アメリカ 人 平均 身長。 アメリカ人の平均身長|州毎の身長差から人種間の身長差の議論まで

こんなに違う!日本人と外国人の身長差の秘密って?

アメリカ 人 平均 身長

日本と世界の大陸別各地域の平均身長の長期推移については図録で示したが、ここでは、欧米とアジアの主要国について、個別に、平均身長の長期推移を見てみよう。 欧米で最も背が高いのは歴史的に、最初は、米国人、次に、スウェーデン人、そして現在は、オランダ人と移り変わってきた。 欧米が世界の中でも最も背が高いので、これは世界一背が高いのはどの国民かということを意味している。 オランダ人の平均身長は、現在では、世界一のレベルであるが、19世紀には、米国人がオランダの地位を占めていた。 ペリーが日本に来たときには、米国人は世界一だったのである。 米国やカナダやオーストラリアといった白人移民地域は背が比較的高かった英国出身者が多い上に、処女地ゆえの食料品の豊富さで世界一背が高かった(図録参照)。 その中でも19世紀前半は米国がカナダやオーストラリアを凌駕する傾向にあったのである。 オランダの平均身長は19世紀には、英米、フランス、スウェーデン、ドイツと比較して、より低いか同等のレベルだった。 それが、20世紀中に世界一となった理由として、OECDの報告書は、高品質たんぱく質(例えばミルクに含まれるような)がオランダのような人口密度の高い地域に大量に輸送可能となった技術変化をあげている。 国土の半分は南欧のフランスやイタリア、スペインといった南欧諸国の平均身長は米国や中欧、北欧諸国と比べて相対的に低い水準にあるが、推移については大きく見れば同じパターンをたどっているといってよかろう(スペインが、戦後、他国に遅れて急伸長といった違いはあるが)。 寒冷地のロシア人は暖かい南欧よりも背が高いはずであるが、1917年ロシア革命後の混乱期、大量の犠牲者を出した第2次世界大戦期、戦後の共産主義時代を通じ、社会経済条件に恵まれなかったためと思われるが、フランス人の身長を大きく下回っていた。 最近は本来のロシア人の身長に復帰しつつあるようである。 2.アジア諸国 次に、OECD報告書の原資料となっているClio-Infra()のデータから、アジアの主要国の平均身長の推移を見てみると、各国の経済成長とともに日本人、韓国人、中国人、タイ人の身長の伸びが目立つようになった状況が明らかである。 日本の1880年代生まれはアジアの中で最も背が低かった。 これは遺伝的なものというより江戸時代の経済社会システムによるものだったといえよう。 閉鎖社会で通婚圏が狭かったことも関係しているかもしれない(図録参照)。 ところが、明治維新後にいち早く近代化が進んだ日本では19世紀末生まれから身長の伸びがはじまった。 これに対して、中国では、同時期、19世紀末〜20世紀初頭生まれの平均身長が一時期低くなっている。 この点に当時の社会経済状況の厳しさを見て取ることが可能である。 これはおそらくアヘン戦争(1840〜42年)、日清戦争(1894〜95年)などの清朝末期から20世紀前半の日中戦争までの時代に、欧米列強や遅れて植民地分割に参加した日本の進出によって混乱や戦火が続いていたためであろう。 その後、戦後世代・共産中国時代の1930年代生まれからは身長が顕著に伸びはじめている。 中国、タイ、韓国、インドネシアは、アジアの中では日本に遅れて、近代的な経済発展の道をたどることとなったが、平均身長もそれとともに高くなってきていることが分る。 韓国は19世紀生まれの段階には日本よりは背が高かったが中国よりはかなり身長が低かった。 ところが戦後の高度成長もあって、今では、日本や中国を大きく上回りアジア一のレベルとなっている。 経済条件の優劣が小さくなると、寒い地域ほど体格が大きくなるというベルクマンの法則がそのまま顕在化することになるのだと考えられる(図録参照)。 もともとアジア諸国の中では背が低い傾向のあるベトナムは1887年成立のフランス領インドシナ連邦の一部として植民地化され、戦後も、フランスからの独立を目指したインドシナ戦争、そして米国と戦ったベトナム戦争が長く続いたため、戦後世代の身長が40年にわたって低くなるという世界でもまれな状況に陥り、また、順調な身長の伸びを開始する時期が1990年生まれ以降とアジアの他の国より大きく遅れたのである。 欧米人と同じアーリア系のインド人は、19世紀には中国に次いで背が高かったが、その後の長い停滞からか、なお、身長の顕著な伸びは認められていない。 (2015年5月12日収録).

