し じん そう の 殺人 犯人。 読書記録『屍人荘の殺人』(超ネタバレ)

映画 屍人荘(しじんそう)の殺人 つまらないと酷評はなぜ?宣伝詐欺とレビューが炎上!?|movie

し じん そう の 殺人 犯人

主人公は、神紅大学のミステリ愛好会に所属している葉村譲(神木隆之介)で、探偵の助手的なワトソン役をしています。 「神紅大学のホームズ」と呼ばれる会長の明智恭介(中村倫也)と一緒に近場で起きる事件を勝手に捜査していました。 学生から、事件の捜査を頼まれて、大学の学食で張っていると、怪しい女子が現れました。 それがもう1人のホームズの剣崎比留子(浜辺美波)で、警察の捜査にも協力する探偵少女でした。 剣崎比留子は、2人に映画研究会の夏合宿に同行することを提案します。 去年の映画研究会の夏合宿で、女子大生がひとり行方不明になっていて、今年は 「今年の生贄は誰だ?」という脅迫状があったので、比留子は興味を持ちました。 音楽フェスに参加してゾンビに囲まれる 3人は、長野で行われる音楽フェスに参加するため、ペンション紫湛荘(しじんそう)に行きます。 音楽フェスに行くと観客がゾンビ化していて、噛まれるとゾンビになってしまうので、夢中でペンションに逃げ帰りました。 ペンションの入口で、明智がゾンビの中に取り残されてしまいます。 殺人事件が起きる ペンションの1階もゾンビに占拠されて、完全密室の状況の中、殺人事件が起きます。 ゾンビが迫る中、比留子と葉村の推理が行われます。 昨年の合宿で行方不明になった大学生の妹・美冬が犯人で、姉をもてあそんだ研究会のOBの2人をゾンビ化して殺害しました。 脅迫状を送った人物は別人で、ただ単に 合宿に行きたくないという理由で、脅迫状を置いていました。 ゾンビに追い詰められた葉村たちは、屋上に逃げますが、美冬がゾンビにかまれて、屋上から飛び降ります。 そこへ救助のヘリが着て助かりました。 そして、ラストの結末は、明智(中村倫也)が現れて、葉村が近づくとゾンビ化していて噛まれそうになります。 そこへ比留子が明智の目を刺して倒しました。 明智がいなくなったことで、葉村に自分のワトソンになるように言います! 明智が言っていたように比留子はヤバイ人だという怖さを残してます。 映画・には、細かい事件の内容のネタバレあります。 テロ事件を起こしたのは、 謎の集団「班目機関」と報道されただけでした。 事件から3ヶ月後、すっかり親しくなった比留子と葉村! 2人は、オカルト雑誌の「アトランティス」で、事件が予告されていたことを知ります。 その記事から、謎の集団「班目機関」が超能力実験を行っていたという元研究所に辿り着きました。 2人が行ってみると、住人がひとりもいません。 バスで出会った高校生の男女! 女子高生の十色真理絵は、スケッチブックに絵を描くと現実になる予言能力を持っているようです。 十色の後輩でオカルト好きの男子高校生の茎沢忍! 王子貴士(30才くらい)は、イケメンで物腰が柔らかく、ツーリング途中にガス欠でここにいました。 大学教授の獅々田厳雄(50代)と息子の純(小学生)は、車のトラブルに遭ったところで、お墓参りに来た朱鷺野明子(20代)に助けられていました。 唯一の地元民の朱鷺野は、魔眼の匣と呼ばれるサキミ様のところにみんなを連れて行きます。 サキミに仕えている神服素子に迎えられました。 サキミのところには、先客の雑誌「月刊アトランティス」の記者の臼井が来ていて、記事には載せていない予言の手紙のことを話します。 予言で2日間で男2人と女2人が確実に死ぬ その予言は「2日間で男2人と女2人が確実に死ぬ」ということです。 すると女子高生の十色が激しく燃える橋の絵を描き始めます。 十色の絵の通り、村から出られる唯一の橋が燃えてしまって、山の中の限界集落に閉じ込められました。 村に残されたのは、男7人女4人の11人! 村から脱出できる場所を探っていると、アトランティスの記者の臼井が土砂崩れに巻き込まれてしまいました。 あと3人? 2人目の犠牲者は、女子高生の十色でした。 被害者は、銃で撃たれていて、時計が粉々に壊されていました。 そんな中、比留子が行方不明になって、女性2人目の犠牲者かと思わせる! 女性の犠牲者はもう出ないと思ったら、朱鷺野が亡くなる! そして、十色の死にショックを受けた男子高校生が外で熊に襲われてしまう。 村に閉じ込められて、予言を信じて翻弄させられる葉村たち! まだまだ続編がありそうですね! 映画・には、神木隆之介が出演、綺麗な映像と切ない岩井俊二監督の映画です。

