしゅう)晩秋(ばんしゅう)暮秋(ぼしゅう)凄涼(せいりょう)前寒(ぜんかん)落葉(らくよう・おちば)冷雨(れいう)深秋(しんしゅう)夜寒(よさむ)菊花(きっか)残菊(ざんぎく) 季語を使った11月の時候の挨拶は、プライベートな文書では「向寒の候、いかがお過ごしでしょうか」「落葉の季節になってまいりました」、ビジネス文書の場合は「晩秋候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます」などとします。 ・ 菊の花も盛りを過ぎて冬もすぐそこまで来ています。 ・ 深秋の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 落ち葉の散り敷く季節となりました。 ・ 秋も深まり、日が短くなってまいりました。 ・ うららかな小春日和が続いています。 ・ 菊花薫る十一月。 お元気でお過ごしですか。 ・ 菊の花が今を盛りに咲いています。 お変わりなく、お過ごしでしょうか。 ・ 街路樹が秋色に染まっています。 ・ あちこちに熟した柿の実を見かけるようになりました。 11月の手紙の書き出しは、季節感を表わす挨拶文を最初に持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「秋も深まり、いかがお過ごしですか」「サザンカの咲く季節になりました。 お変わりありませんか」など。 ビジネス文書の場合は、拝啓・謹啓・拝復などの頭語(とうご)から入り、時候の挨拶(の候)を続けたら、そのまま主文(用件)に入ります。 「拝啓 向寒の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。 さて、さっそくですが~」など。 時候のあいさつは書かずに「謹啓 時下ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは~」としても問題ありません。 /秋も深まり、めっきり日脚も短くなってまいりました。 /立冬とは申せ、おだやかな秋日和が続いております。 いかがお過ごしでしょうか。 /吐く息も白くなり、朝夕の冷え込みの厳しさもひとしおでございます。 /枯れ葉も落ち尽くし、いよいよ冬の到来となりました。 ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。 いかがお過ごしでしょうか。 /十一月も終盤を迎え、ますます冬の気配が色濃くなってまいりました。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 /霜枯れの季節、お元気でいらっしゃいますか。 ・ 前寒の候、お元気でお過ごしください。 ・ 向寒のおりから、どうぞご自愛ご専一に。 ・ 冬めく風も吹きはじめました。 お風邪などひかれませんように。 ・ 師走に向けて、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 ・ めっきり冷え込むようになりました。 くれぐれもご自愛ください。 ・ 今年は冬の訪れが早いと聞きます。 お体を大切にお過ごしください。 ・ 実りある晩秋をお過ごしください。 11月の手紙の結びは、季節の挨拶を入れたあと「ご自愛専一に。 」「お風邪などめしませんように。 」などの言葉を添えます。 「向寒のみぎり、くれぐれもご自愛ください。 」「日を追うごとに寒さが厳しくなってまいります。 お風邪などめしませんように。 」といった言葉で結びます。 ビジネス文書の場合は文末には時候の挨拶は入れません。 用件を書いたあと「まずは書面にてお返事まで。 」「とり急ぎごあいさつまて。 」「まずは略儀ながら書中をもちまして、お礼申しあげます。 」などの言葉で締めくくります。 Ads by Google 11月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 時候の挨拶は、初旬・中旬・下旬とか、月の前半・月の後半などと、無理に表現を変える必要はありません。 11月なら「晩秋の候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、冒頭に、11月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 初旬・中旬・下旬と使い分けるのであれば、11月の行事や風物詩などを時候の挨拶に織り込むと、11月らしい季節感が表わせます。 /菊花展の季節到来。 11月の代表的な和風月名は「霜月」。 読み方は「しもつき」。 意味は、霜が降りる月、というところからきています。 平安時代後期の歌学書『奥義妙』(おうぎしょう)に「霜しきりに降るゆゑに、霜降り月といふを誤れり」という記述が見られます。 11月の別名には次のような呼び名があります。 神楽月(かぐらづき)葭月(かげつ)神帰月(かみきづき)建子月(けんしづき)広寒(こうかん)黄鐘(こうしょう)朔易(さくえき)三至(さんし)十一月(しもつき)霜月(しもつき)冷(しもつき)辜(しもつき)辜月(しもつき)霜見月(しもみつき)周正(しゅうせい)盛冬(せいとう)達月(たっつき)短至(たんし)仲秋(ちゅうしゅう)暢月(ちょうげつ)天正月(てんしょうがつ)天泉(てんせん)冬半(とうはん)子月(ねづき)子月(ねのつき)畢辜(ひっこ)復月(ふくつき)雪帰月(ゆききづき)雪待月(ゆきまちづき)雪見月(ゆきみづき)陽復(ようふく)六呂(りくりょ)龍潜月(りゅうせんげつ) 11月:外国語の呼び方 11月は英語では「November」(ノベンバー)。 Novem は nini(ナイン=9)の意味で、ローマ歴では九番目の月に当たりますが、シーサーの名をとって七月を July(ジュライ)とし、アウグスツスが八月を August(オーガスト)としたので、二か月ずれて十一月になったと言われています。 今日はゴジラの日。 小学生のとき、父といっしょにゴジラ映画を観た時代が懐かしい思い出です。 今日は湯たんぽの日。 最近はもう湯たんぽは姿を消してしまったのかと思いきや若い女性の冷え性対策に見直されているとか。 いかがお過ごしですか。 11月のお祭り 11月2日~4日…唐津くんち(佐賀・唐津神社)/11月3日…秋のけまり祭り(奈良・談山神社)/11月7日…貴船もみじ祭・御火焚祭(京都・貴船神社)/11月7日8日…霜月神楽(秋田・保呂羽山波宇志別神社)/11月10日…尻つみ祭り(静岡・音無神社)/11月・第二日曜日…嵐山もみじ祭(京都)/11月・第四土曜日…裸坊祭(山口・防府天満宮)/11月22日23日…八代妙見祭(熊本)/11月25日…大神神社の御鉾祭(栃木・大神神社).

次の