次の

アメリカ人の平均身長・体重とは?日本人との違いも!【男女・年代別】

アメリカ 人 平均 身長

アメリカ人と日本人の平均身長を比較! まず男性ですが、アメリカ人の平均身長は178cm程度、日本人の平均身長は172cm程度です。 その差は 約6cmであり、国民全体の平均身長にしてはかなりの隔たりがあります。 女性の場合、アメリカ人の平均身長は163cm程度、日本人の平均身長は158cm程度です。 差は 約5cmなので、男性のアメリカ人・日本人の平均身長の差とほとんど変わりません。 身長が5cm以上違えばぱっと見た時の印象が大きく変わります。 そのため、普通のアメリカ人と日本人が並んだら体格が一回り違うであろうことは容易に想像できます。 なお世界的に見た場合、日本人は平均身長がとりたてて低い国というわけではありません。 男性の172cm程度も、女性の158cm程度も、世界的に見れば平均値・中央値付近に位置します 女性は少し低め。 アメリカ人は世界で突出して平均身長が高いというわけではありませんが、それでも 特に男性は 世界的に見ても高めの平均身長なので、日本人よりも高くなるのは当然といえば当然です。 文部科学省の統計調査によると、日本人の子供の各世代の平均身長は1950年代あたりから劇的に伸びていることがわかっています。 参照: なぜこの時代から伸びているかというと、第二次世界大戦 1939年~1945年 が終結したのをきっかけに国民の生活や環境が大きく変わっていったからです。 そのため、 今後も日本人の平均身長は伸びていく可能性があります。 しかし、1950年代直後と比べると近年は平均身長の伸び方がゆるやかになってきているので、うちどめになる可能性もあります。 とはいえ、たった1950年代あたりから現在に至るまでの短い年月の間に劇的に平均身長が伸びるということは「遺伝に頼らなくても身長は伸びる」ことを示しており、これから子供の身長を伸ばしていきたい親御さんにとっては希望が持てる話です。 アメリカと日本人の食生活を比較 アメリカ人と日本人とでは、当然普段食べている食事の内容が異なります。 身長と食生活は密接に関わっているので、その違いを見ることで平均身長に差が出る理由がわかる可能性があります。 近年は食の欧米化により、日本人の食生活はアメリカ人に近くなっていますし、アメリカ人もまたヘルシー志向から日本食を好むようになってきています。 そのため、食生活が共通する部分もあるのですが、やはり今でも日常的に食べている物を比べると決定的な違いがあるものです。 また食生活を比較する時はただ食べ物の違いを見るのではなく、栄養面の違いも見ることで、栄養状態の差も把握できるようになります。 日本人の食生活とは? 日本人の食生活における摂取ですが、昭和20年代までは植物性たんぱく質が中心でした。 動物性たんぱく質は魚などで摂っていましたが、植物性たんぱく質と比べると微々たる割合です。 その後、経済成長を経て食の欧米化が始まり、動物性たんぱく質の摂取割合が増えていきます。 同時に魚はもちろん、魚以外にも獣肉や卵、乳製品など、動物性たんぱく質を摂れる食品の種類が増えます。 しかし、食の欧米化といっても完全に欧米の食生活に変わったわけではありません。 獣肉ばかりではなく魚も食べますし、四季に応じてとれる日本の気候や地形ならではの食材も多く、日本の食文化と欧米の食文化が混合しているのが現在の日本の状況です。 インスタント食品やファストフード、レトルト食品、スナック菓子などが普及した当初は栄養の偏りが懸念されていましたが、近年は健康志向の考えが普及したおかげでそれらを食べ過ぎないようにする流れも生まれています。 獣肉や魚などの肉を食べる機会が増えたということは、脂質の摂取量も増えたということでもあります。 逆に摂取量が減ったのは食物繊維であり、近年、日本人の野菜不足が懸念されています。 アメリカ人の食生活とは? アメリカ人の食生活はイギリスなどの国の移民が持ち込んだものと、もともと先住民が持っていたものが合わさることで発達した背景があります。 主な食材は牛肉や豆、トウモロコシ、乳製品などです。 面積に対して人口が少ないことから機械化が進み、缶詰やレトルト食品、冷凍食品などが普及しました。 その背景から簡単に食べられる物が好まれるようになり、ファストフード文化が成熟したのです。 またアメリカ人はファストフードを食べる時にコーラをよく飲みます。 そのため、糖質や脂質を多量に摂ることになります。 それから甘い食べ物には砂糖やシロップを大量に使うので、ますます糖質摂取が過多になります。 逆に野菜は不足しています。 ハンバーガーショップで食事する場合、ピクルスしかちゃんとした野菜がないということもありえます。 ビタミン不足はサプリで補うケースが多いですが、食物繊維はサプリで摂れないので、食物繊維不足が深刻です。 