オリックス銀行カードローン 借り換え。 オリックス銀行カードローン‐借り換えローンとして利用、利率を下げることができた。カードローン利用体験談

【保存版】ネット銀行のおまとめローン&借り換え専用ローン(2020年版)

オリックス銀行カードローン 借り換え

特徴1 平日14:30までにお手続き完了で 最短即日でお借り入れが可能 審査は最短60分 VIPローンカードは、お申し込みから最短60分で審査回答、最短即日でお借り入れが可能です。 お申し込みはWEBから行うためご来店不要。 また本人確認も勤務先やご自宅への電話確認となるため、ご契約完了まで店舗へ出向く必要がありません。 さらにご契約内容のご確認・同意手続きも郵送ではなくWEBで行うため、スピーディーにご利用を開始できます。 平日14:30までにお手続きが完了すれば、最短即日でお振り込みによるお借り入れが可能です。 お申し込みの流れ(最短即日でお借り入れが可能です。 申し込みフォームに必要事項をご入力の上、ご送信ください。 送信後に表示される『ご提出書類アップロード画面』から本人確認書類とご年収を確認できる書類をアップロードしてください。 審査結果が承認以外の場合はEメールでのご連絡のみとなります。 WEB上でご契約内容の確認とご契約内容の同意手続をお願いいたします。 ご契約内容の同意(取組同意ボタンを押下)をしていただき、弊社での手続き完了後にご利用が可能です。 お手元にカードが届いていなくても弊社ホームページからお振り込みによるお借り入れのお申し込みが可能です。 PC・スマートフォンからお申し込みフォームへ入力、本人確認書類やご年収を確認できる書類などの必要書類をアップロードして送信すると、 お申し込みから最短60分で審査結果をEメールでご連絡いたします。 WEBでご契約内容のご確認と同意手続きをしていただくとご利用開始となります。 お手元にカードが届いていなくても弊社ホームページからお振り込みによるお借り入れのお申し込みが可能です。

次の

不動産投資ローン

オリックス銀行カードローン 借り換え

不動産担保ローンとは、言葉の通り不動産を担保としたローンのことです。 不動産を担保とするところは住宅ローンと同様ですが、住宅ローンのように資金使途が決まっていないのが特徴になります。 また、不動産を担保にするため、まとまった資金を借り入れたい場合に向いているローンなのです。 ここでは、不動産担保ローンにはどういう特徴があるのかを詳しく見ていき、どういうローンなのかを解説していきます。 さらに、不動産担保ローンは借り換えに向いているといわれますが、不動産担保ローンを利用した 借り換えのメリットについても説明します。 不動産担保ローンとは 不動産担保ローンには、いろいな特徴があります。 そして、この特徴を知ることによって不動産担保ローンを優位に利用することができるのです。 ここでは、不動産担保ローンとはどういうローンなのかを、特徴をあげながら解説していきます。 資金使途が自由で大きな金額が借りられる 不動産担保ローンの特徴としては、資金使途が自由のため使いやすいローンであることです。 まとまった大きな資金が必要な時に、カードローンやフリーローンでは金額が大きすぎるため十分な金額が借りられません。 しかし、不動産担保ローンは、不動産を担保にするために 比較的に 大きな金額を借りることができるのです。 比較的に金利が低い 不動産担保ローンは、貸し出す金融機関にとっても不動産を担保にするため 貸し倒れリスクの低いローンになります。 そのため、同じ資金使途が自由のカードローンやフリーローンと比較して、金利が低めに設定できるのです。 ただし、不動産を担保に入れる登記費用や事務手数料などが別途かかりますので、その分も加味して考える必要があります。 事業用資金として利用できる場合もある 個人への不動産担保ローンは、資金使途が自由といっても事業用資金としては利用できないところが多いです。 しかし、金融機関によっては、不動産担保ローンを事業用資金として利用できるところもあります。 事業用資金として利用できる不動産担保ローンは、独立するための開業資金だったり、事業の運転資金としても利用できますので便利です。 借り換えやおまとめローンとして使える 不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため金額が大きく長期のローンを組むことができます。 