痛風 の 初期 症状。 すぐにわかる痛風の初期症状!!放っておくと大変なことに…?

早めの予防が大切!痛風の初期症状と実際の写真は?

痛風 の 初期 症状

痛風の初期症状とは 痛風の初期症状には次のようなものがあります。 足の親指などに熱感を感じる• 足の親指などの関節部分が腫れる• 足の親指などに痛みがある• 足の指が変形している• 立ち上がろうとすると、痛みが増す• 痛みが長時間引かないけれど、徐々に治まってくる このような初期症状を引き起こした時点で、既に痛風を発症していると言えます。 この状態を放置しておくと、やがて、 全身の関節が腫れ、激痛に苛まれることになりますので、 必ず、初期段階で治療を受けるようにしましょう。 ただし、治療後も症状を引き起こしてしまった場合は、正しい痛風の予防ができていなかったことを意味します。 痛風は、 慢性化すると痛みに襲われるだけではなく、合併症を起こす可能性もあります。 そのため、しっかりと原因を押さえた予防が大切になります。 痛風の初期症状の写真 痛風の初期症状が現れた時の見た目は、写真の通り、 指の関節が赤く腫れる上がります。 ただし、両足現れるわけではなく、片足なので、 一見捻挫などと見間違えてしまう可能性があります。 痛風の初期症状は、突然現れますので、特に怪我をしたわけでもないのに、 激痛とともに足の関節が腫れた場合は痛風を疑いましょう。 痛風が引き起こす合併症とは 痛風が原因で疾病する合併症には次のようなものがあります。 慢性腎臓病• 尿路結石• 狭心症・心筋梗塞• 脳梗塞 特に 腎臓病は、早い段階で治療をしないと、すぐに 人工透析が必要になってしまうため、注意が必要です。 すべての合併症が起きるとは限りませんが、痛風に疾病したリスクとして、頭の隅の方にでも入れておいてください。 痛風を予防するには? 健康診断などで、血液検査をしてもらうこともありますね。 その時、 尿酸値が7. 0mgを超えていませんでしたか?尿酸値は7. 0mgを越すと、 高尿酸血症と呼ばれ、 痛風予備軍に分類されます。 痛風を発症させないためには 高尿酸血症になったからといって、すぐに痛風を発症するわけではありません。 しかし、 尿酸値を下げないと、いずれは痛風を発症してしまう危険な状態です。 痛風の真の予防法とは尿酸値を7. 0mg以下に抑えることなのです。 通常、痛風は 尿酸値が8. 5mgを越すと発症すると言われています。 それなら7. 0mgを超えていても大丈夫だと考えて暴飲暴食を続けていると、あっという間に8. 5mgを超え、痛風を発症することにもなりかねません。 高尿酸血症の解消には、 食生活の見直しや、運動をして肥満防止を心掛けるなど、ちょっとした努力が必要になります。 痛風予防!尿酸値を下げるには? 尿酸値はプリン体を摂取することで高くなります。 そのため、 1番簡単な尿酸値の下げ方は、プリン体が少ない食べ物を選んで食べるということになります。 しかし、 ほとんどの食品にはプリン体が含まれているので、プリン体を完全に抜いた食生活というものは現実的ではありません。 そこで、 痛風の予防には尿酸値を下げる食品を積極的に摂ることが大切になってきます。 尿酸値を下げれる食品 尿をアルカリ性にすることによって、尿酸値を下げることができます。 海藻類、野菜類、イモ類などを積極的に食べるようにしましょう。 しかし、食事療法で尿酸値を7. 0mg以下に抑えるのは、 食事のメニューを細かく考える必要があるため、毎日続けるのが難しい方も多いと思います。 