次の

屍人荘の殺人2続編ネタバレ!魔眼の匣の殺人は前作の3ヵ月後の予言

し じん そう の 殺人 犯人

Contents• 「しじんそう(屍人荘)の殺人」を読もうと思ったきっかけ 単純に、流行っているのでどんな内容なのか興味があったからです。 ミステリーって、時代によって、すごく話題になることがあります。 そのときそのときでどんな傾向のミステリーがトレンドなのかを知ることで、時代の流れなどもわかるのかなと思い、読んでみました。 そもそも本を読む人ってかなり少ないですが、そこで大ヒットしているということで、それまで本を読まない人もミステリーがきっかけで本を読むかもしれません。 いや、そういう人の場合、映画やコミックに行くかもしれませんが。 とはいえ、どういう傾向が流行るのかを知ることは大事です。 「しじんそう(屍人荘)の殺人」を考察 設定の意外性 しじんそう(屍人荘)の殺人に関し、設定で意外性があったのはふたつあります。 ひとつは舞台設定。 というのは、屍人荘の殺人はクローズドサークルといって、孤島や吹雪の中の山荘とか、外界との連絡が閉ざされた空間の中で殺人事件が行われるというものです。 タイトルを見たときから薄々クローズドサークルだろうなと思っていたので、この設定自体とくに驚きはありませんでした。 気になったのは、むしろ、使い古された感のある舞台設定をどうアレンジしていくのか、どう味付けしているのか、でした。 大学のサークルの夏の合宿(事実上、合コン)として集まった学生とそのOB連。 ペンションの見取り図もあり、いかにもの設定。 大学生たちは、肝試しをはじめるのですが、そのとき、近くで行われているロックフェスでウイルステロが発生し、ウイルスに感染した人間がゾンビ化してしまうのです。 このゾンビ化した人間が、ペンションを囲み、中に侵入しようとしてこようとすることでクローズドサークルが出来上がるという設定です。 ゾンビが出てきた時点で、荒唐無稽さに読むのを中断しようかと思いましたが、ヒットしている要因を知りたいがために、読み進めました。 しかし、ゾンビというありえないような設定を利用した連続殺人が行われることできちんと謎が提示され、犯人は誰なのか?どうやって犯行を行ったのか?この点に焦点を絞り、謎解きがなされていくので、その点で、ミステリーとしての面白さを感じました。 つまり、ゾンビは、あくまでもペンションから出られない状況を作り出すための道具なのかなと感じました。 もうひとつの意外性は、名探偵(と思しきもの)が二人いて、そのうちの一人が、あっさりと死んでしまうことです。 僕はてっきりこの死んだ方が謎解きをする探偵役と思っていたのですが、死んだと思わせておき、どこかでまた戻ってくるのではと思っていました。 むろん探偵役としてです。 しかし、最後の方で戻っては来るのですが、探偵役としてではなく別の形で戻ってくるだけでした。 やや、拍子抜けしたのと、別の探偵役がいたのかというところで意外でした。 こういう意外性で読者の想定を裏切り、物語に興味をもたせることに成功しているのではと思います。 犯行の偶発性と計画性のアンバランスさ 犯人は、ゾンビが発生することを事前にわかっていたわけではありません。 ゾンビの出現はあくまでも偶然です。 ですから、ゾンビの存在など想定もしていなかったわけで、当初は自分なりの殺害計画を練っていたわけです。 このことは犯人が、殺人を犯すために合宿にも参加していることでわかります。 しかし、ゾンビの出現により、すべての計画をゾンビを利用することに作り変えています。 僕には、この辺のリアリティ感がどうにも希薄に感じました。 第一の殺害は、犯人の予期せぬ形でなされたわけですが、それを逆手に取る狡猾さとさらには他の殺人もすべてゾンビの存在を巧みに利用して行っていく発想力は並外れていると思いました。 いつゾンビが襲ってくるかもわからない危機的な状況下で犯人が、そこまでの冷静さを維持できる精神力を備えていた点にどうにも不自然さを感じたということです。 自分がゾンビに噛まれるかもしれない状況では、当初の計画を遂行する方が確実性がある気がします。 ゾンビの存在に怯えるのではなく、それを利用し、瞬時に殺害計画を練る犯人。 当初の計画はゾンビが現れたことで、全く使えなかったのでしょうか? このあたりの記述がなかったので、僕としては不自然さが残りました。 動機、トリック、真犯人に衝撃度はない しじん荘の殺人事件について、殺人の動機や犯人が誰かという点での衝撃度はあまりなかったです。 動機は読んでいればわかるし、犯人もおそらく消去法でわかります。 トリックは、伏線の張り方がシンプルなので、詳細にわからないまでもぼんやりとこんな感じかなというのは見当がつきます。 ミステリーの魅力は、読者の予想を裏切るところにあると思います。 そのために作者は、真犯人が誰なのかをぼやかし、ときにはミスリードさせ、読者に一体誰が犯人なんだろうと混乱させてしまうテクニックを弄するのではないでしょか? そういう意味では、単純というかシンプルな内容です。 「屍人荘(しじんそう)の殺人」の感想 舞台装置にゾンビというややもすれば笑えてしまいかねない設定を見事にミステリーに仕立てている点は、痛快でした。 ありえなさそうな設定を元にした有り得そうな話です。 その着眼は、見事です。 ただ、やはり、ゾンビに対する大学生たちの反応に恐怖感や危機感があまり感じられないため、読んでいても、ハラハラ・ドキドキ感がないです。 おそらく、探偵役の女子大生とワトソン役の学生のやり取りが、軽薄なのも影響している気がします。 ちなみに、この探偵役の女子学生って、お嬢様風なイメージでしたが、会話での言葉使いが下品でスレた印象なのが違和感を感じました。 まとめ 正直、このようなミステリーが売れているんだと驚きました。 中心読者の年齢層は高校生?でしょうか?いや、もっと低い、小中学生なのかもしれません。 コミックをノベライズしたのかと思うほど、会話にリアリティがなく、途中で挫折しそうになりながら、読みました。 ツカミが、ド派手なゾンビという設定のインパクトさにあるので、その点は、ありそうでなかった部分だと思いますが、とうとうそこに手を出したのかっていう印象もあります。 が、この発想は、これまでのミステリーには、なかったのではと思いますし、それを推理としてまとめたところに面白みがあるのだと感じました。

