辛いもの 腹痛。 辛いものを食べた後の腹痛の対策や原因と予防方法は?すぐに治す方法とは!?

辛いものを食べて下痢や腹痛が!素早く回復させるコツと予防法

辛いもの 腹痛

辛いものが大好きな人って結構いますよね。 辛いものは、適度な量ならば肉や魚の臭さを消してくれる 薬味としての役割がありますし、 食欲増進、脂肪分解などの健康効果も期待できます。 しかし、適量を超えた辛いものというのは 下痢や腹痛を引き起こすことがあります。 激辛料理を食べた次の日、下痢を起こしてしまったばかりか、肛門が刺激されて痛いという経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。 そして辛いものに大抵使われているのが皆さんご存知の「 唐辛子」ですね。 ということで、こちらでは唐辛子などの 辛いものを食べるとなぜ下痢や腹痛を起こしてしまうのか?その原因や対処法などをお伝えしたいと思います。 「辛い」は味覚ではなく痛覚と温覚 まず、辛いものを食べた時に感じる 「辛味」というのは味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」によってもたらされるものと言えます。 辛いものの代表とも言える 唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が含まれていますが、唐辛子を食べた時のその舌は「痛い」と同時に「 熱い」という感覚を覚えているはずです。 これは口の中にあるカプサイシン受容体に作用したことで引き起こされる反応で、生理学上の味覚として分類される「甘味・塩味・酸味・苦味・旨味」の5つが味覚受容体細胞に作用することで引き起こされる機構とは明らかに異なります。 さらに言うと ワサビに含まれる辛み成分であるアリルイソチオシアネートは「ワサビ受容体(冷刺激受容体TRPA1)」に作用されることで辛みを引き起こし、カプサイシンとは反対に 清涼感を伴うツーンとした辛味が特徴です。 このようにして、 痛覚と温覚の双方に働きかけるのが「辛い」という感覚なのです。 さらに言えば、辛いものの痛覚刺激というのは口の中に限らず全身で味わうことが出来ますね。 唐辛子が目に入ると激痛ですしね。 このように辛みが痛覚を伴う物理刺激であることを考えると、辛い物を食べ過ぎて下痢になってしまうのもなんとなく理解が出来ますね。 唐辛子のような辛いもので下痢・腹痛になる原因はカプサイシン 恐らく「辛い物を食べて下痢を起こす」という場合はほとんどが唐辛子に含まれる カプサイシンが原因になります。 それは、「自分の体の許容範囲を超えた量を食べる」ということが最も多いのが唐辛子だからです。 唐辛子をふんだんに使った料理というのは、激辛ラーメンや中華料理に結構多くありますからね。 辛い物は唐辛子の他にもワサビ、生姜、山椒などもありますが、これらの辛いものは大抵「薬味」として使われているものを食べる程度だけで、そこまで大量摂取をすることはないはずですからね。 適量のカプサイシンを取っている分には 腸内細菌を活発にしたり、大腸のカプサイシン受容体に作用して 大腸がんが抑制されることが分かっていますが、やはり取りすぎは禁物ということです。 体の中の暴れん坊・カプサイシン 唐辛子に含まれるカプサイシンってのは暴れん坊で、体の至る所に刺激を与えていくんですよね。 口の中で痛覚と温覚を刺激し、飲み込んだ後は食道を刺激して 胸焼けを起こし、胃に運ばれれば胃酸の分泌を促して粘膜を傷つけて 胃痛を引き起こし・・・といった具合に、 食べ物の通り道全てを刺激していきます。 さらに厄介なことに、 カプサイシンというのは人間の体では消化ができません。 消化されないということは 小腸で吸収できないということであり、小腸を通り過ぎて大腸へと運ばれていきます。 