そういった時は、 尿酸値を下げるサプリメントなどを上手に利用することを考えてみても良いでしょう。 尿酸値を整える「PN-0 ピーエヌゼロ」 PN-0は、 尿酸を体から排出する効果が実証されているアンセリンを凝縮した痛風対策サプリメントです。 アンセリンは、マグロやカツオに含まれる成分ですが、 魚介類を積極的に摂るとプリン体が高いため、逆に痛風を悪化させてしまいかねません。 そのため、 アンセリンのみ抽出したPN-0は、食事よりも痛風予防に最適です。 痛風の初期症状と実際の写真のまとめ• 痛風の初期症状は、足の親指の関節に、腫れ・痛み・変形が起きる• 初期症状の見た目は関節が赤く腫れ上がって捻挫のように見える• 痛風は放置すると肝臓病などの重病を引き起こす原因になる• 痛風の予防とは、尿酸値を7mg以下に抑えること• 尿酸値の原因になるプリン体を食事制限で抑えることは難しい• 痛風の予防は、尿酸値を下げる食品を摂る事が現実的• 食事療法が難しい場合は。 アンセリンのサプリメントを活用する 痛風の初期症状は、激痛もあって見た目も赤く腫れ上がるため、気をつけていれば早期に発見することができます。 初期症状の写真に心当たりのある方や、尿酸値が気になる方は、早い段階で尿酸値を下げる痛風予防を始めましょう。

次の

痛風について

痛風 の 初期 症状

偽痛風の基礎知識 POINT 偽痛風とは 偽痛風は肩・肘・手首・股関節・膝・足・首などの関節でピロリン酸カルシウムという物質が結晶をつくることにより炎症を起こす病気です。 膝関節で多く起こります。 症状としては関節の痛みや腫れ、発熱などがあります。 同時に複数の関節が腫れることは少ないですが、以前膝に偽痛風が起きていたが今回は首に起きた、というようなケースはしばしば起こります。 診断は症状や診察、画像検査(レントゲン検査・CT検査・MRI検査)、関節穿刺などで行います。 治療としては痛み止めの飲み薬により、数日から数週間ほどで痛みが改善することが多いです。 ただし、再発するケースも多く見られます。 偽痛風が心配な方や治療したい方は整形外科を受診してください。 内科や救急科で対応できることもあります。 は、様々な関節に生じる痛みや熱感が特徴です。 膝や肘、手首など手足の関節に特に多いです。 膝が腫れたり、手首が腫れたりして受診をご希望の方は、整形外科のクリニックでの受診をお勧めします。 に関連する専門科は整形外科ですが、痛みが強くて全く歩けない場合などは、救急科を受診する方もいます。 救急科は多くの疾患に対応可能ですが、応急処置に留まることが多いため、もしご自身で歩いて受診できる状況であれば整形外科で専門家からの診察を受けることをお勧めします。 の診断では、痛みの出方や腫れ方といった診察の結果に加えて、レントゲン(X線)検査で関節内に異常が写らないかを確認します。 たいていの場合はそれで診断がつくのですが、紛らわしい場合には、関節の注射(関節穿刺)・CT検査・MRI検査を行うケースがあります。 そのような場合(特にCT検査やMRI検査を行う場合)ではクリニックだけで対応できないこともあるかもしれません。 夜間や土日祝日に病院を受診する際には注意が必要です。 救急科が24時間受付をしていたとしても、整形外科や救急科の医師が常に院内に常駐しているとは限りません。 専門外の医師だけでは診断が難しい場合もありますので、整形外科医がいるかどうかを受診前に病院に確認してから受診することも選択肢の一つです。 偽痛風でお困りの方.

次の

痛風の症状は?食事でダメなもの一覧!納豆やアルコールは?