また、資金使途が自由のため、いろいろな資金として使用することができます。 そのため、他の金融機関などで現在借り入れしている ローンの 借り換え資金として利用できるのです。 借り入れする不動産担保ローンの金利が既存のローンよりも低い場合は、借り換えすることがメリットになるため検討するのも良いでしょう。 さらに、他の金融機関の金利が高いカードローンやフリーローンなどのおまとめローンとして利用しても、メリットになります。 住宅ローンが残っている不動産でも担保にできる場合がある 住宅ローンを借り入れる場合、対象物件を担保に入れて借り入れします。 そのため、住宅ローンがまだ残っている場合は、その担保物件を新たなローンの担保にすることはできないと思われがちです。 しかし、担保の評価額が住宅ローンの残高よりも全然大きい場合は、抵当権の順位が第二位であっても貸し倒れリスクが低いため担保にできる場合があります。 不動産担保ローンの借り換えニーズは? 今よりも市場の金利の高い時代のローンがそのまま残っていたり、カードローンなどの金利の高いローンが複数ある場合、借り換えによるコスト軽減を検討してみましょう。 不動産担保ローンは、比較的大きな金額を扱うことや、担保があるため金融機関の貸し倒れリスクが低いことや、金利も低く設定できることから 借り換えに向いているローンなのです。 不動産担保ローンでの借り換えのメリット 今借りているローンを不動産担保ローンに借り換えた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、借り換えメリットについて解説していきます。 金利 金利が高いカードローンなどの無担保ローンを、金利の比較的低い不動産担保ローンに借り換えすることで、毎月の返済額や利息、総返済額 すべてが安くなります。 ただし、不動産担保ローンには、登記費用などの諸費用がかかりますので、金利だけでなく諸費用の金額等も考慮し判断すると良いでしょう。 長期借り入れ 不動産担保ローンは、担保がある分金融機関にとってのリスクが少ない商品です。 そのため、長期での借り入れが可能になります。 たとえ金利が変わらなかったとしても、長期返済ができる不動産担保ローンに借り換えることで、 毎月の返済額を減らすことができます。 現状毎月の返済が苦しい人にとっては、不動産担保ローンへの借り換えでメリットがあるのです。 返済日 不動産担保ローンの借り換えの中でも、何本かのローンをまとめるおまとめローンとしても利用できます。 ローンをまとめることにより、ローンの数だけあった返済日も一回の返済日にすることができます。 そのため、この日にいくら入金しておかなければならないなどの手間が省けて 管理がしやすくなるのです。 新たな借り入れができる場合がある 不動産担保ローンは、借り換えだけでなく新たな借り入れをすることができる場合もあります。 金融機関にもよりますが、不動産担保ローンは一般的には担保評価額の7割前後くらいの金額まで借り入れすることができます。 担保評価額に余裕があれば新たな借り入れを、無担保のカードローンやフリーローンよりも 低い金利で借り入れすることができる可能性があるのです。 不動産を担保にするための手続き等 不動産担保ローンの申し込みをする時に、本人確認とともに担保となる不動産の証明書類として不動産登記簿謄本などが必要になります。 なぜなら、金融機関は、担保になる物件が自己所有であるかどうかを調べたり、担保を評価したりする必要があるからです。 また、不動産担保ローンの契約時は、基本的には金融機関へ来店して契約書などを記入することになります。 重要事項の説明など、一定の時間がかかることを覚悟しておくと良いでしょう。 さらに、実際の登記手続きは、銀行が指定した司法書士が行う場合が多いため、登記費用とともに司法書士への手数料を払う必要があるのです。 不動産担保ローンの注意点 不動産を担保に入れること 不動産担保ローンは、不動産を担保に資金を借り入れします。 そのため、万が一返済ができなくなってしまった場合、担保を競売にかけられてしまう恐れがあるのです。 担保にする不動産が自宅の場合、返済できなくなることは住む家を失うということになりますので注意が必要です。 