こういった消化されない物質が大量に腸にとどまると、 消化不良を起こして下痢・腹痛になってしまいます。 また、カプサイシンには 交感神経を刺激する作用があります。 これにより腸の蠕動運動が活発になるため、食べたものを腸へと送るスピードが早くなります。 すると、食べたものの水分を吸収しながら大腸へと送るという本来の体の働きが行われず、水分の多い便が出来てって下痢・腹痛になるということも考えられます。 さらに間接的な原因を考えるならば、辛いものを食べた時、口の中の辛さを和らげようとして 大量の水を飲むことも下痢の原因にもなります。 大量の水を摂取すると胃液が薄まり消化不良をも引き起こしますしね。 しかも カプサイシンは水には溶けないので胃腸の中ではカプサイシンの刺激は弱まるどころかあまり意味がないのです。 唐辛子の下痢・腹痛の対処はどうしたら良い? 唐辛子のような辛いものを食べた時の下痢・腹痛はどのように対処をしたら良いのか? これには 牛乳を飲むことが効果があります。 牛乳などの乳製品には カゼインというタンパク質が含まれています。 筋トレに詳しい人ならカゼインを使ったプロテインというのはご存知だと思いますが、 カゼインにはカプサイシンと結びついて刺激を和らげてくれる機能があります。 これは、単に下痢・腹痛を抑えるための対策というだけでなく、舌の上で繰り広げられる辛味そのものを中和してくれる効果も期待できます。 ちなみに、 あらかじめ牛乳を飲むことで胃腸の粘膜を保護してから辛いものを食べる 、という予防対策も考えられますが、 牛乳を飲んでも粘膜に残らず洗い流されてしまうのであまり意味が無いです。 あるいは牛乳が苦手という方なら、 お茶や コーヒーなどを飲むと良いでしょう。 これらに含まれているタンニンに整腸作用があるためです。 一番いい対処方法は「唐辛子を食べないこと」に尽きるのですが・・・好きでどうしても食べたいという方は自らを守る対処法を持っておきましょうね。 長期的には腸内環境を整えて強い腸を作ることがベスト 牛乳、コーヒー、お茶を飲むというのはあくまでも対処療法であり、もっと根本的なことを言うなら 腸内環境を整えて強い腸を作ることが一番のケアになると思います。 過敏性腸症候群(IBS)患者は健常者に比べて唐辛子の刺激に弱いという実験結果も得られているように、腸内環境の良し悪しがそのまま下痢の引き起こしやすさにも直結します。 そして、何よりも腸内環境を整えることは下痢体質の改善だけでなく美肌、ダイエット、不妊症、骨の強さ、などあらゆる健康効果をもたらします。 それは、脳を含めた全ての臓器のルーツが腸だからです。 もし、腸内環境のことをもっと詳しく知りたい!という方は、「 腸内環境の全て」を伝える無料講座を是非ご覧いただければと思います。 まとめ:唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は? 唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法をお話してきましたが、まとめると ・「辛い」という感覚は味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」 ・唐辛子に含まれるカプサイシンが腸を刺激したり消化不良を起こして下痢・腹痛になる ・唐辛子による下痢や腹痛の対処法には牛乳が効果的 ということですね。 なんだかこうしてみると、腸にとっては唐辛子などの辛いものはあまり良い効果がなさそうです。 それでも好きだからと辛いものを食べた際には、なるべく腸のケアなどをしてあげましょう。 長期的には、腸内環境を整えることがカプサイシンによる下痢を体調面からの根本的なケアとなるでしょう。