痛風 の 初期 症状

日本語の名称 [ ] この疾患の「痛風」という日本語名の由来には、幾つかの説が存在する。 まず、痛みが起こる場所(発作の箇所)が、まるで風が吹くように足・膝・腰・肩・肘・手・胸骨など、全身の関節や骨端部を移動し、なおかつ、風が強くなったり穏やかになったりするように痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すことから命名されたという説がある。 他に、痛みの悪風に中る(あたる)という意味で「痛風」となったとする説や、痛み発作が出ている部分は吹いてきた風が当たるだけでも痛いから「痛風」となったとする説もある。 原因 [ ] 詳細は「」を参照 尿酸は水溶性が低いため、体内に蓄積すると、特に体温の低い末梢部で体液に溶け切れなくなった尿酸が析出しやすい。 析出して結晶化した尿酸は、炎症を引き起こして痛風発作を誘発する。 痛風発作は尿酸ナトリウムの針状結晶によって引き起こされる。 X線回折法により痛風患者より得られた針状結晶は尿酸水素ナトリウムの結晶であることが確認された。 の患者にきっかけが加わると痛風を発症する。 何がきっかけなのか明確ではないことも多い。 健康状態における人体の血中には、ごく普通にが含有されているが、この濃度(血中尿酸値)が何らかの理由により著しく上昇すると、本来人体が持つ恒常化機能を超えて飽和解消できず、特に体温が低い足部などにおいて、尿酸が溶解しきれずに尿酸塩として化して内などに付着することが知られている。 この状況においては、群のうち、特にが尿酸結晶を攻撃(捕食活動)を行うことが知られている。 好中球による尿酸結晶捕食活動が激化すると、その活動による過大なエネルギーや、尿酸を抱え込んで死亡した好中球の遺骸そのものによる影響などから、血管壁がダメージを受けて大きな炎症を発生する。 当然に、当該部位周囲の組織をも相当に刺激し、患者は「内側からの激痛」を感じることとなる。 また、血中含有尿酸の濃度が急激に低下した場合においても、痛風発作が生じることが知られている。 これは、好中球が攻撃対象である尿酸結晶の行方を急激に見失うと、対象を探し続けて活動を激化させることによるためとも言われているが異論も多く、血中尿酸値急降下時の明確な発作システム自体の解明はなされていない。 ただし後述の通り、疫学的には、血中尿酸値の上昇とともに血中尿酸値の急降下も、痛風発作の要因であることは広く知られており、痛風発作時であっても尿酸生成阻害剤や尿酸排出促進剤などを発作前から服用していた場合はそのまま飲み続けるのに対して、痛風発作時に尿酸生成阻害剤や尿酸排出促進剤などを開始することは薦められない。 必ずしも恒常的な高尿酸血症患者がすべて痛風発作を起こすわけではなく、そのメカニズムは解明しきれていないが、よく知られている発作のきっかけとしては、脱水症状に伴う急激な尿酸値の変動、物理的衝撃による結晶の剥落、不適切なタイミングでの尿酸コントロール薬の投与、激しすぎるスポーツなどが考えられている。 酒の痛飲は、エタノールによって利尿が起こって発生する脱水症状に加え、と尿酸の競合による尿酸排出の遅れによって尿酸値を激しく変動させ、翌日朝に痛風を起こすきっかけとなることが多いともされる。 あくまで、高尿酸血症の患者でも痛風を起こさないケースは少なくないため、引き金となる要因が全て分かっているわけではない。 アメリカ合衆国で、高尿酸血症の患者に尿酸値を下げる薬を処方しないのはその考え方に基づいているが、高尿酸血症はなど別の病気のリスク要因であることは忘れるべきではない。 血清尿酸値に影響を及ぼす比較的頻度の高い遺伝子としてURAT1 SLC22A12 が知られていたが、GWAS(ゲノムワイド関連解析)により大規模に発見された。 