また、不動産を担保にするということは、 不動産に抵当権などを設定することです。 抵当権を設定するということは、借入金額や借入日の情報を公開するということになります。 そのため、登記簿謄本を閲覧すれば、誰にでも借入情報を知られてしまうということになるのです。 不動産の評価がなければ借りられない 不動産を担保に入れれば、評価額までは借り入れできると思いがちですが、そうではありません。 また、第一順位の抵当権が他のローンに設定されている場合は、さらに借り入れられる金額が少なくなりますので注意が必要です。 諸費用がかかる 不動産担保ローンは、不動産を登記するためそれなりの費用がかかります。 不動産担保ローンにかかる諸費用は、• 金融機関への事務手数料• 抵当権を設定するための登記費用• 司法書士への報酬• 印紙税 などです。 借り入れまでの時間がかかる カードローンなどの無担保ローンは、場合によっては即日融資などが可能です。 しかし、不動産担保ローンは、担保になる不動産物件の評価などで 審査に時間がかかります。 また、審査が完了しても、実際に抵当権の設定を登記しなければならないため、借り入れまでの時間がかかるのです。 おすすめな不動産担保ローン 東京スター銀行 スター不動産担保ローン• 金利:変動金利 年0. 借入金額:100万円以上1億円以内• 借入期間:1年以上20年以内• 担保:本人、配偶者、実父母、実兄弟姉妹が所有する不動産をに東京スター銀行を抵当権? とする抵当権の設定• 連帯保証人:原則不要、ただし年収合算の場合は年収合算? の保証が必要、共有物件または本人以外の物件が担保の場合は共有物件? や担保提供者の保証が必要• 事務取扱手数料:初回返済時に融資金額の2. 20% 上限660,000円 消費税込 の事務手数料がかかります• 団体信用生命保険:満55歳 完済時75歳 までの希望者は付けることができます 保険料は金利に0. 繰上返済:一部繰上返済、全部繰上返済ともに手数料はかかりません• 資金の使いみち:自由 事業用資金は除く• 利用条件:申込時年齢が満20歳以上で69歳以下の人、完済時年齢が84歳以下の人、年収200万円以上の人、日本国籍の人または外国籍で永住権を保有している人、東京スター銀行所定の審査基準を満たしている人 東京スター銀行のスター不動産担保ローンは、資金使途が自由なので借り換えやおまとめにも利用することができます。 金利の高いローンの借り換えや、複数のローンの一本化により、毎月の返済額を軽減することができます。 また、スター不動産担保ローンの特徴として、担保物件は本人以外の名義でも大丈夫です。 他にも、繰上返済手数料が、一部繰上返済でも全部繰上返済でも無料です。 住信SBIネット銀行 不動産担保ローン• 金利:変動金利 年2. 95%~8. 借入金額:300万円以上1億円以下• 借入期間:1年以上25年以内• 担保:担保になる不動産に保証会社を抵当権者とする抵当権の設定• 連帯保証人:原則不要、保証会社の保証の利用 保証料は住信SBIネット銀行が負担• 事務取扱手数料:保証委託事務手数料:借入金額の1. 4256% 消費税込 、融資事務取扱手数料:借入金額の0. 880% 消費税込• 繰上返済:一部繰上返済、全額繰上返済共に、繰上返済手数料として繰上返済額の 3. 3946% 消費税込 がかかります• 資金の使いみち:原則として自由 事業性資金は除く• 利用条件:申込時年齢が満20歳以上で完済時年齢が満75歳以下の人、原則として安定して継続した収入のある人、外国籍の場合は永住者の人、保証会社の保証を受けられる人 住信SBIネット銀行の不動産担保ローンは事業性資金以外の資金使途は自由のため、おまとめをして返済の一本化をしたり、教育資金やリフォーム資金などのいろいろな用途に利用できます。 また、元利均等返済のため計画的に返済計画が立てられ、返済管理が楽になります。 また、住信SBIネット銀行 の不動産担保ローンは、住宅ローンを返済中であっても利用することができるのです。 オリックス銀行 不動産担保ローン• 金利:変動金利 年3. 借入金額:300万円以上2億円以内• 借入期間:1年以上35年以内• 担保:担保提供不動産にオリックス銀行を権利者とする第一順位の抵当権の設定• 連帯保証人:原則として共有物件または家族名義の物件が担保の場合は、共有物件? や名義人が連帯保証人になる必要があります• 事務取扱手数料:借入金額の1. 