ただアメリカは他民族国家であり、それぞれの民族に合わせて様々な食事が見られます。 そのため、民族によってはバランスの良い食事を摂っていることもあります。 日本人とアメリカ人の生活習慣を比較 身長に影響を与えるのは食生活だけでなく、運動時間や睡眠時間もその1つとして考えられます。 そのため、日本人とアメリカ人の生活習慣を比較する時はそれら全体を見ていく必要があります。 運動も睡眠も成長ホルモンの分泌を促すために役立ちます。 とは体を成長させるためのホルモンであり、子供が成長期に育つのはこのホルモンが分泌されて作用するからです。 背が高く伸びるのはもともと遺伝的に伸びしろが大きいということでもありますが、成長ホルモンが多く分泌されたということでもあるので、成長ホルモンと身長は密接に関わっています。 日本人とアメリカ人の運動時間を比較 日本人で習慣的に運動しているのは成人全体の3割~4割程度です。 アメリカの成人は5割程度が習慣的に運動しており、1割~2割程度の差があることがわかります。 ただし、子供の場合は日本人もよく運動しています。 特に中学生男子の部活動では、文化部よりも運動部に人が集まる傾向があり、練習で長時間の運動をほぼ毎日行うことになります。 高校生になると男子の運動部への加入率が下がり、社会人になると部活自体がなくなるので、日本人は大人になるごとに運動時間が短くなっていきます。 しかし、アメリカ人は子供はもちろん、大人も一定以上の運動時間を確保しています。 アメリカに行けば外をジョギングしている人を多く見かけることができますし、トレーニング施設も充実しています。 アメリカは肥満大国であり、その点だけを見るとあまり運動しない国民なのかと思いがちですが、実は運動自体はしっかり行っているのです。 日本人とアメリカ人の睡眠時間を比較 日本人の睡眠時間は7~8時間程度です。 中学生あたりまでの年代の睡眠時間が最も多く、高校生以降の年代はほとんど平均睡眠時間が変わらなくなります。 ただし、定年後の高齢者になるとまた睡眠時間が多くなる傾向にあります。 それに対し、 アメリカ人の睡眠時間は8時間~9時間程度と日本人よりも1時間程度多いです。 アメリカ人は先進国の中でも睡眠時間が多い方であり、逆に日本人は先進国の中でも睡眠時間が短い方となっています。 日本人の睡眠時間が短い原因は、仕事が忙しい社会人が多いからです。 残業などで帰宅が遅くなれば、寝る時間も遅くなるのは当然です。 そして翌日は早く出勤しなければならないため、起床時間が早くなり、結果睡眠時間が短くなります。 子供の場合は仕事が忙しくて睡眠時間が短くなるということはありませんが、近年の日本の子供は学校から帰った後の塾や習い事で寝るのが遅くなるケースも増えてきています。 アメリカの方が平均身長が高い理由は「食生活」 日本人とアメリカ人の生活習慣を比較すると、食生活を除き、アメリカ人の方が健康に良い生活をしていることは間違いありません。 となるとアメリカの方が平均身長が高いのは運動時間と睡眠時間が多いからなのかと思いがちですが、実はそういうわけでもありません。 というのも、確かにアメリカ人は日本人よりも運動時間と睡眠時間が多い傾向にはあるのですが、その差はそれほど大きいわけではないからです。 特に日本人の子供は大人と比べて運動時間も睡眠時間も多いので、成長期におけるそれらは決してアメリカ人に劣っていません。 では何がアメリカ人の平均身長を高くしているかというと、 決定的なのは食生活の違いです。 食生活に関してはアメリカ人よりも日本人の方が健康的で肥満も少ないですが、アメリカ人は身長を伸ばす栄養素を多く摂っていることから、平均身長が高くなっていると考えられます。 その栄養素とはカルシウムです。 カルシウムの推奨摂取量が日本の方が低い! 日本にもアメリカにも、の推奨摂取量というものが国によって定められています。 推奨量はある性別・年齢の人が必要とする1日分の摂取量のことを指します。 まず日本人ですが、では10~11歳の男子・女子は700mg、12~14歳の男子は1,000mg、女子は800mg、15~17歳の男子は800mg、女子は650mgがカルシウムの推奨摂取量として設定されています。 それに対し、アメリカは12~17歳の男女共通で1,300mgのカルシウムを推奨摂取量にしています。 これだけ推奨量に差があるのであれば、日本人とアメリカ人のカルシウム摂取量に差があっても頷ける話です。 またそもそも日本の子供は上記のカルシウム推奨摂取量に達していないという問題もあります。 平成20年の日本人栄養調査によれば、普段日本の子供が摂取しているカルシウムの量は推奨量よりも200mg程度少ないことがわかっています。 なぜ日本の子供はカルシウムをあまり摂らないかというと、「 乳製品をあまり食べていない」ことが大きな理由として考えられます。 