即ち SLC11A9, SLC2A9, SLC17A1, SLC22A12, SLC22A11, SLC16A9, ABCG2, LRP2, PDZK1, GCKR, TRIM46, INHBB, INHBC, SFMBT1, TMEM171, VEGFA, BAZ1B, STC1, PRKAG2, HNF4G, A1CF, ATXN2, UBE2Q2, IGF1R, NFAT5, MAF, HLFなどである。 これらの遺伝子は一般の痛風の発症に関係していると考えられる。 この中でSLCのつくものはATP結合カセットを持たないトランスポーター(輸送蛋白質)であり、腎臓の尿細管に分布し尿酸の尿中排泄に関係すると考えられる。 ABCG2は主として腸管に分布し、腸からの尿酸排泄の低下により高尿酸血症を来し、痛風を来す事が示唆されている。 この他、痛風になりやすいヒトは、に特定の変異を持っているとする研究結果も存在する。 これほど男女差が大きい疾患は少ない。 最近の的研究によると、蒸留酒であるやなどは、醸造酒と比べての含有量が少ないことが知られているものの、は肝臓で尿酸が作られるのを促進し、尿酸濃度をあげてしまうため、痛風のリスクを高める。 特にプリン体を多く含む上に、ホップが持つ食欲増進効果などによって食事量が増加しがちなは最もリスクが高い。 一方で、ワインは、醸造酒であるにもかかわらず飲んでも痛風のリスクを高めないとする報告もある。 少量飲酒者(アルコール12. 16、中程度飲酒者(12. 6-37. 58、大量飲酒者(37. 64のように飲酒により痛風のリスクが上昇するとの報告がある。 飲酒が痛風のリスクを上昇させる理由として、アルコール代謝によるの分解に伴うプリン体からの尿酸の生成、アルコール飲料に含まれるプリン体の摂取、飲酒により生成されるが尿酸の排泄を阻害、などが原因として考えられる。 プリン体等による影響 [ ] とはプリン体と呼ばれる物質の産物であり、プリン体を多く摂取すると、さらには痛風の引き金となると考えられる。 のみならずに含まれるプリン体も痛風のを高めるが、に含まれるプリン体( 、類に多い)は高めない。 また、(果糖)は急速に代謝されてを引き起こしやすく 、酸性下で尿酸が析出しやすくなる。 フルクトースを構成体に持つの多いドリンクを週に5-6杯飲む場合やフルクトースを含むフルーツジュースの摂取も痛風のリスクを増大させる。 近年、高尿酸血症に関わる遺伝子が各国(含日本)で発見されている。 そのほか、精神的ストレスや水分摂取の不足も発症の引き金となる。 特に水分摂取の不足に関しては、日常的に意識して水分を多めに取り、血中尿酸濃度を(によって体外に出す事で)低く保つことが勧められている。 2018年(平成30年)10月10日付けの電子版に、のTanya J Majorらは、食事の内容は血清尿酸値に影響は与えるが、一般集団の血清尿酸値の変動に対する食生活の寄与は、遺伝的な要因に比べると遙かに小さかったとする報告を掲載した。 症状 [ ] 関節に激烈な痛みが起こり、発赤や発熱を伴う。 尿酸の結晶は比重が高く重力に引かれて足部に沈着しやすいため、痛風発作(痛風性関節炎)は足趾(特に母趾MP関節)に好発する。 初発症状は足部であることが多いが、足関節、膝関節から発症することもある。 足の親指の付け根やアキレス腱部分などに発作が起きると痛みを感ずるだけではなく、歩行困難となる場合もある。 発作を繰り返すたびに症状は増悪する。 発作の痛みは強く、非常に苦痛を伴う。 また、などに 痛風結節と呼ばれる皮下結節を作ることがあり、これが診断の助けとなる。 X線では骨髄腫のように punched out( 打ち抜き)と呼ばれる骨破壊像が見える。 痛風と鑑別を要する関節炎の疾患としては、、がある。 炎症部位の比較 検査 [ ]• 治療 [ ] 対症療法 [ ] 好中球の活動抑制、抗炎症薬の投与、鎮痛薬の投与、患部の管理、緩やかな尿酸の排出、尿酸値上昇要因の排除、の5手法併用を以って行う。 好中球の活動抑制 [ ]• 力価0. 5 mgを、発作を起こすに足る程度の好中球の活動の抑制が果たされるまで、概ね4時間以上の間隔で経口投与することが多い。 