10% 消費税込 の事務手数料がかかります• 団体信用生命保険:オリックス銀行指定の団体信用生命保険に加入、保険料はオリックス銀行が負担• 繰上返済:一部繰上返済は繰上返済元本金額の2. 資金の使いみち:不動産の購入や建築資金やその借り換え資金、相続や事業継承資金、その他オリックス銀行が認める資金• 利用条件:首都圏や近畿圏や名古屋市や福岡市に居住用不動産を所有し担保提供できる人、借入時年齢が満30歳以上60歳未満で最終返済時が80歳未満の人、同一勤務先に3年以上勤務 自営業の場合は営業開始後3年以上経過 、前年度の税込年収が500万円以上で安定した収入が見込まれる人、保証会社の保証が受けられる人、団体信用生命保険に加入できる人 オリックス銀行の不動産担保ローンは、海外不動産や別荘や賃貸用不動産の購入資金にも利用できる最大借入額が2億円の大きな金額が利用できるローンです。 また、その他のいろいろな資金使途をサポートしています。 楽天銀行 不動産担保ローン• 金利:固定金利 5年毎見直し 年3. 02%~年9. 62%• 借入金額:100万円以上1億円未満• 借入期間:1年以上25年以内• 担保:本人または三親等以内の親族所有の不動産に楽天銀行を抵当権者とする抵当権を設定• 連帯保証人:原則として不要、ただし、共有物件が担保の場合は、共有物件者が連帯保証人になる必要があります• 事務取扱手数料:借入金額の2. 16% 最低37,800円 消費税込• 繰上返済:繰上返済手数料無料• 資金の使いみち:原則自由、ただし事業性資金や楽天銀行当行の借り入れの借り換え資金としては利用できません• 利用条件:借入時年齢が満20歳以上70歳未満で完済時の年齢が80歳未満の人、継続して安定した収入がある人、日本国籍を有する人または永住権を保有している外国籍の人、株式会社セゾンファンデックスの保証が受けられる人 楽天銀行の不動産担保ローンは、事前審査制度を採用しているため最短で翌営業日に事前審査結果を回答できることが特徴です。 さらに、繰上返済手数料は何回でも無料です。 まとめ 不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため、資金使途が自由で割りと 大きな金額が借りられるローンです。 また、不動産を担保に入れることで、貸し倒れリスクが比較的少ないローンとして認知されているため、資金使途が自由でも 比較的金利が低めに設定されています。 そのため、不動産担保ローンは、金利が高いローンの借り換え資金として利用されたり、カードローンなどのおまとめローンとして利用されることが多いのが特徴です。 不動産担保ローンは担保の不動産に抵当権を設定するため、別途登記費用がかかります。 不動産担保ローンの諸費用は、金融機関への事務手数料や、登記費用や、登記の手続きを行う司法書士への報酬などがかかりますので借り入れする時に考慮する必要があります。 カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

オリックス銀行カードローンはリボ払いからの借り換えで負担を減らせる

オリックス銀行カードローン 借り換え

はこちら 今のカードから借り換えで賢く利用しましょう 積極的な借り換え 返済に困っていないけれど、 月々の返済が減ったりその他得することがある場合の乗換の場合は、 銀行のカードローンが一押しです。 消費者向けの使途自由のカードローン商品は各銀行が競争をしていますので、金利も低くなっていますし、所得証明不要で申込めたり、住宅ローンなどと併用することでさらに金利が下がったりなど得になるサービスを行っています。 金利の高い借入や、クレジットカードでの分割やリボ払いなど全て含めて借り換えれば、返済額が少なくなるだけでなく、 色々面でメリットがあるでしょう。 防衛的な借り換え 複数の所で借り入れをしていて、 返済が厳しいから何とかしたいという場合の借り換えもあるでしょう。 この場合銀行のカードローンでは、審査が通らない場合もあるかもしれません。 その場合は、 借り換え専用のカードローンを申込むといいでしょう。 借り換えや、おまとめ専用のカードローンは、銀行の商品もありますし、貸金業者のものもあります。 