特に牛乳はカルシウムが豊富ですが、嫌う子供が多く、小学校や中学校の給食で出ても飲み残してしまうケースが多いです。 そして当然牛乳が嫌いな子供は家でも飲まないので、1年を通して牛乳をほとんど飲まないという子供もいます。 成長のためには運動・睡眠・食事の生活習慣の改善が重要 子供の身長にはカルシウム摂取が大切ですが、カルシウムを大量に摂るだけではまだまだ不十分です。 本当に子供の身長を伸ばしたければ、カルシウム摂取とともに運動、睡眠、食事の生活習慣を改善していかなければいけません。 カルシウム摂取量は十分でも、それ以外の生活習慣に問題があれば、カルシウムの吸収率や働きが悪くなったり、その他の身長を伸ばすのに役立つ要素を阻害したりすることで、結局思うような成長が見られない可能性もあります。 実際、日本の子供の多くは、、のすべての生活習慣が整っているとはいえない状況です。 運動時間は学年が上がるごとに減りますし、睡眠時間も塾や部活などで削られ、食事もファストフードの普及で栄養状態が偏ってきています。 もしこれらに心当たりがあれば、対策を考える必要があります。 「運動」学年が上がると運動時間が減っているから積極的に増やす 日本人はアメリカ人と比べると太っている子供が少ないので、「」で運動を始めようと思うことが少なく、なかなか運動が生活習慣に定着しません。 生活習慣に定着しなければ、遅かれ早かれ運動をまったく行わない状態になります。 運動時間を増やすには運動部に入るのもいいですし、部活以外で自主的に運動を積極的に行うのでも構いません。 部活以外で運動を行う習慣を身につけておけば、部活を辞めた後でも運動を続けられるので、 成長期が終わるまで運動による成長ホルモン分泌促進のメリットを受けられます。 運動は危険がなければどのようなものでも構いません。 外を走ってもいいですし、トレーニング施設に行って本格的に鍛えたり、家でスペースを使わない筋トレをしたりしても大きな効果が期待できます。 ただ、やはり若い頃は楽しみながら運動をするのが一番なので、スポーツを行った方が継続できるかもしれません。 ただし、運動を行うとエネルギーが消費されるため、運動を行った日はしっかりと栄養補給しておく必要があります。 栄養が足りないのに無理に運動すると体がやせ細って逆に成長に悪影響が出ます。 「睡眠」塾や部活で遅くに眠る子が多いから寝る時間を確保する 学校の放課後に塾や部活で夕方~夜まで帰れないと、家に帰ってから夕飯や入浴、宿題などをしているうちにどんどん時間が経ってしまい、気が付くと寝る時間が遅くなっていたという事態に陥りやすいです。 特に受験やテストが控えているとそこからさらに勉強で夜ふかしすることになる可能性があるので、睡眠時間を確保するのが難しいです。 しかし、 睡眠時間を削ってまで勉強を行うのは効率が悪いです。 そのため、勉強をしていて偉いからといって親が子供をそのままにさせておくと、成績が思ったより上がらない上に体の成長も阻害されるという最悪の結果になる恐れもあります。 寝る時間を確保するには寝る時間をしっかりと決めておくことが大切です。 寝る時間が決まっていれば、それまでにやるべきことを済ませておくよう調整することができますし、だらだらと他のことをして夜ふかしすることもありません。 子供によっては夜すぐには眠れないということもあるかもしれません。 その場合は入浴やホットミルクで体をリラックスさせたり、普段から朝日を浴びるなどして生活リズムをつけていくことを意識すると改善できる可能性があります。 「食事」ファストフードは肥満の危険あり! になる子供の多くは消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多い生活を送っています。 つまり、食事を摂りすぎていたり、食事内容が悪かったり、運動不足だったりする場合に肥満は生じるのです。 特に近年は子供がファストフードを食べることも珍しくなくなっていることから、偏った食事内容によって肥満になるリスクが高まっています。 肥満になるような生活習慣は身長にも悪影響が及ぶため、 ファストフードは控え、普通に食材から調理した食品を与えるべきです。 子供がどれくらい肥満になっているかは日本肥満学会が定める肥満度を計算することでわかります。 幼児は15%以上、学童は20%以上で肥満気味になります。 肥満気味以上の子供の場合、一刻も早く食事内容の改善が必要です。 ただし、肥満には病気によるものもあり、その場合は病院に行って診察してもらう必要があります。 病気による肥満は症候性肥満、生活習慣の乱れによる肥満は単純性肥満と呼びます。 症候性肥満は肥満よりも病気そのものを治すことが先決です。 成長途中に不足するカルシウムを身長サプリから摂取! カルシウムは魚や乳製品などから摂取することができますが、 推奨されている量を食事から摂るのは簡単なことではありません。 