次の

キムチは体に悪い?腹痛や胃痛への影響やメリットデメリットを解説!

辛いもの 腹痛

Contents• キムチが体に悪いと言われる理由 理由1:刺激物 キムチには唐辛子が入っており、食べ過ぎてしまうとこの唐辛子成分が胃を刺激します。 辛い物が好きな人はこの刺激的な辛さにハマってしまい、ついつい食べたくなってしまう訳です。 しかし過度に摂取してしまうと 胃腸障害や 味覚障害を引きを越してしまう恐れがあるので食べ過ぎには注意が必要です。 理由2:塩分の取りすぎ キムチ100gに含まれる塩分は2.2gです。 塩分量は多い食材と言われています。 厚生労働省によると、1日あたりの塩分摂取目標は男性8g、女性7gとされているので普段の食事+キムチを朝昼晩毎回食べてしまうと塩分の取りすぎになってしまうでしょう。 減塩している方は避けた方がいい食品です。 理由3:添加物の取りすぎ 市販で売られているキムチは添加物が沢山入っている事が多いです。 調味料(アミノ酸等)や辛そうに見せる為の着色料、保存料、香料など。 安くておいしい物をつくるには、仕方がないのかもしれません。 子供の頃から添加物を取りすぎると、濃い味付けに慣れてしまい 味覚が狂ってしまうのであまり小さいうちは食べない方がいいでしょう。 キムチの腹痛や胃痛への影響 キムチを食べたら腹痛や胃痛になった! という話を聞いた事があるかもしれません。 キムチは腹痛や胃痛への影響はあるんでしょうか? それぞれ見ていきましょう。 腹痛への影響 キムチは発酵食品なので、腸の調子を整えると言われています。 しかし過敏性腸症候群の方が食べると腹痛を引き起こしてしまう可能性があり、日本人の10人に1人以上はこの過敏性腸症候群の可能性があります。 お腹の不調を改善する為に納豆、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品を食べると返って逆効果になってしまう恐れも。 日本人は世界的に見ても腸が弱いと言われている為、 刺激物を過度に摂取してしまうとお腹を壊してしまう人が多いです。 食べてみて調子が悪いと思ったら控えるようにしましょう。 胃痛への影響 キムチに入っている 香辛料は食べ過ぎると、胃粘膜を刺激し痛みを感じる事があるようです。 空腹時にキムチを食べると胃が荒れやすいので、何かしら胃に入れてから食べる事をおすすめします。 飲みすぎて胃が荒れている方、逆流性食道炎になっている方はキムチを食べると、とてつもない胃痛を感じるようなので、胃の調子と相談してから食べるようにして下さい。 腹痛・胃痛には大正漢方胃腸薬が有名すぎますね。 キムチの食べ過ぎが原因と言われる病気 キムチの食べ過ぎが原因と言われる病気はどんなものがあるのでしょうか? 一般的に言われているのが、• 火病 の3つの病気です。 聞きなれない病気もありますね。 一つ一つ見ていきましょう。 がん キムチには食品添加物として亜硝酸ナトリウムが入っており、抗菌(対ボツリヌス菌)や着色を目的に使用されています。 おかげでキムチなどは腐りません。 この亜硝酸ナトリウムは ニトロソアミンを生成してしまうと研究結果によって証明されています。 韓国人の胃がんの原因は、ニトロソアミン、食塩、ヘリコバクターピロリ菌の合作によるものとのこと。 なので、キムチを食べ続けると胃がんの原因になると言われています。 痔 キムチに入っている唐辛子の辛味主成分は、カプサイシンと呼ばれています。 このカプサイシンを食べると辛いと感じる訳です。 キムチを食べると肛門の粘膜に負担をかけるため、痔になりやすいと聞いたことはないでしょうか? しかし辛い物を頻繁に食べているからといって、 必ずしも痔になるというわけではありません。 問題となるのは、 過剰摂取です。 肛門がヒリヒリと痛むまで食べると、痔のリスクを高めるので適度な量を心がけて下さい。 痔になってしまったら、やっぱりボラギノール。 薬局で買うのはちょっと恥ずかしいという方は、ネットで買えば大丈夫ですね。 