貸金業者は総量規制を受けますが、借り換え目的に限定したカードローンであれば、 借りることができます。 複数の借入を1つに借換え 複数の借入がある場合、その中の1つの業者でまとめて 借り換えただけで金利が下げられます。 それは、借りる金額によって、設定できる金利の上限が、利息制限法で定められていて、 大きな金額になるほど 金利の上限が低くなっているからです。 借り換えカードローン検討の順番 カードローンには金利の上限と下限が示されていると思いますが、たいていの場合は100万円までは、 上限金利が適用されます。 ですから、100万円ぐらいの借り換えでは上限金利で選ぶといいでしょう。 また下にご紹介している銀行中に普段お使いの銀行があれば、申込も審査も早いと思いますのでそちらがお勧めです。 またカードローンは、使途が基本的に自由ですので、審査に通れば借換えやおまとめに利用できますが、すでにたくさん借りていて、使途中のカードローンでは審査が通らなかった場合は、 借り換え専用のカードローンがいいでしょう。 ただし借り換え専用のローンは、 追加で借りることはできませんし、審査次第ではありますが、少し金利も高くなると思いますので、優先するべきなのは、極度型の普通のカードローンです。 ジャパンネット銀行カードローン みずほ銀行をメインバンクとするなら すでに口座を持っているのであればWEBでも直ぐに作れます。 また店舗が家の近くや、通勤途中にありメインバンクにする可能性があるのであれば、カードローンもその他のローンも同じ銀行に統一した方が有利です。 専用ローンカードが不要 専用のカードローンを作らなくても、銀行口座用の キャッシュカードを兼用にすることができます。 ローンカード無で、キャッシュカードでATMからカードローンを使えるのでとても便利です。 みずほ銀行カードローンは、お申し込みの際にお客さまのご希望にあわせて、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでのご利用をお選びいただけます。 極度型のカードローンなので、限度額以内であれば、追加で借りられるので便利。 カードローン名 実質年率 特長 おすすめ! 金利年2. 0%〜14. 5%引き下げます。 引き下げ適用後の金利は年 1. 0%〜14. 5% 月々の返済は2,000円から! 3. 49%〜7. 99% 最短60分審査 1. 8%〜14. 6% 最短30分審査 4. 0%〜14. 5% 最短30分審査 借り換え専用カードローンお勧めランキング 銀行のカードローンが使えなかったら、借り換え専用のカードローンがお勧めです。 総量規制の適用を受ける貸金業者のカードローンであっても、「借換え目的」であれば総量規制の例外として借りることができます。 カードローン 実質年率 借入限度額 返済回数 1万円〜100万円未満は7. 7%〜18. 0%100万円〜300万円は7. 7%〜15. 0% 1万円〜300万円追加融資は受けられません 2回〜162回元利均等返済方式 4. 5〜17. 8% 1〜500万円追加融資は受けられません 1回〜120回元利定額返済方式 アイフルが初めての方のみ 12. 0%〜17. 5% 1万円〜300万円追加融資は受けられません 最長10年 120回 元利定額返済方式 12. 0%〜15. 0% 1万円〜300万円追加融資は受けられません 最長10年 120回 これは極端な例ではありますが・・・ 100万円を 金利17. 85%しか元金に充当されない。 67%が元金に充当されることになります。 金利17. 8%の場合のほぼ3倍が元金に充当され、大幅に減額されることになります。 ローンの一本化 複数あった借入れ先の債務を一つにまとめて返済していくこともでき、返済の煩わしさが無くなります。 借入れ先がたくさんあると、それぞれに金利も月々の返済額も返済日も異なってくるので、返済の管理が大変です。 また、自分の借金がどれくらいなのか判りにくくなります。 カードローンを借り換えることにより、返済の管理がしやすくなり、現時点で自分の借入れ額がどれくらいなのかが明確になるので、今後の返済計画も立てやすくなり、さらにその後の返済目標なども立てやすくなります。 