メニューを考える方も大変ですし、カルシウム系の食品ばかり食べさせられる方も大変です。 たとえば牛乳が大好きなど、カルシウム系の食品に抵抗がない子供ならまだ楽ですが、実際はそんな子供ばかりではありません。 ではカルシウムをたくさん子供に摂らせるのは無理なのかという話になりますが、身長サプリを利用すれば問題を解決することができます。 身長サプリには子供が身長を伸ばすための栄養素が豊富に配合されており、カルシウムもバッチリ入っています。 そのため、 身長サプリを子供に飲ませれば食事からカルシウムを摂取する負担が減ります。 しかもサプリは特定の成分を多量に1粒に詰め込むことができるので、食事から摂取するよりも栄養補給の効率がいいメリットがあります。 カルシウム高配合のサプリを利用すれば、アメリカと同水準のカルシウム摂取も可能です。 ただし、身長サプリに頼りすぎるのもよくありません。 基本は食事から摂取し、足りない分をサプリで補うというやり方が前提で、食事からカルシウムを一切とらず、サプリだけで栄養補給するようなやり方はNGです。 またカルシウムを摂取する時は単体ではなくマグネシウムと一緒に摂ると吸収率が高まります。 まとめ アメリカ人は日本人よりも男女ともに平均身長が高いです。 それにはアメリカ人の生活習慣が日本人と違うことが大きく関わっていると考えられます。 たとえば、運動時間と睡眠時間はアメリカ人の方が多いです。 運動時間と睡眠時間は子供の成長ホルモン分泌に深く関わっており、これらの時間が長い方が身長が伸びやすくなります。 ただし、中学生までの子供の場合、日本人も運動時間と睡眠時間をそれなりにとっています。 高校生になると運動部を選ばない子供が増えるため、運動時間が減りますし、学業や仕事が忙しくなるごとに睡眠時間が減ります。 最も日本人とアメリカ人の生活習慣で異なるのは食生活です。 特にカルシウム摂取量には大きな差があり、乳製品をあまり摂らない日本人はカルシウム不足に陥りやすいです。 カルシウムは子供の成長に大きく貢献するミネラルであり、成長期には特に意識して摂る必要があります。 どうしても食事からカルシウムを十分に摂れないという場合は身長サプリが役立ちます。 身長サプリはカルシウムが豊富に入っているものが多く、子供に飲ませれば効率的にカルシウム摂取ができます。 ただし、基本的な食生活を整えることを最優先に考えるのが前提です。

次の

アメリカ人の平均身長と体重は?白人や黒人女性の体型や日本人との違いも

アメリカ 人 平均 身長

アメリカ人と日本人の平均身長を比較! まず男性ですが、アメリカ人の平均身長は178cm程度、日本人の平均身長は172cm程度です。 その差は 約6cmであり、国民全体の平均身長にしてはかなりの隔たりがあります。 女性の場合、アメリカ人の平均身長は163cm程度、日本人の平均身長は158cm程度です。 差は 約5cmなので、男性のアメリカ人・日本人の平均身長の差とほとんど変わりません。 身長が5cm以上違えばぱっと見た時の印象が大きく変わります。 そのため、普通のアメリカ人と日本人が並んだら体格が一回り違うであろうことは容易に想像できます。 なお世界的に見た場合、日本人は平均身長がとりたてて低い国というわけではありません。 男性の172cm程度も、女性の158cm程度も、世界的に見れば平均値・中央値付近に位置します 女性は少し低め。 アメリカ人は世界で突出して平均身長が高いというわけではありませんが、それでも 特に男性は 世界的に見ても高めの平均身長なので、日本人よりも高くなるのは当然といえば当然です。 文部科学省の統計調査によると、日本人の子供の各世代の平均身長は1950年代あたりから劇的に伸びていることがわかっています。 参照: なぜこの時代から伸びているかというと、第二次世界大戦 1939年~1945年 が終結したのをきっかけに国民の生活や環境が大きく変わっていったからです。 そのため、 今後も日本人の平均身長は伸びていく可能性があります。 しかし、1950年代直後と比べると近年は平均身長の伸び方がゆるやかになってきているので、うちどめになる可能性もあります。 とはいえ、たった1950年代あたりから現在に至るまでの短い年月の間に劇的に平均身長が伸びるということは「遺伝に頼らなくても身長は伸びる」ことを示しており、これから子供の身長を伸ばしていきたい親御さんにとっては希望が持てる話です。 アメリカと日本人の食生活を比較 アメリカ人と日本人とでは、当然普段食べている食事の内容が異なります。 身長と食生活は密接に関わっているので、その違いを見ることで平均身長に差が出る理由がわかる可能性があります。 近年は食の欧米化により、日本人の食生活はアメリカ人に近くなっていますし、アメリカ人もまたヘルシー志向から日本食を好むようになってきています。 