日本において認可されているコルヒチン剤は製品名「コルヒチン」としてが生産していたが、2010年4月にに販売が継承された。 国内では先発品の本剤しかないが、薬価が安いことがあり、ジェネリック品は開発されていない。 海外においてもインガラボラトリ社()の製品名「ガウトニル」など対外向けジェネリック産品が生産されているが、日本においては未認可である。 消炎・鎮痛 [ ] 現状では、非ステロイド系鎮痛消炎薬を使用することが多い。 例えば、力価60mgのを、その投入が不要と認められるまで、概ね8時間以上の間隔で経口投与することが多い。 ロキソプロフェン製剤服用にあたっては、壁へのダメージを避ける目的で、・などの胃粘膜保護剤を併せて処方することが多い。 (非ステロイド系抗炎症鎮痛薬)と呼ばれる種類の痛み止めの薬で対症療法を行う。 などに、臨床研究に基づく科学的根拠がある()。 疼痛が強い患者では、の全身投与や、単関節炎患者では関節内投与が極めて有効である。 最近では、最初にNSAIDsではなくステロイドを服用したほうが、効果は同等で副作用(、など)は少ないとする報告がある。 患部の管理 [ ]• 発作を起こしている関節ないし周辺部位は、安静および冷涼に保持する必要があり、患部を動かしたり熱温する行為は炎症を重篤化させることが知られている。 特に、発作時患部の駆動および温度上昇の双方を同時にもたらす入浴は禁忌とする。 緩やかな尿酸の排出 [ ]• 体内の尿酸を自然に排泄する手段として、水分を多めに摂り排尿を促す。 ・配合剤は 、尿のpHをアルカリ化するため尿酸の排出が促され、痛風を緩和するとされている。 尿酸排泄促進薬の使用中は酸性尿となるため尿路結石や腎障害を発症しやすく、尿アルカリ化薬を併用する。 痛風発作中に尿酸降下薬の投与を開始すると発作を増悪させるので、投与を開始してはならない。 ただし尿酸降下薬の投与中は原則として服用を中止しない。 尿酸値上昇要因の排除 [ ]• 血内の尿酸を濃化させる行為を慎む。 具体的には、業務・対人などストレスを発生させる行為の中止、負荷のかかる運動の中止(負荷のかかる運動によって死滅した筋細胞はプリン体の主要な供給源のひとつである)、プリン体を多く含む食材の摂食中止、飲酒の中止などを行う。 食事療法 [ ]• 高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインの「生活指導」では、特に「1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限」が示されている。 予防 [ ] 患者においては、その治療方法そのものが、すなわち痛風発作の予防方法のほぼ全てを充足するほか、非高尿酸血症者においても、日常において血中尿酸の急激な濃淡を起こさないような体調・ストレスの管理を要する。 尿酸産生抑制剤であるや・、尿酸排泄促進剤である(分泌後再吸収阻害剤)、(分泌前再吸収阻害剤) を予防的に経口投与し、を改善する。 これらは、高尿酸血症の原因が、尿酸産生過剰によるものか尿酸排泄能力低下によるものか、あるいは薬効の患者への影響度などを見極めて使い分ける。 血中尿酸値の濃化・淡化を問わず、その急激な変動そのものが痛風発作の原因となるため、これらの薬剤については、急激な尿酸値低下による発作の悪化や再発を誘引せぬよう、痛風発作の発現中ならびに寛解直後数週間の服用は推奨されていない。 『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』 では、「適度な量の飲酒」、「の摂取を控えめにする」、「十分な水分摂取」、「尿をアルカリ性に保つ」、「運動」、「ストレスの解消」がすすめられている。 が創製し、同社が日本で、イプセンがヨーロッパで、TAP社、(後にに買収される)が米国で開発したフェブキソスタットが新規痛風治療薬として米国では2009年、日本では2011年にフェブリク(帝人ファーマ製造販売)として承認された。 その他 [ ] 痛風患者は発作の前兆を感じることがあると言われ、そのときを飲むと発作を予防する効果があるとされている。 