複数の金融機関からの借り入れがあると、返済の支払い忘れなどもあり、払い忘れた場合は延滞金もかかってしまうので、余分な利息を支払わなければなりません。 カードローンを一本化することで、低金利に切り替えることもでき、 月々の返済利息を減らしていくことも可能です。 (ただし、おまとめ専用ローンは、すでに借りている金額だけの借入のみで、追加の借入ができないので注意しましょう。 ) 支払い忘れの防止 借り換えカードローンのなかでも、借金の支払い先を一本化すれば、支払い日を月一回にすることができるので、うっかりと支払い忘れをしてしまうこともなくなります。 支払い日を忘れて後日支払った場合は、延滞金を余分にとられてしまいます。 そして、延滞金は遅れた日にちごとに加算されていくので、支払いを忘れるほどにムダな出費が増えていきます。 延滞を繰り返してしまうと、延滞金が取られるばかりではなく、新たにローンカードの枠内でお金を借りようとしても、返済が確認されるまでは借りられない場合があるので注意しましょう。 さらに、延滞が個人信用情報に記録されると、その金融機関で新たにローンを利用しようとする際、 審査の面で不利になってしまいます。 家計の経済状態が苦しいという場合にカードローンを利用する事も多いでしょう。 そのようなときに、返済の支払い忘れによる延滞金などムダな支出は防がなければなりません。 そのためにも、ローンを一本化することはたいへん意義があります。 また、ローンを一本化することで、返済日のほかにも、それぞれ金融機関で異なっていて把握しづらかった金利や返済額なども一つだけ覚えればよくなるので、管理もたいへん楽になります。 借り換えの審査 カードローンを借り換えで申し込む場合の審査についての注意ですが、 借り換え専用のカードローンを申し込む場合と、 フリーのカードローンの審査は、本人が同じ借り換え目的で申し込むことは同じであっても、その審査は全く異なります。 借り換え専用のカードローンの審査の方が基本的には厳しいものになります。 なぜなら借り換え専用の審査の場合は、すでに債務が存在していて、それを明確にして、 その分の借り換えとして申込審査を受けることになります。 ですから、借り換えたい債務について直接審査を受けることになります。 同じ借り換え目的の審査といっても、審査する方は借り換えに限定した審査であり、 片方は、返済可能かどうかの審査で、借り換えを意図した審査ではないのです。 そして債務の額以上の審査は通りませんし、借り換えたい金額が債務を上限になり。 審査次第では、すべての債務の分の額の審査が下りるとは限りません。 ですから、 新たな余裕資金ができるわけでもありません。 もしろんフリーのカードローンの審査でも、借り換え目的で借りるということは、 そのための債務があるから借り換えることになるわけですから、すでに債務がある人 そうでない人との審査の難易度は異なるわけですので、審査が楽になるわけではありませんが。 また、借り換え専用のカードローンを申し込むということは、基本的にはすでにフリーのカードローンの審査が下りないから、 借りている分だけでも融資を受けようという意思で借りるのですから、 当然さいちょのスタートラインから違うわけですから、当然ではあります。 ただそのことをよく考えずに、借り換えが目的であれば、どっちを申し込んでも同じだろうと考えるのは少し違うので、 理解していない方は、借り換え専用カードローンとフリーのカードローンで借り換え目的で 申し込むことの違いをはっきりさせておく必要があります。 どちらが審査が緩いということは決してありませんが、審査の中心となる部分が異なるという点は注意しておきましょう。 ショッピングリボ払いしている方は特に注意 借り換え専用のカードローンは、銀行ではあまり無いようです。 一番名前の知られているなが東京スター銀行の借り換えカードローン「おまとめローン(スターワン乗り換えローン) 」です。 借り換え目的に初めから特化したカードローンでおまとめ、一本化用ですが・・・ 外資系ということもあるのか、審査は結構厳しいようです。 借り換え専用なので、限度額も大きく設定されていますが、特別利息が低いわけではありませんので、 特に有利な点というのはなさそうです。 それ以外の借り換え専用のカードローンとなると、消費者金融系の借り換えカードローンなると思います。 