そのため、食生活が共通する部分もあるのですが、やはり今でも日常的に食べている物を比べると決定的な違いがあるものです。 また食生活を比較する時はただ食べ物の違いを見るのではなく、栄養面の違いも見ることで、栄養状態の差も把握できるようになります。 日本人の食生活とは? 日本人の食生活における摂取ですが、昭和20年代までは植物性たんぱく質が中心でした。 動物性たんぱく質は魚などで摂っていましたが、植物性たんぱく質と比べると微々たる割合です。 その後、経済成長を経て食の欧米化が始まり、動物性たんぱく質の摂取割合が増えていきます。 同時に魚はもちろん、魚以外にも獣肉や卵、乳製品など、動物性たんぱく質を摂れる食品の種類が増えます。 しかし、食の欧米化といっても完全に欧米の食生活に変わったわけではありません。 獣肉ばかりではなく魚も食べますし、四季に応じてとれる日本の気候や地形ならではの食材も多く、日本の食文化と欧米の食文化が混合しているのが現在の日本の状況です。 インスタント食品やファストフード、レトルト食品、スナック菓子などが普及した当初は栄養の偏りが懸念されていましたが、近年は健康志向の考えが普及したおかげでそれらを食べ過ぎないようにする流れも生まれています。 獣肉や魚などの肉を食べる機会が増えたということは、脂質の摂取量も増えたということでもあります。 逆に摂取量が減ったのは食物繊維であり、近年、日本人の野菜不足が懸念されています。 アメリカ人の食生活とは? アメリカ人の食生活はイギリスなどの国の移民が持ち込んだものと、もともと先住民が持っていたものが合わさることで発達した背景があります。 主な食材は牛肉や豆、トウモロコシ、乳製品などです。 面積に対して人口が少ないことから機械化が進み、缶詰やレトルト食品、冷凍食品などが普及しました。 その背景から簡単に食べられる物が好まれるようになり、ファストフード文化が成熟したのです。 またアメリカ人はファストフードを食べる時にコーラをよく飲みます。 そのため、糖質や脂質を多量に摂ることになります。 それから甘い食べ物には砂糖やシロップを大量に使うので、ますます糖質摂取が過多になります。 逆に野菜は不足しています。 ハンバーガーショップで食事する場合、ピクルスしかちゃんとした野菜がないということもありえます。 ビタミン不足はサプリで補うケースが多いですが、食物繊維はサプリで摂れないので、食物繊維不足が深刻です。 ただアメリカは他民族国家であり、それぞれの民族に合わせて様々な食事が見られます。 そのため、民族によってはバランスの良い食事を摂っていることもあります。 日本人とアメリカ人の生活習慣を比較 身長に影響を与えるのは食生活だけでなく、運動時間や睡眠時間もその1つとして考えられます。 そのため、日本人とアメリカ人の生活習慣を比較する時はそれら全体を見ていく必要があります。 運動も睡眠も成長ホルモンの分泌を促すために役立ちます。 とは体を成長させるためのホルモンであり、子供が成長期に育つのはこのホルモンが分泌されて作用するからです。 背が高く伸びるのはもともと遺伝的に伸びしろが大きいということでもありますが、成長ホルモンが多く分泌されたということでもあるので、成長ホルモンと身長は密接に関わっています。 日本人とアメリカ人の運動時間を比較 日本人で習慣的に運動しているのは成人全体の3割~4割程度です。 アメリカの成人は5割程度が習慣的に運動しており、1割~2割程度の差があることがわかります。 ただし、子供の場合は日本人もよく運動しています。 特に中学生男子の部活動では、文化部よりも運動部に人が集まる傾向があり、練習で長時間の運動をほぼ毎日行うことになります。 高校生になると男子の運動部への加入率が下がり、社会人になると部活自体がなくなるので、日本人は大人になるごとに運動時間が短くなっていきます。 しかし、アメリカ人は子供はもちろん、大人も一定以上の運動時間を確保しています。 アメリカに行けば外をジョギングしている人を多く見かけることができますし、トレーニング施設も充実しています。 アメリカは肥満大国であり、その点だけを見るとあまり運動しない国民なのかと思いがちですが、実は運動自体はしっかり行っているのです。 日本人とアメリカ人の睡眠時間を比較 日本人の睡眠時間は7~8時間程度です。 中学生あたりまでの年代の睡眠時間が最も多く、高校生以降の年代はほとんど平均睡眠時間が変わらなくなります。 ただし、定年後の高齢者になるとまた睡眠時間が多くなる傾向にあります。 それに対し、 アメリカ人の睡眠時間は8時間~9時間程度と日本人よりも1時間程度多いです。 アメリカ人は先進国の中でも睡眠時間が多い方であり、逆に日本人は先進国の中でも睡眠時間が短い方となっています。 日本人の睡眠時間が短い原因は、仕事が忙しい社会人が多いからです。 残業などで帰宅が遅くなれば、寝る時間も遅くなるのは当然です。 