しかしこの治療法に臨床研究に基づく根拠はない。 ただし、発作の初期症状である発作発現部に感じる「違和感」や、ごく軽い内部から感じる痒み等については、痛風発作の初発患者のほとんどがこれを軽微な思い過ごしと見過ごして発作を激痛による歩行困難となるまで重篤化させるが、再発患者は既にその初期症状の特徴である患部の微妙な違和感を体験しているため、痛風発作発生のごく初期にいち早く診療を受けてコルヒチンを処方され服用して、激痛が発生する前に発作の進行を抑制・寛解させるケースが非常に多い。 これは、痛風発作の激痛に懲りた経験のある患者にとって再度くりかえし過酷な発作を蒙りたくないと考えるゆえの当然の行動によるものであり、あくまで発作歴のある患者が発作初期の患部の違和感を素早く感知して早期に対症療法を受けたことによる成果であって、「前兆」「予感」等ではなく発作の「自覚症状」にもとづくものであり、その診療経緯は当然に診察医のカルテにも記録されるので、疫学的に反映させることが可能なものである。 遺伝 [ ] 痛風を来す作用が極めて強く、1つの遺伝子が痛風の原因となる場合(単一遺伝子病)と、1つの遺伝子の作用が弱く、複数の遺伝子と環境要因が加わって痛風を来す場合(多因子病)がある。 前者にはPRPP合成酵素亢進症、HPRT欠損症(レッシュ・ナイハン症候群)などの酵素異常症、ウロモデュリン異常症などがある。 後者には多数の遺伝子があり、上記のように少なくとも27個の遺伝子が関係している。 民間療法と喫茶の歴史 [ ] 水分を多めに摂る事で、非常な痛みを伴う症状の発生を予防できる事は、古くから経験によって知られていた。 これはによって血中尿酸濃度を下げる効果があるため、関節への尿酸結晶の発生を避けられるためである。 その為現代でも水を飲むことが奨励され、酒を飲んだらその二倍は水を飲むように指導される。 特にのある・・等を多量に摂取して大量に排尿すれば、それだけ大量の尿酸が体外に排泄される事にも繋がるため、より症状発生の予防ができるとされている。 しかし利尿作用も度が過ぎると、を起こして症状が悪化したり、が出来る可能性もある。 ヨーロッパに喫茶の習慣が伝えられると、痛風の症状を緩和できたり予防できるとして、盛んに喫茶が流行・奨励された。 なお、当時の緑茶が日本やなどのでしか生産されていなかったこともあり、大変贅沢な療法とされ、が日本産や中国産の、が中国産の緑茶を独占的に扱っていたため、緑茶が高価過ぎて手が出せない事情から、やでは、コーヒーの飲用が流行したという。 紅茶は、保存に便利で効果の程は緑茶と大きく変わらないとして、後々のイギリスにおける紅茶文化発展の元となった。 また、尿酸値を下げることが発作のリスクを抑えるという観点から、肝機能向上(中性脂肪を減らし、肝臓内に蓄えられているプリン体自体を減らす)と腎機能向上(腎臓の負担を減らし、効率的に尿酸の排出をうながす)は重要な療法といえる。 具体的には、散歩などの有酸素運動、低塩分、低カロリーな食事、カリウムを多く含む食品の摂取、十分な水分補給と入浴、睡眠などが効果があるとされる。 アメリカにおいて尿酸値を下げる効果と痛風発作の痛みを緩和する効果があると広く信じられているは、などの類が働いているといわれている。 一方、 FDA は、痛風への効能を謳ってチェリー加工品を販売する業者に対し、証明されていない効能をラベルに載せるのをやめるよう警告している。 経験的な民間療法として、スライスした生を半分から一個分、水にさらさずに食べることにより、発作時の劇的な痛みを軽減し、また痛みの続く期間を短くするという説がある。 また、日常的に摂取することにより、発作を抑え、痛風体質の改善にも高い効果があると言われている。 これは、たまねぎに多く含まれているの炎症抑制効果と、尿酸の増加を抑制する効果のためではないかと言われている。 ただし、生のたまねぎの摂取は、体質によって胃が痛むなどの副作用もあり、この点には注意が必要である。 