次の

屍人荘の殺人 : 作品情報

し じん そう の 殺人 犯人

概要 [ ] 作家・今村昌弘のデビュー作品。 第27回鮎川哲也賞の選考において、選考委員(、、)の満場一致で受賞が決定された。 ほかに「2018年度版」「」「2018 」において第1位を獲得、そして第18回を受賞し、国内ミステリーランキング4冠を達成した。 大学の映画研究会の夏合宿において、合宿先の別荘・紫湛荘(しじんそう)で起きた連続殺人事件に遭遇したミステリー愛好会のメンバーが生き残りを懸けて真相を追うさまを描く。 今村は本作において、殺人の手段の一つであるとともにを形成することにもなる特殊な仕掛けを組み込んだことについて、「鮎川哲也賞の過去の受賞作を読み、密室ものを書こうと考えたのが大前提であった」とし、パターンが出尽くしたといわれる密室トリックに新しい形を作ろうと考え、映画ではよく見る場面でありながら、殺人が起きたことはないのではないか、との思いつきから着想を得たと語っている。 主演で映画化され、に公開された。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年12月)() 神紅大学ミステリー愛好会のメンバーである 葉村 譲と 明智 恭介は、女子大生の「探偵少女」 剣崎 比留子に誘われ、同じ大学の映画研究会夏合宿に参加する。 しかし、その映画研究会はいわくつきで知られていた。 肝試しに出かけた合宿初日の夜、近くのイベント参加者と思われる死者たちが 屍人となって徘徊し、合宿参加者たちに襲いかかって明智を含めたメンバー数名が犠牲となる。 そして葉村たちは、合宿先である 「紫湛荘」に立てこもらざるを得ない事態になってしまう。 さらに翌朝、紫湛荘の一室において、映画研究会の部長である 進藤 歩が予告状とも取れるメモと共に、屍人に襲われたとしか思えない他殺体となって発見される。 だが現場は、館の周囲を屍人に囲まれたのうえに部屋に鍵のかかった「二重の密室」であった。 さらに「屍人には知性がない」ことが明らかとなり、殺害現場には屍人は入ってこれないことから推理困難な状況となってしまう。 だが、それはこれから起きる連続殺人事件の始まりにすぎなかった。 主要人物 [ ] 葉村 譲(はむら ゆずる) 演 - 本作の主人公。 経済学部1回生。 ミステリ愛好会会員。 当初はミステリ研究会に入るつもりだったが、部員たちからミステリに対する情熱が感じられず入部を躊躇していたところに、真のミステリ好きである明智に誘われて、学校非公認のミステリ愛好会に入会。 入会後に会員は明智と自分の2人だけだと知る。 明智 恭介(あけち きょうすけ) 演 - 理学部3回生。 ミステリ愛好会会長。 自称:神紅のホームズ。 リムレス眼鏡をかけている。 ミステリ愛好会の知名度を上げるべく、あらゆるサークルに「入用の時には声掛けを」と名刺を配り歩き、実際に学内で起こった事件をいくつか解決している。 さらに学内だけでは飽き足らず探偵事務所や警察にまで顔を出し事件に首をつっこもうとする。 剣崎 比留子(けんざき ひるこ) 演 - 文学部2回生。 横浜の名家のお嬢様。 髪は肩より少し長い。 髪の色は黒。 身長は150センチと少し。 顔立ちは佳麗。 警察ですら手を焼く難事件をいくつも解決へ導いた実績を持つ、通称:探偵少女。 明智が映画研究部の合宿に参加したがっているのを聞きつけ、交換条件付きで同行を求めてきた。 映画研究部の関係者 [ ] 進藤 歩(しんどう あゆむ) 演 - 芸術学部3回生。 