そして翌日は早く出勤しなければならないため、起床時間が早くなり、結果睡眠時間が短くなります。 子供の場合は仕事が忙しくて睡眠時間が短くなるということはありませんが、近年の日本の子供は学校から帰った後の塾や習い事で寝るのが遅くなるケースも増えてきています。 アメリカの方が平均身長が高い理由は「食生活」 日本人とアメリカ人の生活習慣を比較すると、食生活を除き、アメリカ人の方が健康に良い生活をしていることは間違いありません。 となるとアメリカの方が平均身長が高いのは運動時間と睡眠時間が多いからなのかと思いがちですが、実はそういうわけでもありません。 というのも、確かにアメリカ人は日本人よりも運動時間と睡眠時間が多い傾向にはあるのですが、その差はそれほど大きいわけではないからです。 特に日本人の子供は大人と比べて運動時間も睡眠時間も多いので、成長期におけるそれらは決してアメリカ人に劣っていません。 では何がアメリカ人の平均身長を高くしているかというと、 決定的なのは食生活の違いです。 食生活に関してはアメリカ人よりも日本人の方が健康的で肥満も少ないですが、アメリカ人は身長を伸ばす栄養素を多く摂っていることから、平均身長が高くなっていると考えられます。 その栄養素とはカルシウムです。 カルシウムの推奨摂取量が日本の方が低い! 日本にもアメリカにも、の推奨摂取量というものが国によって定められています。 推奨量はある性別・年齢の人が必要とする1日分の摂取量のことを指します。 まず日本人ですが、では10~11歳の男子・女子は700mg、12~14歳の男子は1,000mg、女子は800mg、15~17歳の男子は800mg、女子は650mgがカルシウムの推奨摂取量として設定されています。 それに対し、アメリカは12~17歳の男女共通で1,300mgのカルシウムを推奨摂取量にしています。 これだけ推奨量に差があるのであれば、日本人とアメリカ人のカルシウム摂取量に差があっても頷ける話です。 またそもそも日本の子供は上記のカルシウム推奨摂取量に達していないという問題もあります。 平成20年の日本人栄養調査によれば、普段日本の子供が摂取しているカルシウムの量は推奨量よりも200mg程度少ないことがわかっています。 なぜ日本の子供はカルシウムをあまり摂らないかというと、「 乳製品をあまり食べていない」ことが大きな理由として考えられます。 特に牛乳はカルシウムが豊富ですが、嫌う子供が多く、小学校や中学校の給食で出ても飲み残してしまうケースが多いです。 そして当然牛乳が嫌いな子供は家でも飲まないので、1年を通して牛乳をほとんど飲まないという子供もいます。 成長のためには運動・睡眠・食事の生活習慣の改善が重要 子供の身長にはカルシウム摂取が大切ですが、カルシウムを大量に摂るだけではまだまだ不十分です。 本当に子供の身長を伸ばしたければ、カルシウム摂取とともに運動、睡眠、食事の生活習慣を改善していかなければいけません。 カルシウム摂取量は十分でも、それ以外の生活習慣に問題があれば、カルシウムの吸収率や働きが悪くなったり、その他の身長を伸ばすのに役立つ要素を阻害したりすることで、結局思うような成長が見られない可能性もあります。 実際、日本の子供の多くは、、のすべての生活習慣が整っているとはいえない状況です。 運動時間は学年が上がるごとに減りますし、睡眠時間も塾や部活などで削られ、食事もファストフードの普及で栄養状態が偏ってきています。 もしこれらに心当たりがあれば、対策を考える必要があります。 「運動」学年が上がると運動時間が減っているから積極的に増やす 日本人はアメリカ人と比べると太っている子供が少ないので、「」で運動を始めようと思うことが少なく、なかなか運動が生活習慣に定着しません。 生活習慣に定着しなければ、遅かれ早かれ運動をまったく行わない状態になります。 運動時間を増やすには運動部に入るのもいいですし、部活以外で自主的に運動を積極的に行うのでも構いません。 部活以外で運動を行う習慣を身につけておけば、部活を辞めた後でも運動を続けられるので、 成長期が終わるまで運動による成長ホルモン分泌促進のメリットを受けられます。 運動は危険がなければどのようなものでも構いません。 外を走ってもいいですし、トレーニング施設に行って本格的に鍛えたり、家でスペースを使わない筋トレをしたりしても大きな効果が期待できます。 ただ、やはり若い頃は楽しみながら運動をするのが一番なので、スポーツを行った方が継続できるかもしれません。 ただし、運動を行うとエネルギーが消費されるため、運動を行った日はしっかりと栄養補給しておく必要があります。 栄養が足りないのに無理に運動すると体がやせ細って逆に成長に悪影響が出ます。 