出典 [ ] []• 藏城雅文、 『痛風と核酸代謝』 2014年 38巻 2号 p. 145-, :• 高木和貴, 上田孝典、「」『高尿酸血症と痛風』18 2 , 2010, pp. 41-46, :• MSDマニュアル家庭版• 金子希代子、山辺智代、藤森新、「尿酸塩結晶生成に及ぼす溶液中のタンパク質とpHの影響 - フローサイトメーターを用いた検討」『痛風と核酸代謝』 2001年 25巻 2号 p. 121-128, :• 後藤武史ほか「X線回折法による痛風結節内容物の結晶学的同定」、『整形外科と災害外科』1984年 32巻 3号 p. 755-758, :• Kimiyoshi Ichida; Hirotaka Matsuo, Tappei Takada, Akiyoshi Nakayama, Keizo Murakami, Toru Shimizu, Yoshihide Yamanashi, Hiroshi Kasuga, Hiroshi Nakashima, Takahiro Nakamura, Yuzo Takada, Yusuke Kawamura, Hiroki Inoue, Chisa Okada, Yoshitaka Utsumi, Yuki Ikebuchi, Kousei Ito, Makiko Nakamura, Yoshihiko Shinohara, Makoto Hosoyamada, et al. 2012. Nature Communications 3. 一般社団法人 愛知県薬剤師会• 公益財団法人 痛風財団• min-iren. 全日本民主医療機関連合会 2004年9月1日. 2020年1月7日閲覧。 Choi HK; Atkinson K; Karlson EW; Willett W; Curhan G. Alcohol intake and risk of incident gout in men: a prospective study. 2004 17;363:1277-81. Choi HK; Atkinson K; Karlson EW; Willett W; Curhan G. Alcohol intake and risk of incident gout in men: a prospective study. 2004 17;363:1277-81. 金子希代子, 山岡法子, 福内友子 ほか「」『痛風と核酸代謝』2017年 41巻 2号 p. 228- :, 日本痛風・核酸代謝学会• Choi HK; Atkinson K; Karlson EW; Willett W; Curhan G. Purine-rich foods, dairy and protein intake, and the risk of gout in men. 2004 11;350:1093-103. 高橋隆一• Hyon K Choi, Gary Curhan. 2008; 336: 309-12. Merriman, Tony R. ; Dalbeth, Nicola; Topless, Ruth K. ; Major, Tanya J. 2018-10-10. BMJ 363: k3951. Man CY et al. Ann Emerg Med 2007;49:670-7. 細谷龍男、「」『痛風と核酸代謝』 2002年 26巻 Supplement号 p. 45-57, :, 日本痛風・核酸代謝学会• J Rheumatol 2013 Jun; 40:872. 『』日本痛風・核酸代謝学会、2002年9月。。 関連項目 [ ]• の塩沈着症• 外部リンク [ ]• 痛風予備軍が心筋梗塞、NHK「ためしてガッテン」、2013年11月13日• 谷口敦夫、「」 『日本薬理学雑誌』 2010年 136巻 6号 p. 330-334, :• BBCニュース、2008年2月1日、「医者は痛風の患者さんに、砂糖の摂取を減らすように勧めるべきである」 (英語).

次の