楽天で購入 火病 火病(ひびょう、かびょう、ファビョン)は 韓国人のみ発症する病気です。 症候として、疲労、不眠、パニック、切迫した死への恐怖、不快感、食欲不振、消化不良、動悸、呼吸困難などがあります。 原因はまだはっきりと解っていないのですが、食生活なのでは?という説も上がっています。 それがこの キムチ。 キムチに含まれるカプサイシンが脳に痛みを与え、それがストレスとなり身体に蓄積し、やがて身体に異変をもたらすという説です。 何事も摂りすぎは良くないという事ですね。 スポンサーリンク キムチのメリットはある? ここまでキムチのマイナス面について書いてきましたが、キムチにはメリットもたくさんあります。 むしろキムチを食べると良い面を聞いた事がある人の方が多いかもしれませんね。 キムチのメリットとして特に大きい効果はこの3つ。 美容効果• 便秘解消• ダイエット効果 順番に説明していきますね。 メリット1:美容効果 キムチにはビタミンB群が豊富に含まれています。 特に ビタミンB2は、脂肪を燃焼させ、皮膚に潤いを与えるビタミンとして有名で、 「美容のビタミン」と言われています! 他にもビタミンC、ビタミンAなどのビタミンが含まれており、美肌効果が期待できます。 メリット2:便秘解消 キムチには生きたまま腸に届きやすい、 「ラクトバチルス」という 植物性の乳酸菌が多く含まれています。 ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌よりも胃酸に強いのが特徴です。 このラクトバチルスは腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。 さらにキムチに含まれる白菜などの食物繊維により、便秘が解消されるので食べた方がいい食材なのです! メリット3:ダイエット効果 カプサイシンには、 アドレナリンを分泌する働きがあります。 アドレナリンには 代謝を上げる効果と脂肪を分解する効果があり、ダイエットに向いた体になるのです。 脂肪を無くすのではなく分解しているだけなので、有酸素運動をして脂肪を燃焼させましょう! 鶴橋の豊田商店のオムニのキムチは中毒注意! このように キムチを食べると得られるメリットははたくさんあります。 適量を食べる分にはキムチはむしろ体に良いと言われています。 そしてキムチといえば大阪の「鶴橋」が有名ですよね。 私も大阪に行ったら必ず 鶴橋の「豊田商店」さんに寄って、オモニ手作りのキムチやチャンジャをたくさん買って帰ります。 お酒のアテに最高ですよねー。 ここのチャンジャはアツアツのご飯にのせて食べると、 マジでうまいので、中毒注意です。 お茶漬けに入れるとさらに絶品なのでお気をつけください。 適量を守って食べましょう、なんて言ってますが、これを目の前にして適量で我慢できるか…(笑) 時々なら全然体にも良いので、むしろ食べましょうね! ぜひ一度オムニのキムチは食べてみてください! キムチの適量とは? 『1日50g』でキムチの栄養効果を得る事ができます! 毎日食べたい人は小皿1杯分を目安にして下さい。 ちなみに加熱調理をすると乳酸菌が死んでしまうので、腸の働きを整えたい方は生のままで食べるのが一番効果的です! くれぐれも食べ過ぎには注意して下さいね。 韓国人はキムチを毎日食べているが影響は? 韓国の方は細身で肌が綺麗で辛い物が得意な印象ですよね。 やはりキムチを毎日食べていると、健康的になるのでしょう。 以前韓国に旅行に行った際、現地の人の肌をまじまじと見ましたが皆さんとっても綺麗でした! 本場のキムチは日本のものより辛いので、より代謝をあげ血行を良くし美肌効果に繋がっているのだと思います。 韓国で最もかかる癌は、胃がんとされています。 キムチを1日3回食べ続けている訳ですから、少しは体に影響をもたらしているのではないでしょうか。 しかし最近の若者はキムチ離れしていると話題になっています。 この影響によって胃がんの患者が少なくなるのであれば、キムチの摂取量なども見直されるかもしれません。