映画研究部部長。 眼鏡をかけて、真面目そうな風貌をした、痩躯の男性。 星川 麗花(ほしかわ れいか) 演 - 芸術学部3回生。 演劇部部員。 進藤の恋人。 緩くウェーブのかかった栗色の髪でアイドルのような愛嬌のある顔立ちをしている。 進藤に誘われ映画研究部の合宿に参加。 名張 純江(なばり すみえ) 演 - 芸術学部2回生。 演劇部部員。 神経質。 乗り物に酔いやすい。 鋭い空気をまとった、理知的な印象の美人。 高木 凛(たかぎ りん) 演 - 経済学部3回生。 映画研究部部員。 姉御肌。 背が高く、気が強い。 ボーイッシュなショートヘアとくっきりした目鼻立ちが印象的な美女。 前年の合宿にも参加。 静原 美冬(しずはら みふゆ) 演 - 医学部1回生。 映画研究部部員。 小柄でおとなしい性格。 清楚という表現がしっくりくる黒髪の少女。 いつも高木と行動している。 下松 孝子(くだまつ たかこ) 演 - 社会学部3回生。 映画研究部部員。 明るく強か。 ふわふわのパーマをかけた金髪をポニーテールにし、きっちりメイクを施している。 重元 充(しげもと みつる) 演 - 理学部2回生。 映画研究部部員。 特殊な映画のマニア。 縁の太い眼鏡をかけた肥満気味の男。 七宮 兼光(ななみや かねみつ) 演 - OB。 ペンション「紫湛荘」のオーナーの息子で、毎年映画研究部に合宿の場所として紫湛荘を提供している。 父親は映像制作会社の社長でもある。 顔立ちは整っているが、肌が白く、目や口と言ったパーツが小さく、仮面でもかぶっているかのような印象を与える。 出目 飛雄(でめ とびお) 演 - OB。 七宮の友人。 前年の合宿にも参加。 ぎょろりとした目つきで、両目の間が広くモヒカンに近い髪型をしているため、魚類のように見える。 立浪 波流也(たつなみ はるや) 演 - OB。 七宮の友人。 前年の合宿にも参加。 オールバックの髪を後ろで結んでいる。 ワイルドな二枚目。 その他 [ ] 管野 唯人(かんの ゆいと) 演 - 紫湛荘の管理人。 勤めていた東京の会社が倒産したため、去年の11月から知り合いの伝手で管理人の職を得た。 眼鏡をかけた誠実そうな雰囲気の男で、三十前後に見える。 浜坂 智教(はまさか とものり) 儀宣大学の生物学准教授。 公安の家宅捜査を受けた際、研究資料と共に姿を消した。 班目 栄龍(まだらめ えいたつ) 岡山の資産家。 研究機関「班目機関」の創設者。 書誌情報 [ ]• 屍人荘の殺人(2017年10月13日発売、、)• 屍人荘の殺人(2019年9月13日発売、、) オーディオブック [ ] kikubon版 [ ] 8月にアールアールジェイが運営する「」で配信開始。 朗読は。 audiobook. jp版 [ ] 1月にが運営する「」で配信開始。 葉村譲 -• 明智恭介 - 藤原聖侑• 剣崎比留子 -• 進藤歩 - 中村純也• 星川麗花 -• 名張純江 -• 高木凛 - 國府咲月• 静原美冬 -• 下松孝子 - 遠野夏子• 重元充 - いとうさとる• 七宮兼光 -• 出目飛雄 -• 立浪波流也 -• 管野唯人 - 野田航弥• 芦澤梨沙、狩野俊哉、桜木信也、陶國貴矢、高山絃、古川航佑、松本欣也、吉川築 漫画 [ ] 作画はが担当している。 の『』で、5月25日から 連載中。 (原作)・ミヨカワ将(漫画) 『屍人荘の殺人』 〈〉、既刊2巻(2020年5月現在)• 2019年12月4日発売 、• 2020年5月13日発売 、 映画 [ ] 屍人荘の殺人 監督 脚本 原作 『屍人荘の殺人』 製作 臼井真之介 製作総指揮 出演者 音楽 Tangerine House 主題歌 「」 撮影 葛西誉仁 編集 富永孝 制作会社 ドラゴンフライエンタテインメント 製作会社 「屍人荘の殺人」製作委員会 配給 公開 上映時間 119分 製作国 言語 より全国公開。 監督は、主演は。 キャスト [ ]• 葉村譲:• 剣崎比留子:• 明智恭介:• 進藤歩:• 重本充:• 名張純江:• 静原美冬:• 下松孝子:• 星川麗花:• 出目飛雄:• 高木凛:• 管野唯人:• 立浪波流也:• 七宮兼光:• 秋山:• 学食のおばちゃん: スタッフ [ ]• 原作:『屍人荘の殺人』(刊)• 監督:• 脚本:• 音楽:Tangerine House• 主題歌:「」• 製作:• 共同製作:、大西繁、弓矢政法、宮崎伸夫、広田勝己、森田圭、舛田淳、、吉川英作、渡辺章仁、永田勝美、• エグゼクティブプロデューサー:• プロデューサー:臼井真之介• ラインプロデューサー:山本礼二• 監督補:八木一介• 撮影:葛西誉仁• 美術:、佐久嶋依里• 照明:鈴木康介• 装飾:高畠一朗• セットデザイン:郡司英雄• 録音:西正義• VFXスーパーバイザー:小坂一順• ヘアメイク:内城千栄子• スタイリスト:望月恵• 記録:河野ひでみ• 編集:富永孝• 音響効果:松井謙典• 選曲:稲川壮• キャスティング:田端利江• 助監督:日高貴士• 制作担当:道上巧矢• プロダクション統括:佐藤毅• 配給:• 製作プロダクション:、ドラゴンフライエンタテインメント• 製作:「屍人荘の殺人」製作委員会(東宝、、、、、、、、、、、、) 原作との相違点 [ ]• 合宿を行うサークルが異なる(原作:映画研究会 、映画:ロックフェス研究会 )。 高木、静原、出目の設定が異なり、原作では紫湛荘の招待客であるが、映画では後から紫湛荘に逃げ込んでくる人物となっている。 また、高木と出目は年齢が中高年に設定されている。 明智、剣崎の設定年齢が異なる(原作の明智:3回生、映画の明智:推理そっちのけで留年し続けたため実質7回生、原作の剣崎:2回生、映画の剣崎:1回生)。 紫湛荘の階層が異なる(原作:3階建て、映画:2階建て)。 犯行動機の基となった人物の設定が異なる(原作:犯人の幼馴染みで大学の先輩、映画:犯人の姉)。 2019年8月21日閲覧。 東京創元社. 2019年8月21日閲覧。 Webミステリーズ. 東京創元社 2017年10月6日. 2019年8月21日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年8月21日. 2019年8月21日閲覧。 小説丸. 2019年9月20日閲覧。 2019年9月20日閲覧。 キクボン! ツイート. より 2020年6月12日閲覧。 audiobook. ツイート. より 2020年6月12日閲覧。 ツイート. より 2020年6月12日閲覧。 集英社. 2020年6月12日閲覧。 集英社. 2020年6月12日閲覧。 CINRA. NET シンラ. 2019年8月21日. 2019年8月21日閲覧。 2018年12月6日. 2019年8月21日閲覧。 ナターシャ. 2019年8月21日. 2019年8月21日閲覧。 MANTAN. 2019年10月9日. 2019年10月9日閲覧。 外部リンク [ ]• - 東京創元社• - 漫画版• - プレイリスト.

次の