「睡眠」塾や部活で遅くに眠る子が多いから寝る時間を確保する 学校の放課後に塾や部活で夕方~夜まで帰れないと、家に帰ってから夕飯や入浴、宿題などをしているうちにどんどん時間が経ってしまい、気が付くと寝る時間が遅くなっていたという事態に陥りやすいです。 特に受験やテストが控えているとそこからさらに勉強で夜ふかしすることになる可能性があるので、睡眠時間を確保するのが難しいです。 しかし、 睡眠時間を削ってまで勉強を行うのは効率が悪いです。 そのため、勉強をしていて偉いからといって親が子供をそのままにさせておくと、成績が思ったより上がらない上に体の成長も阻害されるという最悪の結果になる恐れもあります。 寝る時間を確保するには寝る時間をしっかりと決めておくことが大切です。 寝る時間が決まっていれば、それまでにやるべきことを済ませておくよう調整することができますし、だらだらと他のことをして夜ふかしすることもありません。 子供によっては夜すぐには眠れないということもあるかもしれません。 その場合は入浴やホットミルクで体をリラックスさせたり、普段から朝日を浴びるなどして生活リズムをつけていくことを意識すると改善できる可能性があります。 「食事」ファストフードは肥満の危険あり! になる子供の多くは消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多い生活を送っています。 つまり、食事を摂りすぎていたり、食事内容が悪かったり、運動不足だったりする場合に肥満は生じるのです。 特に近年は子供がファストフードを食べることも珍しくなくなっていることから、偏った食事内容によって肥満になるリスクが高まっています。 肥満になるような生活習慣は身長にも悪影響が及ぶため、 ファストフードは控え、普通に食材から調理した食品を与えるべきです。 子供がどれくらい肥満になっているかは日本肥満学会が定める肥満度を計算することでわかります。 幼児は15%以上、学童は20%以上で肥満気味になります。 肥満気味以上の子供の場合、一刻も早く食事内容の改善が必要です。 ただし、肥満には病気によるものもあり、その場合は病院に行って診察してもらう必要があります。 病気による肥満は症候性肥満、生活習慣の乱れによる肥満は単純性肥満と呼びます。 症候性肥満は肥満よりも病気そのものを治すことが先決です。 成長途中に不足するカルシウムを身長サプリから摂取! カルシウムは魚や乳製品などから摂取することができますが、 推奨されている量を食事から摂るのは簡単なことではありません。 メニューを考える方も大変ですし、カルシウム系の食品ばかり食べさせられる方も大変です。 たとえば牛乳が大好きなど、カルシウム系の食品に抵抗がない子供ならまだ楽ですが、実際はそんな子供ばかりではありません。 ではカルシウムをたくさん子供に摂らせるのは無理なのかという話になりますが、身長サプリを利用すれば問題を解決することができます。 身長サプリには子供が身長を伸ばすための栄養素が豊富に配合されており、カルシウムもバッチリ入っています。 そのため、 身長サプリを子供に飲ませれば食事からカルシウムを摂取する負担が減ります。 しかもサプリは特定の成分を多量に1粒に詰め込むことができるので、食事から摂取するよりも栄養補給の効率がいいメリットがあります。 カルシウム高配合のサプリを利用すれば、アメリカと同水準のカルシウム摂取も可能です。 ただし、身長サプリに頼りすぎるのもよくありません。 基本は食事から摂取し、足りない分をサプリで補うというやり方が前提で、食事からカルシウムを一切とらず、サプリだけで栄養補給するようなやり方はNGです。 またカルシウムを摂取する時は単体ではなくマグネシウムと一緒に摂ると吸収率が高まります。 まとめ アメリカ人は日本人よりも男女ともに平均身長が高いです。 それにはアメリカ人の生活習慣が日本人と違うことが大きく関わっていると考えられます。 たとえば、運動時間と睡眠時間はアメリカ人の方が多いです。 運動時間と睡眠時間は子供の成長ホルモン分泌に深く関わっており、これらの時間が長い方が身長が伸びやすくなります。 ただし、中学生までの子供の場合、日本人も運動時間と睡眠時間をそれなりにとっています。 高校生になると運動部を選ばない子供が増えるため、運動時間が減りますし、学業や仕事が忙しくなるごとに睡眠時間が減ります。 最も日本人とアメリカ人の生活習慣で異なるのは食生活です。 特にカルシウム摂取量には大きな差があり、乳製品をあまり摂らない日本人はカルシウム不足に陥りやすいです。 カルシウムは子供の成長に大きく貢献するミネラルであり、成長期には特に意識して摂る必要があります。 どうしても食事からカルシウムを十分に摂れないという場合は身長サプリが役立ちます。 身長サプリはカルシウムが豊富に入っているものが多く、子供に飲ませれば効率的にカルシウム摂取ができます。 ただし、基本的な食生活を整えることを最優先に考えるのが前提です。

次の