次の

【激辛対策】激辛からお腹を守る方法を色々実践してみた

辛いもの 腹痛

だいぶ前にヨーグルトで腸内環境を改善すれば辛い食べ物を食べても、お腹が痛くならないんじゃないかと思い、こんな記事を書きました。 しかし、最近ある変化に気付きました。 私はその後しばらくして、この記事で食べた激辛ラーメンを再び食べたのですが、お腹が痛くなりませんでした。 それからまたしばらくして同じラーメンを食べても、全く痛くならなかったのです。 なんと 辛いものを食べてもお腹が痛くならなくなっていたのです! 何でだろうと考えてみた時に、自分のある変化が思い当たりました。 実は私はあれから仕事を辞めてストレスのない、穏やかな生活をするようになったのです。 そのおかげで体調も万全で、腸の調子もとても良いのです。 しかし、当時は忙しい仕事をしていて、腸もそれなりに疲れていたはずです。 ひょっとしてこの 腸の疲れを取ることが、辛い食べ物で腹痛になることの対処法になるのではと考えました。 そこで、今回は腸疲労の改善で、辛い食べ物でも腹痛を起こさなくなるのか、再び実験してみることにします! 目次• 腸の調子が万全なら辛い食べ物に耐えられるのか? 今回は「腸の調子が良ければ、辛い食べ物にも耐えられるのではないか?」というテーマです。 実は結構自信があります。 全く腹痛を起こさないというのは、難しいかもしれませんが、かなりの効果があるのではないかと思っています。 条件 というわけで、今回の実験の前提条件を見ていきましょう。 【私のステータス】• 40代男性• 仕事を辞めて心身ともに健康的な生活を始めて半年• 元々、辛い食べ物で腹痛を起こすが、かなり改善した実感がある• 最近は便秘も下痢もほぼ皆無! とにかく今の私のお腹はとても調子が良いです!大人になってから最も調子が良いと言っても過言ではありません。 それなのにわざわざ自分のお腹を痛めつけるようなことをするのは、なんとも馬鹿げていますが、今の自分のお腹の力を試してみることにしました。 【検証方法】• 食べたのは超激辛ラーメン• ラーメンは休日の昼に食べる。 ラーメンを食べる前後は粗食で済ます• 効果の基準は腹痛と下痢での度合いで測る• 検証した日は休日で、食べる前後は安静に過ごす 今回のポイントは腸疲労が無い状態が、どれだけ辛い食べ物に耐えられるかを確認することです。 そのため、超激辛ラーメンを食べる時以外は、 徹底的に腸を労わる生活をします。 ちなみに今回も前回と同じお店のメニューで挑戦します。 例によってお店にとってはあまりポジティブな内容ではないので、店名やメニューの名前は伏せさせいただきます。 スポンサーリンク 超激辛ラーメンで検証 今回、私が食べるのは 超激辛ラーメンです。 前回と同じお店のメニューの中でも、最も辛いメニューの一つです。 既に前回のメニューでは腹痛を起こさないお腹になっているため、更に負荷を上げるのは必然です…。 更に前回の記事をご覧になった方から、このメニューで試してみて欲しいとのコメントもいただいたので、今回、15年ぶりに食べてみることにしました! ちなみに前回食べた時は、お店を出てすぐに めまいがして、二度と食べないと決心しました。 当然、結果は激しい腹痛と下痢でした。 当時の私は激辛ラメーンを平気で食べられる自分に、酔いしれたかっただけだったのです。 まさに若気の至りですね。 さて、お店に入ったのは11:00ピッタリです。 注文したのは、このお店の超激辛メニューです。 15年前はこのメニューが最も辛かったのですが、最近はこれの5倍辛いメニューもあるらしいです。 そんなもん食べられる人がいるなんて信じられません…。 ほどなくして、超激辛ラーメンが出てきました。 15年ぶりに相対します。 スープから凝縮された唐辛子の香りが漂ってきて、吸い込むだけでむせ込むほどです! まずはスープを一口飲んでみます。 辛いですが、それほどでもないと感じました。 しかし、辛い食べ物は何でも最初はそんなもんです。 すぐに口の中がヒリヒリと痛くなってしまいました。 しかも、このラーメンはとても熱いので、それも更に辛さを増大させます。 早くも 心が折れそうです。 かなり食べました。 もう舌や口の中はヒリヒリして、箸が触れただけでも痛いです。 なるべくラーメンを冷ましながら食べるため、とにかく時間がかかります。 でも、 水は決して飲まない方が良いです。 一度水を飲んでしまうと、なぜかその後の辛さの感じ方が増大して、更に食べるのがキツくなります!水は完食してから飲むのが基本です。 遂に麺と具を食べきりましたが、もうスープは無理です。 目的は超激辛ラーメンを完食することではないため、これでお許しください…。 11:25に食べ終わりお店を出ました。 15年前はめまいがしましたが、今回は全然大丈夫です。 