や、プロミスの借り換え用のかーとせローンである、 その他には、アイフルの借り換え用カードローン「があります。 アイフルには、借り換えMAXのほかに、「」という商品もあります。 あまり知名度のないカードローンでの借り換えはちょっと不安ですから、借り換え専用のカードローンをお考えの場合は、 このへんの金融業者を選ぶべきでしょう。 もっとも、できることならば、借り換え専用ではない、融通の利くフリーのカードローンが作れれば、 それで借り換えたほうがいろいろな面で楽だと思います。 借り換え専用でないと借りられないような 返済が厳しい状態に追い込まれる前に、 金利の少しでも低いローンに変えて、借り換えて債務を減らしましょう。 その他のローンの借り換えは? カードローンを利用して、その他のローンの借り換えはどうでしょうか? ローンと言えば、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどがあります。 これらのローンは、目的が限られている借り入れのため、目的が限られていなフリーのカードローンと比べると金利的には圧倒的に低くなります。 ですから、わざわざカードローンで借り換えることは、原則あり得ません。 ただし、これらのローンをすでに利用している人や、これから利用すると考えている人は、銀行のカードローンはぜひとも作っておくべきことをお勧めします。 住宅ローンがあれば金利優遇がある これは、住宅ローンの場合ですが、同じ銀行のカードローンであれば、 金利が優遇されて低くなります。 そして、銀行のカードローンは使途自由ですから、出費がかさんだ月などは、キャッシングして住宅ローンの支払いに充てることも可能です。 持っているだけであれば、手数料や年会費もかかりませんので、何かの時に備えて持っていて損はありません。 もし銀行で住宅ローンを組んでいるのであれば、その銀行のカードローンに金利優遇がないか確認しましょう。 もしあったらお得なので、カードローンをその銀行のものに切替してしまいましょう。 カードローンを使っていなくてもリボ払いとか分割払いで借りているお金が借るのであれば、金利優遇のあるカードローンを作って借り換えるのがお得です。 また、逆に住宅ローンを選ぶときに、金利優遇されるカードローンがある銀行を選ぶと言うことも視野に入れて選択しても良いと思います。 借り換えて教育ローンにも使える たとえば公立を予定していたのに、私立の進学になったなどの場合もありえますし、ダメもとで受けたところに受かってしまって、予定資金では足りないなとの 予想外の事は起こります。 全部落ちてしまって、予備校に通うことになったけれど、予備校はそのローンの対象ではなかったとかもありえます。 教育ローンを申し込んでも実際にお金が使えるようになるまで時間がかかります。 また、予定したいた借入では、実際は足りないケースもあります。 予想外に、制服教材費にお金がかかっいしまったとか、下宿を探す必要ができたとか。 交通費の事を忘れていたとか・・・ また、教育ローンは使い道が限られていますから、進学のために必要だけれど、 対象になっていない出費があったりする場合もあります。 そんな時でも、 使途が自由なカードローンを作っておけば、あわてずにすみます。 教育ローンの借り換えではなく、つなぎ的な、また予想外の出費に備えた対策となるのです。 自動車ローンの補助に 自動車ローンは、住宅ローンや教育ローンに比べれば、金利は高くなりますが、カードローンよりは金利が低いのが一般的です。 ただし、銀行カードローンでもほとんど変わらないケースもあります。 ですから、一般的には、自動車ローンをフリーのカードローンで借り換えるということはまずありえません。 しかし自動車ローンは、最初に借りてしまったら、あとは返済するだけで、追加で貸してもらうことはできません。 万一、故障や事故で修理が必要なんったときに、その費用を借りたりはできないのです。 また車検やドレスアップなど、 追加で費用が必要になったときも借りることはできません。 ですから、カードローンを持っていれば、そんな時にとても助かります。 車検は車検用のローンがありますので、そちらの方が金利が低ければ、借りられるまでのつなぎとして利用することもできます。 ローンの組み替え、組み直しに一時的に利用するのにも便利です。

次の