しかし、しばらくして、12:10頃になると、 お腹の中心から熱が発生しているのを感じるようになりました。 カプサイシンが燃えてるようです。 やっぱりお腹を壊しそうな予感が凄くします。 果たして、本当に腹痛を起こさないで済むのでしょうか? 結果 さて、食べ終わり、お店を後にしてからは、自宅近くのカフェに立ち寄り、そこで、しばらく仕事をすることにしました。 胃腸の調子は重々しいが、腹痛は無し カフェで静かに座って作業をしている限りは、なんともありません。 しかし、しばらく経って14:00頃になると、なんだか 動悸がしてきました。 お腹もとっても重い感じがします。 胃の辺りの熱さは相変わらず続いています。 やっぱり、胃腸にとってかなりの負担になっているのは確実です…。 カフェを出て帰宅する途中で異変が… 16:10頃にカフェを出て帰宅することにしました。 その帰り道で体に変化が起きました。 階段を上ったのですが、普段なら何ともないのに、 息切れとともに少し気持ち悪くなってしまいました。 気持ち悪さはすぐに治まりましたが、体に相当の負担がかかってるのは確実です。 こんなことやらなきゃ良かった…。 帰宅後、遂にその時が! 帰宅後もお腹は重々しく、食欲はありません。 早くウンチしてスッキリしたいなぁと悶々としていた18:10頃、お腹がキュルキュルと鳴り始めました!お腹が悲鳴を上げているのでしょうか?でも、腹痛は全くしません。 そして、18:40頃、お腹の鈍い違和感と共に、遂に便意を感じました!腹痛とまではいきませんが、なんとも表現しようのない不快感です。 トイレに入るとすぐにウンチが出ました。 肛門がヒリヒリします。 間違いなくお昼に食べた超激辛ラーメンです! トイレから出てくると、お腹が腸スッキリしています。 体も凄く軽くなりました。 どれだけ体に負担がかかっていたのか、凄く実感する瞬間です。 自己評価 さて、今回も自己評価表を作ってみました。 例によって自分の主観ですが、参考になると思います。 【腸内環境が良いと得られる効果】• 腸の活動に必要な栄養素が十分 善玉菌が作り出す短鎖脂肪酸は、腸の活動のエネルギー源になります。 腸内環境が良好だと短鎖脂肪酸が豊富に作られるので、腸の蠕動運動が正常になります。• 腸の蠕動活動が正常になる 腸の蠕動運動を調節するセロトニンは、必須アミノ酸のトリプトファンとビタミンB群によって作られます。 ビタミンB群は善玉菌が作り出してくれます。 これに加えて、腸疲労していない状態だったため、刺激が強い辛い食べ物でも、腸が正常に機能したと考えられます。 私が心掛けたこと では、腸を疲れさせないようにするには、どうすれば良いのでしょうか? 今回、私が心掛けたのは次のようなことです。 安静にする• 良く寝る 今回の実験のためにこれらの事をした理由を順番に説明しますね。 粗食 腸を疲れさせないためには、消化が良い物を少量食べるのが基本です。 この実験の前後 は野菜中心の消化の良い食事を心がけました。 この写真はこの期間に食べていた食事の一例です。 腸を休ませるためなら食べない方が良い気がするかもしれまぜんが、食事を抜くのも腸の正常な働きの妨げとなって逆効果なのです。 安静にする この実験の間は、腸だけでなく、 体自体もなるべく安静にしていました。 体を疲れさせることも、腸の機能を低下させます。 消化の負担の大きい物を食べた後は、リラックスして休息することが大切です。 良く寝る 睡眠不足は自律神経の働きを乱すため、腸の機能を大きく乱します。 また、体が疲労したままだと、腸の機能は低下します。 腸の調子を整えるためには、良い睡眠が基本になります。 このように腸の調子を万全にしていれば、胃腸の負担が大きい食べ物でもなんとか耐えられるのです! とはいえ、激辛料理を食べるために、ここまでしてお腹の調子を整える必要なんて本末転倒です。 皆さんにはとてもおすすめできませんね…。 スポンサーリンク まとめ 今回の実験は、腸内環境を整え、腸の疲労を取り去ることで、激辛料理でも腹痛を起こさない事は可能という結果でした。 私自身もとてもびっくりする結果でした。 とは言え、正直なところ、かなり胃腸にとってはダメージが残りました…。 翌日もお腹の調子は良くなく、体もグッタリした一日でした。 やっぱり、わざわざ激辛料理なんて食べない方が良いですね。 普段の生活で、これほどまでに胃腸の負担の大きい物を食べる必要なんて無いと思います。 でも現代人の多くは、お腹のトラブルを持っています。 そんな人にとっては、 腸疲労を起こさない事は、便秘や下痢を予防するために、大切だという事が分かると思います。 私は今回の実験前後では、次のような生活を心がけました。 安静にする• 良く寝る 実際、これだけでも便秘や下痢をほぼ克服できますよ! 是非、皆さんも腸にやさしい生活習慣をしてくださいね。

次の